昔のお話の最近の記事

CRX GT4 STORY #12-B

 

ATLANTA

1985 RUN/OFF

 

 

  

YouTube上に・・・ATLANTAで行われた・・・1970年CAN/AMレース・・・・の動画を見つけました

1985年当時もこんな雰囲気でしたね

 

お好きな方はYouTube開いて

"1970 Can-Am series at Road Atlanta"

検索してみてね

♪  

 

img040a.jpg

 

 

決勝レースの出走前

Before the race

asdfgh (1).jpg

 

 

  続きはこちら。

CRX GT4 STORY #12-A

 

 

中断していた GT4 CRX STORY を 更新します

 

***********************

 

ATLANTA

1985 RUN/OFF

*************

自分のあいまいな記憶を頼りに書き込んでいます。従い、不正確な部分もあります事をご了解ください。 

I am writing with my ambiguous memory. Therefore, please understand that there are some inaccuracies.

 *************

 

 

RUN-OFF前に,

クラッシュ後修復したCRX不安要素を消すため,早めに現地入りしてテストをすることになった。

 修理を終えたCRXは、スーザーの運転するトレーラーで早々とアトランタに向けて出発し

自分は、リビルトを終えたエンジンを木箱に詰め込みCIVICバンに乗せ、空港近くのカーゴカウンターに持ち込んだ。

(( さすがに手荷物で持ち込むことは出来ないので・・・・荷物専用カウンターで同じ飛行機に乗せてもらったのだ。))

 

Before RUN-OFF, I decided to go to the site early and test in order to eliminate the anxiety factor of the CRX repaired after the crash.
After repairs, the CRX departed for Atlanta early on a trailer driven by Soother, and
Pack the rebuilt engine in a wooden box and put it on the CIVIC van that you used for 3 years,
I brought it to the cargo counter near the airport.
((I couldn't take it with my baggage, so I had to take the same airplane at the cargo counter.))


((当時会社から支給され自分の足に使わせてもらっていたCIVIC。))
((CIVIC, which was then provided by the company and used for his feet.)

IMG_4102nnn.JPG

 

 続きはこちらです。

↓ 

CRX GT4 STORY #11

 

 

LAGNA SECAからAHMに戻って直ぐに

軽くクラッシュしてしまったCRXのフロント部分を修復する作業が始まった。

 

RUN/OFFは10月の半ばなのだ!

 

Soon after returning from LAGNA SECA to AHM,
We started to repair the front part of the CRX that had crashed lightly.
 

  RUN / OFF is mid-October.

 

EPSON053kiuyt.jpg 

 

 

 

自分の担当は潰れてしまった排気管の作り直しとエンジンのオーバーホール

(と言うより・・・分解点検と・・・カーボンを除去・・・。)

だ。

 

火曲げ排気管の製作はこれで2回目。

一度経験している作業なので・・・・・不安は全くなかった。

 

スペシャルプロジェクトの工作室にあるパイプラックから・・・前回使ったパイプより一回り太いものを選んだ訳だが

 ・・・・・・

このパイプ少々堅めの素材が使われているようで・・・・前回より火曲げに苦労した

汗!

 

後日、砂漠のレースで骨折ししばらく休んでいたチャーリーが出社し

出来上がった排気管を見て・・・・・曰く・・・・

「言ってくれれば・・・・柔らかいパイプを・・・用意してきたのに!」

と。 

 

 

 

続きはこちらをクリックしてください。

CRX GT4 STORY #10

 

10月にATLANTAで行われるRUN/OFFを真近に控えた

9月の上旬

・・・

・・

再びエントリーしたRAGNA SECAの地区レースで

思わぬハプニングがあった

 Early September, with RUN・OFF held at ATLANTA in October,
There was an unexpected happening at RAGNA SECA.

 

 

なんと・・・Doug がコークスクリューで他車をパスする際に・・・コースから飛び出してしまい

・・・

車両の前部を軽く壊してしまったのだ

 

 おそらく

Dougの走り慣れたホームコースだったので

前車をパスする際に

頑張り過ぎてしまったのだろう

 

 When Doug passed another car at down hill, he jumped off the track and lightly broke the front of the CRX

It was home course for Doug so when passing the previous car
Probably he drove too hard.

 

 

 

 

向かって右側のコアサポートが引っ込んでしまっているが

幸いにも

足回りに大きなダメージはなかった。

(( サブフレームにダメージはなく・・・ストラットタワーにも変形はなく・・・エキマニに食い込んでしまったコアサポートを ))

(( 押し戻せば何とか走れそうだった。 ))

Fortunately the core support on the right side has been retracted
There was no major damage to the undercarriage.

 

 

((ストラットタワーに張り付いている金の筒は、オーリンズ製ダンパーの別体アキュームレータ・タンク。))

(( この時代こんなダンパーを装備しているレースカーなんて・・・見たことが無い!))

(The gold tube attached on the strut tower was a separate accumulator tank  by Ohlins'.)

CRX GT4 LAGNA ytrghbvc (25).JPG

 

こりゃ・・明日のレースは・・・・パスかな?

と思っていたら

・・・

Dix が「よし・・・明日の朝までに・・・直そう!」と言い出した

 

 

続きはこちら

CRX GT4 STORY #9

 

Carlusbad

 

ここでのレースは面白かった♪

LAより南に1時間の所にあるのが・・・・・モトクロスコースとして有名な・・・・カールスバッドだ。

 

 The race here was interesting ♪

 One hour south of LA is Carlsbad, famous for its motocross course.

 

モトクロス・コースの他にドラッグレース用の直線路があり

・・・・・

この直線路部分と・・・・・・ゴール地点からスタート地点まで戻ってくるための・・・細く曲がりくねった

帰路を組み合わせて周回路を作り

・・・・

・・

そのでっち上げた周回路でレースが行われるのだ。

 

 

((クラブレースとはいえGTカーの周回ロードレースが行われるなんて・・・信じがたい事だ!))

(( 地区の主催者(皆ボランティア)が・・・楽しいイベントを催したかったのだろうね。))

 

そして

この無理やりでっち上げたロードコース上に

GT1~GT5まですべての参加車両を一時に走らせるのだ

 

 In addition to the motocross course, there was a strait line for drag racing.

 This straight road section and a narrow  path to returning to starting point were  combined, and create a circuit.

 The race took place on this circuit
.
 

(( It was hard to believe that a GT car road race will be held in such a circuit! ))

((The district organizers (all volunteers) would like to have a fun event)) 

 

 Then, run all participating vehicles from GT1 to GT5 at once on.

 

このありえないコースでのレースではあったが

・・・・

ひょっとしたら・・・GT1やGT2クラスの車両を差し置いて・・・総合優勝できてしまうのではないか?

と言う目論見があった。

 

予選でトップを取り

第一コーナーに一番で飛び込めれば

・・・

勝てる筈

 

と言うのも帰路側は細く曲がりくねっていてCRXにとって有利だし

・・・

そもそも前の車をパスするだけの道幅が無いのだ

 

 

It was a race on this impossible course.

 

Perhaps ... there was a prospect that CRX could win the overall victory with GT1 or GT2 class cars

 We should win if CRX take the top in qualifying and jump into the first corner first

That said, the return side was narrow and winding, which was advantageous for CRX.
And in the first place, there was not enough road to pass the previous car.

 

 

CRX GT4 asdewq (13).JPG

 

 

続きは下記をクリックしてください。

↓ 

CRX GT4 STORY #8

 

 

ラグナでのレース後

 

RUN/OFFへの出場権を確保するために中部地区へと遠征することになった

After  Laguna, Dix decided to travel to the Central  America to secure the right to participate

 in RUN / OFF.

Since it was a club racing, no expedition to other areas was necessary.
But was it necessary to earn points because the vehicle was delayed? I can no longer remember why.

 

クラブレースなので・・・・特に他地区への遠征は・・・・必要ないのだけれど

車両の完成が遅れたために・・・ポイントを獲得する必要があったのか

・・・

それとも

スペシャルプロジェクトがメンテナンスしていたショールームストッククラスの耐久レースが

セントラル地区で開催されたのに合わせて

遠征したのか

・・・

もう思い出せない

 

その後DougからE-MAILが届いた。

Doug: In SCCA a driver is allowed two out of division races to add points for runoffs.

I think dix decided to run mid Ohio and Indy to be sure we qualify for atlanta.

 

SCCAは地区のドライバーに対し2回だけ他地区で得点を稼ぐことを許している。

ランオフへの出場権を確実にするためDixはセントラル行きを決めたんだと

思うよ。

 

 

 

 

Mid Ohio

https://midohio.com/info/facilitymap

 

ミッドオハイオで我々に振り当てられたパドックは

芝生の上だった

 。

 

 

晴れた日だから何の問題も起こらなかったが

その2年後・・・・・・ぐちゃぐちゃに泥濘化し・・・・・トレーラーが立ち往生してしまうたパドックには・・・・閉口したものだ。

 

アルミ板をまげて簡易的に作ったラジエターシュラウドをガムテープで固定しているところ。

 

右手前にある赤いトレイに並んでいるのは・・・この車のエンジンと駆動系整備に使うすべての工具だ。

 

国産車なのでねじのサイズが共通化されていて

とても整備しやすい車だった。

 

 

 

The paddock that we allotted in Mid-Ohio was on the lawn.

It was a sunny day and no problems occurred.

Two years later, I was surprised by the paddock that became a mud and the trailer was stuck.


A radiator shroud made simply by rolling an aluminum plate was fixed with craft tape.

Lined up in the red tray on the right is all the tools used to maintain the car's engine and drive train.
Since it was a Japanese car, the screw size was standardized and it was very easy to maintain.

 

 

 

CRX GT4 asdewq (1).jpg

 

 

続きは下記をクリックしてください。

↓ 

 

最初のホンダレーサー #2

 

 

スコットちゃんに

SB1 CIVIC レーサーの由来を聞いてみた

 

E-mail from Scott

 

The GT4 SB1 Civic had a long history before Jim purchased it in 1981. I will write the story and send it to you along with many pictures.

 

It was always a race car.

 Originally it was dropped when being unloaded from the cargo ship from Honda in 1974 causing enough damage it could not be sold.

It was given to the Foster brothers by Honda of Canada.

 

 

1981年にジム・デンティシが購入し乗り始めたSB1 CIVICレーサーだが

それ以前にもこの車には長い物語があるんだ。

 

この車は最初からレースカーとして使われていたんだよ。

 

と言うのは

1974年に貨物船から降ろす際に落下させてしまい・・・商品として販売できなくなってしまった個体なんだよね。

 

 

そしてその車体は

ホンダ・カナダからフォスター兄弟にプレゼントされたわけだ

 

そうか

販売できない落下車両だったから・・・・レーシングカーにされちゃったんだね

 

何だか面白そうな話だな~~・・・Scottちゃん・・・この車の物語の続き

待ってるよ

 

It looks very interesting story.

 

Scott san,

I will wait your next informations for this car!

 

 

下記の写真はジムが手に入れる前の1980年に(おそらく)アトランタでのスナップ。

この頃はホンダ・デーラーが走らせている様だ。 

 

img742.jpg

 

 

 最初のホンダレーサー#1

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/09/post-2342.html

 

CRX GT4 STORY #7

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/09/crx-5.html

 

 

Doug Petersonからの写真 12 Tube frame Mini 02

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/03/doug-peterson-12-tube-frame-mini-02.html

CRX GT4 STORY #7

 ドライバーの交代

  

20歳そこそこの若きクリストファ・スミスの運転で何回かのシェイクダウンテストが行われ

その後

アトランタ の ローカルレースに2回ほど参戦したわけだが

私を含む Special Project Team メンバー達の脳裏には

ある種の思いが芽生え始め

そしてその思いが日増しに強くなっていった

 。

 

 

それは

・・・・・

「このエンジンと車体のポテンシャルは・・・一体どの位の物なんだろうか?」

「そして改善すべきところは何処なの?」

・・・・

と言う思いだった

CRX GT4 CAR qwerfdsa (1).jpg 

A couple of shakedown tests were performed by young Christopher Smith at the age of 20, and after that, I participated in the local race in Atlanta about twice. Began to sprout and the thoughts became stronger day by day. 

 The questions were:

"What is the potential of this engine and the car body ... how much is it?"

Dix and Charlie had a lot of experience in off-road racing and salt lake speed records, but this was the first time that a four-wheeled GT category race car was produced.

 

Christopher was a driver who entered the go-kart race in the early teens and then began gaining experience in Formula Ford racing.

He is not bad as far as lap time alone, but he has no experience with GT racing cars.
 

 

 If either the driver or the team had decent experience, it was a challenge that could be overcome by advice from the side with abundant experience.

However, both sides had no experience.

 

 

続きは・・・こちらをクリックしてください。

最初のホンダレーサー

 

First Honda GT race car

 

Although Japanese-made small sports cars have begun to appear in the North American club race scene, the appearance of Honda cars was surprisingly late.

 

1960年代の後半ぐらいから

北米のクラブレース・シーンにも...日本製小型スポーツカーが・・・登場し始めた

訳なのだが

・・・

・・・

・・

ホンダ車の登場は・・意外にも・・・遅かった

 

1960年代後半に

日野・コンテッサ や ダットサン が 参戦を開始し

70年代初めには トヨタ・2000GT

そしてその後 70年代の末には マツダ・RX7

等 複数の日本車が走り始めた

訳だが

・・

 

In the late 1960s, Hino Contessa and Datsun started the race,

 and several Japanese cars such as the Toyota 2000GT and Mazda RX7 started running in the early 70s.

 

ちなみに

AHMとして初めて正式に4輪車レースに出走することになったのが

このCRXなのだが

 

By the way AHM was the first to officially started four-wheeled car race with this CRX,

・・・・・・

But

One CIVIC GT4 racer has already participated since the late 70s.

 

GT4 ATLANTA TESTING 01 (4).jpg

 

・・・

プライベート・レベルでは

( 無改造のショールーム・ストック・クラスは別として )

70年代後半より

既に1台のCIVIC GT4 レーサーが参戦していた。

 

 

It's Jim Dentici's SB1 CIVIC, which often appears in Doug Petersn's MINI story.

((The person who started King Motorsports ... Scott 's boss!))

(By the way, this car engine had many parts for MUGEN MF318.)


pic001.jpg

 

Doug Petersn の ミニ・ストーリーにも度々出てきた

Jim Dentici のSB1 CIVICだ。

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson03.html

(( King Motorsports を立ち上げた人で・・・・Scott ちゃんの親分だ!)) 

((ちなみにこの車のエンジンはMUGEN MF318用の部品が多数組み込まれていた様だ。))

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/06/crx-gt4-story2.html

slide16_lgmnbvcxz (1).jpg

 

 

そういう意味では

このSB1 CIVICが 北米のGTクラスを走った

最初の HONDA レーサー と言えるね

。 

 

スコットさん

詳細な情報を送ってね♪

 

 

In that sense, this SB1 CIVIC prepared by king motorsports was the first Honda racer to run the North American GT class.

 

Scoot san,

I will wait your additional information!

 

https://www.kingmotorsports.com/t-about.aspx

img186.jpg

 

ひょっとして

ロニー・バックナムが60年代の後半にS600/S800で

SCCAのクラブレースに出てたかもしれないと思い

彼の記録を調べたけれど

・・・

それは見つからなかった

 

 I thought that Ronnie Bucknam might have entered the SCCA club race with S600 / S800 in the second half of the 60's, and I checked his record but couldn't find it.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピート・ブロック

Peter Brock 

 

先日モテギで行われた S2000 20th festival の会場で

懐かしい人たちと会うことができた訳だが

・・・・・

思わぬ人たちとも再会した

 

1985年の始めに・・・・・ほぼ同時期に・・・・・・AHM の社員となった

Wさんだ

 

彼はその後レース関連の会社の社長にまで上り詰めた人だが

・・・・

なんと

一人のS2000オーナーとして

このfestivalに来ていた

 

彼との会話の中で

北米で最初にレースエントリーした日本製の自動車はどれだ?

と言う話が出た。

(( ほんの少しメーカーやデーラーのサポートの入った車に限るが・・・))

 

私は・・・DATSUNだと思っていたのだが

W氏は自信あり気に・・・・「ピート・ブロックが走らせたコンテッサだよ!」と・・・主張する。

((お好きな方はBREのWeb Siteをのぞいてみてください。))

https://bre2.net/the-racing/hino/

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/c.html  

 

そうか・・・・確かに・・・DATSUNより少し早かったかもしれない・・

・。

 

 

最近日産のデーラーショールームに・・・赤や水色の斜めストライプが入ったZ34を見かけるのが

あのカラーリングの歴史を知っている人は

日本には

あまり居ないと思うのだ。

 

その意味合いを広報しなくっちゃ・・・・ただのストライプを入れただけの

Z34じゃないか

 

昔話好きのスポーツカー乗りはたくさん居ると思うんだが

・・・

イメージ構築が・・・上手くないね・・・・日産!!

 

((今はそれどころじゃあないかもしれないけれど・・・。))

Z34 BRE.jpg

ピートブロック氏の人生と・・彼と日本車との関わり合いを・・・ドラマチックに紹介すれば

このストライプに関するプレミアム度はもっと上がる筈ですよ

Z34BRE

 

 

 

 

 

 

 

CRX GT4 STORY #6

 

 シェイクダウンテスト後

何回目のテストかは忘れたが

RUN・OFFの行われるROAD・ATLANTAで・・・ポテンシャル・テストをしてみようということになった

 。

 

 After shakedown test, I forgot how many times it was,
Dix decided to do a potential test at ROAD / ATLANTA where RUN / OFF is performed

 

 LOAD ATLANTA

アトランタ空港からレンタカーで北に1時間ほどいったところにあるコースで

赤い土と松林が特徴的なコースだ。

 

This is a course about an hour north from Atlanta airport by rental car.

Red soil and pine forest are chalacteristic.

 

https://www.roadatlanta.com/track-info/track-map

ROAD-ATLANTA-MAPですよ.jpg

 

 

Doug Petersonが初めてこの地を訪れたのが1971年だから

その14年後の事だ

SCCA SCCA (3).jpg 

The first time Doug Peterson visited the area in 1971、it was 14 years later

 

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/doug-petersn-scca-run-off.html

 

GT4 ATLANTA TESTING 01 (4).jpg

 

 

 

カーナンバーを装着している写真もあるので,

ここで・・・この時・・・・・・デビュー戦となるレースに・・・・・出走したのかもしれない

 

(( レースに出走したかどうか・・・・まったく覚えていないんだ・・・。))

 

There is also a picture with a car number attached, so it may have started in a race that will be a debut here at this time.

(( I do not remember any.))

 

GT4 ATLANTA TESTING 01 (8).jpg

 

 

左端手前のパンチさんは・・・・ヨコハマタイヤの山内氏。

何回かのタイヤ比較テストの末

グッドイヤーを歳やうすることになったのだが

その後も

常に我々のテストに同行してくれた

 Left side is Mr.Yamauchi from Yokohama tire.

After several comparison tests, we decided to adopt the Goodyear, but since then he had always accompained us.

I was looking for a tool box in the back left.

.A black cap Carol Smith.

The two people who talk to Carol are not team members and do not know.

(Maybe Carol acquaintance)

 

.

左奥で工具箱を探っているのが・・・私・・・。

 

黒い帽子が・・・キャロルスミス。

 

しょぼんとしているのは・・・チームメンバーではない・・・・知らない人。

(たぶんキャロルの知人)

 

水色Tシャツの人も・・・知らない人。

 

GT4 ATLANTA TESTING 01 (10).JPG

 

 

 

 

 この時CRXレーサーを西海岸から3500㎞近く離れたATLANTAまで運んできた車は

ハワイ人のスーザが運転する

白いおんぼろトラック。

 At that time, the CRX racer was transported to ATLANTA, which is 3500 km away from the west coast.
A white rag truck that has long been in AHM driven by Hawaiian Sousa

Although I helped the driver as a local expedition, it was a terrible substitute without power steering and without brake assist

((It was like driving a general road with a handle attached to the locomotive.))

 

 

 

近場の遠征時には・・・運転手役のお手伝いをしたこともあるけれど

パワステなし・・・・ブレーキアシスト無の・・・恐ろしい代物だった

(( 電車にハンドルくっつけて一般道を走らせるような物でした。))

 

 ちなみに・・・高床トラックのコンテナにどの様にCRXを積み込むのかと言うと

 ・・・・・

By the way ... How did we  load CRX into a container of a high-floor truck?

GT4 ATLANTA TESTING 01 (2).jpg

 

 

自力でここまで登り

 ・・・

Climb up itself here,

DSC_6738trewq (2).JPG

 

人力で・・・・片輪のランプを持ち上げ

・・・・・・

コンテナの中に

押し込むのだ

!!

 

軽いCRXだから良かったけれどね。

 

Lift one lamp manually and push it into the container

! !
 

  

DSC_6738trewq (1).JPG

 

 

Scott の送ってくれた写真の中に初期の戦績が記述されたボードが写っていた。

そのボードによると

1戦目と2戦目は ATLANTA地区の地区レースで

2戦とも1位でフィニッシュしている様だ。

同日行われた2つのレースに・・・クリストファの運転でエントリーしたんだと思われる。

SCOTT SCOTT #1uytr.jpg

 

In the photo sent by Scott, there was a board with the initial results.

According to that board

first and second race were  at ROAD ATLANTA.

It seems that Christopher  finished
 first in both races.

It seems that we entered  two races held on the same day.
 

 

 CRX GT4 STORY #5

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/08/crx-gt4-story5-1.html

 

 CRX GT4 STORY #4

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/08/crx-gt4-story4.html

 

 CRX GT4 STORY #3

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/06/crx-gt4-story3.html

 

 

 CRX GT4 STORY #2

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/06/crx-gt4-story2.html

 

 

 CRX GT4 STORY #1

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/05/crx-gt4-story1-1.html 

 

 

1984年

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/usa-1.html

 

 

 Doug Petersonからの写真(BRE)

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/c.html

 

 

秘密基地以前

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/b-2.html

 

 

Doug Peterson からの写真 TOYOTA 2000 GT

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/doug-peterson-toyota-2000-gt.html

 

 

Doug Petersn からの写真 SCCA RUN-OFF

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/doug-petersn-scca-run-off.html

 

 

Doug Petersonからの写真 12 Tube frame Mini 02

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/03/doug-peterson-12-tube-frame-mini-02.html

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CRX GT4 STORY #5

 

CRX GT4 RACERの準備が完了したので

近隣のサーキットで・・・・・シェイクダウンテストを・・・・・実施することになった。

 

写真が残っていないし・・・記録の類もすべて紛失

・・・・・・・・

昔の事ゆえ・・・断片的にしか残されていない...自分の記憶頼りに

記述している。

 

従い思い違いなどあるかもしれないことを

お許しいただきたい

 

何しろ・・・・自分も参加した最初のシェイクダウン走行なのに・・・何処のコースで誰が運転したのさえ

思い出せないのさ

 (( 通常はその時の断片的な光景や会話を記憶しているものだが・・・・それが自分の脳内に見当たらないんだ・・・。 ))

 

 

With the race car ready, Dix desided to conduct a shakedown test nearby. 

Unfortunately, all photos and records were lost, relying on my own memory that is only fragmented. 

I would like to admit that there are douubts and mistakes.

I can not remember even who was driving on which course diespite the shakedown test I participated in.

Usually I remember the scene and fragmented comversation at that time, but that is not found in my brain.

The syake down course might be Wirrow Springs in the mojabi desert, which is about 2 hours away from AHM.

Near edwards Air force Bace.

 

状況証拠から推測するに

シェイクダウン・コースは・・・AHMから2時間ほどの所にある・・・・モハビ砂漠にあるウイロースプリングス

・・・・

エドワーズ空軍基地の近くだ

(( ラグナ・セカやシアーズポイントだったかもしれない。))

 

とにかく砂漠の真ん中で...気温は33度~36度位だったと思う・・・・。

http://www.willowspringsraceway.com/

 

 

 

ドライバーは・・・・キャロル・スミスの息子の・・・クリストファ。

The driver was Carol Smith's son Christopher.

 

左がクリストファ・スミス(まだ10代か)       右はドナ・ランドン(CRXを操る女性レーサー)

 

img331.jpg 

 

この人が キャロル・スミス

キャロル・シェルビー率いるフォードのチーム(シェルビー・アメリカン)がルマンを制覇した時のが主要メンバーだ。

 

This is Mr.Carroll Smith.

He was a major member when Shelby American led by Carrol Shelby conquers le Mans.

CARROL SMITH ASDEWQ.jpg

 

10代のDoug Petersonが憧れていたあのGT40を走らせていたチームだ!

It was the team that was running Ford GT40 that the teenage Doug Peterson was drowned.

 

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson02.html

 89340001fff.jpg

 

 

 

 

さて・・・肝心のシェイクダウンテストの結果は以下の通り

 

読みたい方は・・・・・・以下へ続きますので・・・クリックしてください。

 

CRX

 

5年ほど前にいったん売却してしまったEF8を

オーナーさんより買い戻させていただき

商品開発テストのために

整備しています

 

しかし

30年近く前に生産された個体ですため整備のための純正部品は既に廃版となっているものばかりで

・・・・・

大苦戦しています

 

DSC_4504drtyu (3).JPG 

 

特にホース類の調達には苦労していまして

・・・・・・

この手の車のレストアに精通している皆さんなら・・・あれこれとノウハウをお持ちなんでしょうが

・・・

如何せん

私にはその様なノウハウやコネクションがありません

 

 

つまらない部品を一つ用意するだけでも

もの凄く時間と労力を使います

 

 

エアコンのホースも当然廃版ですため・・・素材と工具を集めて作ってしまおうと思い

チャレンジしたのですが

・・・

肝心の

国産(ニチリン)のホース素材を切り売りしてくれるところが無いのです

((10m単位だったり・・・。))

 

ネット上でようやく探し当てたホースはチャイナ製で

素性のわからないものを

高圧側に使いたくはありませんため、少し新しめで長めのホンダ純正高圧ホースを

切断して使用することになりました。

 (( まったく馬鹿みたいです・・・。))

 

左 チャイナ製   右 ニチリンのR134 用

DSC_6289frtyuih (1).JPG

 

カシメ機は手に入ったのですが

・・・・

DSC_6289frtyuih (10).JPG

 

カシメキャップがなかなか手に入らず

無駄な落札も

繰り返してしまいました

DSC_6289frtyuih (9).JPG

 

 

古い純正ホースのカシメキャップ部分を切開して

・・・

DSC_6289frtyuih (12).JPG

 

 

ホースを変えて

カシメ機で締め上げたのがこれです。

 

圧漏れ試験をしていないので

チョイ不安です

 

DSC_6289frtyuih (16).JPG

 

低圧側はと言いますと

この時代に使われていたホースの内径サイズにぴったりのホースが見つからず

・・・・・・

リビルト出来ず・・・・結局古いものを・・・・そのまま再使用

 

 

 

あれこれと無駄なトライをいたしましたが

・・・

ゴムホース類のリビルトは

素材在庫と経験が豊富な専門店にお願いした方が

良かったのかも・・・しれません

 

 

 

 

 

 

 

CRX GT4 STORY #4

 

部品課に出社しても未だ仕事がなく・・・・スペシャル・プロジェクト に行ってもやる事が見つからない

 

と言う日々がしばらく続きまして

 

・・・

 

言葉もなかなか通じないし

 

・・・・

 

じゃあ・・・語学学校にでも行ってみようかと思い、周りの人たちにアドバイスをもらって

 

・・・・・・

 

会社近くのアダルトスクールに通う事になりました。

 

 

 

I went US in January 1985 and became an employee of American Honda motor.

the assigned department was a new department whose activity had not yet started.

Even if I was in the office, there was no work, and even if I went to  Special Project, I could not find anything to do.

 

That's why I had time to spare and decided to go to an adult school nearby the company.

 

 

「チミ・チミ、アダルトスクールだって?   何を教えてくれるんだい?  良いな~~~?」

 

 

仰るのですよ。私の親分・・・。

 

My boss said to me,

Oh adult school !

What will you learn there?

 men and women!

 

 

 

周に2日、仕事が終わってからの2時間ほどの授業にしばらく通ってみたのですが

 

被スパニック系の人達が対象ですから・・・・・・・私の様な日本人には合わないのです。

 

 

彼らはブロークンですが、日常会話位は出来るんです。

 

ただ、書く事と文法が良く判っていなくって

 

・・・・

 

ですから授業内容は彼らの弱いところを補うような内容になっていまして

 

まるで日本の中学英語。

 

 

I tried to go to language class for about 2 hours at night.

Because it was a class for Mexican people, the contents did not suit us Japanese.

 

They could speak broken English, but did not know the grammar.

That's why the contents of the class were like Japanese Junior high school English.

 

So I stopped to go the adult school

and tried taking a language class at EL Camino College.

 

Right after that, CRX body work had finished by Special project .

  Dix called me and said , Uno san from here was your job!

So, after that

I had become a member at Special Project. 

 

 

 

こりゃ意味ないなと思い・・・・1~2月ほどで通わなくなりまして

 

次に、日系人の社長秘書さんに教わった

 

エル・カミーノと言う工科大学の日本語クラスを受験してみたのですが

 

その直後

 

Dixから「U~san・・・・CRXが塗り上がったんで・・・君の出番だよ~~~!」

 

とお呼びがかかり

 

GT4レーサーの組み立て作業に没頭するようになりました。

 

(( と言っても・・・作り込みじゃあ無くって・・組み立て作業ですから・・・誰でもできるんですけどね。))

CRX GT4 CAR qwerfdsa (6).JPG 

 

 

 

The construction work of the important part was already finished, my work was to load the engine or some other components.

 

 

 

After installing oil tank and fuel sell,

Dix said me

We were going to bring  CRX  to Eagle factory which was an hour to go by car.

I wonder why to bring Honda Race car to the Toyota Works garage. but the factory was also at an agency of Earls,

and Callol was asked them to assemble fuel line and oil line there. 

 

I was also wondering why they did not make themselbs.

but

it was reasonable to have a craft man who is familiar with them at agent that has all the materials in place.

 

 

エンジンやオイルタンク、燃料タンクを搭載した後

 

Dix

 

1時間ほど離れたダンガーニーの工場までCRXレーサーを持って行くから一緒に来い」

 

と言うのです。

 

 

何しにTOYOTA・ワークスの工場までCRX持ってくんだろと思っていたら

 

そこがアールズの代理店になっていて

 

オイルと燃料と水のラインを作ってもらうんだとの事

 

 

 

何故にその位自分で作んないんだろうか?

 

と不思議だったのですが

 

今になって思えば、全てのパーツが揃っているところで手慣れた職人に作ってもらった方が

 

無駄もの買いせずに済むんで合理的だったんですね。 

 

 

 

I just saw a little glimpse,

the shop, where craftsmen was making a master model for Carbone fiber body, had a small framed painting on the white wall.

It was powderful shop but  was cool to me!

 

 

 

ちら見出来ただけですが

 

ダンガーニーの工場で

 

・・・・

 

デフューザーのマスターを削っている工作室の白い壁に小さなアートワークが飾られていて

 

 

「おれたちゃ・・・・ただの作り屋じゃなくって・・・・アーチィストなんだぜ♪」

 

・・・・・

 

とでも言いたげな・・・・雰囲気が・・・・感じられました

 

・・・

 

 

 

(( 写真がないので・・・下手な絵で・・・・。))

 DSC_6475trew gtre (6).JPG

 

 

 

 

 

 

 

この手の部品類は市販されていて

 

簡単に入手可能ですし

 

・・・・

 

ましてや彼らは作り込みのプロフェッショナルでした

 

 

 

These parts were commercially available and easy to purchase.

 

the member there were Of cause professional craftsmen.

 

 CRX GT4 CAR qwerfdsa (5).jpg

 

 

ピンボケですいません。

 

この手のブラケット類の形状もハイセンスでありました。

 

 

Small brackets were nicely shaped.

 

 CRX GT4 CAR qwerfdsa (4).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日

 

アメリカ人としては珍しくスリム体系のおじさんが、ニコニコしながら工作室に入ってきて

 

Dixと何やら打合せ

 

 

その後ボール紙をはさみでチョキチョキ切りながら、何かの型紙を作って行きました

 

 

 

 

 One day, a slim American came in to the work shop at Special Project,.

after  two or three words conversation with Dix,

He cut some paper with scissors and chopped a cardboard. 

 

 

 

後日、そのおじさんが出来上がったアルミ製の隔壁を持って再度の来社

 

At a later date,

he came again with the finished aluminum panels.

After placing the panels in the car, fastern with Dzus clips, A stunning fire barrier has been completed.

.

(( It was a perfect job that did not require any minor adjustments or corrections.))

 

 

アルミパネルを配置した後 Dzus製の ワンタッチクリップをはめ込み固定

 

CRXレーサーの室内隔壁が組み上がってしまいました。

 

(( 誤差調整もせずに、一発勝負のパーフェクトジョブ。プロフェッショナルでありました!))

 

 CRX GT4 CAR qwerfdsa (2).jpg

 

 

 

 

その後

 

今度はシンナー臭く・・・・・ペンキだらけで・・・・小汚いおじさんが・・・ニコニコしながら工作室に来られまして

 

 

・・・

 

Dix 「Uno・・これみてみなよ!」

 

と仰るのです。

 

DSC_6475trew gtre (4).JPG 

 

 

At a later date,

a dirty man full of thinner odor and paint come to the shop while smiling.

 

He was a painter for a signboard.

 

As Dix recommended, I looked in to the painters car.

It was a dirty Corolla full op paint. 

There was a pool of thinner in the trunk, and there were lots of used brushes floating in it.

 

 

 

行ってみたら

 

彼の乗ってきたペンキだらけの汚いカローラのトランク内はシンナーの海

 

その中に浮かぶ何百本もの使い古した短い筆

 

・・・・・・・

・・・

 

ピンストライプ屋さんでありました

 

DSC_6475trew gtre (5).JPG

 

 

 

左右のドアに

 

無限の文字を書き込んでもらったのであります。

 

 

 

 

 Disx asked him to write Mugen Logo on  CRX race car.

 

 

 

 

ちなみに

 

この3色斜めストライプのカラーリングはHRAデザイナーさんがデザインした物です。

 

 

 

By the way,

The design with  these three color bands  arranged diagonally was by a designer at HRA.

 

CRX GT4 CAR qwerfdsa (1).jpg 

 

 

運転席は至ってシンプル

 

The cockpit was so simple.

FRP seat was reinforced with metal pipe.

 

金属パイプで補強されたバケットシートでありました。

 

Doug san, How comfortable this chair was?

 

 

 CRX GT4 LAGNA ytrghbvc (16).jpg

 

 

 

 

 CRX GT4 LAGNA ytrghbvc (17).jpg

 

 

 

 

 

 

 CRX GT4 STORY #2

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/06/crx-gt4-story3.html

 

 

 CRX GT4 STORY #2

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/06/crx-gt4-story2.html

 

 

 CRX GT4 STORY #1

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/05/crx-gt4-story1-1.html 

 

 

1984年

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/usa-1.html

 

 

 Doug Petersonからの写真(BRE)

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/c.html

 

 

秘密基地以前

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/b-2.html

 

 

Doug Peterson からの写真 TOYOTA 2000 GT

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/doug-peterson-toyota-2000-gt.html

 

 

Doug Petersn からの写真 SCCA RUN-OFF

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/doug-petersn-scca-run-off.html

 

 

Doug Petersonからの写真 12 Tube frame Mini 02

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/03/doug-peterson-12-tube-frame-mini-02.html

 

 

  

 

 

 

CRX GT4 STORY #3

 

  

1985年1月頃の写真です。

American Honda Motor Co., Ltd.の Special Projectと言う部所で製作中の

CRX GT-4 レースカーの車体です

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/06/a-a-a-a-a-46.html

 

The picture was taken around Jan. 1985.

This body was for the CRX GT4 race  car being produced  at Special project team in A.H.M.

 

GT4 chasis asretyu (4).jpg

 

 

私自身

製作仕事やエンジンの基礎試験等についてはそれなりに経験値が有りましたが

レースメカニックの経験はアルバイトでしか有りません。

 

そして秘密基地に入社後1年で北米勤務となり

初年度の50%をこの部所で働くことになったのです。

(残りの50%は部品部の中に出来たレース部品課で3人の米国人たちと働いておりました。)

 

I have had some experience in building car and engine,

but not lot of experience in race mechanic. 

 

I worked in North America one year after joining Mugen Co., Ltd.

and I was to work in this department for half of the first year.

The other half of the year I was working  for race parts department with three staffs

 

 

当初の間

スペシャルプロジェクトに行っても、何もやる事がないのです。

At first, I had nothing to do at special project.

 

 

エンジンやミッションは既に日本から到着していて、

「車体の予定は如何なの?」と、聞きに行くわけですから、今考えてみると嫌な奴ですよね当時の私。

(( 今もそうだって??))

 

The engines and trans missions had already arrived, and I was going to ask them about when to complete the car while working hard on.

It would have been a nuisance guy to them.

 

 

ですから・・・「変な日本人が来たっ!」て・・・煙たがられていたと思います。

 

 

 

GT4 chasis asretyu (5).jpg

 

彼らの仕事は

鉄板や鉄パイプを切ったり貼ったりしながら、CRXを理想のレーサーに作り上げて行くわけなのですが

・・・・・・

良い形の板金部品を・・・・・・手を止めて考え込む事なしに・・・サクサクと作ってしまうんです

 

Their job was,

While cutting and fabricated steel panels and tubes, building this CRX body to ideal racer.

they quickly made good-shaped one-off sheet metal parts in a short time,

 

 

 図面無のワンオフ現合製作作業なのですが、手が止まらないのです。

それは数々の事例を知っている「ポケットが多い人。」だからでありましょう。

 

It was one-off production without drawing, but their hand does not stop.

It was because they know many cases.

 

 

従い

工作力も発想も当時の私より遥かに上

製作する部品一つ一つの形にも伝統とセンスを感じたものです。

 

their crafting  ability was far above me at the time. 

 

 

 

 

CRXの車体を支えている回転台など良い例で

・・・・・

今の自分に「ゼロ・スタートで自作しなさい!」と言う課題を与えられたとしても

ここまで良い物はできないと思います

 

This turntable  is a good example, which was supporting car body.

I do not think  I could  make better one than this.

 

 

((事前にカンニングしてるのに・・・多分ここまで大胆には・・・作れません。))

GT4 chasis asretyu (3).jpg

 

シンプルな構成ですが

高い剛性と、使いやすさが、同居しておりました。

It was simple structure but had high rigidity and easy to use.

 

 

 

支柱にセンタレス研磨パイプを使用し、これにバンド止めしているのが肝であります。

 

私だったら・・・・、もっとゴツくしてしまうと思います・・・怖いから。

 

If I designed it, it would be much heavier and bigger.

 

GT4 chasis asretyu (1).jpg

話がずれてしまいましたね。

 

この当時SCCAのGT4クラスでは、チューブフレーム構造まで許可されていたのですが

Special Projectの面々は、それを採用せず

純正モノコックの中にロールケージを組む構造体を製作しておりました。

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson06.html

 

At that time the SCCA GT4 class allowed tube frame chasis but they did not adopt.

 

 

彼らにとっても初めてのGT4レーサー製作作業でしたから

サンプル事例の少ないチューブフレーム構造への躊躇に、「CRXを別物に作り変える訳には・・・?」と言う政治的な判断が

有ったのではないかと思われます

 Because it was the first GT4 racer production work for them, I think they were hesitant about the tube frame structure with few precedents.

 

 

GT4 chasis asretyu (2).jpg

 

 

GT4 chasis asretyu (6).jpg

 

 

 

 

 

 

 

CRX GT4 STORY #2

 

前回に続き1984年の冬(晩秋だったかもしれない)

秘密基地のF2エンジン・開発チームが本業を中断し、2か月間の間総がかりで製作した

CRX GT4 レーサー向けのエンジンを紹介します

 

 

The later 1984

Mugen F2 engine team aborted its main job tow month, and build engines for CRX GT4 race car.

 

 GT4 ENGINE sdrewt (2).jpg

  

 

完成させたエンジンがこちらです。

テスト用を含めおそらく5台組まれたと記憶しています。

(( 4台だったかもしれません。))

 

1.5L 12バルブ ドライサンプ仕様で、ヘッドカバーは社長の指示でゴールドとなりました!

 

 This is a picture of completed engine.

According to my memory, probably five units including one for test had been built.

This 1.5L 12 valve engine had dry sump oil system,

and head cover was painted gold as Mugen Engine.

 

GT4 ENGINE sdrewt (4).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

GT4エンジンのドライサンプ用オイルポンプは、かつてのMF318エンジン用に設計されたものを転用した物でした。

運良く鋳物木型と設計図面が残っていたため、短期間で完成させることが出来たのだと思われます。

 

自動車レース先進国の欧米では、それぞれのパーツに関するエキスパートサプライヤーいまして

そのメーカーにおおよそのスペックを伝えて注文すれば

手軽に最新スペックが手に入るのですが

 MF318bbbb.JPG

当時の日本はその様な体制下には無いため

全ての部品を

自分達、あるいは取引先部品メーカーの力を借りて造りだす必要が有った訳です

the dry sump oil pump was diverted from what was once designed for the MF318 engine.

luckily, the casting mold and the drawing remained, so they could be completed in a short period.

 

Europe or the United States, such as reading countries on motorsports, people could  obtain his necessary parts from  manufacturers specializing in the components.

 But Japan was not.

It was necessary to create most of components by themselves.

  

 

ドライサンプシステムの構成図は以下の通りです。

(( 昔の事なので・・・・チョイ不安な所もあります。))

 

 the diagram of the dry sump system was sa followers.

(( because it has been a long time ago, I cannot feel confident in my memory.))

 

 DSC_4573hgytrew (10).JPG

 

 FF車向けの横置エンジンでありますから

オイルパンの左右に吸出し用のピックアップが有りまして、スカベンジングポンプがコーナリング中どちらかの吸出し口から

オイルを吸い出して、オイルクーラー  オイルタンク へと 運びます。

オイルタンクには泡切用のバッフルが内蔵されていて

底部にあるピックアップから泡切の終わったオイルを吸い出してエンジンに送る構造になっています

 

 Since it was parallel mounted engine for FF race car, there were suction pickups on the left and right.

Scavenging pump sucks the oil from either pickup under side G force and  feed it to oil cooler to oil tank.

]the oil tank has built-in baffle for deforming, and feed pump  pickup at deformed oil to engine oil line.  

 

 

 

DSC_4573hgytrew (3).JPG

 

当時使っていたこのエンジンのファイルや写真類が残って居ないので

手書きスケッチや、他機種向けの写真を流用する形になってしまうのが残念なのであります。

 

The files and the photos on this engine I used at the time did not remain, 

so it would be a shame to use handwritten sketches and photos for other models.

 

 

 

  

こんな形の鉄板板金製のオイルパンでしたため,クラックが入りやすかったのを覚えています。

 

This oil pan was fabricated from seat metal, and  was easy to crack.

 

 DSC_4573hgytrew (4).JPG

 

 

以下は

次の時代のEF-CRX向けに作られたドライサンプオイルパンの試作品です。

アルミ鋳物で綺麗なんですが・・・ボツになったオイルパンだと思われます。

 

This picture below is a prototype dry sump pan for EF-CRX which was for next age.

It was much better casted aluminum pan, but not used.

 img257mnbvcxz (2).jpg

 

 構造はCRX GT-4向けの鉄板板金物と同一ですから

それを参考にして作図したのでありましょう。

As the structure is the same as the fabricated pan, So designer copied it to his casted pan.

 

 

 img257mnbvcxz (1).jpg

 

 

img257mnbvcxz (3).jpg

 

私の勝手な想像ですが、設計者だったS氏・・・・多分K専務から・・作り直しを命じられたのではないかと・・想像します。

「せっかく鋳物で作るのに、何故にこのような構造にするんだい??」

とね。

 

 I think that Mr. S, who was a designer, were ordered by the managing director to start over.

 

Make a better structure that takes advantage of aluminum casting.

 img257mnbvcxz (4).jpg

 

 その時代既に下の写真の様なオイルパンが設計されて使われていた訳ですから

・・・・・・・

10年以上前に考案された鉄板板金物のオイルパンをコピーなどするなよ!」

(( あくまで想像です。 今度S氏に会う機会があったら・・聞いてみましょう。))

 

 

1970年代に設計されたMF318エンジン用のオイルパン

oil pan for MF318

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/06/ossan-racing-1.html 

 DSC_2532kkk  (2).JPG

 

DSC_2532kkk  (5).JPG

 

 

1986~7年当時のF3用オイルパンです。

It is an oil pan for F3 engine 1986 to 7

 img257mnbvcxz (5).jpg

 

クランクシャフトはホンダ純正部品を磨き上げて使っていました。

((この写真は別の機種用です。))

 

Honda original crankshaft was polished and re balanced. 

((This photo is for another model.)) 

 

 img257mnbvcxz (6).jpg

 

 

コンロッドも磨き上げて疲労破壊に対する耐性を上げておりました。

 (( この写真はBMW M3 用です。))

 

The connecting rod has also been polished to improve its resistance to fatigue failure.

 ((This photo is for BMW M3.))

 e30m3eng7_l_04.jpg

 

当時のF2エンジンチームメンバーは、皆職人気質メカニックでありまして

研磨や磨き等上手かったのであります。 

 

All of the F2 engine team members at that time were skillful mechanic and liked this kind of job.

 

 

ピストンは当時発表されたばかりのZCエンジン用をリセス加工して組込んだと記憶しています。

 

I remember that the piston was from ZC engine that was just announced at the time.

 

 

 

 

 

テスト開始当初はCRキャブを装備していましたが

北米での補給部品の流通を考えてウェーバーとなりました。

 

At the beginning, the engine equipped  CR cabs,

 but changed to Weber carbs by considering the spare parts supply in North America.

 

 

 

 

GT4 ENGINE sdrewt (3).jpg 

 

 

専用設計されたフライホイルにAP製のツインプレートクラッチが組み合わされていました。

Flywheel was originally designed and  AP twin plate clutch was on it.

 

 

 

  

 

このエンジン用のエキマニは

無限社のダイナモ室で仕様が決まられた後に・・・・MAXIMワークス社によって作られたものでした。

 

 After dynamo test by test  pipe, Mugen ordered this exhaust header for race car to Maxim works.

 

 GT4 ENGINE sdrewt (5).jpg

 

 

 トランスアクスルには

特別に3セットだけ製作した鈴鹿向けのクロスレシオギヤと、既に市販中だったLSDが組み込まれていたが

ファイナルは純正品であった。

 

  Cross ratio gears specially made only 3 sets and LSD were installed.

 

Final gear was Honda original. 

 

 

 tryujhgfd567 (3).JPG

 

 

 この記事を書き込んでいる最中に Doug Peterson から E-MAILが届いた。

 

このAHMで製作された GT4 CRX は、1985年にDoug Peterson の運転でRun Off ni勝利することになるのだが

その数年後、メンテナンスがCOMPTECHに移管され

Doug 自身がメンテナンスを行っていた・・思い出深い車なのだ

 

  

Funny story.... Your comment of the steel dry sump oil pan cracking on the CRX reminded me of the 1989 SCCA runoffs. Don Erb was driving the CRX and we had continued to develop the engine to produce 195 HP and ran it to 9000 RPM in the Atlanta dip. The vibration caused the steel oil pan to crack and leak every session, so I called Roger Soper, our fabricator in California and had him modify a Mugen cast aluminum wet sump oil pan from the Integra to use on the CRX. He built it in 5 hours and shipped it overnight and we ran it the next day with no problems. Don won the GT4 runoffs the next day. So the Mugen CRX ended up winning 3 GT4 National championships.

 

I attached a bad drawing of what we did.

 

おかしな話だけれど・・・オイルパンにクラックが入る話をみて思い出してしまったんだ。

1989Donの運転でRun Offに出走した時の事なんだけど、チューニングを続けて195HP位出ていて、アトランタ直線の終わりに有る下り坂では9000rpmに達していたんだ。

バイブレーションがオイルパンをクラックだらけにしてしまい、走るたびにオイルのリークが悪化するんで、カリフォルニアの工場に居るRogerに電話してINTEGRAレーサー用のアルミ鋳物製オイルパン(ウェットサンプ用のMUGENレース用オイルパン)をドライサンプ用に改造してもらったんだ。 彼は5時間かけて製作し、次の日のセッションまでに間に合わせてくれたのさ。

翌日の決勝レースにも勝利して、3回目のナショナルチャンピオンが取れたのさ。

 

改造したのは以下の通りさ。 

 

 

 

 img329CRXGT4 (1).jpg

 

 

 

 

I have also included a drawing of a modification we did on the CRX cylinder head. To increase air flow we decided to increase the size of the intake valves but the intake valve opposite the exhaust valve would make contact in overlap, so we decided to increase only the intake valve opposite the spark plug. It helped make more power. Looked odd, but it worked!

 

自分達が追加したシリンダーヘッドの改造についてもスケッチも説明しよう

 

吸気量を増やしたくてインテークバルブを大きくしようと検討したけれど、オーバーラップ時にエキゾーストバルブとぶつかってしまう・・・・。 そこで、スパークプラグ側に有るインテークバルブのみサイズアップしたんだ。

少しおかしな構成だけどパワーアップには有効だったね

 

 

 

 img329CRXGT4 (2).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 CRX GT4 STORY #1

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/05/crx-gt4-story1-1.html 

 

 

1984年

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/usa-1.html

 

 

 Doug Petersonからの写真(BRE)

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/c.html

 

 

秘密基地以前

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/b-2.html

 

 

Doug Peterson からの写真 TOYOTA 2000 GT

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/doug-peterson-toyota-2000-gt.html

 

 

Doug Petersn からの写真 SCCA RUN-OFF

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/doug-petersn-scca-run-off.html

 

 

Doug Petersonからの写真 12 Tube frame Mini 02

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/03/doug-peterson-12-tube-frame-mini-02.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CRX GT4 STORY #1

 

1985年に Doug Peterson氏が乗る事になったCRX GT4 RACER について解説する前に 

秘密基地(無限)と言う会社をほんの少しだけ解説いたします

CRX GT4 asdewq (4).jpg 

私の入社は(1983年秋からアルバイトで先行入社し)1984年の春でして

当時創業10年目

社員総数30名プラスの小さな会社でありました

 

 

 

 入社以前の事は

 会社に残っていた記録や親分(本田博俊社長)から聞きかじったもので、今となっては遠い昔の怪しき記憶だより のため

以下の冊子を参考にしておりますが正確さに欠くことはご了解ください

 

First of all, I will explain Mugen Company Limited Just a little. 

I joined in the spring of 1984.

( I joined the pate-time job from fall of 1983.)

At that time the company had been founded ten years.

It was small company with a total 30 employees plus.

 Before joining the company, it is something that I heard from my boss or left in the company records.

Please understand that it is lacking in accuracy.

 

ちなみにこの冊子、北米勤務時代に自分が製作した物です 

tryujhgfd567 (1).JPG 

  

秘密基地(無限)は1973年に本田博俊氏によって興された会社で、 

最初の商品はCIVIC1200㏄エンジンがベースの、MF318 と名付けられたFJ1300 フォーミュラ向けのエンジンでありました

 

Mugen Co., Lid. Was founded in 1973, and its first product was MF318 race motor for FJ 1300 class racing.

  

 MF318aaaa.JPG

このMF318エンジンを搭載したGRDFJ1300が最初のレースで優勝したために

当時このクラスで主流だった日産A12エンジンからコンバートするチームが相次いだのですが、

如何せん完成したばかりで実績不足&未熟成でありまして

・・・・・

その後 

未知の不具合が多発し多くのチームに迷惑をかけてしまった様です

 

 

The GRD formula with this MF318 motor won the first race,

As a result a series of team were changing from Nissan that were mainstream in this class to  Mugen.

But the engine was just finished and was still immature

After that the engine caused trouble to many teams. 

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2018/04/-grda.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2017/11/post-2056.html

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2017/10/post-2052.html

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2017/10/post-2046.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2017/09/post-2037.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/03/a-a-a-a-a-40.html

 

DSC_1507tyuhg (8).JPG

 

 

親分は時々思い出したように、ニコニコしながらではありますが

「出走できないチームが多発して・・・・レースにならない事さえあったね・・・

等と懐かしそうに話すのです

レースが成立しなくなってしまったのですから

そりゃ大事件だったでしょう

!!

 

As I remembered from time to time, my boss talks as if he is smiling, but he often misses that many teams that cannot run out have even been unable to race.

I think it would have been a big incident!

 

 

 

1976

親分が

「じゃあ・・・モトクロスをやろうよ

と決めまして

市販モトクロッサーを大改造(と言うより80%以上作り変えて)し日本選手権に参戦いたしました。

ライダーは、あのゴリラの様な鈴木秀明さんです。

MUGEN MX aaawe (2).jpg 

 

 

 

1976

Hirotoshi san decided to enter Moto Cross racing, and entered all japan series with heavily modified Honda bike.

Hideaki Suzuki was its rider.

  

 

 

同時にEUサテライトチーム用のコンプリート・バイクやチューニングパーツを販売開始されまして

国内のみならず海外にも

チューニングパーツ類やホンダベースのコンプリートモトクロッサーを輸出しておりました

 

Complete race bike for satellite teams or tuning parts were started to sell,

Not only domestic but also overseas.

 

MUGEN MX aaawe (5).jpg 

 

 

1979年~1980年には

親分は無限USAを設立し北米選手権へチャレンジを開始しまして、USグランプリを含め幾度かのレースで勝利されたのだそうです。

 

Hirotoshi san founded US-MUGEN and started its challenge to US MX series.

 MUGEN MX aaawe (3).jpg

 

天才ライダーのジョニーオマラが

他のワークス勢相手に大活躍してくれたそうです

 

White bike won some national race included US GP by Johnny-O!

 MUGEN MX aaawe (1).jpg

 

 

しかしその4年後

私が社長のお供で初渡米した1984年の秋には、既にMUGEN USA は会社としての活動を休止していました

 

MUGEN USAの社長を務めていたAL BAKER氏とはその後も大の親友関係でありましたから

北米オフロードバイク・ビジネスの難しさに直面しての休止判断だったと想像いたします

 

レース活動費をスポンサーさん達から頂けるような世界でもなかったでしょうから

収入より支出の方が大きかったのでありましょう

 

自分自身ずいぶんと後になってから感じたことですが

レースやレースパーツに関する活動やビジネスを継続してゆくのは簡単ではないのです

 

 

 When I went to the US 1984, that was 4 years after Johnny-O,

US-MUGEN had been stopped its activity.

 

Because he maintained a great close friend ship with AL BAKER who was director of MUGEN USA,

I think that it was a decision to suspend by the difficulty of Moto business in North America.

  

 It would not have been a world where sponsors could get the cost of bike racing,

The money spent in the race would have been greater than the proceeds from selling parts.

 

 It is something that I felt a long time since then,

It is not easy to continue the activities and business about racing or parts business.

  

 

1984

CRXが世に出た頃

博俊親分は アメリカ・ホンダのM社長(その後自工会の会長になった方です。)から、何度も熱心に、

北米への再チャレンジを提言され2回目の北米進出を決めました

 

が、しかしそれまでの経験から

「海外でのレースとそれに連動した関連ビジネスは・・・そんなに簡単じゃあ無いぞ。」

と思われていたようです。

 

自社ブランド拡販のためのレース活動は

  レースでの消費が多くて・・・・・・部品が沢山売れないと・・・・・続行出来ないのです。

 

レース活動自体にスポンサーが付けば別ですが

当時親分はその様な事をあまり考えてはいなかった様に思います。

  

 2回目の北米チャレンジは、AHMと言う会社を通じての共同ビジネスであり

以下の主題が有りました

  

CRXでレース活動を行いHONDAMUGENのブランド力向上に貢献し、

AHMのデーラー網を通じてMUGENパーツを販売しMUGENパーツビジネスを成立させる

  

 

 

 

この案は採用されませんでしたが

・・・・

 当初、CRXでのワンメイクス・レース等も検討されていたようで

 秘密基地でライト・チューニングされたCRXをアメリカホンダに送りウイロスプリングスに雑誌社を集めての

試乗テスト等を行った事も有りました

 

その後このCRX84年の秋にラスベガスのホテルで行われた

全米のホンダデーラー・オーナーさん達向けの新車先行発表会にも展示され公開されました

 

この展示会(内覧会)に説明員として初渡米し参加しましたが

CRX人気との相乗効果もありまして

人気ありましたね

 

この時代の与太話を以下にまとめてみました。

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/usa-1.html

 

 

1984

Hirotoshi san was persuasively persuaded to take on challenge again from Mr. M who was president of AHM and decided to do second challenge.

 

But I think,

Hirotoshi san seemed to think that race related parts business was not so easy.

 

Race activity for sales promotion of own brand was very expensive to continue without amount of budget.

It mean certain amount of profit from parts sales. 

It would be different if sponsors attached to the race activity itself, but at that time it was promotion for own parts.

 

 

 

The second challenge was the joint business with AHM and had two goals.

 

 Carry out race activities with CRX to improve Honda brand and  Mugen brand.

Distributor Mugen parts through AHM dearer network, and establish Mugen parts business.

 

 

This proposal was not adopted,

It seemed that one make race with CRX was also considered.

 

Send a light tuned CRX by Mugen to AHM, and show off Magazines at Willow Springs. 

Later on this CRX was in the dearer convention held at the MGM grand at Las Vegas.

 

I went to the US first time as an explanatory member for this convention,

This CRX was so popular.

 

  CRXCRXCRX.jpg

 

 

その後レース活動を行うカテゴリーをSCCAGT4クラスに決まり

急仕立てのテストエンジンがAHMに送られ

足回りを固めただけの標準CRXに積まれてポテンシャルテストが行われました

 

腰下周りはウェットサンプのままでしたから、当然のごとく油圧切れを起こしてしまいまして

本格的なドライサンプ・エンジンを作ることが決定したのでありました

 

After that AHM and Mugen agreed to the race  category GT4.

Mugen built test engine and shipped to AHM .

It was tested on a red CRX with race tire.

 

Because test engine was still a wet sump, oil pressure was cut off as a matter of cause.

That why it was decided to make a dry sump engine.

 

 

 

 

上記のような流れで 

1984年の冬

秘密基地のF2エンジン・開発チームが本業を中断し、2か月間の間総がかりでCRX/GT4エンジンを製作することになったのです

 

 With the above flow, GT4 was going to be built in the winter of 1984.

F2 team in charge of engine development and its maintenance stopped their original duties 2 month

and build four GT4 engines.

 DSC_4375kjhgfdse.JPG

 

マネージャーのS

 既に他界されました。((お世話になりました!)) 

Manager Mr.S

Already called to haven. (( Thank You for all the help you have given.))

 

 

設計担当のT

 ILMORに移籍し(今も)レースエンジンを設計していると思ういます・・・が。

 Designer Mr.T

 Transfer to ILMOR and designing race engine.

 

 

 

組立とベンチ担当のH

 GIBSON TECHNOLOGY と言うレースエンジンメーカーに移籍し、今も頑張っています。

 ((2月ほど前に、インターネット上に彼の手掛けたGT4エンジンを見つけ、E-MAILを送ってくれました。))

Tuning and Dyno test: Mr.H

Transfer to GIBSON TECHNOLOGY, continues to work on race engines today. 

((2 month before he gave me an E-MAIL with a picture of GT4 engine.))

 

 

組立担当のT:

その後自動車業界から離れたと聞いています。

In charge of tuning and assembling: Mr.T

I heard that he left car industry 10 years ago.

 

 

組立担当のN

退社後の消息不明であります。

 Assembling: Mr. N

15 years ago he left this company.

 

 

新人だったT

今やレースチームの総監督です!

Newcomer: Mr.T

General Manager of race team now.

 

 

GT4 ENGINE sdrewt (2).jpg

 

 

 

その職業を極める事に人生をかけている人の事を

(私は勝手に)

職業人と呼んでいます

 

例えば・・・お医者さん・・・。

大病院に所属して・・・・月給を貰っていらっしゃる・・・・お医者さん達ですが

企業人かと問われれば・・・NOですね・・・。

病院の都合で・・・事務職に配置転換されたら・・・他の勤務先を探して・・・・お医者さんを続けるでしょ。

ですから・・・・医業に執着した職業人と・・・・分類いたします。

 

一方

自動車メーカーにお勤めの開発エンジニアさん達はと言いますと

企業人と分類いたします。

会社の都合で別の部署に配置転換となった時に、どの様に対応するかで違ってきますが

多くの人は会社の指示に従います。

ですから・・企業人なのです。

(( 中にはそうじゃ無い・・・困った方々も・・・・いらっしゃいますけれどね。))

 

上記のGT4エンジンを製作した当時のF2エンジンチームの面々ですが

海外のエンジンメーカーでその後もエンジン屋として生きている人も居ますし

夢半ばでリタイヤしてしまった人たちも

おりますが

・・・

その多くが皆さんがレースエンジン屋を貫き(あるいは貫こうとした)職業人達でありました。

 

 

 自分の場合は如何なのであろうか?

と問うてみましたが

・・・・・・・・・・

・・・・・

如何なんでしょうね

・・・・・

・・・

??

 

 

 

 

 

1984年

 

1984年の秋

訳も判らぬままにヴィザや国際免許を取得し

親分に言われたスーツやユニフォームトランクに詰めて初めて渡米した時の写真です

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson01.html

 

 LA到着の翌日

HRAとAHMスタッフさん達の用意してくれたキャンピングカーで

2時間ほどの所にある ウイロ―スプリングスまで移動し

CRXが出走しているクラブレースを観戦

asdewqryuik (11).jpg

 

AHMがクラブレース好きな友人達にCRXを貸し出していて

その車が走るレースを観戦できるようにアレンジしてくれたのです

 

当時盛んだったショールームストックと言う標準車に近いカテゴリーで

普段使いのCRXにロールケージと5点ベルトを組込み

タイヤ、ダンパー、ブレーキパットまでが交換を許された範囲

登録ナンバー付きのクラスです。

 

完全におのぼりさん状態の・・・わたし♪

asdewqryuik (12).jpg

 

 

その後

・・・・・・・・・・

近くの飛行場からチャーターした双発機に乗って

ラスベガスへ移動

 

なんて豪華なトリップなんでしょうか

♪ 

 

 

 

 

その前年まで・・・以下の様な状況下にありましたので・・・・そりゃ夢のような出来事であったのです

 

秘密基地以前の自分

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/b-2.html

  

asdewqryuik (10).jpg

 

 

全米のホンダデーラーオーナーを集めてMGMグランドホテルで開催される

コンベンションにこの車を展示して説明員をしてきたのです

 

 

あれこれと英語で質問されたけれど・・・・身振り手振りを交えて何とか返答していた自分

必死でしたが・・・・・何もかもが間違いなく・・・・憧れのUSAでした

 

asdewqryuik (15).jpg

 

 

 この白いCRX

北米仕様のキャブ車を製造ラインから引き抜き、

秘密基地に入庫して、

12バルブ・コンベンショナルヘッド・エンジンに載せ替えたもので

エンジン以外の組立作業は・・・(歳をくってはおりましたが)新人であった私の仕事でありました

 

 

燃料ラインやハーネスを大改修してインジェクション仕様に変更した訳ですが

前職がBOSCHインジェクション関連の業務でしたから

問題なく完了

 

鈴鹿に持って行ってチームヤマトが走らせていたCRXと比較テストを行った後に

北米向けの船に載せられた訳です

 

そうだ

Dougさんも良く知っている、HGWのKさんがダイナモチェックしてマップを小変更してくれたんです

 

 

 

 

こちらは1985年1月に2回目の渡米をした時の写真で

ウイロ―スプリングスで行われたGRX GT4向けエンジン案の実走テストに立ち会った時のスナップです。

自分は当時31歳、髪の毛フサフサで瘠せ形のスリム体系でありました。

 

右の人物はスペシャル・プロジェクトチームのボスで

バイキングの血を引くDIX

アメリカンホンダで2番目に採用された社員です。

https://www.saclam.com/cgi-bin/mt5/mt-search.cgi?search=%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF&IncludeBlogs=6&limit=20

 

 エンジンの腰下周りはほぼSTD・・・・オイルパンはノーマルでウェットサンプ。

高速コーナーでは油圧チェックランプが点灯していたという報告が有りました

asdewqryuik (13).jpg

 

 

こんなプロジェクトに関わっていた事も有るアルコール中毒一歩手前の楽しい人物でした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

TOYOTA 2000GT や キャロル・シェルビー の事をインターネット検索していたら

 

あの日野サムライ・プロトを作ったピートブロック氏に辿り着いた。

 

 

 

カーデザイナーだとばかり思っていたのだが

 

ピートブロック氏がBREそのものだったとは、うかつにも知らなかった

 

 https://bre2.net/the-racing/datsun/

https://bre2.net/the-racing/hino/

https://bre2.net/

 

 

 

 

 

 

そこでDoug氏にお願いし、彼のコレクションの中から

 

BREやDATSUN関連の写真やコメントを送ってもたので以下にご紹介!

 

 

 

頻繁にレース観戦に通っていた10代のDougが、

 

マミヤを使ってコダクロームに焼き付けた当時の光景が良い状態で保管されていて、

 

当時の北米ロードレースの雰囲気を知ることの出来る貴重な資料です。

 

 

 

 

 

 

 

以下 Doug Peterson氏の写真とコメントです。

  

 

I looked through my photos and found many. This batch of photos are from 1968 through 1972.

 

自分の写真を見渡しててみたら沢山見つかった、これらは1968~1972年の物だよ。

 

 

 

#1: Datsun tent at the 1968 SCCA Runoffs at Riverside. Datsun was just getting involved in the U.S.

 

1968年にリバーサイドで開催された1968年Run/Off時のDatsunテント。

ちょうどダットサンが北米に関与し始めた頃。

 

((未舗装のパドックとサービステント等、まるでオフロードバギーレースのベースキャンプみたいだ。))

 

 

9823764585 (1).jpg 

 

 

 

 

 

#2: Datsun 1600 at 1971 SCCA Runoffs at Road Atlanta.

 

1971年のロードアトランタを走るダットサン1600。

 

(( フロントグラスを取り払ってしまうのがこの頃のスタイルかな?))

 

9823764585 (2).jpg

 

 

 

#3: View of Road Atlanta paddock with Datsun trailer in 1971.

 

1971年のロードアトランタ・パドックとダットサンのトレーラー

9823764585 (3).jpg

 

 

 

 

 

#4&5: 1971 2.5 liter Trans Am race at Laguna Seca. John Morton (BRE 510) racing Horst Kwech (Alfa GTV). Very serious competition between them.

 

ラグナセカで開催された 2.5L Trans・Am レース。BRE510 に乗るジョンモートンとALFA/GTVとの争い。

 

2人の争いはとてもシリアスだった。

9823764585 (4).jpg

 

9823764585 (5).jpg

 

 

 

 

#6: 1971. View from the hill of parking lot.

You can see my light blue Mini Clubman parked in the mud. (It rained)

 

1971年 ラグナセカの丘の上から駐車エリアを撮影。

 

雨でぐちゃぐちゃの駐車場中央付近に止まっているのが自分のミニ・クラブマン。

 

6547899532.jpg 

 

Uno:きれいな水色だね。自分で塗ったの?? 

 

Doug: Yes!

 

 

9823764585 (6).jpg

 

 

 

 

 

#7: 1972 2.5 Trans Am at Laguna Seca. NASCAR star Bobby Allison driving a BRE 510.

 

1972年 ラグナで開催された2.5Trans-Am。

ストックカーレースのスタードライバーであるボビー・アリソンが操るBRE510.

 

 

9823764585 (7).jpg

 

 

 

 

#8: Francois Cevert sitting in Alfa Romeo GTV. He was at Laguna Seca for the 1972 Can Am race.

 

 

GTVに収まっているのはCan/Amフランシス・シェバード。 

ラグナで開催されたCan/Amレースに出走していたドライバー。

 

9823764585 (8).jpg 

 

 

 

#9: BRE Datsun trailer.

 

BREのトランスポーター。

9823764585 (9).jpg

 

 

 

#10: 1972. John Morton driving BRE 510. 

 

ジョン・モートンが運転するBRE510

 

 

9823764585 (10).jpg

 

 

 

 

 

 

 

#11: BRE paddock area. From left; Trevor Harris (back to camera), Bobby Allison and John Morton. From the late 1980's through the early 1990's Trevor Harris

          designed the championship winning Electramotive Nissan IMSA GTP cars. In 1995, he was our CART Indycar engineer at Comptech.

 

BREのパドックエリア

 

画面左より(後ろを向いている)トレバー・ハリス、ボビー・アリソン、ジョン・モートン。

 

 

1980年代後半から1990年代の前半まで トレバー・ハリスは

チャンピオン・マシンとなったエレクトロモーチィブ・ニッサンのIMSA・GTPカーのデザイナー。

 

なんと1995年、彼はDougのチームであるComptechで

インディカーのエンジニアをしていたんだ!

 

https://www.conceptcarz.com/z19867/nissan-gtp-zx-turbo.aspx