LOTUS EUROPA #12



お友達さんに委託したFRP修復作業に並行して

・・・・・

リヤ周りに軽い追突跡の残るフレーム本体の

修復作業を始めました♪





建屋の太い柱に車体を縛り付け

DSC_7007qwsdffrt (1).JPG



チェンブロックを使って・・・・前後に引っ張りながら

・・・・



DSC_7007qwsdffrt (2).JPG

歪んだ部分を・・・工作室のツール類を使って・・・修正してゆきます。

( 軽度の歪みなので・・・・それほど時間はかかりません。)


DSC_7007qwsdffrt (3).JPG


これを数日前に入庫した治具ベースに載せてフレーム自体のねじれ具合など点検。


**************************
この後数台・・・ポンコちゃんのヘビー・レストアを・・・行いますため
峠の親分さんの・・子分さんに・・・お願いして??
車体製作用の治具となるH鋼を用意してもらいました
***************************

この状態ですと・・・治具ベースの剛性不足のため

ベース自体がねじれてしまい・・・・NG!

DSC_7007qwsdffrt (4).JPG




応急処置として

H鋼をやぐら状に2段重ね組した所・必要最低限の剛性が確保できましたので

作業を再開。


DSC_7007qwsdffrt (5).JPG

リヤの連結パイプの片側を切断した所・・・フレームがこんなに開いてしまいました!!

( 寸法確認した所・フレーム側の寸法は正しく、変形したパイプに問題が有りました。)


DSC_7057asdd.JPG

DSC_6616asde.JPG




あれこれ調べてゆくうちに・・・ハンマーヘッドとセンタービームの結合部分に

・・

・・・・

大きなクラック発見!!


(ひえ~~~~~。。。。)

DSC_7007qwsdffrt (6).JPG


ひょえ~~~~~!!

DSC_7212assdrt.JPG

反対側にも・・・クラック発見!!

クラックが入っているのに・・前後に引っ張ってしまったのは・・失敗でありました。

DSC_7007qwsdffrt (7).JPG


一旦ハンマーヘッド部分を切り離して・・・表裏に補強板を当てるか

それともセンタービーム部分を作り直してしまうべきか

・・・・

考えている所ですが

治具ベースがこんなにも早く必要になるとは

思いませんでした♪


















2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ