ぽんこちゃん

 

古い下地を全て剥ぎ取り

・・・

その後グレーのアンダーコートを施した

1960年代製造の水色ポンコミニ

でしたが

DSC_5282mnbvcxz (4).JPG

 

 

パウダーコートしたサブフレーム類を組み込む前に

・・・・

 

気が変わってしまい

・・・・

黒のアンダーコートを重ね塗りしました

 

DSC_0962mnbvfgtr (1).JPG

 

 

続きはこちら

 

 

 

こちらはパウダーコート(紛体塗装)済のサブフレーム

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/07/post-2327.html

6粉体塗装.jpg

 

サブフレームを組み込むにも・・・・子部品類をレストアしながら・・・・・・進めていますので

サクサクとは進みません

 

基本の車体がMk1ですため、フロントサブフレームはボデイにそのままボルトオンされていまして

ラバーが介在してないのです

 

1990年代のMINIですと・・・・下の部品はゴム製なんですけどね。

 

さて・・・ここで・・・・事前に調達しておいた・・・新品を使うか?

それとも

錆だらけの現品をレストアするべきか?

 

少々迷いましたが

DSC_0962mnbvfgtr (2).JPG

 

もともとこの車に着いていた錆だらけの物を

レストアしてみるべ~と思い

・・・・ 

サンダーなどで厚い赤錆を落とし

DSC_0962mnbvfgtr (5).JPG

 

取りきれなかった赤錆を・・・この薬剤を使って・・・・黒錆に転換させました。

DSC_0962mnbvfgtr (6).JPG

 

筆でそのまま塗るだけですから

いたって簡単

 

DSC_0962mnbvfgtr (7).JPG

 

塗った直後より赤錆部分が黒錆に変わってゆきます。

 

DSC_0962mnbvfgtr (8).JPG

 

15分もするとこの通り

真っ黒け♪

 

DSC_0962mnbvfgtr (9).JPG

 

 

完全硬化した後に

・・・

黒の塗料を管スプレーすれば

完成です

 

 

DSC_0962mnbvfgtr (10).JPG

 

 

インジェクション・ミニの方は

 

バッテリー、コイル、ハイテンションコード等を交換後

・・・・・・・

 クランク・センサー と 水温センサー を 交換してみましたが

未だ冷間時の始動が上手くゆきません

。。 

 

原因は・・・何なのだろうか??

DSC_0736wertyui (7).JPG

 

 

 

 

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ