Doug Peterson からの写真 04

1980

 

In 1978 we had begun building a new Mini chassis that pushed the rules in an attempt to optimize the Mini's strengths of small size, low weight and good handling.

It was basically a tube frame chassis inside the stock body shell using stock components such as the subframes that were required by the rules.

 

1978年には新しいMINIのシャシを作り始めたんだよ。

MINIの強みである・・・小ささ、軽さ、ハンドリングの良さ等を最大限に引き出せる様にルールで許されるギリギリのところまでね♪

 

それはね、ボディの中に(独立した)パイプ・フレームを組み立てる事だった。

ルールで決められていたんで・・・標準のサブ・フレームなど残さなきゃならなかったんだけどね。

 

 

 

 

 I began building a new Mini in 1979 pushing the limits of the SCCA rules at the time.

It was basically a ship in a bottle - a tube frame in a standard bodyshell.

 

空き瓶の中に帆船の模型を組み立てる時の様に

プレス・ボデイの内側にチューブフレームを組込んだんだ。

 

aaa img 7.jpg

 

aaa img 8.jpg

 

 

 

 Coil over spring/shock units were used along with tubular sway bars.

The front suspension geometry was designed using information from our work on the black Mini and took advantage of the latest 13" Goodyear slicks.

 

コイルスプリング&ダンパーや、中空のスタビライザー等を使ったのさ。

フロントサスペンションに関する寸法設定は 黒いMINI と一緒にしたし、進化させるためにグッドイヤーの13"を使う事にしたんだ。

 

  

aaa img 11.jpg

 

 

Coil over rear suspension.

コイルオーバーサスペンション: ダンパーとコイルスプリングを組み合わせた物の呼び名です。

aaa img 12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I sold the chassis when I started Comptech and fortunately Mike decided to buy it in late 1979 and finish building it.

 

 

1979年、自分の会社( Comptech )を始めるために、(未完成なままの)このシャシを売却したんだ。

でも・・・幸運な事に1979年の暮れにに(Fortchの)Mikeが購入し直してくれてしたんで・・・完成させることが出来たんだ。

 

 

Mike asked me to get involved in finishing the car and driving it for the 1980 season and I accepted.

 It would be nice to see the car completed and see how it performed as well as working with Mike and Steve again.

 

Mike はね、「この車を完成させるために手を貸してくれないか?」と、 そして「1980年にこの車を走らせてほしいんだ。」と言ってくれたんだよ。

 

そりゃ、この車を完成させたかったし、どんな走りなのか知りたいのもあったけど・・・再びMikeやStiveと一緒に働けることが嬉しかったね♪

 

 

 

 

Doug Peterson braizing front fenders himself.

Doug自身でろう付け作業している写真。

 

Q. Brazing fenders instead of welding? Any reason??

何で溶接じゃあなくって・・・ろう付けしてたの?

 

I think I brazed the front sheet metal  just because it was fun to do.

 We had a fluxer that injected the flux into the torch and I was learning to use it.

フラクサーを購入したんで・・どんなものか思い・・・試してみたんだよ・・♪

 

aaa img 9.jpg

 

 

 

 

 

 

 

We began work in December with the goal of competing in the first national race at Riverside in mid February.

There was a lot of work to complete but we got it done and won our first race out with the car.

It was painted a beautiful Imron dark metallic blue with pale blue pin striping.

 

 

12月に作業を始めて・・・翌年の2月中旬にリバーサイドで行われる西海岸地区の初戦出走を目指してね。

やるべき事は山程有ったけど・・・我々はそれをやり遂げて・・・最初のレースに勝つことが出来たんだ♪

 

その車はイムロン社のダークメタリックブルーに塗られていて・・・その上からペールブルーでピンストライプされてたんだ♪

 

 

  

Doug Peterson in high tech spray booth(!) not very healthy!

超近代的な塗装ブースだろう♪  健康には悪いんだけどさ・・・。

( 綺麗なガレージに水を撒いて塗装作業中)

 Uno: I did not know you did paint job!

Doug が塗装作業するなんて・・思いもしなかったよ。 

aaa img 10.jpg

 

 We were (and still are) very proud of the way the car turned out.

 This car became known as "The Blue Car".

 

 

 

僕らは、この車を生み出したことに大きな誇りを持てたし、今でもそう思ってるんだよ♪

 

ブルーカーとして広く知られるようになったね。

 

 

aaa img 13.jpg

 

 

 

The only problem was that the Datsuns, Hondas and Renaults had a lot more horsepower than the Mini.

We raced at the runoffs where we finished seventeenth with low oil pressure.

This was not the result we had hoped for.

 

Renault Le Cars finished first and second.

 

問題はね・・MINIよりも・・・・ダットサン、ホンダそしてルノーの方が強力なエンジンを持っていたことだね。

 

 

Run/Offは17位だったよ・・・。 油圧が下がっちゃってね・・・・。 不本意だったけれど・・・さ。

 

ルノーRe Car の1-2フィニッシュだった・・・。

 

 

 

 

 

1981

 

We did not make any big changes for 1981, just fine tuned what we had.

The car was fast and we won all six races we entered to qualify for the runoffs.

 

1981年は大きな変更作業は行わず・・・ファインチューンのみに徹したんだ。

速かったしRun/Offに出場する前のレース6戦に全て勝つことが出来たんだ♪

 

 

Qualifying on the pole for the runoffs was a big thrill but was tempered by a threat from the Datsun drivers to protest the car over our interpretation of a rule regarding engine placement.

 We had rotated the engine forward to help reduce halfshaft angularity for less friction on the CV joints.

We decided to rotate the engine back as we did not think it would be a reliability problem and it would eliminate any legality issue.

 

 

Run/Offの予選でポールを取ったんだ!

大感激したんだけれど・・・・ダットサン・ドライバーの一人に・・・エンジン搭載位置に関する議を申し立てられ・・・喜ぶどころじゃあ無くなってしまったんだ。

 

エンジン(及びトランスミッション)を前傾させ・・・CVジョイントの動作角度を小さくして、駆動ロスを減らすようにしていたんだ。

 

それで、エンジンの搭載閣を元の状態に戻すことにしたんだ。

 

信頼性の問題を引き起こすとは思わなかったし・・・・ルールに適合できると思ったしね。

 

 

 

 

Well, we were wrong.

 

だけどさ、 そりゃ失敗だったね。

 

 

The car ran morning warm up with no problems but on the sixth lap of the race, leading comfortably, one of the axles pulled out of a CV joint in the bottom of the dip on the back straight.

 

朝のウォーミングアップでは問題はなかったんだが、レース中の6週目・・レースを良い調子でリードしてたんだけど片方のドライブシャフトがCVジョイントから抜けてしまったのさ。

ストレートの終わりに有るあの下り坂でね・・・・・。

 

 

 

 

Uno: It was sorry but still lucky that you did not get hurt.

 that area was slightly bent and drop place.

(( 最高速時に片側のドライブシャフトが抜けてしまって・・・良く無事だったね・・・。))

((直線とは言え・・・浅くターンしている下り坂なのに。))

 

 

 In retrospect we should have left the car alone and dealt with the rules interpretation issue after the race.

 

今振り返ってみれば・・・車弄らずはそのままにして・・・レース後の車検での最低を待つべきだったかな?

 

 

We did not finish, but proved that a Mini could run up front which was very satisfying. A Honda Civic won the race.

 

ゴールできなかったわけだけど、ミニが先頭を走れたという事に充分満足できたね♪

 

Jimのシビックが優勝したんだけどさ。

 

 

 

 

( ちょっぴり残念そうなメンバー )

aaa img 14.jpg

 

 

  

 

 

The other photo is of the wheel fans we copied from the 935 Porsche BBS wheels. We ran them in 1981 thinking it helped keep the front brake and wheel bearing cooler. I don't think it helped much but it looked good!

 

 

1981年に・・935ポルシェ風にホイールファンを作って使ってみたんだ♪

フロントブレーキとベアリングの温度を上昇させないためにね。

絶大な効果は無かったけど・・・カッコ良いだろ♪ 

 

 

img068fff (2).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ