11月の工作室



EF7 /EF8 CRX SILENCER

オーストラリア向け と アメリカ向け の 合わせて4キットが 出来上がりました



さらに国内より 1キット分の ご予約をいただいておりますので

来年早々にも次のロットを生産いたします。


国内のCRXオーナ様方からの 相乗りご予約を お待ちしております!

DSC_4962qwsadcxz (9).JPG






986 BOXSTER


2キット完成し  在庫中です


DSC_4962qwsadcxz (12).JPG


Z33

3キット分完成し 2キットが在庫となりました



DSC_4962qwsadcxz (2).JPG





Z34 (Z34 NISMO)

5キット分を製作いたします。

 3キット分ですがご予約募集中です♪





ROVER MINI

5キット製作いたします。

3キット分ですが ご予約募集中です。





ND(RF) ROADSTER

11月予定分が全数売約済となりまして

現在は12月中旬分よりのお引き当てとなります。

(( 12月分はいつもより少なく 5キットの予定です。))


ND5RC ロックスター

受注生産承り中です♪





NSX NA1 SPEC.A SILENCER

海外のオーナー様 2名より 直接ご予約いただきましたので

在庫分を含め 3キット製作いたします






ELISE Mk.1 K18 SILENCER

2キット分のご予約をいただいておりますので 在庫分を含め3キット製作いたします。

1キット分ですが 相乗りご予約 募集中です。




AE86 デフ下レイアウト SILENCER

5キット製作いたしますが 全数売約済となりました。


デフ上レイアウトSILENCER は2キット在庫中です。



AP1/2 S2000 SILENCER

在庫中です。


DC2  DB8 SILENCER

在庫中です。


VAB WRX STI SILENCER

1キット在庫中です。

現在27キットを販売済ですため 残りの証明書発行可能台数は 3キット 2キット となりました

その後は再度の認定試験x受験が必要となるわけですが

現時点ではその後の生産販売続行は未定です。














さび落とし





先日のさび落とし試験で 良い具合だった  サンポール液を使い  


<center>ポンコちゃん<center> - today's SACLAM


DSC_5195asxvbh (2).JPG


ブレーキローターの錆落としにチャレンジしてみました


手の届かない冷却風スリット内部の錆を

落としたかったのです


2倍に薄めたサンポール液に 15分ほど漬け込んでみた結果

ワイヤブラシでこすれば 比較的簡単に落ちるようには なりましたが

溶液に付け込んだだけの状態では 綺麗になりません

(( 漬け込み時間が短いのか・・・な?))

DSC_5195asxvbh (1).JPG




せっかち な 私は 

結局いつものように 電動ツールを持ち出して 錆を落とすのですね





DSC_5195asxvbh (13).JPG


これまでに 様々なブラシを 使ってみましたが このワイヤーブラシが 今のところ マイ・ベスト



DSC_5195asxvbh (14).JPG




コペンの床下補強の錆びを 上記のツールで 落とし


DSC_5195asxvbh (4).JPG



ジンク・コート剤を吹き付けます



(( 実際は如何なんだか 判りませんが 錆がきっちり落ちていれば こちらの方が転換剤より 良さそうに思えます。))


DSC_5195asxvbh (6).JPG



DSC_5195asxvbh (7).JPG



もう一つの床下補強も  中央部分がさびていたので 錆落とししてから ジンクコート

DSC_5195asxvbh (5).JPG


 黒色塗装し 車両へ装着すれば 新車の輝きが戻ります



DSC_5230asdfr.JPG










L880K



旧型のコペンを 手に入れました







数年間倉庫保管しておけば  良い値が付くかもしれないぞと言う  スケベ根性が

私をそそのかしたのです


その時 中古市場に出回っていた物の中で 一番行距離の少なかった個体で

DSC_5172asdfgtr (7).JPG


10th アニバ の 個体ナンバーが 0849番。

((10thアニバ850台の内の849番目 であります。))



DSC_5172asdfgtr (9).JPG










新人のOSSAN君



DSC_5172asdfgtr (1).JPG


数か月前に 友人より  「数年間物作りの修行をさせてほしい!」 と宣う 50代手前の男性を 紹介され

・・・・・・

数年後のリタイヤ準備中の私ですので

「あなたの将来を保証することは出来ませんが それでもチャレンジする?」

という確認の後 半年間の試験雇用が 始まりました



チューニングショップ や 鉄工所にも 勤めていたことのある彼ですが

薄物の Tig溶接 に関しては未経験



一日 1時間の 練習時間を 積み重ね

2ヶ月目に入ったところで

実技テストを兼ねて・・・このL880K用に・・・1本マフラーキットを組んでもらいました


(( 早く上達してもらいうには 練習じゃあなくって 真剣勝負も 必要ですからね。)) 


結果は  未だ お客様に販売できる品質 ではありませんでしたが

まあまあの出来


ついでに

せっかく自分の手で組み立てたマフラーですから・・・・自身の手で黒いコペン装着してもらおうと言うことに

なりました





防錆処理


入手した黒コペンに限らず

L880K は

モノコックの防錆処理が甘く  錆が発生し易いと言われておりまして

この個体にも

2万キロほどの走行距離にもかかわらず 板の合わせ面には 赤錆が発生し始めておりました


(( ちなみに先週入庫された同じく2万キロ代のL880Kにも 同程度の赤さびを確認しておりましたね。))

DSC_5186fgtr.JPG


こりゃ 今のうちに 防錆処理しとかなきゃ いけないぞ

と思い 防錆処理 開始




選んだ薬品は 峠の親分に教えてもらった 

「必殺錆封じ」


((黒錆転換剤ではなく さびを丸ごとシールしてしまう 封入剤 です。))

DSC_5172asdfgtr (8).JPG



赤錆の浮き始めた部分を  塗装を傷めないよう 真鍮ブラシで優しくブラッシングし 赤錆を落とし

脱脂作業後

ほぼ透明色の錆封じ剤を 刷毛で塗り重ねれば 完了です




DSC_5172asdfgtr (3).JPG



転換剤を使うと 赤錆部分が 黒くなってしまい かっこ悪いし 

事前テストの結果では 防錆効果も こちらの方が 良かったのです


(( 作業の跡が目立たないでしょ♪ ))

DSC_5172asdfgtr (6).JPG




大分綺麗になりまして  満足・満足




DSC_5172asdfgtr (4).JPG














ポンコちゃん



ロータス・ヨーロッパの フレームから  部品を外し 丸裸にする作業が ほぼ完了いたしました



それまでの経験から 覚悟はしておりましたが


 整備性の悪い部分が

所々ありまして   シンプルな構成の割に  分解作業に時間がかかって

しまいました

(( 部品交換の事は 無視して 作ったのでしょう?))


その1

ヒーターパイプが腐食しているので

交換したいのだが

フレームの内部の手の届かない位置で フレームに溶接してあり おいそれとは外れない


(( ここは錆びたパイプを壊し取りして・・・ホースに変えてしまうつもりです。))



その2

サイドブレーキ用のワイヤーが

カシメ・ウ付け部分を分解しないと フレーム内のバルクヘッドを 通過させられない


(( この部分にリットを追加し  取り外し可能な仕様に改造しました。))



DSC_4834sdfrt (2).JPG

(( その他 あちらこちらに 分解組立作業のやりにくい部分が有りましたので 塗装前に改善策を入れておこうと思います。))




丸裸にしたフレーム と 部品類 は

薄い錆に 覆れおりました。

(( 深い腐食は・・・有りませんでした。))




これからの作業は  分解した部品別に綺麗に再生し 再度組み立てる事になります。

・・・・

塗装やFRP作業など

大きな部分は 

全てプロにお願いしようとは思いますが   自分達で何もしないのは

少し寂しい



そこで

小振りな部品類は自分たちで作業してみようかと思い

市販の薬剤などを購入し

錆びの出てきたバケツや ポンコパーツなど使い

実地試験しています



DSC_4962qwsadcxz (4).JPG



2年間 水を入れっぱなしだった バケツに

赤錆が浮いていましたので

実験開始


DSC_4962qwsadcxz (5).JPG



ポンコ フォーミュラ の アーム類なども 良きテストピースと なっています


DSC_4962qwsadcxz (1).JPG




エアーツールで あらかたの錆を落とした後

ペーパーウエスに  トイレの洗剤サンポールを 浸し 巻き付け 

待つ事10分


DSC_4962qwsadcxz (6).JPG


ウエスの接触部分は 見事きれいになりました




DSC_4962qwsadcxz (8).JPG










下仁田技研


ダイハツ車の販売店

なのに

全く売る気はないようで  ダイハツ車が ありません



DSC‗4926 (2).JPG





ちなみに

私は  コペンの新車を 下仁田師匠に取り寄せてもらいましたが

他に

ここで

コペンを売った事が 有るのでしょうか

????

DSC‗4926 (8).JPG



国道を挟んで向かい側の車場 (放置場所かもしれない) には

今では貴重な商材となった 古いロードスターたちが

何台も 放置されて 並んでおりました





お邪魔した理由は

ですね

・・

「使わなくなったオーブンがあるので・・・・持って行ってださい。」


言われ

確たる使用予定はありませんが 喜び勇んで 引き取りに言った次第です



先日師匠に 使わなくなったエンジン分解スタンド を押し付けたばかりなのに


返り討ちに会ってしまった訳です




(( こんなんだから・・・工場の有効スペースが広がらないのです。))

DSC‗4926 (6).JPG





サブフレームごと車体から降ろした NDのエンジンが置いてありました



よく設計押されていて・・・無駄な肉がついておりません



ですから

そのサブ・フレームごと 後ろのサブフレームと パイプ構造で繋いでしまえば

手間を掛けることなく・・・・チューブフレームのスポーツカーができるかも・・・・しれません



等と

考えてしまうのは・・・・ひょっとして・・・・私だけなのでしょうか

???




DSC‗4926 (1).JPG






 この子が 新しいオーナーさんに引き取られてゆきまして

少しだけスペースができましたところに

・・・

DSC_3889asdfrewq (7).JPG





次の一台が 入庫してきました



某オークションに  ジャンク価格で 出品されていた

ふる~~~い

FJ1600

です


(( 競札者がおりませんで  中古の原付バイク並みの値段で ゲットできました。))

DSC_4729hjuy.JPG


ジャンクであることは覚悟していましたが

錆の酷いこと  酷いこと

・・・・・

!!


DSC_5051ytrew (2).JPG






そのままでは  邪魔ですし  汚らしいので


ヨーロッパのレストア作業 を Aさんと Oさんにお任せして

しばし

ジャンクちゃんの 分解作業 と さび落とし


(( 床に使われていたべニア板が腐って・・・・・・・・ボロボロでした・・。))


DSC_4988hgtye.JPG






とりあえずここまで終了

!!


エンジンは来週降ろすことにいたします



DSC_5051ytrew (1).JPG










工作室



ND ROADSTER

本日現在は

まだ

構成部品を制作している所ですが


そろそろ


組み立て作業に移ります



今回のロットは全数売約済ですため

現在は

11月下旬出来上がり予定分のご予約を承り中です



DSC_4911asdfgh (2).JPG




S660

構成部品が出来上がって

こちらも そろそろ 組み立て作業に 入ります



1キット分のみですが

在庫となります


DSC_4911asdfgh (1).JPG





工具ケース


アストロツールに工具を買いに行ったついでに

小さめの携帯用工具入れを

購入してきました


DSC_4921jhgfd.jpg


このバッグに   工具類を  適当に詰め込んで みたところ




意外にも  このサイズで 良いんじゃあないかと 思う様に なりました


DSC_4911asdfgh (3).JPG




滅多に使うことの無い  車載の非常用ツールですから


フルサイズ&フルセットは  不要なのかも  しれません

DSC_4911asdfgh (5).JPG



このケースに合わせて ドライバーなど 組み立て式の  コンパクトな物を

選んでみようと思います 












ロックスター#3





数日前

第三者機関での 加速走行騒音値確認試験に 合格してきました





DSC_4345asdfr (1).JPG



試験当日 試験車両に装備した サイレンサーは

以前紹介したものとは テールピース形状が 異ります








DSC_4834sdfrt (4).JPG



メッキ風のバンパーの 耐熱温度が 心配になりまして

熱風除けの バイザーを追加装着したのです


(( 赤丸のあたりが 走行条件によっては 過熱状態になってしまうのでは? という配慮です。))

DSC_4345asdfr (3).JPG


ゴテゴテしすぎるかな?

とも思いましたが

以外にも

クロームパーツが多用されている ロックスター号 には

似合っておりました



DSC_4834sdfrt (5).JPG



ご希望の方には これと同様の サイレンサーキット(6MT専用) を

以下の価格で販売可能です


サイレンサーキット商品代+証明書およびプレート代+認定テストご負担金=合計¥330,000(消費税込み)




ご希望のロックスターオーナー様は SACLAMまでお電話くださいませ


TEL: 048-584-7117










スマートホン を 新型に 入れ替え

パソコン も 新しいもの を 購入 


時間を見つけてはソフトウェア や データ類 の 移転作業を行っています



新しいほうの PCは とりあえず エッジ を 使っておりまして



理由は
 
インターネットエクスプローラ への 切り替えが シンプルだから 

です



銀行振り込み や 音響解析ソフトなど 未だ インターネットエクスプローラ 指定のものが

残っておまして

エッジ や グーグル・クローム 等 新しめのブラウザーのみでは

業務に支障をきたすのです



世の中が

まだそのような状況にありますので

過去の TODAY''s SACLAM を閲覧する際には インターネット・エクスプローラ をご使用いただくことを

お勧めさせていただきます



もちろん

新規に書き込むページは

  エクスプローラ以外のブラウザーにおいてもその様な事が起きぬよう 注意確認しながら作業するようにいたしますので

お許しあれ



(( 過去記事につきましても 解決案が見つかれば 改善するつもりです。))




エッジを使用されている方の場合は

以下の操作で  ブラウザーの使い分けが可能となりますので 参考としてください



(( グーグル・クロームの場合 は 別の操作となります。 ))



エッジ から エクスプローラ への 切り替え について


画面右上に注目し


DSC_4744hgfrew (1).JPG

このボタン を クリックします


DSC_4744hgfrew (2).JPG



このような画面が現れてきますので

・・・

DSC_4744hgfrew (3).JPG


既定のブラウザー のタグを クリックし

・・・・


DSC_4744hgfrew (4).JPG

あれこれやってみてください


(( 危険な操作ではありませんから・・・・エッジで閲覧中の皆さんは・・・・・・是非トライしてくださいね。))

DSC_4744hgfrew (5).JPG




TECH REPORT  復活


フラッシュプレーヤーサポート終了を機に 閲覧できなくなっていた SACLAM ホームページ TECH REPORT 部分です


プロフェッショナルに依頼し

(( 一部の写真が消えてしまう等の不具合は残りましたが ))

何とか復旧し 閲覧可能と なりました















工具袋


以前から・・・・欲しいと・・・・思っていた・・・・物があります



ポンコをドライブするとき・・・・必須のものが・・・修理用の工具一式

ですよね



クラシックミニ
などは

あちらこちらに怪しい部分がありますため 携帯すべき工具の量も半端ではありません


しかし

金属製 や プラスチック製 の ゴッツイ工具箱


トランクの中で・・・あばれ回りますし・・・・ガチャガチャうるさいので

車載用には使いたくはありません

(( 多分皆さんの中にも・・・・同様に思われるが・・・・少なからずいらっしゃると思います。 ))

DSC_4653kjhgfds (12).JPG



そこで

車載工具向きの巻き袋は無いかと思い

インターネット検索して・・・・現在入手可能なものを・・・・買いあさってみました



  1. DSC_4653kjhgfds (2).JPG



先ずは

TONE ブランドの 工具巻袋に 工具を詰め込んでみました


あんまり具合よくありません



そもそも収容できる工具数が少なすぎるし


この手の巻き袋に縫い付けてある・・・・・スパナポケットは・・・使いずらい



DSC_4653kjhgfds (7).JPG

また

マジックテープバンドさの設定が  ミスっていまして 巻き込むことさえできません


残念ながら NG!

DSC_4653kjhgfds (8).JPG





以下・・・・中国製と思えわれますが・・・TONEより・・・大型


しかしながら・・・・差し込みポケット式の工具巻袋なので・・・・工具数や種類に関する・・・制約が多く

TONE同様 あまりよろしくありません


DSC_4653kjhgfds (1).JPG




3個目は

チャックポケット式の  工具巻き袋


筆入れを5個・・・・巻き袋に・・・・縫い付けてしまった様な・・・造りです




DSC_4653kjhgfds (3).JPG



コンパクトサイズですが

・・・

結構な数量の工具を入れることができました



なかなか良い具合です


DSC_4653kjhgfds (6).JPG


入れ方をあれこれと考えることも不要で・・・種別にジャラジャラ入れてしまえば良くって

横着な私にぴったり



難点はと言いますと・・・・少しコンパクトすぎること


((優柔不断な私のような人間には・・・・持ち歩くべき工具の選択がむつかしいのです。))

(( つまり全ての具を持ち歩くことになるのです。))

DSC_4653kjhgfds (4).JPG





こちらは

同じくチャックポケット式の 巻き袋 ですが


黒の巻き袋に対して だいぶ大きめ。


DSC_4653kjhgfds (9).JPG




なんと

金属製のツールケースに入っていたすべての工具を収納することが

出来まして

まだ余裕あり




DSC_4653kjhgfds (13).JPG




上記 黒 と 茶 の 巻き袋の

中間のサイズで・・・・オリジナルの車載工具用巻き袋を・・・・作ってみようか


等と

妄想中です



DSC_4653kjhgfds (11).JPG












のりました #2

  

LOTUS EUROPA の FRPボディー レストア に作った

作業台車です





DSC_4432rt (5).JPG




ストリップダウンしたボデイを乗せて使います

アッタッチメントを使えば・・・90度横立てすることも・・・出来ます


(( たぶん・・・。))

DSC_4583asdf (1).JPG


11月初めに

お友達のカーボン工場に搬入し  一旦塗装被膜やパテを剥がし  表面にグラスマットを貼り込み

ポリエステル系のプラサフを塗布  その後  研ぎ出しもらう予定です


((  Hさん・・・・よろしくお願いいたします。 ))


DSC_4586asd (3).JPG




木製台車を使い・・・・・シャシ用の作業台も・・・・・作りました



こちらも

今月中に  完全分解まで  漕ぎ着けたい  ところです


DSC_4586asd (2).JPG




写真のトラブル



画像の変換比率が狂ってしまうトラブルにつきまして

その後・・・あれこれ・・・判らないなりにも・・・いじくりまわし

以下の事が判明いたしました

。。


INTERNET EXPLORER で閲覧した場合は問題無いが

その他のブラウザーで見た時に問題が発生する

GOOGLE CHROME等


SONY XPERIA SO-03G で撮影した写真が曲者

手元に有るORYMPAS で撮影した写真や 

新型 XPERIA SO-52B 等では

とりあえず問題は起こらない


しかし過去のTODAY's SACLAMを クローム経由で閲覧して

みたところ

スマホのXPERIA以前に撮影した写真にも

問題が起きている


ちなみに

2006年から2009年まで So-net のBlogが残っているが

 

 


こちらも

クロームで閲覧すると・・・・少なくない部分で・・・・写真がゆがんでいる


そんな訳ですため

今後書き込み記事については対策しながらアップロードしますが

過去の記事で

写真が歪み示される場合には

インターネットエクスプローラーを使って

閲覧してください































前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ