昔のお話の最近のブログ記事

CRX GT4 STORY #12-B

 

ATLANTA

1985 RUN/OFF

 

 

  

YouTube上に・・・ATLANTAで行われた・・・1970年CAN/AMレース・・・・の動画を見つけました

1985年当時もこんな雰囲気でしたね

 

お好きな方はYouTube開いて

"1970 Can-Am series at Road Atlanta"

検索してみてね

♪  

 

img040a.jpg

 

 

決勝レースの出走前

Before the race

asdfgh (1).jpg

 

 

  続きはこちら。

CRX GT4 STORY #12-A

 

 

中断していた GT4 CRX STORY を 更新します

 

***********************

 

ATLANTA

1985 RUN/OFF

*************

自分のあいまいな記憶を頼りに書き込んでいます。従い、不正確な部分もあります事をご了解ください。 

I am writing with my ambiguous memory. Therefore, please understand that there are some inaccuracies.

 *************

 

 

RUN-OFF前に,

クラッシュ後修復したCRX不安要素を消すため,早めに現地入りしてテストをすることになった。

 修理を終えたCRXは、スーザーの運転するトレーラーで早々とアトランタに向けて出発し

自分は、リビルトを終えたエンジンを木箱に詰め込みCIVICバンに乗せ、空港近くのカーゴカウンターに持ち込んだ。

(( さすがに手荷物で持ち込むことは出来ないので・・・・荷物専用カウンターで同じ飛行機に乗せてもらったのだ。))

 

Before RUN-OFF, I decided to go to the site early and test in order to eliminate the anxiety factor of the CRX repaired after the crash.
After repairs, the CRX departed for Atlanta early on a trailer driven by Soother, and
Pack the rebuilt engine in a wooden box and put it on the CIVIC van that you used for 3 years,
I brought it to the cargo counter near the airport.
((I couldn't take it with my baggage, so I had to take the same airplane at the cargo counter.))


((当時会社から支給され自分の足に使わせてもらっていたCIVIC。))
((CIVIC, which was then provided by the company and used for his feet.)

IMG_4102nnn.JPG

 

 続きはこちらです。

↓ 

CRX GT4 STORY #11

 

 

LAGNA SECAからAHMに戻って直ぐに

軽くクラッシュしてしまったCRXのフロント部分を修復する作業が始まった。

 

RUN/OFFは10月の半ばなのだ!

 

Soon after returning from LAGNA SECA to AHM,
We started to repair the front part of the CRX that had crashed lightly.
 

  RUN / OFF is mid-October.

 

EPSON053kiuyt.jpg 

 

 

 

自分の担当は潰れてしまった排気管の作り直しとエンジンのオーバーホール

(と言うより・・・分解点検と・・・カーボンを除去・・・。)

だ。

 

火曲げ排気管の製作はこれで2回目。

一度経験している作業なので・・・・・不安は全くなかった。

 

スペシャルプロジェクトの工作室にあるパイプラックから・・・前回使ったパイプより一回り太いものを選んだ訳だが

 ・・・・・・

このパイプ少々堅めの素材が使われているようで・・・・前回より火曲げに苦労した

汗!

 

後日、砂漠のレースで骨折ししばらく休んでいたチャーリーが出社し

出来上がった排気管を見て・・・・・曰く・・・・

「言ってくれれば・・・・柔らかいパイプを・・・用意してきたのに!」

と。 

 

 

 

続きはこちらをクリックしてください。

CRX GT4 STORY #10

 

10月にATLANTAで行われるRUN/OFFを真近に控えた

9月の上旬

・・・

・・

再びエントリーしたRAGNA SECAの地区レースで

思わぬハプニングがあった

 Early September, with RUN・OFF held at ATLANTA in October,
There was an unexpected happening at RAGNA SECA.

 

 

なんと・・・Doug がコークスクリューで他車をパスする際に・・・コースから飛び出してしまい

・・・

車両の前部を軽く壊してしまったのだ

 

 おそらく

Dougの走り慣れたホームコースだったので

前車をパスする際に

頑張り過ぎてしまったのだろう

 

 When Doug passed another car at down hill, he jumped off the track and lightly broke the front of the CRX

It was home course for Doug so when passing the previous car
Probably he drove too hard.

 

 

 

 

向かって右側のコアサポートが引っ込んでしまっているが

幸いにも

足回りに大きなダメージはなかった。

(( サブフレームにダメージはなく・・・ストラットタワーにも変形はなく・・・エキマニに食い込んでしまったコアサポートを ))

(( 押し戻せば何とか走れそうだった。 ))

Fortunately the core support on the right side has been retracted
There was no major damage to the undercarriage.

 

 

((ストラットタワーに張り付いている金の筒は、オーリンズ製ダンパーの別体アキュームレータ・タンク。))

(( この時代こんなダンパーを装備しているレースカーなんて・・・見たことが無い!))

(The gold tube attached on the strut tower was a separate accumulator tank  by Ohlins'.)

CRX GT4 LAGNA ytrghbvc (25).JPG

 

こりゃ・・明日のレースは・・・・パスかな?

と思っていたら

・・・

Dix が「よし・・・明日の朝までに・・・直そう!」と言い出した

 

 

続きはこちら

CRX GT4 STORY #9

 

Carlusbad

 

ここでのレースは面白かった♪

LAより南に1時間の所にあるのが・・・・・モトクロスコースとして有名な・・・・カールスバッドだ。

 

 The race here was interesting ♪

 One hour south of LA is Carlsbad, famous for its motocross course.

 

モトクロス・コースの他にドラッグレース用の直線路があり

・・・・・

この直線路部分と・・・・・・ゴール地点からスタート地点まで戻ってくるための・・・細く曲がりくねった

帰路を組み合わせて周回路を作り

・・・・

・・

そのでっち上げた周回路でレースが行われるのだ。

 

 

((クラブレースとはいえGTカーの周回ロードレースが行われるなんて・・・信じがたい事だ!))

(( 地区の主催者(皆ボランティア)が・・・楽しいイベントを催したかったのだろうね。))

 

そして

この無理やりでっち上げたロードコース上に

GT1~GT5まですべての参加車両を一時に走らせるのだ

 

 In addition to the motocross course, there was a strait line for drag racing.

 This straight road section and a narrow  path to returning to starting point were  combined, and create a circuit.

 The race took place on this circuit
.
 

(( It was hard to believe that a GT car road race will be held in such a circuit! ))

((The district organizers (all volunteers) would like to have a fun event)) 

 

 Then, run all participating vehicles from GT1 to GT5 at once on.

 

このありえないコースでのレースではあったが

・・・・

ひょっとしたら・・・GT1やGT2クラスの車両を差し置いて・・・総合優勝できてしまうのではないか?

と言う目論見があった。

 

予選でトップを取り

第一コーナーに一番で飛び込めれば

・・・

勝てる筈

 

と言うのも帰路側は細く曲がりくねっていてCRXにとって有利だし

・・・

そもそも前の車をパスするだけの道幅が無いのだ

 

 

It was a race on this impossible course.

 

Perhaps ... there was a prospect that CRX could win the overall victory with GT1 or GT2 class cars

 We should win if CRX take the top in qualifying and jump into the first corner first

That said, the return side was narrow and winding, which was advantageous for CRX.
And in the first place, there was not enough road to pass the previous car.

 

 

CRX GT4 asdewq (13).JPG

 

 

続きは下記をクリックしてください。

↓ 

CRX GT4 STORY #8

 

 

ラグナでのレース後

 

RUN/OFFへの出場権を確保するために中部地区へと遠征することになった

After  Laguna, Dix decided to travel to the Central  America to secure the right to participate

 in RUN / OFF.

Since it was a club racing, no expedition to other areas was necessary.
But was it necessary to earn points because the vehicle was delayed? I can no longer remember why.

 

クラブレースなので・・・・特に他地区への遠征は・・・・必要ないのだけれど

車両の完成が遅れたために・・・ポイントを獲得する必要があったのか

・・・

それとも

スペシャルプロジェクトがメンテナンスしていたショールームストッククラスの耐久レースが

セントラル地区で開催されたのに合わせて

遠征したのか

・・・

もう思い出せない

 

その後DougからE-MAILが届いた。

Doug: In SCCA a driver is allowed two out of division races to add points for runoffs.

I think dix decided to run mid Ohio and Indy to be sure we qualify for atlanta.

 

SCCAは地区のドライバーに対し2回だけ他地区で得点を稼ぐことを許している。

ランオフへの出場権を確実にするためDixはセントラル行きを決めたんだと

思うよ。

 

 

 

 

Mid Ohio

https://midohio.com/info/facilitymap

 

ミッドオハイオで我々に振り当てられたパドックは

芝生の上だった

 。

 

 

晴れた日だから何の問題も起こらなかったが

その2年後・・・・・・ぐちゃぐちゃに泥濘化し・・・・・トレーラーが立ち往生してしまうたパドックには・・・・閉口したものだ。

 

アルミ板をまげて簡易的に作ったラジエターシュラウドをガムテープで固定しているところ。

 

右手前にある赤いトレイに並んでいるのは・・・この車のエンジンと駆動系整備に使うすべての工具だ。

 

国産車なのでねじのサイズが共通化されていて

とても整備しやすい車だった。

 

 

 

The paddock that we allotted in Mid-Ohio was on the lawn.

It was a sunny day and no problems occurred.

Two years later, I was surprised by the paddock that became a mud and the trailer was stuck.


A radiator shroud made simply by rolling an aluminum plate was fixed with craft tape.

Lined up in the red tray on the right is all the tools used to maintain the car's engine and drive train.
Since it was a Japanese car, the screw size was standardized and it was very easy to maintain.

 

 

 

CRX GT4 asdewq (1).jpg

 

 

続きは下記をクリックしてください。

↓ 

 

最初のホンダレーサー #2

 

 

スコットちゃんに

SB1 CIVIC レーサーの由来を聞いてみた

 

E-mail from Scott

 

The GT4 SB1 Civic had a long history before Jim purchased it in 1981. I will write the story and send it to you along with many pictures.

 

It was always a race car.

 Originally it was dropped when being unloaded from the cargo ship from Honda in 1974 causing enough damage it could not be sold.

It was given to the Foster brothers by Honda of Canada.

 

 

1981年にジム・デンティシが購入し乗り始めたSB1 CIVICレーサーだが

それ以前にもこの車には長い物語があるんだ。

 

この車は最初からレースカーとして使われていたんだよ。

 

と言うのは

1974年に貨物船から降ろす際に落下させてしまい・・・商品として販売できなくなってしまった個体なんだよね。

 

 

そしてその車体は

ホンダ・カナダからフォスター兄弟にプレゼントされたわけだ

 

そうか

販売できない落下車両だったから・・・・レーシングカーにされちゃったんだね

 

何だか面白そうな話だな~~・・・Scottちゃん・・・この車の物語の続き

待ってるよ

 

It looks very interesting story.

 

Scott san,

I will wait your next informations for this car!

 

 

下記の写真はジムが手に入れる前の1980年に(おそらく)アトランタでのスナップ。

この頃はホンダ・デーラーが走らせている様だ。 

 

img742.jpg

 

 

 最初のホンダレーサー#1

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/09/post-2342.html

 

CRX GT4 STORY #7

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/09/crx-5.html

 

 

Doug Petersonからの写真 12 Tube frame Mini 02

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/03/doug-peterson-12-tube-frame-mini-02.html

CRX GT4 STORY #7

 ドライバーの交代

  

20歳そこそこの若きクリストファ・スミスの運転で何回かのシェイクダウンテストが行われ

その後

アトランタ の ローカルレースに2回ほど参戦したわけだが

私を含む Special Project Team メンバー達の脳裏には

ある種の思いが芽生え始め

そしてその思いが日増しに強くなっていった

 。

 

 

それは

・・・・・

「このエンジンと車体のポテンシャルは・・・一体どの位の物なんだろうか?」

「そして改善すべきところは何処なの?」

・・・・

と言う思いだった

CRX GT4 CAR qwerfdsa (1).jpg 

A couple of shakedown tests were performed by young Christopher Smith at the age of 20, and after that, I participated in the local race in Atlanta about twice. Began to sprout and the thoughts became stronger day by day. 

 The questions were:

"What is the potential of this engine and the car body ... how much is it?"

Dix and Charlie had a lot of experience in off-road racing and salt lake speed records, but this was the first time that a four-wheeled GT category race car was produced.

 

Christopher was a driver who entered the go-kart race in the early teens and then began gaining experience in Formula Ford racing.

He is not bad as far as lap time alone, but he has no experience with GT racing cars.
 

 

 If either the driver or the team had decent experience, it was a challenge that could be overcome by advice from the side with abundant experience.

However, both sides had no experience.

 

 

続きは・・・こちらをクリックしてください。

最初のホンダレーサー

 

First Honda GT race car

 

Although Japanese-made small sports cars have begun to appear in the North American club race scene, the appearance of Honda cars was surprisingly late.

 

1960年代の後半ぐらいから

北米のクラブレース・シーンにも...日本製小型スポーツカーが・・・登場し始めた

訳なのだが

・・・

・・・

・・

ホンダ車の登場は・・意外にも・・・遅かった

 

1960年代後半に

日野・コンテッサ や ダットサン が 参戦を開始し

70年代初めには トヨタ・2000GT

そしてその後 70年代の末には マツダ・RX7

等 複数の日本車が走り始めた

訳だが

・・

 

In the late 1960s, Hino Contessa and Datsun started the race,

 and several Japanese cars such as the Toyota 2000GT and Mazda RX7 started running in the early 70s.

 

ちなみに

AHMとして初めて正式に4輪車レースに出走することになったのが

このCRXなのだが

 

By the way AHM was the first to officially started four-wheeled car race with this CRX,

・・・・・・

But

One CIVIC GT4 racer has already participated since the late 70s.

 

GT4 ATLANTA TESTING 01 (4).jpg

 

・・・

プライベート・レベルでは

( 無改造のショールーム・ストック・クラスは別として )

70年代後半より

既に1台のCIVIC GT4 レーサーが参戦していた。

 

 

It's Jim Dentici's SB1 CIVIC, which often appears in Doug Petersn's MINI story.

((The person who started King Motorsports ... Scott 's boss!))

(By the way, this car engine had many parts for MUGEN MF318.)


pic001.jpg

 

Doug Petersn の ミニ・ストーリーにも度々出てきた

Jim Dentici のSB1 CIVICだ。

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson03.html

(( King Motorsports を立ち上げた人で・・・・Scott ちゃんの親分だ!)) 

((ちなみにこの車のエンジンはMUGEN MF318用の部品が多数組み込まれていた様だ。))

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/06/crx-gt4-story2.html

slide16_lgmnbvcxz (1).jpg

 

 

そういう意味では

このSB1 CIVICが 北米のGTクラスを走った

最初の HONDA レーサー と言えるね

。 

 

スコットさん

詳細な情報を送ってね♪

 

 

In that sense, this SB1 CIVIC prepared by king motorsports was the first Honda racer to run the North American GT class.

 

Scoot san,

I will wait your additional information!

 

https://www.kingmotorsports.com/t-about.aspx

img186.jpg

 

ひょっとして

ロニー・バックナムが60年代の後半にS600/S800で

SCCAのクラブレースに出てたかもしれないと思い

彼の記録を調べたけれど

・・・

それは見つからなかった

 

 I thought that Ronnie Bucknam might have entered the SCCA club race with S600 / S800 in the second half of the 60's, and I checked his record but couldn't find it.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピート・ブロック

Peter Brock 

 

先日モテギで行われた S2000 20th festival の会場で

懐かしい人たちと会うことができた訳だが

・・・・・

思わぬ人たちとも再会した

 

1985年の始めに・・・・・ほぼ同時期に・・・・・・AHM の社員となった

Wさんだ

 

彼はその後レース関連の会社の社長にまで上り詰めた人だが

・・・・

なんと

一人のS2000オーナーとして

このfestivalに来ていた

 

彼との会話の中で

北米で最初にレースエントリーした日本製の自動車はどれだ?

と言う話が出た。

(( ほんの少しメーカーやデーラーのサポートの入った車に限るが・・・))

 

私は・・・DATSUNだと思っていたのだが

W氏は自信あり気に・・・・「ピート・ブロックが走らせたコンテッサだよ!」と・・・主張する。

((お好きな方はBREのWeb Siteをのぞいてみてください。))

https://bre2.net/the-racing/hino/

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/c.html  

 

そうか・・・・確かに・・・DATSUNより少し早かったかもしれない・・

・。

 

 

最近日産のデーラーショールームに・・・赤や水色の斜めストライプが入ったZ34を見かけるのが

あのカラーリングの歴史を知っている人は

日本には

あまり居ないと思うのだ。

 

その意味合いを広報しなくっちゃ・・・・ただのストライプを入れただけの

Z34じゃないか

 

昔話好きのスポーツカー乗りはたくさん居ると思うんだが

・・・

イメージ構築が・・・上手くないね・・・・日産!!

 

((今はそれどころじゃあないかもしれないけれど・・・。))

Z34 BRE.jpg

ピートブロック氏の人生と・・彼と日本車との関わり合いを・・・ドラマチックに紹介すれば

このストライプに関するプレミアム度はもっと上がる筈ですよ

Z34BRE

 

 

 

 

 

 

 

1  2  3

2021年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ