made in Japan その1

 

A2ジャケット

 

こんな時期ですから

いろんな意味で・・・・made in Japanに・・・・・拘りたいと思い

まして

・・・・・・・・

国内縫製工場での生産を前提に・・・・・・・・・試作品を作るための・・・・・・・・・・・・革の調達を始めたところです

 

ベースとなる形は

1930年代アメリカ陸軍航空隊に正式採用された

A2 フライトジャケット で

ありまして

・・・

これに

・・・

運転操作時に背中や肩が突張らぬよう形状変更を加えたり

日本人向けのサイズ変更を加えるつもりです

(( アメリカ人向けですから・・・日本人には・・・胴が短く・・袖が長すぎるのです。))

 

 

本来は馬革で始まった A2 ですが

着心地や軽さのために牛革に変更し、クローム鞣し加工で柔らかさと経年劣化に対処しようと思います

 

((ゴート革が手に入れば・・・試作だけでもしてみようかとも・・・・思います。))

 

内張色の変更や・・ポケットの追加等も検討の対象で

スイス製のジッパーなども候補として挙がりましたが・・・・・今回は日本に拘るという意味合いから却下となりました

 

 

背中のロゴについて

ペインターさんに筆書きしてもらおうかと言う案も

出ましたが

レーザーカットマシンで切り抜いたSACLAMロゴを作り背中に縫い付けると言う案が

良いかなと・・考えています

 

こんな具合です♪

↓ 

 

DSC_7189koiiu (2).jpg

 

 既に

何名かの常連さん達から

 

「予約しま~~~す!」

 

と言う E-MAIL を頂いておりますが

(( どうもありがとうございます!))

・・・・

試作品が出来上がるまでは・・・途中中止も有りえますので

・・・・

価格や納期に関しては

・・・

現在未定

いたします

 

 

 

 

 

 

 

その他

 

ウサギ柄の大風呂敷、ウサギ柄のドライTシャツ、アロハシャツ等も

検討 あるいは 既に着手

しています

 

 

 

 

服飾業界における made in Japan 復活を

 

チョッピリお手伝いできれば

 

幸いなのです

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ