Doug Petersonからの写真 08

 

 

 

 

The first two images are of my first car, a Triumph TR3.

 I got it when I was 15 years old and rebuilt the engine, chassis and painted it

 by the time I got my drivers license at 16.

It was a very good experience for a young person interested in cars and I have my parents to thank for encouraging me.

 

 

 

 

2枚の写真はね・・・・僕の最初の車・・・・トライアンフTR3さ♪

15歳の時に手に入れて・・エンジンとシャシをリビルトして・・・16歳になって運転免許の取れる頃までに・・・ボデイも塗り直したんだ。

 

それは車に熱中してしまった若者にとって最高の経験だったし、応援してくれた両親には感謝したね。

 

 

 

 

 

 

 img099vv.jpg

 

 

 

 

******Uno******

 

Nice painting job !

It is hard to imagine a 15-years boy's job!!

 

it's a residential area with a good atmospher.

was it close to the house where you lived?

 

 

 

きれいに塗られているね♪

15歳の少年の仕事とは・・・・・・・思えないよ。

 

とても良い雰囲気の住宅街だけれど・・・君の住んでいた家の近くなの・・・かな?

 

******* 

 

 img100vv.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMPTEC

 

I was already racing when Don and I started Comptech in 1979 so racing machine and fabrication work was always part of what we did, but road car machine work was about 70 percent of our business.

 

 

1979年にコンプテックをスタートした訳だけれど、その時には既にレースに関わっていたので

一般車の仕事がおおよそ7割を占めていたけれど、レース向けエンジンの機械加工とマシーンと板金溶接仕事も常に仕事の一部だったよ。

 

 

 

 

 

***********UNO************

 

私が初めて彼らの仕事場を見に行ったのは1985年の暮れでありました。

コンプテックの仕事場を見せてもらって

アメリカのボーリング屋さん(あるいは内燃機屋さん)だ!

と思ったのです。

(( 実際は私の理解よりも・・・・もっとレースエンジン屋さんに・・・・・近かったのですが・・・。))

 

バルブヘッドの食い込んでしまった空冷星形エンジンのアルミヘッドをTig溶接でアルミ盛りして直していたり

スペアピストンが入手不可能なピすtンの側面をローレット加工して

クリアランス保持していたり

長年かけて途切れることなく培われてきたアメリカ人クラフトマン達の知恵に感心したことを

覚えています。

 

基礎の基礎って・・・何なんだろう?

日本人はもっと広くそして柔らかく考えるべきだな♪

思えたのです。

 

 

Late 1985, I went to see their workshop. that was my first time.
Have the Computech workshop show me
An American bowling shop (or an internal combustion engine store)!
that's what I thought.
((Actually it was closer to the race engine shop ... more than my understanding, but ..))

 

The aluminum head for air-cooled star engine, the valve head  was pierced, was fixing by Tig welding

Clearance of Old pistons were adjusted by  knuled.


I was impressed by the wisdom of American craftsmen who had been cultivated without discontinuation over the years

I remember.

 

What was basic of basic? 

I thought We Japanese should think more widely and flexibly ♪ ...


I thought

 

***************************

 

 

 

 

 

 

 

Back then many American machine shops would not work on aluminum cylinder heads.

  

We worked on many old Ferrari, Porsche, Alfa Romeo, BMW, Jaguar and Lotus Twin cam cylinder heads and engines.

 

We also worked on many Mini, Sprite, Healey 3000, Triumph, Volvo, Ford and Chevy engines, anything that would help pay the bills!

 

We built Ferrari engines where we had crankshafts, connecting rods and pistons custom made to replace parts no longer available.

 

 

 

 

その頃、多くのマシンショップ(アメリカの内燃機屋さん)達は、アルミニウム製のヘッドを扱えなかったんだ。

 

数多くの古いフェラ―リを始め、ポルシェ、BMW,ジャガー、ロータスツインカムなどのヘッドやエンジンを

直したんだ。

 

 ミニやスプライト、3リッターのヒーレー、トライアンフ、ボルボ、フォード、シボレー、その他、

代金を頂けるのなら何でも直したんだよ♪ 

 

クランクシャフト、コンロッド、ピストン等の交換部品の手に入らない

フェラーリのエンジン達も部品を作って直したんだ。

 

 

 

 

In 1980 we even built a racing Honda Civic 1200cc engine!

 

1980年にはレース用のシビック1200㏄だって作ったんだよ♪

 

 

 

 

 

In 1979 - 1982 we built several Datsun 510, 610 and 710 L16, L18 and L20 engines for SCCA B Sedan class. Kind of a copy of older Mercedes engines.

 

 1979年から1982年の間、SCCA B セダンクラス向けに

複数の510、610、710用 L16,L18,L20エンジンを仕立てたんだ!

 

まあ・・・昔のメルセデス製エンジンの・・・・・・・・コピーなんだけれどね♪

 

 

As our racing successes grew, so did our racing customer work.

 

自分たちがレースで好成績を収めるほど、レース関係の仕事依頼が増えていったね。

 

 

 

In 1984 we built a Nissan Pulsar GT4 tube frame chassis for a customer. This was just before we built our own Renault Encore GT4 tube frame car I raced at the SCCA runoffs. 

We then built the two Mini tube frame cars in 1985-86.

 

 

1984年には、お客さんからの依頼で日産パルサーベースのチューブフレームGT4カーを作ったんだ。

自分たちのRenault Encore GT4カーを作る以前にね。

 そして、1985~1986には

Miniのチューブフレームカーを2台作ったんだ。

 

 

 

 

 

We stopped building tube frame cars after that because we were not making enough money on them. It took too much time.

 

 

 

それ以降は・・・もうチューブフレームカーを・・・作る事はしなくなったね。

その仕事で充分な報酬が得られなかったのさ。

一台造るために・・・もの凄く長い時間が・・・・かかるんだよ!

 

 

 

 

 *************************

Doug san,

This comment is tremendously surprising to me.

 

Because I longed for making car by myself, and my understanding was that  you are building your  race cars for yourself and for your customer.

 

 

For me it seemed like an ideal!

 

 

After that

I talked with Scott san.

He came here 15days ago.

He said that King Motorsports made 6 GT3 CRXs in their shop but it took a year for each.

No profit without big manufacturer's budget support.

 

Uno 

 

 

ドグさん

このコメントには驚いたよ。

 

 それはね、

 

私の一番やりたかった事が・・・・自分の手で車を作る事だったんだ。

 

あなたは

お客さんのために自分自身のため、そしてお客さんのためにレースカーを作っていたじゃないか。

 

 

 

それはね、自分にとって理想の姿だったんだ。

 

 

 

その事を知った後で

スコットさんと話をする機会が有ってね、2週間ほど前の事だけど、

King Motorsportsで6台のCRX GT4 レースカーを作ったときには

1年に一台のペースだったと言っていた。

自動車メーカからの補助が無くちゃ・・・・利益なんて出なかったよ。

って言ってたね。

 

Uno

 *********************************

 

 

 

 

 

At this time, 1985-1986, I became involved with Honda and our business became more racing focused.

 

この頃、1985~1986年、ホンダと関わりが出来てね、コンプテックのビジネスがよりレースの方向を向くようになったんだよ。

 

 

 

*****UNO*****

 

私の所属していたAHMチームとコンプテックと関わりを持ったのが

この頃です。

 

**********

 

 

 

 

 

 

 

I have attached some photos, but unfortunately I do not have many shop photos from that time.

If there were camera phones back then I would have many photos!

 

マシンショップの頃の写真を何枚か送るけれど、その頃の写真は残念ながら沢山ないんだ。

もしその頃カメラ付きの携帯電話が有ったなら、たくさん写真が有った筈だけれどね。

 

 

  

 

First shop in Sunnyvale, Ca. 1980-1986

 

サニーバル(シリコンバレーと呼ばれている地域にある町)に有った最初のマシンショップだよ。

 

 

 img101vv.jpg

 

 

 

 

 カウンターの向こう側に、少々クラシックではあるけれど、ボーリングマシンやヘッド面加工用の専用フライスなどが並んでたのを覚えています。 

 

 

 

img102vv.jpg

 

 

img103vv.jpg

 

 

 

 

Datsun L18 engine on dyno, 1981

 

エンジンダイナモ上のダットサンL18エンジン

 

 

 

 

 

*****Uno*****

 

I remember this engine dynamo well. 

 

when we started IMSA racing with Integra 1986, 

Because the engine power tested in Japan did not match the power  tested by Doug with this

water dynamometer,

Japan side and US Race team side felt a little distrusting from each other.

 

 

 

 I visited Comptech and was arrowed to get into the dyno room.

  

The classic water dynamometer itself was not the factor,

 but

small ventilation in test room and  thermometer location were factors.

 

To prevent infrared rays from hot exhaust pipe, puted cover on thermometer, ETC.

 

 

 

 

 

 

このエンジンダイナモの事は良く覚えてます!

 

1986年にインテグラでIMSAのレースに参戦した時

日本でのパワー計測とDougがこの水動力計で行ったダイナモの計測とがマッチングしなくって

お互いの不信感を招いてしまったんだ

 

 

コンプテック社に行って・・・Dougや Donと一緒に・・・・・一致しない原因を探した。

旧式ではあるけれど水動力計自体が要因ではなくって、換気不足のダイナモ室と温度計の設置場所が要因だったね。 

温度計にカバーを付けて排気管から直射する熱線(赤外線)を遮断遮断したり

・・・

その他諸々

 

  

 

img104vv.jpg

 

 

 

 

 

Me working on early '50's Ferrari Monza 4 cylinder crankshaft and block, 1982

 

50年代初期のフェラーリモンザ4気筒エンジン用クランクとシリンダーブロックを

見つめ何かしているDoug 

img105vv.jpg

 

 

 

手のかかった構造のブロック

 

img107vv.jpg

 

 

 

 

 

 

Uno san,

I forgot to answer your question in the last email.

 

U~さん、この前にもらったE-MAILの質問に答えるのを忘れてたよ。

 

 

 

I think our first job at Comptech was machining and assembling a Triumph Spitfire 1500. Bad engine!!

 

コンプテックが最初に手掛けたのは

トライアンフスピットファイヤー向け1500ccのおんぼろエンジンだったと思うよ。

 

To save money BL eliminated camshaft bearings so the steel cam ran in a cast iron bore. If oil pressure was low the cam would seize in the block. We did many of them.

 

コストダウンのためにBL者はカムシャフトベアリングをはしょっちゃったんだ。

鉄のカムシャフトが・・・鋳造ボアの中で・・・擦れ合うんだ。

オイルプレッシャーが低くなると

カムシャフトがブロックに噛り付いてしまってね・・・。

そんなんのが・・・沢山あったね。

 

 

We also fabricated a roll cage for a Mazda RX7 for SCCA racing. It may have been first, I can't remember that far back!!

 

 

RX7の車体にロールケージをp溶接で組込む仕事もしたね。

多分その車・・・・速かったと思うけれど・・大昔の事なんで良く思い出せないんだ!!

 

 

Another early project was fabricating a roll cage/ frame for a Lotus Europa Twin Cam for SCCA D production. What a bad chassis! Lotus made things very cheap.

 

もう一つ・・書記の仕事として・・・ロータスヨーロッパツインカムスペシャルのシャシに

ロールケージを溶接したことが有っね。

 

安っぽくって・・・・ひっで~~~~シャシだったよ・・・・。

 

Doug

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Image 9,10,11,12:

Second shop in Rancho Cordova, Ca. 1987-1991 Note Integra being repaired in image 10!

 

ランチョ・コドバに移転した 2つ目の工場。

1987~1991

 

 img108vv.jpg

 

 

 

左に見えるのはリヤクォーターを修理中のIMSA向けINTEGRA.

 

img109vv.jpg

 

 

img110vv.jpg

 

 

img111vv.jpg

 

 

 

Image 13:

Third shop in El Dorado Hills, Ca. 1992-2007

 

エルドラドヒルズに建てた・・・3つ目の工場。

(( 2000年くらいに行ったことが有るけれど・・・とても立派な工場でした。))

 

img113vv.jpg

 

 

 

 

 

 

Doug Petersonからの写真 07

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson-07-1.html 

 

 

Doug Petersonからの写真 06

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson06.html

 

 

Doug Petersonからの写真 05

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson-05-1.html

 

 

Doug Petersonからの写真 04

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson-04-1.html

 

 

Doug Petersonからの写真 03

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson03.html

 

 

Doug Petersonからの写真 02

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson02.html

 

 

Doug Petersonからの写真 01

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson01.html

 

 

 

 For Old Boys CAN-AM 01

https://www.saclam.com/todays/pictures_from_doug/2019/01/-for-old-boys-can-am-01.html 

 

  

  

 

 

 

 

 

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ