PARTS for CRX

CRX

CRX仲間のお友達さんから

EF7/8用のリヤスポイラーが返送されてきました

私が形状修正して使っていた  水色のリヤスポイラーだったのですが、 リヤハッチへの取付面形状が変更され

・・・

灰色のサーフェーサーで・・・塗装されてるじゃあ・・・ありませんか

!!

お友達さんの作ったリヤスポイラーよりも 綺麗な形に仕上がっているので、 これをベースにもう一度型を作り直すとのこと

。。

ほんと・・・お馬鹿さん・・ですね

。。。

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2021/08/post-2641.html

DSC_5628sdrew (2).JPG

DSC_5628sdrew (3).JPG

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2021/04/post-2599.html

DSC_1634lkoiqwe (6).JPG

フィッティングテストしてちょうだい♪

おっしゃるので  装着テスト。

FRP製ですから パーフェクトではありませんが

所々両面テープの厚さを工夫すれば パテ修正せずに装着可能でしたし

上面の暴れもなく 良いレベルに 仕上がっておりました。

これから製造型を起こしますので

2本を作るだけでははもったいない

・・・

CRXをレストア中の方で 欲しい人には 有料でお譲りいたします

DSC_5628sdrew (4).JPG

ちなみに EF8 MUGENバンパー 用の マーカーレンズカバーも 少量ですが 用意してあります♪

こちらも有料ですが 欲しいオーナーさんに お分けいたします♪

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2021/08/post-2641.html

DSC_3492asdfgh (5).JPG

ところで  EUROPA のボデイレストアをお願いしている お友達さんですが

・・・・・・

1週間前に東南アジアに出張してしまった・・らしいのです・・・・。

来週この子を工場に持ち込む予定なのですが

・・・

帰国できるんでしょうか

??

DSC_5628sdrew (9).JPG

加速騒音テスト

 

 

 少々時間を空けてしまいましたが

初期の試作品に対し  商品により近い形に作り込んだ 新しいサイレンサーを用意して

 GR-YARIS と FK8 CIVIC-R の

 騒音テストを実施してきました

 

DSC_5672.JPG

 

この日の気温は  おおよそ 10℃。

気温が低くなるほど 高い騒音値を計測されるのが 常。

ここから先 2月いっぱい迄は 改良改善作業を 続けます

 

 

こちらが  GR-YARIS 向けの商品案(まだ試作品です。)

初期の音質調整には  苦戦しましたが 苦労した分 騒音値も音質も 良い線いっています 

 

PB242798.JPG

 

 

 

エキゾーストサウンドのコントロールに関し、 ほぼ全容をマスターしかけていると 考えていましたが

 この2台では 思っていた以上に 苦戦してしまいました

 

自分の持っているセオリー通りに今のサウンドが出来上がった訳ではなく

・・・

むしろ偶然の産物として音質改善されることが・・・多かった

・・・

 

自分のノウハウは まだまだ5合目にもたどり着いていないのかも しれません

。 

 

 

 

 

 

 

 

 

工作室 

 

Z34 / Z34 NISMO

Z34用のサイレンサーを5キット製作しています。

うち2台分は売約済で、残りの3キットが在庫に回る予定です。

DSC_5743gtrew (4).JPG

 

3キット分のご予約を募集しております

 

DSC_5743gtrew (5).JPG

 

 

 

VAB WRX STI

 

30キット分の数量限定で販売しておりましたVAB WRX STI 向けのサイレンサーキットですが

一昨日、その30キット目が売約済となりまして 一旦販売を終了することになりました。

https://www.saclam.com/todays/stock_part/2018/05/vab-wrx-sti.html

DSC_5348BBB (1).JPG

今後この商品を販売するためには 再度認定試験を受験する必要がありますので

テスト車両の確保 と 新たな工数の確保が

必要

P5011638.JPG

 

年末年始は現在予定中の業務で手一杯となりますため、

認定試験の再受験は 早くとも2022年の春以降となります

 

(( ねぎの出荷や・・・オーストラリア向けの輸出商品出荷のため・・・大忙しなのです。))

DSC_5743gtrew (6).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故なのかは判りませんが

それぞれ個別に4名のオーストラリア在住ホンダオーナー様からご注文をいただき

出荷準備をしている所です

((NSX 2セット と EF7 CRX2セット))

 

 

 

DSC_5488fgtredkk (3).JPG

 

海外個人宅向けの輸出だものですから

少々手続きが複雑でありまして・・・・この様な仕事は・・・・しゃっちょ~さんに回って来るのですよ。

 

梱包作業自体は新人君にトスするとして

輸出用の書類を準備したり・・・輸送見積もりを取ったりと

大忙しなのです。

 

DSC_5634jjj (1).JPG

 

 

DSC_5634jjj (2).JPG

 

 

E46M3

SPEC.3 に調整を加え SPEC.3 を作ろうとしている最中に車の方に不具合を生じてしまいました。

 

DSC_5488fgtredkk (1).JPG

 

車から降りたときに・・・工場の周辺が焦げ臭く・・・・漏電火災を心配し・・・あれこれ調べ回ってみた結果

M3のエンジンルーム内で・・・オルタネーターが火花を散らしておりました!

 

DSC_5488fgtredkk (2).JPG

お~・・・怖い・・・・・。 

DSC_5617uytr (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

LOTUS EUROPA  #4

 

 

 

ヨーロッパの右後ろ脚を分解しました。

 

DSC_5420rtyuio (8).JPG

 

 

 

シャフトとベアリングインナーレースが錆で固着しているのに

・・・・・

慎重さを欠く作業で・・・ベアリング・プーラーを一つ・・・・壊してしまった

 

DSC_5420rtyuio (1).JPG

 

 

 

気を取り直して

 

爪の作りが頑丈なプーラーで・・・・再トライし

無事抜き取りが完了いたしました♪

 

(( 外れる瞬間・・・バッキッ!  と 酷い音がしたので アルミ鋳物のハウジングが 壊してしまったかと ))

 

DSC_5420rtyuio (2).JPG

こんな具合です・・・。 

DSC_5420rtyuio (6).JPG

 

 

ベアリングとオイルシールは交換するとして・・・、

 

DSC_5420rtyuio (5).JPG

 

 

 

こちらもお値段次第では・・・・交換しといた方が・・・・良いかも。

 

 

DSC_5420rtyuio (7).JPG

 

 

 

 

鉄板で構成されたリヤ・アームは・・・・錆を落としてから・・・・粉体電着塗装する

つもりなのですが

 

DSC_5420rtyuio (3).JPG

 

 

このビーム内の錆をサンドブラスターで落とそうと思うのですが

 

奥行きが深いので

・・・・

如何したら・・・良いものかと 

 ・・・・・

 

DSC_5420rtyuio (4).JPG

 

 

 

 

 

 

 

錆落し

 

 

ジャンク価格で購入した FJ1600 

。 

 

 

錆落とし作業を行うべく

丸裸にした後に

そのフレームをステップワゴンに無理やり積み込んで

 SACLAM工場に

 

 

 

 

シートのバックレストを倒しますと

3m弱以内のの長さであれば  (無理やりな場合もありますが) 積み込むことが可能です

DSC_5377errrttgfds (1).JPG

 

全長 は およそ 2.8m。

 

DSC_5377errrttgfds (2).JPG

 

 しゃがみ込まなくても 作業が出来るよう

 

今回は 脚立に 乗せて

 の

 

DSC_5377errrttgfds (3).JPG

 

 

グラインダー作業。

 

(( ハンドグラインダーに ワイヤーブラシを装着し ひたすら錆を落とします。))

DSC_5377errrttgfds (4).JPG

 

 

 

DSC_5377errrttgfds (5).JPG

 

 

日の落ちるまで 5時間ほど連続作業 を続け

 

おおよそ30%位の錆は落とす事が出来ました

 

DSC_5377errrttgfds (6).JPG

 

 

 

この辺りは・・・・電動ツールでは・・・アクセスできません

どうしましょう

??

DSC_5377errrttgfds (7).JPG

 

 

 

DSC_5377errrttgfds (8).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

創意工夫

 

 

ここ数日間 BLOG入力が 出来なくなりまして 原因も今のところ・・・判っておりません。

 

15年前に購入し 9年前にサポートの切れてしまったソフトを使い Today's SACLAM を書き込んでいましたので

 

周辺の環境が進化してゆく中 「そろそろ危ない!」 と思ってはいたのです

 

 

これまでは・・・・ブラウザーの互換性表示スイッチをONにすれば・・・復帰し機能してくれたのですが

 

今回はその操作が出来なくなってしまっているのです。

 

 

Win6、Win7、Win10という変化に加え Win11が運用され始めていますので

互換表示すべき項目が増えすぎ・・おそらく・あちらの事情で・・・仕様変更され

・・・・

16年使ってきたソフトウェアが 対応しきれなくなったのじゃないかなと

思うのです。

 

あれこれと数日間 いじくり回した結果

  偶然にも ある操作を行うと 入力が出来ることが判り 何とか書き込みを行っております。 

 

 何れにせよ・・・機材とソフトは・・・フルチェンジを

進めます!

************************************* 

 

 

 

 

 NSX SPEC.A

 

3キット分の組立作業を行っております

 

DSC_5370asdftr (6).JPG

 

 

2キットは海外の個人ユーザーさん向けで

残りの1キットが在庫向け

 

DSC_5370asdftr (7).JPG

 

 

 

 

回転式溶接作業台

 

 

ミッション・ジャッキとウォームギヤを組合せて 組立治具を回転式にしてみました。

 

 

DSC_5370asdftr (5).JPG

 

 少しは 作業が 楽になったかな??

 

DSC_5370asdftr (3).JPG

 

 

 

直線用 半自動 Tig 溶接機

 

 

1年以上前に製作を始めたこの機械

・・・・・

ようやくここまで進めることが出来ました

(( 湘南ボーイさん・・ここまで進みましたよ~♪ ))

DSC_5370asdftr (1).JPG 

 

あと少し作りこめば  試運転出来る状態に 仕上がります ♪

 

 

この手の機械は 完成品を購入しようとしますと 数百万程の予算が必要で

使用頻度が高ければそれも有りなのですが・・・弊社の場合は月に1~2回程 有ったら良いな~  という程度ですし

そもそも・・そんな予算も・・・ありません

 

(( と言う事で・・・創意工夫・・・自作するしか...無いのです。))

 

DSC_5370asdftr (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンク FJ1600


ジャンク価格とはいえ

せっかく購入したのですから 機能部分の錆をしっかりと落として ローリングシャシ状態にまでは

復元させようと 考えています


しかし この手の作業 最近は 3~4時間続けるのがやっとでして

その後

1時間半ほどの休憩を取らないと

体が持たない


(( 68歳という年齢と 100㎏オーバーとなった体重 更にはしゃがみこんでの作業 が 原因だと思います。)) 



先日 A氏(70代) と O氏(アラウンド50) がヨーロッパの分解作業をされている脇で

8割程度まで分解済だった ジャンクカーと 3時間ほど格闘し 完全分解完了




アルミパネルも リベットを ドリルでんで取り外し 丸裸状態にするところまで進めることが出来ました

DSC_5247asdew (5).JPG


これから パイプフレームの錆落としを始める訳ですが

EUROPAのシャシと一緒に サンブラ屋さんに持ち込む か あるいはDIYするかで 悩んでいいる所です



DIYで苦労した方が この後予定しているCOOPER-Sの レストア・ノウハウとして

得られるものが 多そうだな~~と

思うのです


(( それに いつものNSXさん達なら 喜んで肉体労働の お手伝い してもらえそうだし・・・♪ ))

DSC_5247asdew (6).JPG






このシャシ  如何するのか? ですって

???


足回り や ブレーキ関連 そしてステアリング周りにも 軽量な専用設計品が 使われてますから

フレームをちょん切って  ホイルベース詰めるだけで

それなりのレベルで  ミニのボデイを載せるための  専用シャシが

出来てしまうんですね





あるいは

DUCATI のエンジン 載せることだって 出来ますしね

♪ ♪








あっ

・・・

 いつもの妄想ですよ

・・ 

今のところは

ねっ♪



















クラシック・ミニ用のアフターパーツ類は・・・・値段がこなれ・・・とっても廉価で

ありまして

弊社の排気管と比べると・・・・1/3~1/4・・・・程


その様な状況下にありますので

これは・私の趣味であって・・・売れなくても良い決め・・・作った商品です


しかし・・・発売してみると

ぽつり・ぽつり・とですが・・・既存の排気管では満足できないオーナー様方に・・・売れてゆくのです



DSC_5247asdew (12).JPG
今月製作予定の 5セットが 完成いたしました

2セット分は ご予約いただいた お客様向けですが

残りの3セットが在庫分



購入希望者様 募集中です
!!


PB112580mnhjuyt (1).jpg






ND ROADSTER

構成部品類の下作り作業が終わりまして・・・組立作業が始まっています


11月分はすべて売約済で

現在は12月分のご予約をお受けしております



DSC_5247asdew (15).JPG




FK8

次のテストのための試作品製作が ここひと月ほど全然進んで居ないのです


このぺーでは アイアンマン君の担当している GR-YARISに 先行されちゃいますので

若造君 もうちょっと頑張ってもらわないと

困りますね

DSC_5247asdew (13).JPG















LOTUS EUROPA  #3


おやじ組の3名が

一週間に一日のペースで集まり 進めている  ロータスヨーロッパの レストア作業です。

********************************






フレームに装着されていた部品類をすべて取外したら

このような姿になりました。

(( 羽毛をむしり取られたニワトリの様にも・・・・みえますね・・。))


DSC_5247asdew (16).JPG


背骨の中に ラジエターパイプや、ヒーターパイプ等が 収められているのですが

・・・・・

このうちヒーターパイプがセンターボーンの内側で溶接されていて

おいそれとは交換できない構造になっておりました


40年以上前の個体です故

パイプの内側も酷く腐食していて・・・・・再使用など考えられるレベルでは・・・ありません

DSC_5247asdew (3).JPG


とにかく 壊しながらでも良いから 外してしまいましょう



ということになり  作業開始



バールで鉄製のヒーターパイプを  作業用の開口部分に引っ張り出して

電動鋸で切断し

後は グリグリと 力ずくで 壊し取りいたします


(( 本業が 金属加工業ですから ヒーターパイプなどは アルミ か ステンレス で 作り直せばれば良いのだし ))

(( そもそも  全行程 ゴムホース化しても 問題はないのです。))



DSC_5247asdew (7).JPG
二人がかりで作業中の写真です


DSC_5247asdew (8).JPG

取れました

DSC_5247asdew (10)k.JPG


DSC_5247asdew (11).JPG


丸裸にしたフレームはフレーム内部の錆を落とすため ずはサンドブラスト屋さんに持ち込み

次に SACLAM社の板金室で 破損部分の修理と補強入れを行い

その後 峠の親分さんの工場で パーカー処理と 粉体電着塗装を 行います


その前に外した部品類の 配置を確認いたします



DSC_5247asdew (2).JPG


とにかく  これまで  分解することに 一生懸命で

それぞれのメンバーが 記録をしながら 分解したわけですが

「あれ~~~??  この部品はどの様に 組込まれていたんだっけ~~~~?」

と言う箇所が 複数 発生


そこで

(( 綺麗に仕上がった部品類を何度も組み晴らしはしたくありませんし ))

・・・・

フレーム本体が 手元にあるうちに 部品構成の

確認作業を行っているのです


DSC_5247asdew (1).JPG











11月の工作室



EF7 /EF8 CRX SILENCER

オーストラリア向け と アメリカ向け の 合わせて4キットが 出来上がりました



さらに国内より 1キット分の ご予約をいただいておりますので

来年早々にも次のロットを生産いたします。


国内のCRXオーナ様方からの 相乗りご予約を お待ちしております!

DSC_4962qwsadcxz (9).JPG






986 BOXSTER


2キット完成し  在庫中です


DSC_4962qwsadcxz (12).JPG


Z33

3キット分完成し 2キットが在庫となりました



DSC_4962qwsadcxz (2).JPG





Z34 (Z34 NISMO)

5キット分を製作いたします。

 3キット分ですがご予約募集中です♪





ROVER MINI

5キット製作いたします。

3キット分ですが ご予約募集中です。





ND(RF) ROADSTER

11月予定分が全数売約済となりまして

現在は12月中旬分よりのお引き当てとなります。

(( 12月分はいつもより少なく 5キットの予定です。))


ND5RC ロックスター

受注生産承り中です♪





NSX NA1 SPEC.A SILENCER

海外のオーナー様 2名より 直接ご予約いただきましたので

在庫分を含め 3キット製作いたします






ELISE Mk.1 K18 SILENCER

2キット分のご予約をいただいておりますので 在庫分を含め3キット製作いたします。

1キット分ですが 相乗りご予約 募集中です。




AE86 デフ下レイアウト SILENCER

5キット製作いたしますが 全数売約済となりました。


デフ上レイアウトSILENCER は2キット在庫中です。



AP1/2 S2000 SILENCER

在庫中です。


DC2  DB8 SILENCER

在庫中です。


VAB WRX STI SILENCER

1キット在庫中です。

現在27キットを販売済ですため 残りの証明書発行可能台数は 3キット 2キット となりました

その後は再度の認定試験x受験が必要となるわけですが

現時点ではその後の生産販売続行は未定です。














前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ