L880K



旧型のコペンを 手に入れました







数年間倉庫保管しておけば  良い値が付くかもしれないぞと言う  スケベ根性が

私をそそのかしたのです


その時 中古市場に出回っていた物の中で 一番行距離の少なかった個体で

DSC_5172asdfgtr (7).JPG


10th アニバ の 個体ナンバーが 0849番。

((10thアニバ850台の内の849番目 であります。))



DSC_5172asdfgtr (9).JPG










新人のOSSAN君



DSC_5172asdfgtr (1).JPG


数か月前に 友人より  「数年間物作りの修行をさせてほしい!」 と宣う 50代手前の男性を 紹介され

・・・・・・

数年後のリタイヤ準備中の私ですので

「あなたの将来を保証することは出来ませんが それでもチャレンジする?」

という確認の後 半年間の試験雇用が 始まりました



チューニングショップ や 鉄工所にも 勤めていたことのある彼ですが

薄物の Tig溶接 に関しては未経験



一日 1時間の 練習時間を 積み重ね

2ヶ月目に入ったところで

実技テストを兼ねて・・・このL880K用に・・・1本マフラーキットを組んでもらいました


(( 早く上達してもらいうには 練習じゃあなくって 真剣勝負も 必要ですからね。)) 


結果は  未だ お客様に販売できる品質 ではありませんでしたが

まあまあの出来


ついでに

せっかく自分の手で組み立てたマフラーですから・・・・自身の手で黒いコペン装着してもらおうと言うことに

なりました





防錆処理


入手した黒コペンに限らず

L880K は

モノコックの防錆処理が甘く  錆が発生し易いと言われておりまして

この個体にも

2万キロほどの走行距離にもかかわらず 板の合わせ面には 赤錆が発生し始めておりました


(( ちなみに先週入庫された同じく2万キロ代のL880Kにも 同程度の赤さびを確認しておりましたね。))

DSC_5186fgtr.JPG


こりゃ 今のうちに 防錆処理しとかなきゃ いけないぞ

と思い 防錆処理 開始




選んだ薬品は 峠の親分に教えてもらった 

「必殺錆封じ」


((黒錆転換剤ではなく さびを丸ごとシールしてしまう 封入剤 です。))

DSC_5172asdfgtr (8).JPG



赤錆の浮き始めた部分を  塗装を傷めないよう 真鍮ブラシで優しくブラッシングし 赤錆を落とし

脱脂作業後

ほぼ透明色の錆封じ剤を 刷毛で塗り重ねれば 完了です




DSC_5172asdfgtr (3).JPG



転換剤を使うと 赤錆部分が 黒くなってしまい かっこ悪いし 

事前テストの結果では 防錆効果も こちらの方が 良かったのです


(( 作業の跡が目立たないでしょ♪ ))

DSC_5172asdfgtr (6).JPG




大分綺麗になりまして  満足・満足




DSC_5172asdfgtr (4).JPG














2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ