2019年11月アーカイブ

MMC後のND5RC 6AT 車

 

 

元ELISE乗りで・・・・SACLAMユーザーだった・・・・静岡在住のオーナー様より

ご要望いただき

・・・・

ND・ROADSTER 6AT車 (MMC後)の認定試験を受験してきました

 

DSCF2223asdewq (2).JPG

 

 

前日雪が残る富士の裾野ですため・・・・・・気温は平地部より5度ほど低く

また

MTに比べ大きめの排気音なりがちなND 6ATですため

・・・・・・・

当日の加速騒音計測値もその分大きくなりましたが・・・・基準値をオーバーすることなく無事合格

することが出来ました

  

DSCF2223asdewq (1).JPG 

 以降 5BA-ND5RC 6AT 車両にも 弊社製サイレンサーが装着可能となりました

 

ND/ROADSTER用サイレンサーキット18000-MZ7-K000

商品代:¥184,000-(消費税は別途)

新たに装着が可能となる機種  型式:5BA-ND5RC の 6AT車 エンジン型式:P5-VPR[RS]

 

 

オーナー様

テスト車両のご提供・・・・・ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何台かのクラシック・ミニを並行してレストアしています。

 軽度な修理程度の個体からヘビーなレストア作業となる車体ま4台ほどありまして

クラシック・ミニ初心者の私は

いろんなところで躓いたり転んだりと・・・・苦戦しているのであります

  

サブフレームや足回りの類も何回か組バラし

ようやくこの車体の基本構造が判ってきたところなのですが

・・・・・

・・・

・・

思いついてしまったのですよ!

・・・

・・

名案

 

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/07/post-2327.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/07/-in-process-of-being-cut-off.html

 

 

 

こちらが・・・フロント・サブフレーム

・・・

このコンパクトなサブフレームに・・・エンジン&ミッション、フロント周りのサスペンションなど

・・・・・

クラシック・ミニの機能をつかさどる70%以上の部品がこの狭い空間に組み込まれてしまうのです

 

凄い設計だ!!

 

DSC_2038asdfghjk (3).JPG

 

思いついてしまったのは

こんな事です

DSC_2038asdfghjk (5).JPG

 

 

フロントのサブフレームを2個用意し

( あるいは フロントサブフレーム と リヤサブフレーム を 用意し )

これをパイプで繋いでしまえば・・・・ベースとなるシャシが・・・・あっという間にできてしまうじゃないか!

 

言う事を

 

DSC_2038asdfghjk (1).JPG

 

 

部品類は・・・・ミニから移植すれば・・・・良いのだし

・・・・・・・

比較的簡単にボディー製作にこぎつけられるぞ

・・・・

 (( 一番やってみたい事が・・・・アルミボデイのワンオフ製作なのであります。))

 

クラシック・ミニのボデイ車高を出来る限り下げ

・・・・

屋根を取り払い

・・・

スムージングすると・・・こんな感じ・・・。

 

DSC_2686lloiu.JPG

 

 

 

でも・・・これでは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・面白くない!

 

DSC_2681hhytgf (2).JPG

 

 

そこで

こんなスタイルを検討したり

・・・

 

DSC_2681hhytgf (1).JPG

 

 

もう一寸現代風に書き直したり

しているのですが

・・・

 

如何でしょうかね?

 

 

 

DSC_2681hhytgf (3).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

FK2装着 その1

 

 

量産第一ロットを装着するため

2017年6月に・・・・・仮予約頂いた・・・・オーナー様が

ご来社されました

 

この方プロの整備士さんでありまして・・・・技術的にはご自身で装着も可能なわけですが

・・・・・・

他の機種では有りえないほど・・・・ボデイ各部とのクリアランスが少ない

FK2ですため

(それも初期ロット)

・・・

わざわざ京都から・・・・・・来社頂いたわけであります

 

 

DSC_2449hhhyt.JPG

 

 

 

そして

FK2以外にも・・・・何台ものコレクションを・・・・・お持ちでして

DSC_2270mmnbvc (20).JPG

 

 

なんと・・・・2台のCRXやR500・・・その他

とんでもないものばかりを

専用倉庫に保管されていらっしゃるとの事

!!

DSC_2270mmnbvc (21).JPG

 

 

これから作ろうとしている

EF8用のウイングタイプのサイレンサーにも興味津々のご様子。

(( 何と保管中のCRXには・・・当時物のウイングサイレンサーが・・・・装備されているんだそうです!))

 

ステンレス製の復刻版が出来上がったら

ぜひ見に来てくださいませ 

 

DSC_2270mmnbvc (15).JPG

 

 

 

 

 

 

工作室

NB8

 

5キット完成いたしました!

 

DSC_2270mmnbvc (16).JPG

 

4キット在庫中です! 

DSC_2270mmnbvc (26).JPG

 

 

 

 ND

 

10キット完成いたしました。

DSC_2524tttrew.JPG

 

 

11月分は全数売約済ですため

 12月生産予定分のご予約をお受けしています。

 

DSC_2270mmnbvc (25).JPG

 

 

 

 

お客様 

 

11月分のND5RC用サイレンサーをご予約されていた20代のオーナーさんが来社されました

 

DSC_2270mmnbvc (27).JPG

 

 

人生1台目の車がNDだなんてうらやましき限りですが

・・・

頑張ったんでしょうね・・・貯金・・。

 

DSC_2270mmnbvc (24).JPG

 

大事にしてやってください!

 

DSC_2270mmnbvc (28).JPG

 

 

 

 NA ROADSTER

 

昔乗っていたNAを忘れることが出来ず・・・再度手に入れてしまったのだそうです

DSC_2270mmnbvc (1).JPG

 

下回りピッカピカ・・・・・ 走行2万キロ台の・・・極乗車

 ・・・・

どこかのガレージで保管されていたのじゃないかと思われますが

・・・

滅多に巡り合える物じゃありません

 

SACLAM管お買い上げいただきまして

ありがとうございます!

 DSC_2270mmnbvc (3).JPG

 

ついでにMA1ジャケットもご購入いただきまして

重ねて御礼申しあげます!

 DSC_2270mmnbvc (2).JPG

 

 

 

直後に来社されたのが

SACLAM MA1 ジャケットマニアで NAストレートシックス マニアの

T様。

 

 

今年もお買い上げいただきまして

ありがとうございます

 

DSC_2270mmnbvc (5).JPG 

MA1-2020

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/11/ma1-2020-1.html

ご好評いただいておりますSACLAM MA1 ジャケットですが・・既に半数程が売約済となりました。

しかし今年は・・・・・・例年の倍ほど・・・・・作りましたので

未だ

在庫がございます

 

 

本日現在の在庫数は以下の通りです

 Mサイズ:7着  Lサイズ:8着 LLサイズ:8着 3L サイズ:1着

 

DSC_2685kjhgd.jpg

 

 Sサイズにつきまして、昨年度製作した黒MA1を2着在庫しています。 

https://www.saclam.com/todays/goods/2018/10/-ma1-2019.html

 

 

 

 

 

 

 

 

FK2 vs FK8

 

多くの方からではありませんが

 ・・・・

ポツリ・・・ポツリ・・と・・・・来るのです

 

「FK8用の排気管を・・・作る気は・・・有るのか?」

と言う内容の

・・・

質問が

・・・

 

 

FK2用の排気管開発で・・・・・・好奇心と言う大切なエネルギーを使い果たしてしまいまして

(( 思い通りに・・・・事の進まない開発作業は・・・・心にストレスが・・・・蓄積されてしまうのです。 ))

・・・・・

その後暫くの間排気管の新規開発は

控え気味にしてておりましたが

・・・・

・・

先日・・・・MA1ジャケットを購入に来られた・・・S660さんから

・・・・

「 FK8に乗り換えるつもりなんですが・・・・・・SACLAMさん排気管造るんですか~?」

ニコニコ顔で・・・・上記と同じ内容を・・・・問われたのであります

 

「豚もおだてりゃ木に登る。」

と言う・・・ことわざに・・・あるとおり

単純な性格ですため

・・・

期待されますと・・・・嬉しくなって・・・・モチベーションが

上がってしまうのですよ

 

 

 

 

そういえば・・K山さんからも・・・軽い打診があったんだ・・・。

 

 

そんな事が切っ掛けとなり

・・・

FK8用の排気管に・・・・・・・少し興味が・・・・・・湧いてきてしまったのです

 

そんな訳で

某オークションで落札しておいた・・・中古純正品を・・・・倉庫から引っ張り出して

・・・・

如何なる物か・・・詳細チェック

 

 

DSC_1489yytree (1).JPG

 

 

一体式なので全長は3.5m位ありますね。

 

FK2に比べれば・・・はるかにシンプルな・・・・構成なですため

理想位置近くにユニットを配置できそうです。

 

DSC_1489yytree (3).JPG

 

 

 

手元にあったFK2の純正サイレンサーと比べてみましたが

 

FK2用サイレンサーの曲がりくねった排気管長の

長いこと長いこと

 

DSC_1489yytree (4).JPG

 

FK2用の排気管が・・・・如何に長く特殊な排気管だったのか

お判りいただけるでしょう

 

DSC_1489yytree (5).JPG

 

FK8に対するSACLAMのスタンスは

以下の通り

で 

 FK2の時とほぼ同様のスタンスです

 

 

もし3人以上のオーナーさんから

 

価格未設定

仕様未設定

完成できるかどうか保証無・・・故に発売時期未定

と言う条件下でも

3名以上のオーナー様から仮予約がいただけるのなら

・・・・

そして

何方の愛車をテストカーに提供いただける

と言う条件が整うようでしたら

・・

FK8用排気管の開発作業を行わせて頂けるのではないかと

思っております

 

ご希望の方は・・・SACLAMまで・・・ご連絡くださいませ

 

 

 

本当は

社長がポンコ車ばかりを購入してしまいFK8の新車を購入できるほどの財力は残っていない

と言うのが

実状なのかもしれません

 

 

 

 

金曜日

 

本日出社時の工作室気温は

4℃。

冬が始まったようですね。

 

ND5RC用サイレンサーの組立作業が続いています。

出荷は来週前半から始まります。

 

(ご予約枠残数ラストワンとなりました。) 

DSC_2235aawerq (6).JPG

 

 

981

 

近接排気騒音の対処が目的の改修ですため

テストコースで走らせる必要がありません

 

そんな訳でここ数日間は

リフト上で仕様変更し・・・・その場所で試験をしています。

 

排気管内で未燃ガスの爆発するアフターファイヤー音は

とても不安定で

再現性の小ささに泣かされています。

DSC_2235aawerq (5).JPG

 

大きな仕様変更を行うときには

サイレンサーユニットを切開分解し作り変える事も必要となりますため

数時間のインターバルが生じます

DSC_2210hhytr.JPG

 

今日も 

改造作業の合間を見て会社を抜け出し

・・・・

下仁田の師匠の所に・・・お邪魔してきました

 

DSC_2235aawerq (4).JPG

 

 

 

目的その1

 

MAXIMエキマニ と 新型サイレンサー 

の奏でる音を

師匠に

評価してもらいたかったのです。

 

DSC_2235aawerq (1).JPG

 

 

その2

 

以前から問い合わせいただいていた

この車の排気管についての

ご相談です。

 

「付けば良いので・・・・作ってほしいな♪」

仰るもんで

・・・・・

見に行ったんですが

DSC_2235aawerq (3).JPG

 ・・・・

・・

「オーナーさんは・・・・音も期待してるみたいだし~~♪」

と言う

追加の要望もありまして

・・・・

そりゃ師匠!!    簡単じゃ無いのですよ・・・汗・・。

DSC_2235aawerq (2).JPG

 

 

981が占拠している2注リフトですが・・・・来週は3台のFK2に明け渡さねばなりまん

そんな訳で

今夜中にもう一回ヘビーな改修案を

試してみようと思います

 

 

 

加速騒音テスト

 

 ほぼ製品クオリティーの試作品を組み込んで

・・・

騒音測定に行ってきました

 

 

DSC_2069hyui (5).JPG

 

 

 

加速騒音値は

987の時より・・・・少し・・・・・・大きめですが

・・・・・・・

ギリギリでパス

 

アクセル制御が入っても・・騒音値がギリギリとは・・・・・・・汗!

 

DSC_2069hyui (6).JPG

 

加速走行騒音計即時に騒音計のマイクが拾った音を

レコーダーに収録し周波数解析してみました

 

排気バルブが開くときの周波数が 1

・・・・

その2倍音が 2

・・・・

3倍音が 無くって

・・・・

4倍音が 4

 。

 

何故3倍音が出ないのか?

判りますか??

 

(( 加速走行騒音計測時のピーク値 ))

DSC_2144ttre (1).JPG

 

 

近接排気騒音

 

加速騒音はギリギリセーフだった・・・のですが

・・・

近接排気騒音値が・・・限度値を...大幅に上回ってしまいました

大汗!! 

 

(( 全く予想していなかったことです。 ))

 

 

 

アクセルペダルを放したときに発生するアフターファイヤー音(不規則にバラバラいう音)のため

にはみ出してしまったのです

 

 

そんな訳で・・・アフターファイヤー音対策の為の仕様変更が・・・必要となりました

。。

 

 

 

 

 

 

参考までに

・・

声紋分析したのがこの図です。

 

フリー近接.png

 

アクセルを放してから1.5秒ほど

排気管の中で発生するバラバラ音(アフターファイヤー音)が

赤い点々になって記録されています

 

DSC_2144ttre (3).JPG

 

 

 

さらによく見て行くと

アクセルをオフしエンジンの回転が落ちて行くと・・・・排気バルブ開閉起因する音の周波数は

①のように下がってゆきますが

・・・・

アフターファイヤーのバラバラ音は②のように500hzを維持したままなのです

 

(( ここまでの説明で・・・・・何故かを察することの出来たあなたは・・・・上級者さんです。))

 

DSC_2203kjhgfds.JPG

 

 987用の排気管を981向けにフィッティングし直せば

981用の排気管商となるだろう

軽く考えていましたが

・・・

甘かった様です

 

 

 

 

お客様

NC3

 

某自動車メーカーに勤務されているオーナーさんが

ご来社されました

 

NCロードスターのデモ車両が無いので

ND号でも助手席

試聴

 

DSC_1574yujhnbvc (2).JPG

 

 

お昼時に来社していた常連さん達にそそのかされたりしまして

( 常連様・・・セールス活動ありがとうございます♪ )

・・・

予定通り??

SACLAMサイレンサー装着となりました!!

 

DSC_1574yujhnbvc (3).JPG

 

オーナー様

SACLAM製品をご購入いただきましてありがとうございます!

 

DSC_1574yujhnbvc (4).JPG

 

 

 

 

 

987 BOXSTER

 

久々に987でのドライブでした

 

この辺りの桜・・・・・・晩秋にもかかわらず・・・・咲いてますね

 

DSC_1574yujhnbvc (5).JPG

 

 

ご予約いただきましてありがとうございます♪

DSC_1574yujhnbvc (6).JPG

 

 

工作室

 

ND

製作中です!

1キットですが・・・11月下旬出来上がりロットでの・・・ご予約枠が

ございます

DSC_2212rtrt (1).JPG

DSC_2212rtrt (2).JPG

 

NB

 

こちらも製作作業を開始しました。

相乗りご予約募集中です!

DSC_2212rtrt (3).JPG

 

 

 

 

 

FOR SALE !

 

気が付けば・・・社有車が・・・・20台

 

増えすぎてしまったので・・・・・・何台か売却いたします

!!

 

2009年式のケイマンですが

欲しい人いませんか??

 

税込220万円

名義変更費用等は別途

走行:10万キロプラス

車検有効期限:32年3月

 

詳細はSACLAMまでお問い合わせください

 

DSC_2170kjhgf.JPG

 

 

 

 

 

981用試作品

 

試作品が出来上がったので

・・・

テストで火を入れてしまう前に・・・(これがそのまま商品となるかもしれませんので)・・・野外スタジオをセットして商品撮影

 

この試作品の製作を担当したのは・・・10年前に入社し・・・既に30代になってしまった

ワカゾウ君。

DSC_2069.JPG 

 

 

987用のサイレンサーをベースとしていますが

エントリーパイプの形状 や サイレンサー吊り金具との締結方法など

細部が異なります

 

 PB192377.JPG

 

3ピース構成です。

 

 PB192360.JPG

 

987の場合と同様に

エントリーパイプは・・・・エアーギャップ方式を採用し・・・・2重管構造にしています

PB192368.JPG 

 

先ずインナーパイプを完成させ

・・・・

DSC_1943uuytr (1).JPG

 

 

同じ寸法で曲げた一回り太いパイプをバンドソーで半割に切断し・・・左右からインナーパイプに被せ

・・・・

Tig溶接で再びパイプ形状にいたします

。。

 

DSC_1943uuytr (2).JPG

 

 

 

 

見た目以上に気を使う作業です。

 

PB192367.JPG 

 

 

何故そんな事をするかと言いますと

・・・・

左右エントリーパイプの装備される場所の付近には

ブレーキホースとか・・・・ダンパーや・・・ドライブシャフトのボールジョイントなどが

有り

・・・・・・・

DSC_2086.JPG 

 それら周辺部品への熱害を防止するためなのです

 DSC_2069hyui (4).JPG

 

 

さて

これで社内テストの準備は完了しましたが

・・・・

この先順調に進むかな

??

 

 

 

 

 

 

工作室

 

  FK2 CIVIC-R

 

大変長らくお待たせいたしました

 

ご予約いただいておりました3キットが出来上がりました

♪♪

 

DSC_1927kjiuytgb (2).JPG

 

 

月末のご来社・・・お待ちしております

!!!

 

DSC_1927kjiuytgb (3).JPG

 

 

 

 

ELISE Mk.2 1ZZ/2ZZ

 

お待たせいたしました

ここ数か月間在庫を切らしておりましたが

5キットが完成間近です

 

DSC_2067yyyutr (3).JPG

 

DSC_2067yyyutr (1).JPG

 

 

ポンコちゃん

 

この7月より・・・冷間時の始動不良で・・・ず~~~と悩んでいた

肌色ポンコ

・・・・

DIY修理をギブアップし・・・・・主治医の武井自動車さんに・・・・持ち込んでいたのですが

・・・・・

3週間の悪戦苦闘の末・・・無事修理が完了いたしました

DSC_2038asdfghjk (4).JPG

 

始動時のガソリン噴射量が少ないので

・・・・

インジェクションの電気周りに絞り・・・・・構成部品を一つ一つドナー車両の物と交換し

・・・・・

最後の最後に行ったワイヤーハーネス交換で

・・・・

復帰したのだそうです

。。

 

 

 

もし治らなかったら・・・部品取車にしてしまおうと・・・覚悟していたところです

 

どうもありがとうございます

DSC_2064juytre.JPG

 

  

 

武井師匠のコレクション

 

それほど古いモペットでは・・・ありません・・・。

DSC_1561lloi (1).JPG

 

コマツゼノアのエンジンが付いている

国産車です

 

こんなのが・・・有ったのですね・・・。

DSC_1561lloi (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

1  2  3

2021年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ