FK8 と GR-YARIS

例年のごとく昨年末も業務が立込み

商品の開発作業を・・・・・あまり進めることが・・・・出来ませんでしたが

それでも年末に1回のみですが、寒冷状態での加速騒音テストを、実施することが出来ました。

.

.

.

.

10℃を下回ってきますと・・・・加速騒音値が・・・・上昇してきます。

.

その要因は何点かありまして

.

気温低下と共に空気密度が上がり・・・実馬力が上がってしまう事

パイプ配管内の共鳴周波数が・・・・低いほうに移行して加速時の回転域に一致してしまったり

TURBO車の場合には・・・・インタークーラーの冷却効率が上がり・・・・馬力が出てしまう

等などの要因が絡み合っているのです。

.

.

今回のテストの結果は?・・・・と言いますと

両車共に予想していた数値よりも・・・・・騒音値が低く・・・・・何故だかわかりませんが

うれしい結果でありました

.

.

.

今年の3月ぐらいまでに・・・第三者機関での認定試験を・・・・受験するつもりですが

・・・・

まだ少し時間がありますので

試作品の数を増やして・・・・細かな部分の比較試験を・・・実施しようと思います。

.

.

進行具合について言いますと

先行して進めていた FK8向けサイレンサー の開発作業でしたが、現時点では GR-YARISの方が

完成に近い状態にあります。

.

.

FK8 で苦戦している部分は

・・・・

リヤサイレンサー周りの吊り金具構造 と テールピース部分の成型方法です。

.

ここまで出来上がってるんですが

・・・

プレス成型した後に・・・スプリングバックで・・・数ミリ形戻りしてしまうのが

担当者君は気に入らないらしく

・・・

DSC_6281asfff.JPG

.

クラッシュ・ハイトを大きくしてプレス時のスプリングバックを減らそうとしているみたいです。

.

2次元曲げなので別の手法も有るのですが・・・・良くも悪くも拘ってしまったみたいです

.

DSC_6263ghytre (1).JPG

.

.

でも・・・逃げちゃうんですよね・・・板が

.

.

DSC_6263ghytre (2).JPG

.

.

DSC_6260asdewq (8).JPG

.

.

そんでもって・・・・中子を作り始めてますね・・・・金属で・・・。

.

木材を大きめに切って・・一旦金型でプレス成型すれば・・簡単に作れると思うんですけどね~。

まあ

人それぞれ考え方は違うんで・・・好きにしてくださいな・・・。

.

DSC_6260asdewq (6).JPG

.

.

.

.

.

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ