2020年11月アーカイブ

R33GTR

 

純正触媒との組み合わせで・・・・・・・リフト上で空ぶかし音を調整し

そこそこの音が聞ける様になったので

・・・

一走りしてきました

 

 

多少の要調整域は残るものの

・・・・・

純正触媒との組合せと言う点を考慮すれば・・・・・・・・・・・まずまずの結果と言えます

 

 

DSC_9288mnbgtre (1).JPG

 

 

 純正触媒への対応は・・・ここで一先ず中断し

・・・・ 

次に

本命であるスポーツ触媒への対応チューニングを・・・・開始します

 

 

と言うことで・・・・・リフト上に戻って・・・・・・予備調整を開始

 

DSC_9288mnbgtre (3).JPG

 

 

 

 

耳で聞く排気音は・・・それほど大きくはありませんが・・・騒音計の示す音量は・・・完全に基準値オーバー

このままでは公道に乗り出せません

 

 

純正触媒では・・・近接排気騒音値101db・・・だったのですが

・・・

スポーツ触媒では・・・・近接排気騒音値が108db

 

 

 

近接排気騒音計測時のパワースペクトルのピークレベルは

以下の通りで  

1khz近辺が突き抜けています

近接3-2.png

 

 

 

空ぶかしした時の収録音を声紋表示してみたのが

下記のグラフ

 

1khz近辺が真っ赤!

 

900hz以上の音はすべて不要な雑音です

 

声紋①.png

 

 

 

 

数日かけて

何回かサイレンサーに小変更を加え

 

 

DSC_9288mnbgtre (2).JPG

 

 

下記の様に

・・

1khzのピークを抑えることが出来ました

 

25 3-2.png

 

1khz近辺およびその上側の赤色が

大分薄くなってきたでしょう

 

声紋⑤.png

 

 

 

ここまで調整出来たところで・・・・マナブーンさんにご来社いただき・・・・・試聴ドライブ・・・・。

 

 

 

 

結果

 

5000rpm以上は・・・薄っすらと鳴きが入っているのを・・・確認できました

 

 

 

 しかし・・・・・私の脳裏に残っている・・・・・BMW135iの排気音に対し

今回の試作品では・・・・・・・・・全体的に鳴音が薄く・・・・・3000~5000rpmの領域で

物足りなさを感じます

。 

 

DSC_9288mnbgtre (4).JPG

 

 

と言うことで

3500rpm近辺に軽い鳴きを生み出すべく

・・・・・

サブユニット位置に変更を加えます

 

 

DSC_9288mnbgtre (5).JPG

 

さて

・・・

どうなるのかな

??

 

 

 

 

 

 

 

ガレージ部分の床

 

 

 

コンクリート・カンナを購入し・・・・試運転してみました。

(( 4万円ぐらいしました、))

 

ダイヤモンドカッタを装備して・・・・コンクリートの表面を研削する道具です。

 

 

DSC_9333lkjhgf (6).JPG

 

 

 

 

5分ほどでこの位の面積を綺麗に出来ますし

・・・・・・

気にしていた埃も・・・・・集塵機と組み合わせれば・・・・・気にならない程度。

(( こりゃ使える♪ ))

 

DSC_9333lkjhgf (5).JPG

 

 

何がしたかったかと言いますと

・・・・

15年前に水性塗料で塗装したコンクリート床

なのですが

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2006/02/post-5.html 

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2006/03/post-22.html 

・・・・・

塗膜がタイヤに持ってかれてしまい

・・・・

あちこち・・・こんな状態になって・・・・しまったのです

 

そして

この上から上塗りしても・・・・・また剥がれてしまう事は・・・・・間違いない

DSC_9333lkjhgf (7).JPG

 

 

そこで

下地からやり直そうと思い・・・・・おまけにケチだから・・・・DIYでやっちまおう

考えた訳なのです

 

とりあえず・・・・・コンクリートカンナの使い方や作業工数も・・・・・想像できるようになったので

・・・・・

次は塗料の選択

 

扱いが簡単な水性が好きなのですが

塗料メーカーに相談したところ・・・エポキシ塗料にした方が・・・・圧倒的に良いとおっしゃるのです

 

自分も塗り方や染込せ方に思う所が有るので

何種類かを用意して部分塗りし・・・テストしてみようと思います

DSC_9333lkjhgf (1).JPG

 

 

実家のお庭

 

5日前の日曜日・・・出社する前に実家の庭を・・・・覗き込んでみたら

・・・・・

案の定・・・・枯草だらけの・・・お化け屋敷

 

 

こりゃ・・あかんぞ・・と・・・思い・・・・出社するのを止めて・・・半年ぶりに実家の庭掃除

 

 

DSC_9333lkjhgf (2).JPG

 

 

とりあえず3時間ほど草むしりして・・・何とか見られるところまで完了

 

次は冬休みに庭木の剪定をしようかと

思います

 

 

DSC_9333lkjhgf (3).JPG

 

 

この日の収穫は・・・ミカン20個ほど

・・・

美味かったよ♪

 

DSC_9333lkjhgf (4).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R33GTR

 

 

フロントパイプをF社の等長パイプに変え

・・・

だいぶ

直列6気筒エンジンらしくなってきた・・・R33GTRのアイドリング音なのだが

・・・・・・

しかし

・・・

まだ・・・・それぞれの山が均等には・・・・揃っていない

 

TURBO上流側の

エキマニかな

思い

・・・

その形状を知りたくなった

 

アイドリング等長フロントパイプ.png

 

 そして

 ・・・

某オークションサイトより・・・中古のR33GTR用純正エキマニ写真を(無断)拝借してきたのが

この写真

 

R33GTR EXMANIaaaa.jpg

 

 

えいや~!で・・・・オシロ波形に・・・・点火順序を振り分けてみた

 

やはり

エキマニがキッチリと等長でないのが・・・・・・不ぞろいの原因の様子

 

しかし

このくらいの不揃いならば・・・今回のサウンド・チューニングでは・・・・我慢することにする

DSC_9226mnbvcxz.JPG

 

 

 

 

近接排気騒音に関しては

・・・・

フロントユニットを少し効かせて・・・1khz近辺のピークを消してみようと

試みた

 

 

温度変化に対して若干の不安定さが残るが

・・・・

それでも基準値内に収まった

 

100-100 B.png

 

 

 

 

さて

・・

・・・・

走ってみようか

!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

INTEGRA

 

 

ご近所さんが

懐かしい車を運転し・・・・ニッコ・ニコ顔で・・・・・来社されました

 

一年前に購入された新車のCRVを・・・・・・30年前rのINTEGRAに

交換されたそうなのです

。。

 

このインテグラのトランクには・・お仕事道具が・・・満載されておりまして

・・・・

チョイビックリ

!!

 

((おいおい・・・そういう使い方・・・するんかい??))

 

 

DSC_8927juytre (1).JPG

 

 

ちなみにこの方・・・・15~30年前のホンダ製2座席車ばかりを・・・・・3台も所有されていて

根っからの おばかさん ホンダファン

 

私と一緒で・・・・・・・・現代のホンダ車には・・・馴染めなかったようです

。 

 

(( 就職し初めて買った車が・・・・・・この型のINTEGRAで・・・・・忘れられないのだそうです! ))

DSC_8927juytre (3).JPG

 

 

 

ちなみに

「プチレストア中のSACLAM・CRXに触発され・・・購入したんです!」

おっしゃってましたが

・・・

それは・・・・私のセイでは・・・無いですよ

 DSC_9183loiut (2).JPG

 

よしよし・・・・おもちゃっぽい色合いに・・・・・なってきたぞ♪

 

DSC_9183loiut (3).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

価格改定のお知らせ!

既に価格改定済の ニッサン 及び マツダ 向けSACLAM商品に続きまして

 

下記リスト上の商品も、2020年12月1日分より、新価格での受付とさせていただきます

 

https://www.saclam.com/todays/stock_part/2020/11/post-12.html

 

この年末に商品のご購入を決めていらっしゃる皆様には

・・・・

現行価格でのご予約が可能な

11月末日までのお申込みをお勧めさせていただきます

 

 

 

 

 

 

加速騒音テスト

 

CBA-ZC33S (6MT)    vs    4BA-ZC33S (6MT)

 

2017年の9月に発売を開始したZC33Sスイフトスポーツですが

2020年2月、排ガス規制強化に対応した型式変更が行われ

・・・・

車自体はほとんど同じものですが・・・・車検証上の型式表示が

CBA-  から  4BA- に 変更されています

 

6MT車両の場合、 メーカーが公表している諸元表上の

エンジン型式や出力やギヤ比・・・などについて変更がありません

 

さらに

排気管周りの部品品番も共通の物が使われておりますので

・・・・

まあ・・・排気騒音値に関わってくるような変更は・・・無いんだろうな

思いつつ

・・・

・・

第三者機関に対し・・・・認定済排気管への適合車種追加申請を・・・・実行すべく

・・・・

常連さんに2020年式の新型式者をお借りし

・・・

自社内での騒音テストを行ってみました

 

(( TURBO車両の場合、ECUデーターの違いで騒音値に違いが出る事もありますので。))

DSC_8936mkloiuytr (3).JPG

 

 

 

2017年式の

CBA-ZC33S

DSC_8936mkloiuytr (1).JPG

 

2020年式の

4BA-ZC33S

DSC_8936mkloiuytr (2).JPG

 

 

 

2台の車を用いての騒音テストの結果

その差は

ほぼ誤差程度でしたので

 

申請書類を作成し

新型の4BA-ZC33Sに・・・・・旧型CBA-ZC33S用の・・・・サイレンサーキットが

私用出来る様申請をいたします

 

ただし

雑多な業務が重なっておりますため

申請書類等の準備が

未だ

完了しておりません

 

そんな訳でして

新型車両のオーナー様には・・・・いましばらくお待ちいただきます様

お願い致します

 

(( オーナー様・・・・・お車ご提供いただきまして・・・ありがとうございます!))

DSC_8936mkloiuytr (4).JPG

 

 

 

 

LA400K COPEN SILENCER

 

音響仕様がほぼ決まりました

 

ふっと・・・・・・思い付く事が・・・・・・ありまして

・・・・・・・・

調音方法を変えてみましたところ

・・・・・・

結果は大正解

 

開発作業が同時進行中だった・・・・難関のクラシック・ミニと合わせて・・・・・調音作業を大進展させることが出来ました!!

 

当然

音質は・・・これまでの・・・ベスト

・・・・

・・・

軽規格の3気筒TURBOエンジンが発する音とは思えません

 

鳴きの入る領域では

6気筒エンジンを思わせる音色ですし

加速騒音規制値をクリアできる範囲でも・・・・充分以上の音圧を感じます。

 

 

年末から年始にかけ・・・・・・細部を微調整するために・・・・・商品案を何案か試作し

来春の商品化を目指します

 

DSC_8936mkloiuytr (5).JPG

 

近未来には 

 終わりゆくかも知れない・・・・と言われている・・・・・ガソリンエンジン向けの

構成部品である排気管

・・

でありますため

少しばかりの空しさを感じつつも

・・・・・

時代遅れの発見や進捗に・・・・一喜一憂できていることが・・・・・自分のささやかな

喜びなのであります

 

**************************************

 アンチ原発下での・・・・・化石燃料に変わる次代のエネルギー源が・・・・見つかっていないのだから

( 常温核融合など・・・出来ていても公表はしないでしょうし・・・。)

頭の軽いジャーナリストさん や お馬鹿な政治家さん達の言うようには

そんな簡単には・・・・ガソリンエンジンに変わるシステムなど・・・・見つからないのさ

・・・・・・

考えていますし

・・・・

内燃機関にはまだ伸びしろがある

とも

思っております

 *********************************

 

 

 

 

 

チキチキ・バンバン

 

その昔

私が10代前半の少年だったころ

(1960年代後半の頃です。)

・・・・

チキチキバンバンと言う映画がありまして

・・・・

チキチキ・バンバンと言うのは一体何の事だ

・・・

思ったのです

 

そしてそれが

自動車の発する音の事らしい

・・・

一体・・・・そりゃ・・・なんじゃ

? 

 

 

 

自動車の発する音は・・・「ぶ~ぶ~」であって・・・それ以外の何物でもない

 

アメリカ人の耳は・・・日本人の耳とは・・・大分違うのかな

 

 

それから・・・ず~~~~っと

・・・・

不思議に思っていたのです

。。

 

 tikitikibannbann.jpg

 

 そして

・・・

チキチキ・バンバンと言う表現に関しての

疑問が解けたのは

・・・・

・・・

つい最近の事なのです

 

 

 

ポンコ・ミニ達が・・・まだ不調だった頃

・・・・ 

ポンコツ・エンジンの発する(主にタペットクリアランス)打音や排気漏れの音が

チキチキと聞こえるのです

 

 

そして・・キャブが上手く調整出来ていないと

パンパン と言う バックファイヤー や アフターファイヤー 音が

聞こえてくるのです

 

あ~・・・・こりゃあ・・・まさに・・・チキチキ・バンバン・・・だわ

 と感じたのです

 

チキチキ・バンバンと言う表現は・・・T型フォードなどが全盛だったクラシックカーの時代に

 生まれた表現なのでしょうから

・・・・・・

当時の車達が・・・常に発する音・・・だったんですね

DSC_9183loiut (1).JPG

 

さて

 

 SACLAMサイレンサーを備えた

 ROVER MINI

の排気音に付きまして・・少し解説いたしましょう

 

車自体が1950年代に設計されたもので・・・現代のものではありません。

(スーパーカブが生まれたころの設計ですね)

 

エンジンも旧式な 5ポート式の A型でありますし

・・・・・・・・

車体の静粛性も・・・・・現代の車とは比べ物にはなりません

 

さらに

弊社のMINI達・・・・防音材などは取っ払らわれて・・・おりますので

・・・

走行中の社室内は

エンジン騒音 や その他車体の各部が発する異音に

満たされます

 

したがいまして

・・・

仮に私の運転するポンコ・MINIの助手席に座り

何時もの試聴コースに案内されたとしても

・・・・

前半の20分間は

 ・・・・

チキチキ・ガチャガチャ・ブオブオ・・と

騒がしいだけのポンコ音しか聞こえてこないと思います

 

しかしその後

スピードを乗せることの出来る所まで来ますと

少し様相が変わってきます

 

それまでは・・・ただ騒々しいだけの雑音であったポンコの発する音が

4500rpm以降での・・・・・連続走行を始めますと

( ポンコですから・・・・2速や3速でも・・・・チョイ不安な気持ちになります・・・。)

豹変し

・・・・・

300hz~350hzの領域で・・・・綺麗な倍音鳴きを・・・奏でてくれるのです

 

 この排気管に興味をお持ちの

クラシックミニオーナー様

におかれましては

・・・

・・

今どきの運動性能や信頼性を備えた車ではありませんので

・・・・

ご試聴の際には何があっても

ご覚悟の上

 ・・・・

ご予約をお願いいたします

 

 

 

 

 

R33GTR

 

F社から、R33GTR向けの等長フロントパイプが販売されていたので

早速購入してみました

 

ワンオフしようかとも思いましたが

今日注文すれば明日届く便利さと・・・そのリーズナブルな販売価格に負けてしまいました

DSC_8934nbvcxzaq (1).JPG 

早速取り付けて・・・エンジン始動。

 

 DSC_8934nbvcxzaq (4).JPG

 

 

アイドリング音が・・マルチエンジンらしくなりました♪

 

MOV_9081.mp4

 

 

 

等長フロントパイプ 

(波形が丸まっているのは、サブユニットを少し効かせたから。)

  アイドリング等長フロントパイプ.png

 

 

 

純正フロントパイプ

 アイドリング純正フロントパイプ.png

 

 

 

 

 

空ぶかし音にも・・・ストレートシックスらしさが・・・備わってきました

 

 フロントパイプの交換で・・・ここまで変わるんですね

。。

 

 

 

700hzの2倍音がもう少しはっきり立つと

良いんですけどね

 

 R07_0003空ふかし.WAV

 

空ぶかし#3-A.png

 

 

 

近接排気騒音値が105db

 

あと4db位・・・静か方向に・・・・・調整しましょうね

 。

 

DSC_8934nbvcxzaq (2).JPG 

 

 

1kh部分が突出してるだけですから

音量を落とさずに基準内に持って行けると思います

 

近接排気騒音計測時のピークレベル

 

 近接2.png

 

 

 

フロントパイプのはみ出しを何とかしたいな~

 。

 DSC_8934nbvcxzaq (5).JPG

 

 

 

 

 

カリフォルニアの青い空

 

真っ青な空を見ると・・・35年前を思い出します

 

西海岸の空は・・いつもこんな風だった

 

derfswqakkut (18).JPG

 

物陰で狙いを定めているのは

オプションのSKさん

 

何時も一人で取材に来られ

カメラマンとライター役をこなします

。。

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/04/post-1729.html 

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/06/a-a-a-a-a-46.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/07/post-2322.html 

 

 

derfswqakkut (17).JPG

 

 

 

 

 

キャベツ畑と・・・黄色のコペン

 

 derfswqakkut (14).JPG

 

ネギ・・・・ブロッコリー・・・・そしてキャベツ

・・・

 。

 

農家の皆さん

病気を警戒し・・・・・・・同じ作物を連作しないよう・・・・工夫しています

。 

 

derfswqakkut (15).JPG

 

 

 

 

未だ収穫するには・・・早過ぎですが・・・・・美味いんだな

 

derfswqakkut (16).JPG

 

 

 

 

 

ROVER MINI

 

 

ROVER MINI 1.3 INJECTION SILENCER KIT

 

ファーストロットが出来上がったので、写真を撮影してみました

 

弊社所有の一台でフィッチィング確認した商品ですため

年式の異なる車にきちんと適合するかどうかが判っておりません

 

従い

年明け位からご予約いただいた皆様にご入庫いただき、一台一台自分の手で装着しながら

適合確認と部分改良を行います

。 

 

適合範囲: 1.3L シングルポイントインジェクション車での適合確認済 

商品価格: 未定

品番:18000-RV1-K000

 

PB112580mnhjuyt (1).JPG

 

 

PB112580mnhjuyt (2).JPG

 

 

PB112580mnhjuyt (3).JPG

 

 

下記の写真は

1990年式の キャブ1.0L に装着し・・・たところ

です

。 

DSC_8866bhytre (4).JPG

 

 

 

DSC_8866bhytre (3).JPG

 

 

DSC_8866bhytre (5).JPG

 

 

 

2021年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ