RZ34 #4 -B





NAの Z34 に比べ  TURBOの RZ34 は エンジンの発生するトルクが大きく、

アクセルペダルを踏み込んだ時の加速が良い分

その時の騒音値も大きくなります。





双方の加速騒音を・・・それぞれに上限の82dbに合わせますと

60~100km/h位を軽負荷で走るときの負荷割合は、 Z34よりRZ34 の方が小さく

その分排気音も小さく聞こえます。





Z34用の排気管をRZ34に装着した際・・常用域での排気音に存在感が無かったので

もう少し上の速度域を狙い排気管側の共鳴周波数を

370hz から 450hz へと変更したところ


加速走行騒音値が いきなり90db 近くまで跳ね上がってしまったのです。


その後何案かの対処を行いましたが・・・大きな効果は無く

結局排気管の共鳴周波数帯を 元々の周波数よりも低い350hz近辺まで下げ
(数赤線の様に変更)

騒音値を規制値値付近まで落とすことが出来ました。


これは

エンジンの発する排気音の 3次成分 が 排気管の共鳴域と合致してしまったこと以外にも

図面②.jpg
左右のテールピースから発せられるそれぞれの排気音波の干渉が影響していました。



実験手法は割愛しますが

その実証実験で・・・左右テールから発する音波干渉による影響の大きさに

驚かされたのであります。



簡単な図解を置いときますので・・・お好きな方は・・・自力でご解読ください。



図面③.jpg




RZ34用サイレンサーの左右テールピース距離は 0.82m ですから

騒音計位置での左右のテールピースから発せられる音波は

・・・・

200hzhz近辺の成分は打ち消され、




図面①.jpg





400hz近辺の成分は増幅されてしまいます。

図面②.jpg






300hzでは以下の様になり・・・増幅方向の影響は薄れ
図面③.jpg下図のようになります。


赤(増幅領域)  青(打消領域)

300hzですと・・・・打消し合う領域が増えてきますね・・・。


DSC_2266.JPG

RZ34 #5
https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2023/02/rz34-5.html


RZ34 #4
https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2023/02/rz34-4.html





2023年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ