理科室

この様な装置を作ってみました 

エアーバズーカと言う・・・・・・パーティー用の器具に・・・・・ヒントを頂きました

DSC_3560asdfgtrewq (1).jpg

一体何を・・・・・したいのか

と言いますと

・・・

・・・・・・・・・・

排気音の根源となる部分を・・・・・理解してみたいのです

以前・・・こんな実験をしたことが有りますが・・・上手く行かなかった

。。

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2013/07/post-1481.html

IMG_6517.JPG

じゃあ・・・・これを・・・利用してみようか?

とも思いましたが

・・・・

その音量に・・・・びびってしまい(近所から苦情が有りそう)・・・進まず

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/02/a-a-a-httpwwwsaclamcomtodaystodays-saclam201307post-1481html.html

爆音機.jpg

これなどは手軽で上手くいったと思います

・・・

音響側からの解析ではなくって・・・圧力波の側面からの解析が・・・・出来ていなかった

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/10/post-1784.html

DSC_1130.jpg

そんな訳で

約400㏄のタンクに圧力センサーを装備し

タンク内に圧縮空気を充填し・・・・・・・タンク上部に装備した・・・・・電磁バルブを開けた時の

圧力変動を計測しようと思ったのです

計測機とセンサー類の配線はまだ出来ていませんが

・・・・・・

とりあえずこの装置の基本動作が出来る所まで作業が進みましたので

どの様な音を奏でてくれるのかを

試してみました

こちらがその作動音です

R07_0003.WAV

オシロ波形は以下の様になります。

(( 高周波成分であるトゲトゲが邪魔をして・・・・・タンク内の空気が排出され・・・その後脈動する様子が・・・・観察できません。))

#1B.png

パワースペクトルは以下の通りです

400hzより上の音は・・・・電磁バルブが着座するときの・・・衝撃音の様です

。。

#1aaaa.png

こちらは電磁バルブのみを作動させた時の作動音

#2aaaa.png

目的の実験が出来る様にするには・・・・・多くの改良が必要な様です

まあ・・・こんなもんでしょう

・・・・

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ