2019年3月アーカイブ

金曜日

 

雪柳の花が満開となりました

 

DSC_3330hhhjuy (1).JPG

 

 

FK2

 

治具を作り込みながら

 

DSC_3294cxdfs (1).JPG

 

商品化案のレイアウトを進めています

DSC_3294cxdfs (3).JPG

 

 

テールピースの奥行長さを・・・・目標周波数に合わせて・・・・長くする予定です

 

DSC_3294cxdfs (2).JPG

 

 

ZC33S

 

日本海側から・・・・Z33オーナーさんが・・・・・助手席試聴に

来社されました

 

DSC_3330hhhjuy (3).JPG

 

 ツインテールじゃあなくって・・・・・・シングルテールで探していたのだそうです。

 

さて・・・如何でしたか??

DSC_3330hhhjuy (2).JPG

 

 

 

重曹ブラスト

 

ハーレーライダーさんに勧められ

購入してみました

 

DSC_3330hhhjuy (4).JPG

 

 

塗装を剥ぎ取るのには・・・パワー不足でしたが

・・・・・・・

アルミの錆取りには・・・・使えそうな気がします

 

DSC_3330hhhjuy (5).JPG

 

 雨合羽と長靴を用意いたしましょう

DSC_3330hhhjuy (6).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

あれこれ

 

 

在庫情報を更新しました。

https://www.saclam.com/todays/zaiko/ 

 ****************

 

 

 

工作室

 

Z33

5キットを組み立て作業中です。

既に4キットが売約済で・・・・・残り枠1キットとなりました。

 

DSC_3224hgfds (5).JPG

 

次回の生産は5月になってしまうと思いますので

待てない方は今すぐご連絡ください

 

DSC_3224hgfds (4).JPG

 

 

 

 

ALTO WORKS

 

81~84dbでの攻防が続いています。

 

660㏄ 3気筒 TURBO

の場合

・・・

常用域 と 加速騒音計測域 の 回転速度が一致していますので

・・・・

音圧と快音との狭間で・・・・微妙な調整が必要

・・・

でありまして

・・・

 

DSC_3224hgfds (8).JPG

 

担当のワカゾウ君・・・・苦戦しています。

 

DSC_3224hgfds (9).JPG

 

 

 

お客様

 

無事希望の会社に就職して1年・・・・・・今だ研修期間中の若者さんが

・・・・・・・

夜勤明けの昨日・・・・・SACLAMサイレンサーの装着に・・・・・来社されました

 

DSC_3271mnbvc.JPG

 

 お伺いしてみましたら

私より若いお父上の車趣味に感化されているようで

ありました

 

お父上様によろしくお伝えください

!!

 

DSC_3224hgfds (6).JPG

 

 

 

 

 

私事

 

 実家の整理が一段落しまして

・・・・・・

後は2つある物置の中身と・・・・・・・庭のブロックや植木鉢を

整理すれば

・・・

完了となる予定です

・・・・・・

これからの季節・・・・定期的な草むしりが・・・・不可欠

 

これから初夏までの間

・・・

雑草の管理を怠ると・・・・恐ろしほどの速さで・・・・・・・ジャングルの様に・・・・なってしまうのです

。。 

 

DSC_3224hgfds (1).JPG

 

あ~~~~やだやだ・・・・・涙!!

 

 

 

 

 

 

雪柳開花

 

雪柳の花が7分咲きとなりました

満開まであと数日

DSC_3165ytrew (5).JPG

 

 

 

 

 

987

 

誰かさんのBLOGに感化され

SACLAM管の購入を決められたのだそうです

 

峠のおやぶんさん・・・ありがとうございます!

DSC_3165ytrew (1).JPG

 

このオーナーさんも・・・細かいお仕事が・・・お好きなようで

・・・・・・

擦りガラス風のカッチィングシートを加工した

ポルシシェのエンブレム

さりげなく装着されておりまして

言われなければ・・・・純正品かと・・・・思うほど

。。

 

はい

お見事です

 

帰り道のサウンドは・・・如何でしたでしょう

DSC_3165ytrew (4).JPG

SACLAMサイレンサーご購入いただきましてありがとうございます♪

 

 

 

 

 

ZC33S

 

愛知県からご来社された青のスイスポに・・・・3キット目を装着させていただきました

 

試聴もされず

・・・

「どうせ買いますから・・・着けてください。」

と言う一言で

装着作業が始まりました

DSC_3165ytrew (3).JPG

 

 

 

作業の間

・・・

折角ですから・・・いつもの山間路まで・・・・助手席試聴にご案内

 

DSC_3165ytrew (2).JPG

 

 

帰り道でのサウンドは・・・・如何でしたか

 

DSC_3165ytrew (7).JPG

SACLAM製品をご購入いただきましてありがとうございます

 

 

ZC33S用サイレンサーキット、4月生産予定分ご予約受付中です

 

 

 

 

 

 

Hello Uno san,

 

Here are photos of the tube frame car from 1989 to 2004, when I last drove it in SCCA races.

 

No big changes in the engine, just improved camshaft design and cylinder heads from Richard Longman in England. I was still very busy racing in IMSA so had no involvement other than chassis setup.

 

We won every race we entered in 1989 qualifying for the runoffs at Road Atlanta.

 

I qualified fastest more than 3 seconds faster than the second place car and easily won the race.

Because of my increasing involvement with Honda and Acura race programs, I would not drive the car again for 10 years.

 

 

1989年から2004年、SCCAのレースに出走していたころの写真さ。

 エンジンに大きな変更はなく、カム形状を改良したのと、英国リチャードロングマン製のヘッドを組込んだだけさ。 1989年は、出走したすべての地区レースに優勝して、アトランタ行きの切符を手に入れ、予選は2番手に3秒の差をつけてポールをとり、決勝でも楽勝したんだ♪

 

その後の10年間は、ホンダやアキュラでのレース活動がで忙しくなってしまい、その車を運転することはなかったね。

 

 

 

Image 1:

The Mini leading into turn 1 at the start of the Atlanta race.

アトランタのレースでスタート直後の第一コーナーにトップで飛び込むMINI.

 

 img094.jpg

 

 

 

Image 2 and 3:

Victory stand at Atlanta. Happy people!

アトランタの表彰台で喜ぶメンバー達!

 Picture 016.jpg

 

 嬉しそうだね♪

img089.jpg

 

 

 

 

Image 4 and 5:

In the summer of 1992, Mike took the car to Japan for two races one at Fuji and one at Scuba(?) and a big car show. It was sponsored by a Japanese businessman based in San Francisco and a company in Japan. Mike drove the car himself. A Japanese car magazine also wrote an article on the car. It was very popular.

 

1992年の夏、Mikeはこの車をフジとツクバ行わる2つのレースに出走させるため、そして展示会のために日本に持って行った。

そのイベントは日本で事業を運営しているサンフランシスコ在住の日本人がスポンサードしてくれたんだ。

その時Mikeは自身で運転したんだよ。

日本の自動車雑誌もこの車の事を取材し記事にして・・・くれ有名になったんだ♪

 

 

 img090.jpg

 

img093.jpg

 

 

Image 6:

In 1999 Mike again convinced me to drive the Mini again. The SCCA runoffs had moved from Road Atlanta to Mid Ohio.

 

1999年、MikeがMiniを再び運転する様に誘ってくれたんだ。

その時代、ランオフの開催地は アトランタからミッドオハイオに移っていた。

 

 

The car was the same except for a nice new yellow paint job with a purple roof and bright orange borders on the graphics. It looked really good!

 

その車は車体色以外は全く昔と同じだったね。、黄色のボデイと紫のルーフに塗られ、そしてグラフィックのアウトラインにはキレイなオレンジ色が光っていた。

カッコ良かったんだよ~~♪

 

It was still fast but in 1996 the SCCA allowed front wheel drive tube frame cars to be built with rear wheel drive. A rear drive car will be better balanced and have much better tire wear over the distance of a race.

 

そいつは相変わらず速かったんだが・・・しかし、1996年以降SCCAは前輪駆動のチューブフレームカーを後輪駆動化することを許可していたんだ。

 

 

A competitor in California, Joe Huffaker, built a beautiful rear drive Mini that was very fast. We raced against each other every year from 1999 to 2004 during the season and at the runoffs.

 

カリフォルニアのライバル Joe Huffaker が見事なリヤドライブミニを製作し、それがとっても速かったんだ。

1999年から2004年まで、地区予選やランオフでもお互いに競い合ってたんだよ。

 

 

We both did not finish in 1999 and I finished second to him in 2000, 2001 and 2002.

1999年は2台とも途中リタイヤだったし2001年と2002年は彼が1位で自分は2位だったんだ。

 Picture 001.jpg

 

 

 

Image 7:

On track at Mid Ohio. Good looking car!! (I think).

ミッドオハイオの写真さ。 良いだろ~♪

Scan1.jpg

 

 

Image 8:

We stripped the car to a bare chassis in 2002 to inspect and do a complete overhaul. Changed the chassis color from red to light gray.

 

2002年、車を完全に分解しフレームを裸にして、検査とオーバーホルを実施し、

シャシを赤からライトグレーに塗り替えたんだよ。

 Picture 014.jpg

 

 

 

 

Image 9 and 10:

The big change was moving the front coil over dampers to a horizontal position. This made ride height and damper adjustment much easier.

I fabricated new upper suspension arms and added mounting plates to the chassis.

 

大きな変更点はフロント側のコイルダンパーユニットを水平配置にレイアウト変更した事かな。

車高調整やダンパーの調整がとてもしやすくなったね。

自分自身で新しいアッパーアームやブラケット類を作って溶接したんだ。

 

 

 Picture 015.jpg

 

 

 

img095.jpg

 

 

Image 11:

We also fabricated stronger rear trailing arms.

リヤのトレーリングアームもより強い物に作り替えたのさ。

 

img096.jpg 

 

 

 

Image 12:

This view of the engine shows the longer, straight intake manifolds we fabricated back in 1984 when SCCA allowed us to modify the old yellow cars firewall.

 

このエンジンの写真には、1984年に黄色のミニ用に溶接し製作したストレートで長いインテークマニホールドが写っているんだ。

 

img097.jpg

 

 

 

Image 13:

Engine installed in updated chassis. Dampers and springs are under the carburetors.

 

改良された車体にエンジンが搭載され、ダンパーとスプリングはキャブレターの下に来たんだ。

 

 

 img098.jpg

 

 

 

 

Image 14:

 

In 2003 and 2004 we again won the SCCA runoffs, 18 years after the car had won its first Runoffs in 1986!

 

1986年のランオフで優勝して以来18年ぶりの2003年と2004年、ランオフで優勝することが出来たんだ。

 

 

img036.jpg

 

 

 

One funny datail!....the carbone fiber ducts on the spoiler of the yellow Mini are IRL intake manifold trumpets!

 余談になっちゃうけれどさ、黄色いミニのフロントスポイラーに装着してあるブレーキダクトインテークは、IRLエンジンのインマニに組み込んであったとインテークホーンなんだよ♪

 

 

asewqrty.jpg 

 

 

 

 

 

In 2015 Mike sold the car to Mini enthusiasts Andy and Rachel Nelson in Toronto Canada. They have restored beautiful vintage racing Minis and have done a very impressive rebuild on it. The car is in good hands.  Andy let me drive it at a vintage event at Watkins Glen New York in September 2018.

 

So I was able to drive it again 14 years after I last drove it!

 

 

Doug P #2.png

 

Doup P 66 #1.png

 

 

********************************

Andy and Rachel Nelson さんのサイトはこちらです。

 https://toyboxracing.com/

********************************

 

 

 

 2015年にMikeはこの車をカナダ・トロントに住むMINIエンズージアストであるAndy&Rachel Nelsonに売却したんだ。 彼らはそれまでに多くのビンテージ・ミニレースカーをレストアしてきた人たちで、綺麗にレストアしてくれた。良いオーナーにもらわれたわけだね♪

 

 2018年9月ワトキンスグレンで開催されたMINIのビンテージイベントでは、Andy が自分に運転させてくれたんだよ♪

 

そんな訳で、その車を最後にドライブした年の14年後に再びその車を運転した訳なんだよ♪

 

 

 

Doug Peterson からの写真 #11  IRL

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/03/doug-peterson-11-irl.html

 

Doug Petersonからの写真 10 MINI ENGINE 

  https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/02/doug-peterson-10-mini-engine.html

  

 

Doug Petersonからの写真 09

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/02/-doug-peterson-9tube-frame-mini-1.html

 

Doug Petersonからの写真 08

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/02/doug-peterson-08.html

 

 

Doug Petersonからの写真 07

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson-07-1.html 

 

 

Doug Petersonからの写真 06

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson06.html

 

 

Doug Petersonからの写真 05

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson-05-1.html

 

 

Doug Petersonからの写真 04

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson-04-1.html

 

 

Doug Petersonからの写真 03

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson03.html

 

 

Doug Petersonからの写真 02

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson02.html

 

 

Doug Petersonからの写真 01

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson01.html

 

 

 

 For Old Boys CAN-AM 01

https://www.saclam.com/todays/pictures_from_doug/2019/01/-for-old-boys-can-am-01.html 

 

  

  

 

 

 

 

 

 

あれこれ

 

工作室

 

ND / NDRF

3月予定分を製作しています

完成を前にして

MMC前のRF用1キットを除きすべて売約済となりました

 

4月生産予定分のご予約を承っております

 

DSC_3057hgfderty (8).JPG

 

 

 

 

ZC31/32S

TM/SQARE さん向けのOEM品を製作しています

 

弊社でも在庫直売しております

 

DSC_3057hgfderty (2).JPG

 

 

 

Z33

1月生産分が売り切れてしまいましたので3月末の完成を目指して5キットを組み立てています

 

既に3キットが売約済となっておりますので

4月上旬に装着されたい皆さんは・・・・・早めにご連絡いただいた方が・・・・良いかもしれません

 

DSC_3057hgfderty (10).JPG

 

 

助手席試聴

 

相変わらずNDデモ車でのご案内が絶えません

DSC_3057hgfderty (4).JPG

 

 

夏のボーナスで購入を計画されているオーナー様

装着希望日の1月半前位にご予約いただければ丁度良いのではないかと思います

 

DSC_3057hgfderty (5).JPG

 

 

エンジンに手を入れるべきかどうか・・・・心の揺れているNA8オーナー様

・・・・

25年前に作られ・・・・13万キロを走破した・・・・・のNAロードスター

です

 

会社の黄色いS2Kも・・・・・・走行13万キロオーバーです

10万キロを超えた辺りから

あちこちの部品が壊れ始めまして・・・・とどまるところを知りません

 

 

ブレーキ回りのOHとホース交換

水回りのホース類交換(場合によってはラジエターも)

燃料ホースとインジェクター高圧ライン周りのOリング交換

・・・・

チューニングよりもメンテナンスに予算を確保しておいた方が

良いのではありませんか

 

 

 

DSC_3057hgfderty (7).JPG

 

 

お◎☆さん

 

赤いNDから白に箱替えし・・・・・未だ・・・・・1年も経っていないのに

・・・・・

今度はオレンジ色のロードスターですって

 

それも

・・・・

12年前の

・・・

Z33HR・・・・・・ロードスター

・・・・・

・・・

唖然

!!

 

 

DSC_3057hgfderty (3).JPG

 

 

 

私も・・・・お◎☆さん

 

ご近所の武井自動車さんに整備してもらいまして

・・・・・

走行可能になりました

 

シャシとボデイを分離して

・・・ 

フルレストアを行ってみたいのですが・・・・・作業のためには2台分のスペースを・・・・・・確保しなくてはなりません

 

そんな時に2人の常連さんより

・・・・

デモ車の購入問い合わせがありまして

・・・・・・・・・・

レストア用の場所を確保するために・・・・・・AP2とELISE 1ZZを売却することになりました

 

何やってるんでしょうね

 

あたくし

??

 

DSC_3057hgfderty (11).JPG

 

エンジンとベブレーキの具合を確認しようと思い

運転席に乗り込んでみましたが・・・・・・私には狭すぎてペダル操作が出来ません

 

((一瞬・・・屋根を切取り・・・・アルミで作り直てしまおうか?? 等と・・・本気で考えたりしました。))

 

シートを外して床に座れば良いのでしょうが

・・・・

とりあえずワカゾウ君に代行試運転してきてもらいました

 

ブレーキの効き具合は・・・・クラシックMINIよりは・・・・ましの様です

 

さて・・・・・・・・・・・雨男さん・・・・・・・座ってみる

????

 

DSC_3057hgfderty (6).JPG

 

 

 

 

 

 

 

JUNK #1

 

 

 

先日1979年に製作したJUNK#2の手書き図面を紹介したところ
https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/02/post-2266.html

DSC_2208jjj (4).jpg

1978second junk (2).JPG

・・・・・・

・・・・

 

Doug Peterson氏

から

・・・

な~~んだ・・・同じような事してたんだね~~♪」

「ハイスクールの製図の授業で作図したCAN-AMカーの図面が出てきたよ~~~♪」

下記のモノコック構造のシャシ図面が送られてきました

!!

 

 

IMG_2806dd.jpg

 

 

 

おそらく・・・1968~1969年頃に作図したんでしょうが

・・・・

なぜに10代の少年に・・・・モノコック図面が・・・・書けてしまうのであろうか

?????????

 

私には脅威です

 !!!

(( 経験者には判ると思いますが・・・・形や構造を考えて図面にするのは・・・簡単じゃあ無いのです。))

 

 

IMG_2806cc.jpg

 

彼の場合・・・とても身近に自動車レースが有って・・・・西海岸に興行に来るCAN-AMカー達を

パドックで細部まで観察できたからかな?

思うのです

(( うらやましき環境ですね!))

 

10代半ばのDoug Peterson氏が・・・・・・・コダクロームを挿入したマミヤ製の一眼レフを・・・・・・・・首にぶら下げ

父親と一緒に見に行っていた当時全盛期のCAN-AMレースの写真です

大量に送ってもらっていますので

後日アップいたします



BLOG書き込み用のソフトの更新 と ブライザーの更新で現在写真が消えてしまっています。

https://www.saclam.com/todays/pictures_from_doug/2019/01/-for-old-boys-can-am-01.html

貴重な写真類ですから・・時間のある時に復旧させようと思います。

img193yy.jpg

 

 

ちなみに

私が

自動車らしき物体を・・・初めて作ったのは・・・・1973年です。

 

自動車の構造さえ充分知っている訳ではなかったのに

・・・・・・

主要部品を寄せ集めてパイプでつなぎ合わせれば

良いじゃないか

・・

思いこみ

・・・

仲間三人

解体屋さんで集めたジャンクパーツを組み合わせて

作ったのがこれです

 

あまりの不出来さで・・・・公開したくなかった写真ですが

・・・・

「JUNK#1は・・・どんなのだい?」

と言う質問が来ましたので・・・アップいたします。

 

 

この時も図面とモデルを作った筈ですが・・・・作って行くうちに違う姿になってきて

(( 3人それぞれ・・違う事を考えていたり・・・。))

この様な物体に出来上がってしまったのです

 

 

一応・・・・・走りました

・・・・

 

300㎏以下の車体に・・・・100馬力ほどのエンジンを積んでおりましたので

・・・・

異常な位・・・・・危険で・・・・・速かった

運転席に座っているのは・・・一緒に製作した同級生。

 

1973 my first Junk #1.jpg

JUNK #1 1973年

 

 

 

 

 

 

 

 

実家の整理

 

 

日曜日には・・・相変わらず実家の整理を・・・・しています

 

家の中は95%ほど作業が完了

しまして

・・・

後は残りの不用品を分別して処分するだけとなりました

 

 

DSC_3032frtyue (8).JPG

 

 

 

昨日は・・・外部物置の内の・・・一つに着手

したのですが

・・・・・ 

大戦後から昭和の時代の計測機器が

・・・・

山ほど詰まっておりまして

・・・・

ど~すんべ~~か?

 

 

 

誰か・・・欲しい人・・・・・居ませんかね??

 

DSC_3032frtyue (2).JPG

 

デカいぞ!!

DSC_3032frtyue (3).JPG

 

 

 

段ボール箱に自分の書籍類発見

 

DSC_3032frtyue (1).JPG

 

 

 

古いアメ車のサービス・マニュアルも出てきました

 

22歳の時に、赤坂の自動車整備工場を営む・・・・・当時60代のベテラン整備士さんに・・・・・頂いたものです

DSC_3032frtyue (5).JPG

 

 

DSC_3032frtyue (4).JPG

 

 

 

こんなのも出てきました

 

NEC PC9801が発売された当時

ベーシック言語を使って自分でプログラミングした・・・・マイレッジカー用の3Dデザインソフトウェア

創案中か・・・・デバック中のメモと・・・・思います

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2014/09/post-1648.html

 

DSC_3032frtyue (6).JPG

  

DSC_3045mnbvfgtr.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3916sertydfg.JPG

JUNK #6 1983年

 

 

 

 

 

 

 

 

先週のSACLAM

 

 

FK2 CIVIC-R

 

あと一歩なのに・・・・・・・奏でてくれない・・・・・・FK2・CIVIC-R

 

これを解決できませんと・・・・124SPIDERも・・・・・上手く行かないであろうと・・・・思います

 

症状が似ているんです

 

 

 

 

DSC_2923sss (5).JPG

 

ほぼ思いつく事は全て・・・テストしつくしましたので

・・・・

パイプ径をワンサイズ上げ・・・・・・・・各部分を商品レベルにキッチリと作り直して・・・・・最終調整に入ります

 

リヤ周りのパイプレイアウトをやり直してから

治具を製作中

 

DSC_2923sss (7).JPG

 

センターパイプも径を上げて・・・・治具とマスター製作中

 

DSC_2923sss (6).JPG

 

 

 

ALTO WORKS

 

660㏄ 3気筒 TURBO用 

なのに

とても良く鳴いてくれる試作品でした

 

DSC_2991oiuyt (7).JPG

 

 

 

 

しかしながら・・・・・加速走行騒音値が基準値を5dbも上回ってしまう・・・ものでしたため

・・・・・・

 

300hzを殺さぬように・・・・・何回か調整作業を・・・・・行ったみました

 

騒音値を下げて行くと・・・・・・・高速鳴きは残るものの・・・・・・中間域が判りにくいものに

・・・・・

 

DSC_2991oiuyt (5).JPG

 

一番音圧の上がる周波数域が・・・加速騒音計測時の回転域と・・・・・一致しているため

・・・・・・・

排気管の固有周波数を・・・・・・加速走行騒音計測時の周波数から・・・・少しだけ上に逃がして見ようと

・・・

思います

 

 

 

 

 

 

ZC33S

 

既に大手パーツメーカーさんの排気管を装着済のZC33Sオーナー様達が

・・・・・

SACLAM管の試聴に来社されました

 

 

DSC_2991oiuyt (1).JPG

 

如何でしたでしょう??

 

ふふっ・・・♪

 

DSC_2991oiuyt (2).JPG

 

 

 

 

 

 前回の記事の中に、IRL用のエンジンに関する記述が有り、

 

Doug Peterson からの写真#10 MINI ENGINE

 

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/02/doug-peterson-10-mini-engine.html

 

 

 

 

 

 

インディ500マイルレースを主催しているレース団体の事であるとは知っていたのだが、

 

コンプテック社がこのIRLにどの様にかかわりあってきたのか?良く知らなかったので

 

Dougに質問してみた。

 

 

 

In the last article, there was a description about the engne for IRL,

 

but I did not know how did Comptech relate this IRL.

 

So, I asked it to Doug Peterson.

 

 

 

 

 

予備知識として、

 

下記に紹介する Doug PetersonComptechの年表を下記に紹介する。

 

 

1985年

 

  DougPetersonはアメリカンホンダと無限社が仕立てたCRXGT4レーサーのドライバーとして

 

初めてホンダと関わり合いを持つ。

 

 

 

  1986年から1990

 

新ブランド・アキュラ向け広報活動の一環としてコンプテック社がアメリカンホンダと契約、

 

プロフェッショナル・レースチームとして

  

初めてのレース活動を行う。

 

 

  1990年から1993

 

HGTで設計されたNSXベースのレース用ドライサンプエンジンを英国スパイス製のグループ.Cシャシに積み

 

IMSA GTP-Lに参戦。

 

レースチームとして好成績を収める。

 

 

  1994年から1996

 

インディレースに参戦するホンダエンジンのテストチームとして活動し

 

    CARTレースにも参戦する。

 

 

 1997

 

ホンダを離れメルセデスエンジンを使用するホーガンレーシングをサポート

 

 

  1997年~2002

 

IRLレース向けのエンジンビルダーとしてインディ―500マイルレースに参戦する多くのチーム向けに

 

エンジンビルダーとして

 

エンジンを供給しメンテする業務を行う。

 

 

As a preliminary knowledge, please keep the chronology of Doug Peterson and Comptech below into the corner of your head.

 

1995

 Doug Peterson was asked by American Honda Motor if he could drive CRX GT4 racer.

 

1986 to 1990

, for new bland Acura Integra, COMPTEC was contracted with American Honda Motor as a professional campaigning race team.

 

1990 to 1993

, Comptech was campaigning ACURA NSX in IMSA GTP-L class.

 

1994 to 1996

   Comptech helped Honda CART program as engine testing team. Also participate in the CART racing.

 

1997

 support of Hogan racing with Mercedes Benz engine.

 

1997 to 2002

 as a reading IRL engine builder,

Comptech build GM based IRLengines for several top teams who entered Indy 500 Mile race.

 

 

 

 

IRL用のエンジン 

 

 

 

asdrwqtuyt (2).jpg

 

 

 

 

以下 Doug Peterson 氏による記述です。

(一部、宇野が解説を加えます。)

 

 

続きはこちらへ

 

 

ドタバタしています。

 

相変わらずドタバタしておりまして・・・BLOGの更新が・・・・疎かになっています

 

せっかく・・・・毎日この日記を見に来られて・・・・いるのに

・・・

すいません

!

 

 

CROW

 

朝出勤してみたら

・・

くちばしの大きなカラス君が雨宿りしておりました

 

台風の時など・・・どの様にして・・・凌いでるんでしょうね??

 

DSC_2876ddd (2).JPG

 

 

AP2

このところ人気で品薄気味のAP2向けサイレンサーキットを

5キット製作しています

DSC_2911hh (2).JPG

 

これで

暫くは・・・大丈夫・・・かな

??

DSC_2911hh (1).JPG

 

NA1

 

触媒フランジ部分の適正化加工が完了しました

 

明日梱包出荷いたします

!!

DSC_2911hh (3).JPG

 

 

Z33

一気にフルセットを装着させていただきました

 

DSC_2789ggg (6).JPG

 

フルセットとは言っても

・・・・・

隠れて見えなくなってしまうのですよ

・・・・

マキシム・エキマニ

DSC_2789ggg (1).JPG

 

フルセットご購入ありがとうございます

 

DSC_2809bbb.JPG

 

 

2018年式のZ34

 

加速騒音規制対応のサイレンサーキットを装着させていただきました

DSC_2898ddd (2).JPG

 

この状態で・・・「物足りないかな?」と・・・・・感じるようになった時は

 

DSC_2898ddd (1).JPG

 

MAXIM製のEX-MANI装着をご検討ください

 

DSC_2898ddd (3).JPG

 

 

 

 

ND5RC

 

納車3日目

小雨降る月曜日夕刻に職場を出発し・・・海底トンネルを使って木更津のNDさんが

来社されました

DSC_2789ggg (2).JPG

 

 

ピカピカだった床下周でしたが・・・・水跳ねで汚れてしまいましたね

DSC_2789ggg (3).JPG

 

ご来社ありがとうございました♪

 

DSC_2789ggg (4).JPG

 

 

 

 

助手席試聴

 

弊社製排気管のご購入を検討されている皆さんには

助手席試聴をお勧めしています

 

高価な商品ですため

購入後・・・「こんな筈ではなかったんだけど~~~。」・・・・となったら

購入される皆さんのみならず・・・製作販売している我々にとっても

喜ばしい事ではありません

 

助手席試聴をご希望の向きは

事前にE-MAILや電話にて日時をご予約の上ご来社頂ければ

私が

40分ほどの試聴ドライブにお連れいたします

 

DSC_2789ggg (9).JPG

 

 

特定のお店で装着されるのでしたら

・・・・

部品持ち込みで装着作業のみを依頼するよりも・・・・・そのお店を通じて購入装着される事を

お勧めいたします

 

その方が・・・・お店にとっては・・・・嬉しいのですよ

DSC_2789ggg (11).JPG

 

 

 

DIYでの装着作業をご希望される方には

小売り行っております

DSC_2789ggg (10).JPG

 

ちなみに・・・・3月生産予定分の・・・・予約可能数ですが

本日現在で

ND5RC(+NDRF MMC後モデル): 2キット

NDRF(MMC前モデル): 2キット

となりました

 

3月下旬完成予定品のご購入を検討中の方は

お早目の決断をお勧めいたします

。。

 

 

 

 

AE86

 

中部地方より

若きAE86オーナーさんがご来社されました

 

4年間の専門学校生活中に・・・500万円を超える学費等を・・・・自分の稼ぎで賄ったと言う

努力家のオーナーさんです

私など・・彼の爪の垢を煎じて飲むべきだと思います・・・はい!

 

DSC_2789ggg (8).JPG

 

 

弊社のAE86は・・・だいぶ前に手放しておりましたので・・・・何か性格の近い車は

と思い

・・・

この車でお相手させていただきました

DSC_2789ggg (7).JPG

 

デフ下レイアウト・・・・ご予約一本・・・・承りました

 

ちなみに

装着されているF壺さんのまふりゃ~も・・お世辞抜きに良い音してましたよ

♪♪

 

 

 

 

 

加速騒音

 

在庫情報を更新しました。

https://www.saclam.com/todays/zaiko/

*************************

 

 

 

少しドタバタしておりまして

・・・・・

ブログの更新が・・・・遅れ遅れに・・・・なっています

 

 

そんな訳で先週の事になってしまいましたが

テストコースでの騒音計測と音質チェックをご報告

 

 

 

ALTO WORKS

 

ワカゾウ君担当のこの車ですが

・・・・

DSC_2625aswerfdsa   (2).JPG

 

・・・・

500hzのピークが消えてくれません

 

500hzの出所が解れば・・・・対処は簡単な筈ですが

そこまで想像力が働いていないようです

。。

 

生成されてしまった500hzピークを殺すのではなくって

・・・・

500hzが生成されないようにする方が

良いと思いますよ

。。。

 

と・・・言っても・・・・・・・・・判らんかな~~~~・・・・。

 

R10ggg.png

 

 

 

 

ND

MAXIM EX-MANI

 

MAXIM EX-MANI 対応用の現行サイレンサーですが

・・・・

冷間始動時の爆音と・・・・(判りやすいのだけれど)少しキツイ排気音を・・・・(出来るものならば)改良したいと思いまして

・・・・

試作品のテストを行っています

 

DSC_2625aswerfdsa   (1).JPG

 

サブユニットを追加せずに700hzを抑える方法を

探しています

R6gggg.png

 

 

 

 

FK2

 

取り外した試作品を床に並べてみました

 

7~9個のユニットを装備して

それぞれのユニットが持つ機能を殺したり生かしたりしながら

テストを重ねてきたのですが

・・・・・・

おおよそ考えられる事はやりつくしましたので

・・・・

本番用に近い試作品を製作開始いたします

 

DSC_2625aswerfdsa   (3).JPG

 

FK2排気管の特徴は以下の通りです

エキマニが無く・・・シリンダーヘッド内で4気筒分の排気ガスが集合する構造になっている。

排気管が車体センター配置のガソリンタンクを迂回するため・・・・・排気管長が長い

床下の設計及びと4本テールピースデザインが・・・・・排気管の事を考えていない・・・・。

 

数か月間・・・あれこれと試作テストした後・・・改めて純正排気管の音を聴いてみましたが

鳴きも出ているし

かなり上手にまとめられておりました

 

あと一歩進められたら良いのだけれど・・・・・・・・と感ずるのですが・・・・それは弊社の試作品と50歩100歩

 

苦労されたんでしょうね・・・・排気管開発者の皆さん

DSC_2625aswerfdsa   (6).JPG

 

 

 

あれこれ

 

E46M3

 

2月末完成予定の2キットが・・・・一日遅れて完成いたしました

 

今なら2キット分即納可能です

 

DSC_2542ccc (2).JPG

 

 

Z33 FULL SET

 

車両を探している最中に・・・・・フルセットを予約されて行った・・・・オナー様でしたが

・・・・

この程程度の良いZ33HR6MTを入手されまして

直後の入庫となりました

 

早速手術台に載せ・・・作業を開始しております

DSC_2542ccc (6).JPG

 

 Z33/34系排気管の開発ストーリーは

こちらをご参照ください

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2018/06/-asmoem-z33hr-saclam.html

 

 

 

 

 Z34 6MT

 

半年ほど前にフルセットを装着させていただいた

カワサキ乗りだった企業戦士さん

ご来社されました

 

冷間始動後に走り始めてから5分間ほどの間・・・・・アクセルを深く踏み込むといつもとは違う音が聞こえる

 との事

 

排気管が冷えている時は・・・いつもより低めの周波数で共鳴しますし

排気流の温度勾配が大きく・・・上流側の音速に対し下流側の音速が低く

 

DSC_2725kk.jpg

 

 

後から排出された音が・・先に排出された音を追い越して衝撃波化し・・・炸裂気味になるのではないかと思うのです

 

DSC_2732nn.jpg

これもSACLAMマフラーのキャラクターでありますので

((M3等ではもっと激しく出ます))

心配なさらずお楽しみになってくださいませ

 

 

DSC_2542ccc (5).JPG

 

 

 

Z34 Ver. NISMO

 

2年半ほど前にSACLAMフルセットを装着させていただいた

カワサキ乗りの・・・・・黒Z34 Ver.NISMOさんが・・・・・ご来社されました

 

DIY作業でのガラスコーティングボデイなのですが・・・・見事な表面状態・・・・・・虹色に輝いておりました

 

DIYでここまで綺麗に仕上がるのであれば・・・・私もやってみようと思います

DSC_2542ccc (1).JPG

 

 

 

 

NA2

 

プラスチック製のこの部分ですが・・・・アルミを削り出してみようか

とも

考えています

 

 

DSC_2542ccc (4).JPG

 

 

 

 

 

EUROPE

 

武井自動車さんに車検レベルまでの整備をお願いしている

この車

・・・

そろそろ完成いたします

 

がっ・・しかし

・・・

車検取得する前に・・・レストアした方が・・・・良いかな

・・・・

DSC_2542ccc (3).JPG

 ・・・・

大がかりにはなってしまいそうですが

・・・

峠の親分が・・・「その方面の仕事は・・・私に任せなさい!」とも・・・仰るので

・・・・・・

そのお言葉に甘えて

・・

一旦・・・・完全分解・・・・し

・・・

・・

フレームを地獄釜で・・・・下地処理してもらって

から

DSC_1691hhh (8).JPG

 

DSC_1691hhh (9).JPG

 

粉体塗装してもらう方向で

考えています

 

 

DSC_1691hhh (10).JPG

 

問題は・・分解した部品類の保管と・・・・・FRPボデイの補修作業を・・・如何するかなのであります

 

場所がないから・・・AP2とか・・・・ELISEMk.2等・・・手放さなきゃならんのかも

しれません

 

**********************************

エルビスプレスリーのBMWレストア作業を紹介している動画です。

14分目ぐらいから地獄釜作業が

始まります

https://www.youtube.com/watch?v=9fDzNIBYkwU 

 *********************************

 

 

◎◎峠の親分様

・・・

タラバガニの塩蒸し

・・・

ご馳走様でした~~

 

DSC_1691hhh (11).JPG

 

 

 

 

 

 

 

2024年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ