鳴き音


OSSAN君が・・・・私に

「 しゃっちょ~・・・この排気音・・・計算で作るんですか・・? 」

等と質問するもんで




「 何言ってんだよ~。 この前・・実際の音聞聴かせながら・・説明しただろ~!」

等とお返しといたのですが






解らないのなら仕方ない・・・・もう一度・・・基礎の基礎部分を

説明してみましょう。





排気バルブが開く瞬間・・・シリンダー内にある高温高圧の排気ガスが

排気管内に排出されます。




その時・・・下図のような・・・音波が生じます。




ギターの弦を・・・一回はじいた時の様に・・・残響が続くのです。

(べ~~ん・・・・・・とね・・。)
https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2018/09/ossan2.html

DSC_7081aaa.JPG






そして



次の排気バルブが開く度に




べ~~~ん・・・・べ~~~ん・・・・べ~~~ん・・と続きます。

( ギターと一緒だね )





DSC_7083yyyww (1).JPG





エンジンの回転速度が上がって



その・・・べ~~~ん・・・べ~~~ん・・近づい来ますと・・・ですね



以下の様に波が重なることが有るのです♪


( これは・・・一倍音に対し・・・3倍音が重なって聞こえるときですね。)

(( NCロードスターで3500~4000rpm近辺で時々聴こえる冷たい音が・・これ。))

DSC_7083yyyww (2).JPG






さらに回転速度が上がり・・・以下の様に重なりますと


排気バルブの開く周波数(一倍音)に合わせて・・・・2倍音が聞こえてきます。


(連続音になりますので・・・楽器の音にも似た・・・心地よい音です。)

(( と言っても・・・豆腐屋さんのラッパぐらいですけれど・・・。))

DSC_7083yyyww (3).JPG









さらに・・・回転速度を上げますと・・・・以下の様な状況になってきます。




とはいっても・・・普通の4気筒では・・・無理でありまして

マルチシリンダーの超高速エンジン(かつてのF1のような)等が当てはまります。



DSC_7083yyyww (5).JPG





私のお仕事はと言いますと





エンジンの排気バルブの開くピッチに対して 2倍のピッチに排気管の反射周波数を

調整する事なんです。


たったそれだけ♪




簡単でしょ!








ご参考!
音源の発する周波数(振動数) と 排気系全体の 周波数の関係
https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/12/post-1938.html





もう少しヒントを上げましょう。


排気管の周波数が低い時が・・・・上側。

排気管の周波数の高い時が・・・・下側です。


どの様に調整するのかは・・・・自分で考えてください。

( ギターの時と・・・一緒だよ♪ )


DSC_7136kjuytr (2).JPG

それからね




上が残響の少ない排気管系 で 下が残響の多い排気管系


この部分の調整は・・・・サイレンサー等で・・・行うんですね♪



DSC_7136kjuytr (1).JPG

この辺りもクリックすべし!
https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2018/09/post-2203.html


おまけです。



排気バルブの開く周波数は・・・以下の通りです。



4サイクル4気筒エンジンの場合

3000rpmの時  100hz
(1秒間に100回排気バルブが開きます。)

6000rpmの時  200hz

9000rpmの時  300hz

です。

8気筒の場合

3000rpmの時  200hz

6000rpmの時  400hz

9000rpmの時  600hz

となります。


じゃあ・・・よ~~~く考えてみて・・・・くださいね・・・♪







2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ