2018年4月アーカイブ

売却いたします。

 

排気管の開発テストが完了しましたので

ご希望の方がいらっしゃいましたら

販売いたします

 

ホンダ S660 α 6MT

 

初年度登録:平成27年10月

車検有効期限:平成30年10月

走行距離:6千km

 修復歴無

 DSC_5367frfrt.JPG

S660中古車

 

販売価格

¥1,686,000-(消費税込)

 *リサイクル券代を含む。

 *自動車税は別途。

 *移転登録はご自身でお願いいたします。

 

 

 

2000㎞時に購入し、サイレンサーキットの開発テストに使用してきました。

現在、運転席シートやサイレンサー等、非純正部品に交換してありますが

売却時は純正部品に戻します。

 

 

ご希望の方はSACLAMまでご連絡ください。

 

S660助手席試聴をご希望の方は・・・ラストチャンスとなりますので

お早めにご連絡くださいませ

 

 

 

 

 

 

車手放します!

 

その1

 

BMW MINI R55 CLUBMAN COOPER-S 6AT (DBZ-ZG16)

 

2017年4月中古車の業者オークションにて4点評価の個体を購入し

細かななところを整備しつつ使っておりましたが

 社有車が増えすぎましたので

売却いたします

 

初年度登録:平成22年11月

車検有効期限:平成31年11月

走行距離:10万5千km

 

¥678,000-(消費税込)

*保証無での販売です。 

*リサイクル券代を含む。

 *自動車税は別途。

 *移転登録はご自身でお願いいたします。

 

 

入手してからの交換部品類は以下の通りです。

 バッテリー交換:2017年5月

 高圧燃料ポンプ交換:2017年5月

ブレーキローター4枚交換:2017年5月

ブレーキパッド4輪交換:2017年5月

サーモスタット&ケース交換:2018年2月

ウォーターポンプ交換:2018年2月

ベルト交換:2018年2月

 

R55DSC_5455gg (3).JPG

R55クラブマン中古車

 

DSC_5455gg (1).JPG

 

 

 

DSC_5455gg (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

SPEC.C

 

 

数年前

こちらの車のオーナーさんより

依頼がありまして

ジムカーナー競技向けにサイレンサーを一本作ったのが事の始まりで

ありました

DSC_1860ff (4).JPG 

 「チタン製を付けていたのだけれど・・・壊れてしまったのですよ。」

と言うお話

・・・

 

運転手さんと相談し・・・・ステンレスで・・・・・作る事に決め

製作開始

  

一本目の試作品は・・・・ 確か8㎏・・・・だったと思います

 

音も良かったのですが音量オーバーしてしまいましたので

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2012/06/-httpwwwsaclamcomtodayszaiko-1.html

IMG_0744.JPG

 

対策を入れ

・・・ 

実際には下図のような形になりました

 

 この状態で10Kg

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2012/07/-a-a-a-22.html 

IMG_1003.JPG

数年間上記の物を使用いただいたのですが

慣れてしまうと・・・音が静かすぎて・・・・面白くない・・・・と。

 

 「ギャラリーさん達も期待されてるので・・・もう少し色気を出して♪」

との

リクエスト

 

それでは・・・・音・・出しちゃうからね♪

 知らんよ~~~♪

作ったのがこちら

。 

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2017/03/nsx-9.html

 

この状態ですと

やはり

近接排気音が跳ね上がってしまいますので

 

P3130826.JPG

 

エントリー側のパイプに・・・・サブユニットを付けて

騒音値を制御

 

昨年一年使って頂き・・ドライバーさんには大変好評で・・・ありました♪

 

DSC_7559.JPG 

 

 それでは・・・・・と・・・・・調子に乗りまして

・・・

市販化してみようかな・・・・・と思い・・・・・・作ったのがこちら

 

パイプ集合部分のストレスを分散させるため

卵型小型ユニットの代わりに

連結型のレゾネーターを装備させ・・・・左右部分の連結強度を上げました

 

これでも10㎏

P3071509wert (4).JPG

 

 

 

この頃

デモ車両のシルバー号を売却してしまったので

・・・・・

常連のNSXオーナーさん達に

「 あ~~チミチミ・・・・試作品・・・・モニターしてくれないですかね? 」

お願いして

 

DSC_4406iuy (1).JPG

  

ご意見いただきながら・・・・・調音作業中なのであります

DSC_5227nbvc (3).JPG

 

DSC_5227nbvc (4).JPG

 

 短距離勝負のジムカーナーと違い

鈴鹿で全開走行すると・・・・テールピース部分までが・・・・・・青紫色。

凄い温度になるのね

 

DSC_5227nbvc (8).JPG

 

 

 

ちなみに下写真の・・・・・ユニットまでチタン化した・・・・・物は

MTBで展示した後

 

P4141516mmm (1).JPG

 

いつものジムカーナー運転手さんに渡して

一年ほど

具合を見ていただく予定です

 

 6000rpm以上での音質比較

・・・

 超高周波交じりのSPEC.Aに対し・・・・・SPEC.Cはスーパーバイクをイメージさせる音

 とでも言いましょうか

・・・・・・

 

SPEC.Aの方が・・・・排気管内の固有振動数が・・・・・600hzと高めに設定していますし

SPEC.Cの振動数はS2K用の排気管(400hz)に合わせているので

その様に感じるのでしょう

 

もう少し・・・排気管内の気柱振動数を・・・・・上げてみようかと・・・・思います

 

 

 

 

連休前の装着作業

 

 

4月の初めにS2Kにてお試聴いただいたお客様のNDに

4月生産分の1本を装着させていただきました

。 

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2018/04/post-2128.html

DSC_5227nbvc (10).JPG

 

 

始めて聴かれた・・・・・・・NDの音は・・・・如何でしたか?

 

 

DSC_5227nbvc (7).JPG

 

 

 

第三者機関へ向かう・・・その日の朝に・・・・問い合わせがありまして

・・・・・

・・・

帰還後の夕刻に

装着作業となりました

 

DSC_5227nbvkk (2).JPG

 

 この車に・・・・・バンパーマスクは・・・・始めて見ましたよ

DSC_5227nbvkk (3).JPG

 

 

 3月下旬にご来社され

ご予約いただいた

 20万キロオーバーのビートちゃんに装着させていただきました♪

 

 これまで排気系は外したことがないそうで

ちょい・・・不安・・・。

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2018/03/post-2123.html 

DSC_5227nbvkk (4).JPG

 

 予想していた通り

ネジの頭が瘠せていたり・・・・・・・錆付いていたり

・・・・

純正部品の取り外しに

大苦戦しましたが

・・・

・・

いつもは工具箱に仕舞ったままの・・・・・高剛性の高級工具を使ってみたら・・・・・・一気に解決!

 

こんなに違うもんだったんだ

 

それにしても25年オーバー車の整備には

グラインダーが必需品だわ。

DSC_5227nbvkk (5).JPG

 

 

 大変お待たせいたしました!

DSC_5227nbvkk (6).JPG

 

 

 

今後

壊しながら外す様な場合も有りそうですから

・・・・・ 

中古の純正触媒 や エキマニ もう少し落札しておこうかな

 

DSC_5227nbvkk (1).JPG

  

 

 

 

 

 

 

 4月末の工作室

 

VAB WRX と MAXIMエキマニ装着済ND の 加速騒音テスト準備に

工数を取られてしまい

・・・

4月下旬の生産が予定通り進みませんでした

 

MEGANE-RS

何とか予定数が出来上がりました♪

DSC_5387ff (4).JPG

 

2キット分が在庫用となります。

DSC_5387ff (1).JPG

 

 

986 BOXETER

 

組立て準備まで終えた段階で・・・作業を中断し・・・・5月下旬に再開いたします

 

DSC_5387ff (5).JPG

 

 

ELISE Mk.2 1ZZ / 2ZZ

ELISE Mk.3 1ZR / 2ZZ

 

月末完成の予定でしたが・・・少し遅れて・・・休み明けの完成となります

DSC_5387ff (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

ND

MAXIM + SACLAM

 

現行販売品のままではMAXIエキマニに対応できない事を確認し

・・・・・・・

その後2回ほどテストコースを借りて

リメイク&テスト

 

DSC_5227nbvc (14).JPG

 

レゾネーター付近に小型の高周波対応ユニットを追加し

騒音値を基準内に収めることに

決めました 

 。

( これなら販売済品への対応も・・・何とか・・・・出来ます・・・・・。)

 

詳細は後日お知らせいたします。

DSC_5227nbvc (17).JPG

 

 

 

 

 

VAB WRX STI

数年前に開発完了し・・・・・既に販売中にGVB用サイレンサーキットを・・・・・ベースにVAB向けに作り込みました

 

ホイルベースが伸びている分・・・・中間パイプ長さを伸ばし

テールピース位置もバンパーに合わせて再調整

 

 

GVBの音質を・・・・・・・・・・さらに改善しようと思い・・試作パーツを何種類か用意し

テストコースで走らせながらリメイク&テスト

 

新作のフロントパイプに装備した小型ユニットの位置を微調整と

左側ダンパーレゾの撤去が効きまして

・・・・

音質を

かなり改善することが出来ました

 

DSC_5227nbvc (12).JPG

 詳細は後日お知らせいたします。

 

 

社内テスト後

・・・

各部をしっかりと作り込み

 

DSC_5337rrr (6).JPG

 

 認定テストが行われるテストコース行きのローダーに乗せることが出来たのが

前日の夜8時でありました

 

DSC_5337rrr (1).JPG

 

 

第三者機関での審査結果はと言いますと

3台共に

無事・・・・合格で・・・・ありました

 

 

んっ? 1台足りないじゃないかって??

 

 

S660 SPEC.2

 

最後の一台はS660(6MT)であります。

昨年の秋より販売中の商品ですが・・・・その後も細かなテストを続行してきまして

・・・・・

限定台数の30キットに近づいてきましたので

・・・

ほんの少しだけ仕様変更を加え

(聴き比べても・・・・・その違いは・・・半別出来ないと思います)

今度は図面や仕様書も準備し

台数無制限となる方法で・・・・審査を・・・・・受けてきたのであります

 

DSC_5337rrr (4).JPG

 

 

 

 

 

ここ2週間ほど・・・普段に比べ・・・・・少しだけ頑張ってしまったので・・・・疲れが溜まってしまいました

 

昔だったら・・・なんでもない作業が・・・・年と共に・・・・しんどくなってきたのです

 

DSC_5337rrr (3).JPG

 

 

 

ARE・KORE

 

ペンシルケース

 

マシニング加工が終わり

 

DSC_5227nbvc (15).JPG

 

 

DSC_5227nbvc (21).JPG

 

ふたを溶接

 

DSC_5227nbvc (16).JPG

 

DSC_5227nbvc (20).JPG

 

後は・・・・・・・中身を入れてパッキングすれば・・・・・・出来上がり

 

もう少し待っててね

 

 

NSX NA1 EX-MANI

4月製作分の発送が完了しました♪

 

5月にも3キット製作いたします・・・・・・・ご予約お待ちしております!

 

DSC_5227nbvc (2).JPG

 

 

 

 

GRD

 

 

 BEATのエンジンを受け取りに行った際

 (( 今度のエンジンは・・・・カムテスト用に組んだ・・・・・フルスペック♪ ))

DSC_4915.JPG

 

 

 

その後の様子を覗いてきました

 

 

 

そろそろ走れそうな雰囲気です

DSC_4866.JPG

 

 GRD初始動時の動画はこちらです。

IMG_0225.mp4 

 

エンジン初始動・・・嬉しそうだね・・・♪ 

 

 

思う事

 

 

 

3年半と言う短い期間でしたが

北米にある現地法人の社員として南カリフォル二ア駐在していたことが有ります

 

人種のるつぼ と 表現されていた 国ですし

ひと昔前まで・・・・人種差別のもの凄い国・・・・・だったわけですから

( 今でも殺し合いになってしまう国ですから。)

・・・・・

1980年代とは言え

その雰囲気をヒシヒシと感じてきたわけです

 

私の勤務場所は

日系企業の現地法人でしたし比較的治安の良いところでしたから

・・・・・・

人種差別されるようなことは有りませんでしたが

・・・

 

戦前に移住された日系人の2世や3世がアメリカ人として現地採用されていて

・・・

なんとなく白人に対し・・・ひけを感じているように・・・・・・見える事も有りました

 

私の場合は・・・日本から来た完全なよそ者で・・・ありましたし

日系企業でしたのであまり感じなかった

(( 感じられるほど繊細な英語などできなかったし・・・・))

 

話は飛びますが

そんな経験が有りますため

 

慰安婦問題を海外に飛び火させる韓国 と 虚偽の付け火をしてしまった朝日新聞

非常に不快に思っているのです

 

数年前・・・・家の奥方様と

大げんかの末・・・・・・朝日新聞の購読を・・・・・打ち切りました

 

奥方の祖父が朝日新聞の記者をされていたことが有りますので

感情的になかなか聞き入れてはもらえず

それは・それは

・・・

大変でありました

 

戦前北米に移住し・・・大変な苦労を背負いながら移住先の社会に・・・・溶け込んでいった

日系人の1,2,3,4世の方々や

・・・・

あの国で日本製品の信用を勝ち取ってくれた先輩方の努力

・・・

朝日新聞

何故に嘘でぶち壊したいのでしょう

 

 

 

もう一つ・・・自身の国に・・・感して

「こりゃダメだよ!」

・・・

思うのが

・・・・・

"外国人技能実習生制度"

 

 

単に・・・法の抜け道を作って・・・・格安の労働力を確保・・・・したいだけの

恥ずかしい制度と思います

 

全面的に改善するか・・・・止めてくれませんかね!!

 

 

 

 

こう言うのこそ止めるんだよ!

朝日新聞さん!!

 

 

 

NSX SPEC.C Ti

 

ジムカーナー競技向けに音質よりも軽量化を優先して製作いたしました

 

SPEC.A14~15㎏ に対し SPEC.C 10kg   SPEC.C・Ti 8㎏

 です

 

触媒からサイレンサーユニット手前のフランジ部分までは・・・・・304ステンレスを使い

サイレンサーユニットとテールピースには・・・・・・・耐熱チタン及び純チタンを使用しています

P4141516mmm (1).JPG

 

 

P4141516mmm (2).JPG

 

左右触媒から集合部までの部分には・・・エンジン揺動時に・・・・大きなストレスが加わります

 

短距離勝負のジムカーナー向けとは言え・・・・・・・ナンバー付車両が対象ですため

リスキーな軽量化は避け

耐久性を考慮した肉厚と作り込みを施しました

 

 

P4141516mmm (3).JPG

 

 

 

P4141516mmm (4).JPG

 

 

P4141516mmm (5).JPG

 

 

エントリーパイプの肉厚と・・・・・フランジ部分の余肉を削り落とせば

6~7㎏も可能と思われますが

・・・

この辺りは徐々に詰めて行こうと考えています

 

P4141516mmm (6).JPG

 

ご希望の方には受注生産で対応させていただきます

 

 

関係ない事 その1

最近のTV報道・・・・見てられませんね・・・・・・バカになりそう・・・(既にバカだけれど・・・・・)。 

 

 

関係ない事 その2

シリアの毒ガス・・・・・どちらの勢力が・・・・使ったんでしょう?

こればかりはインターネット上の意見は

二手に分かれてますね

 

私が参考にしている幾人かの論客さん達は

右の人 も 左の人も・・・・・TV報道とは逆に

反シリア政府側が使用して・・・これをシリアに押し付けている

との事ですが

・・・・・・・

これを鵜呑みにして良いのか悪いのか

・・・・

 

ネット上を含め・・・・・報道&意見だけが・・・・・判断の手がかりで

自分で見てきたわけじゃありません

 

それでも

判断はそれぞれの個人に課せられてる訳でして

・・・・

難しい時代になりましたね

 

 

 

 

 

金曜日

 

3日前の雨で花粉が流され・・・・だいぶ楽になりました・・・・・喉の具合

 

もう一回降ってくれないかな・・・・・・・雨

 

 

 

加速騒音テスト

 

昨日・・・・八重桜の花弁が舞散るテストコースで・・サイレンサーを交換しながらの

騒音測定

 

DSC_5218EEE (5).JPG

 

ND

 MAXIM+SACLAM

 

標準品だと・・・不安定かつ・・・・ボーダーライン

・・・・

どの様に対応しようか

・・・

思案中です

DSC_5218EEE (6).JPG

 

 

 

 

 

VAB WRX STI

 

愛知県のオーナー様からご依頼いただきましたので

・・・

車両をお借りし・・・・・VAB向けに・・・・・サイレンサーの認定取得作業を・・・・・始めました

 

DSC_5218EEE (11).JPG

 

基本はGVBと一緒ですため・・・商品化済のGVB向けサイレンサーを・・・・ベースラインといたします

 

ホイールベースが25㎜ほど延長されているため・・・中間パイプ部分が少し長く作られていたり

・・・

フィッチングに関わる細かな改修を行いながらVAB用として作り込み

・・・・・・・

どうせなら

音質についても改善できたらと思い・・・・・何案か用意し確認テストしています

 

限られた時間内で完了させなければならないお仕事ですが

ベースライン(GVB用)が出来上がっていますので

・・・・

それほど手間はかからないと思います

 

DSC_5218EEE (8).JPG

 

 

ZC33S SWIFT SPORTS

 

思いのほか・・・なかなか期待した音が出せず・・・・苦戦気味の新型スイフト・・・だったのですが

・・・

ようやくストライクゾーンに投げ込めるようになりました

 

この車

排気温度が・・・他の車に対して・・・・・・・100℃以上低いのです

 

おまけに・・・5000rpm以上では徐々にアクセルを閉じる様セッティングされておりまして

・・・・・・

これが・・・・私の(足りない)頭と・・・良くない耳を・・・・混乱させていたようです。

 

(( 124 SPIDERの場合も・・・これかも知れませんね・・・。 ))

 

 

夏ぐらいには商品化したいと思います

 

DSC_5218EEE (7).JPG

 

 

工作室

 

BEAT

 

大変お待たせいたしました!

2nd ロットが完成いたしました!!

 

DSC_5218EEE (3).JPG

 

 

本日より梱包作業に入ります!!

 

Scottちゃんも・・・まっててね♪

 

DSC_5218EEE (1).JPG

 

 

 

ND / NDRF

 

組み立て作業開始いたしました!

 

DSC_5218EEE (2).JPG

 

 

 

 

完成した物より随時梱包出荷いたします!!

 

NDRF:1キット ND:2キット

このロットよりお引き当て可能です。

 

DSC_5218EEE (10).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

あれこれ

 

 

スナップオン・スタイルのツールワゴンを買いました

(( もちろんアストロの放出品ですよ。))

 

引出しに仕舞いこんでしまうと・・・・・その存在さえ忘れてしまう・・・・記憶力のよろしくない私の頭脳

ですため

・・・

このタイプのツールケース&ワゴン・・・・・あまり好きではありません

 

 

DSC_5115.JPG

 

そのため・・・・これまでは・・・・かご台車を改造し

・・・

全ての工具をここに並べ・・・・・・・処に有るのか一目で判るように・・・・・配置しておりました

 

一目で判れば・・・・工具を探し回る手間が省けますし・・・・・他の作業者にとっても

合理的なのです

 

ただし・・・それは・・・清掃と整理整頓が・・・行き届いていればの・・・話でありまして

(( 最近・・・・・自分・・・・・横着になってきたし・・・・。)) 

 ・・・・・

埃っぽい季節には・・・工具も埃だらけに・・・なりますし

工具を使いっぱなしですと・・・・・・・・何が何処に有るのやら・・・・・・探し出すのに時間がかかり

・・・・・

不合理で・・・何より汚らしいのです

 

そうなると・・・クラフトマン君達も・・・整備用工具を持ち出したまま・・・・・戻さなかったり

工具を追加しても・・・また行方不明の・・・悪循環

 

で・・・こりゃ・・・・・・駄目だな・・・・・・・・と・・・・・・・思ったのです

 

DSC_4967.JPG

 

 

 

私が使う工具の種類など・・・たかが知れていますので

・・・・・・・

使用頻度の高い工具のみを小型のワゴンに常備し

・・・

後はスナップオン・タイプのワゴンに・・・・・・・仕舞ってしまおうと決めたのです

(( これで・・・・使わない工具が埃を被る事も・・・・無くなります♪ ))

(( どこに仕舞ったのかを・・・忘れて・・・・・・・・・・行方不明になる様な事も・・・・・・発生するかもしれませんけどね。 )) 

 

これでもまだ不要な工具だらけですが・・・ぼちぼち改造しながら整理整頓してゆこうと

思います

DSC_4967uy (4).JPG

 

 

ELISE Mk.2

 

10年以上継続使用中のサイレンサーを修理させていただきました。

 

DSC_5110.JPG

 

次の1年10万キロ・・・・無事乗り切ってくださいね♪

 

 

DSC_5135.JPG

 

 

エアーフィルター交換・・・・・・ご希望日時をお知らせください♪

 

DSC_5109.JPG

 

MINIさん・・・・E-MAIL忘れないでね♪

 

DSC_5100.JPG

 

 

 

 

 

 

SPIDER

程よいくもり空の下・・・・・撮影台を引っ張り出して

商品撮影してみました

DSC_5118SSS.JPG 

先ずは

ルノー・スピダー向けフルセット

 

P4141516mmm (7).JPG

 

P4141516mmm (8).JPG

 

P4141516mmm (9).JPG

 

P4141516mmm (10).JPG

 

P4141516mmm (12).JPG

  

P4141516mmm (11).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火曜日の工作室

 

BEAT

組立て前の仕込み作業中です。

 

製作中の4月分5キットが・・・全数ご予約済ですため

5月にも5本製作いたします。

DSC_5144tre (3).JPG

 

DSC_5160ddd.JPG

 

ND/NDRF

こちらも仕込み作業中。

以下数量・・・4月出来上がり分より・・・・・お引き当て可能です。

ND:2キット  NDRF:1キット

 

DSC_5144tre (2).JPG

 

 

 

NSX NA1 EX-MANI

 

そろそろ完成いたします。

 

DSC_5144tre (6).JPG

 

 

 

PENCIL CASE

 

一年以上前に・・・・・・・この商品をご予約いただきました・・・・お二人様!

大変長らくお待たせいたしました!!

 

製作開始しました!!!

 

DSC_5144tre (4).JPG

 

 

 

 

ND純正サイレンサー

 

マツダ純正サイレンサーの・・・・内部を・・・・のぞき見してみました。

 

DSC_5007DDD (1).JPG

 

 

大雑把な構造は・・・以下ポンチ絵の・・・通りです。

 

この音響構造・・・・・・おおよ半分くらいは・・・・・・理解できるのですが

・・・・・

弊社サイレンサーの基本構造とは大きく異なっておりまして

良く解らない部分もございます

 

 

何処かと・・・・・・・・申しますと・・・赤丸の部分・・・・。

 

全ての排気ガスが・・・パンチングパイプの穴通過して・・・・・サイレンサー内部に入ってゆくのです

 

20年ぐらい前は良く見られた構造でもありますが

使ったことが有りませんため

未知

 

 何で・・こんなに・・・・排気抵抗の大きくなる方法を・・・未だに採用しているんでしょうか? 

 

DSC_5146.JPG

 

 

ここね!

 

DSC_5007DDD (2).JPG

 

反対側から見たところです。

 

これじゃあ・・・排気抵抗・・・・大きいですよね・・・・。

(( RX8の純正サイレンサーも・・・この様な仕掛けが・・・・内蔵されておりました。 ))

DSC_5007DDD (3).JPG

 

時々純正排気管を切開して・・・・・覗いてみるのですが

・・・・・・

10年くらい前辺りから・・・BMWの排気管はほとんど抵抗物が無いストレート構造・・・・凄く良く出来ています。

・・・・・

一年前に切開した2009年式987用サイレンサーも・・・・パンチングの穴目に排気ガスを通過させるような構造ではありません。

・・・・・

LOTUSは・・・・・パンチングの穴目に排気ガスを通過させていますが・・・膨張室内の広い空間に

充分な通貨面積のパンチプレートを用いていますので

大きな排気抵抗では有りませんでした

 

何故MAZDAさんは・・・この様にして・・・排気ガスの排出に・・・・抵抗をかけるのでしょう?

単にデーター豊富な昔の技術で作っていらっしゃるのか?

・・・

それともエンジンに対して背圧をかけておきたいのか??

・・・

私には不明です

。。

DSC_5146.JPG

 

 

ちなみに・・・弊社のND用サイレンサー・・・ですが

・・・・

大雑把に描くと下図の様な構造になっておりまして

エキゾーストパイプの周辺に何種類かの音響調整構造を装着し

・・・・

流れに抵抗をかけず音波を調整するように作り込んであります。

(( V8のBMW M3 や V10のM5等も同様の構造です。 ))

 

排気流は・・・・・気体の流れ   排気音は・・・・音の伝播

 

2つの異なる物理量を・・・・・・それぞれ別々に対処しています。

 

DSC_5146rr (2).JPG

 

「パワーを出すためには・・・絶対に・・・ストレート構造が良い!」

とは言えませんが

(( 2サイクルのチャンバーなどが有りますよね。))

・・・

レース用排気管がそうであるように

性能追求型排気管の基本はストレートに始まる

と思います

 

 

 

 

 

MAXIM EX-MANI

 

 

MAXIMさんから

「 お待たせしました!・・・・・ND 用エキマニ・・・発売開始します♪ 」

と言う連絡が有りました

http://maxim-works.com/blog/

http://maxim-works.com/2018/04/04/nd%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%88nd5rc%ef%bc%89%e3%82%a8%e3%82%ad%e3%83%9e%e3%83%8b/

 

数か月前に・・・・先行して2キット・・・・・発注しておいたのです。

DSC_4898.JPG

 

 

そこで・・・・早速・・・・テスト車両ごと・・・拝借し

・・・・・

テストコースに持ち込んで

・・・・

SACLAMサイレンサー装着時の騒音値などを計測してきました

 

DSC_4910.JPG

 

加速騒音値の計測結果ですが

 

騒音値・・・大分上昇したけれど・・・・・・・・何とか上限値に収まっているようです。

(( コンディションの違う日に・・・・・何回か再計測の要有。))

 

 

音圧が上がった分鳴きも強くなりました。

 

 

DSC_4907.JPG

 

 

近接排気騒音値も・・・ボーダーラインを・・・下回っています。

(( こちらもコンデションを変えて何回かのテストが必要 ))

 

DSC_4926.JPG

 

 

 

もう一点

冷間始動時の・・・・・・・爆音も・・・・・大きくなりました

 

始動から25秒で鎮静化しますが・・・・如何なもんでしょう

・・・・

などなど思案していましたが

・・・・

ほんの少しアクセルを開くと・・・爆音が収まる事を発見

・・・・

これで冷間始動時の爆音は

一件落着かな

??

 

 

 

 nhyuitr (1).png

nhyuitr (2).png 

 

 

騒音値は測定時のコンデションにも左右されますので

今しばらくテストを続けます

 

 

 

 

 

工作室

 

在庫情報を更新しました。

https://www.saclam.com/todays/zaiko/ 

*****************

 

 

 

FD2

 

ご予約いただきました皆様・・・大変お待たせいたしました!

FD2向けサイレンサーキットが出来上がりました。

 DSC_4947sssttt (3).JPG

 

ご予約いただいております2キットを先行製作

その後在庫分の3キットを

製作しています。

DSC_4947sssttt (6).JPG

 

 

 

 

 NSX NA1 EX-MANI

フロントバンク側3本が出来上がりました。

 

DSC_4947sssttt (4).JPG

 

 

 SPEC.C Titan

 ジムカーナードライバーさん向けの

SPEC.C Ti 試作品 2018年版も完成間近です。

DSC_4947sssttt (2).JPG

 

 

 

 

 

 ND / NDRF

 

ND:5キット NDRF:3キット を 製作開始しました。

 

本日現在のご予約枠は以下の通りです。

ND:2キット NDRF:1キット

 

DSC_4947sssttt (5).JPG

 

 

 お客様

 

下仁田の師匠

 

師匠からの:「近くに居るんだけど・・・寄っても・・良いですか~?」

U~:「もちろんでんがな・・・・お茶ぐらい出しまっせ~~♪」

と言うやり取りが有りまして

 ・・・

30分後・・石井師匠・・・到着

 

師匠:「も~~~~~大変だったんだから~~~~~~♪」

「も~からないし~~~~~~もう2度と~~~~~~やりたくないぞ~~~~~~~♪」

DSC_4839gtre (2).JPG

 

何がそんなに大変だったのか?  と  覗いてみたら

 ・・・・

あ~~~~・・・・RFのエンジンに・・・載せ替えちゃったんだ~~~~~。

・・・・・

・・・・・

神奈川の陸事まで改造申請に行ってきた帰り道なのだそうです

 

そりゃ~~~大変だったでしょ~~~~♪

興味有のお方は下仁田技研までご連絡ください。

http://arrive.sblo.jp/article/182872632.html

http://arrive.sblo.jp/

http://www.do-da.co.jp/

担当メカさんは・・・大変なので二度とやりたくないと・・・・・言っているそうですが・・・・。

 

DSC_4839gtre (1).JPG

不動らんちゃ~のえんじん・・・・・引き取りますよ~~~~~♪

 

 

 

ND

土曜日の夕刻来社されたオーナーさんのNDに

一本装着させていただきました。

 

DSC_4892ytre (4).JPG

 

あの部品・・・交換してくださいね~♪

 

DSC_4892ytre (5).JPG

 

 

 

NDRF

 

取引先関連会社の店長さんが助手席試聴にご来社されました。

ハヤブサからの乗り換えなのだそうです♪

 

DSC_4892ytre (2).JPG

 

 NDは所有していないので

AP2 S2Kの助手席に乗っていただき

いつもの山間路

 

ご予約いただきましてありがとうござます♪

 

 

DSC_4892ytre (1).JPG

 

 

 

ご一緒されていた・・・・自動車大好きな・・・・・高校生君!

航空整備士と言う道も・・・・ありますよ!!

 

千葉職業能力開発短期大学校:航空整備課

http://www3.jeed.or.jp/chiba/college/school/subject/kokuki.html

  http://www3.jeed.or.jp/chiba/college/

オープンキャンバス 

 http://www3.jeed.or.jp/chiba/college/entrance/visit/index.html

 国が運営する学校ですから費用も格安。

選択肢の一つとして考えてみたら面白いかも

 

 

 

 

 

NSX NA1 EX-MANI

 

NSX NA1 用のEX-MANIを製作中です。

 

 

DSC_4849iii (4).JPG

 

3キット分の素材を用意し・・・・加工・・・組立ていたします。

DSC_4841kjhg (1).JPG

 

 

 

 

 

 6気筒向けのエキマニですため

・・・・

6種類のプライマリーパイプを・・・・摺合せしながらパイプ形状治具に当て作り込んでゆきます。

 

DSC_4841kjhg (5).JPG

 

 

精度良く作らないとなりませんし

・・・

見栄はもちろん・・・裏側までしっかり溶かし込むことが・・・必須

・・・

熟練を要します

 

DSC_4849iii (1).JPG

 

 

どの部分を切断しても

キッチリと滑らかな裏ビートが出ている筈です。

 

DSC_4849iii (3).JPG

 

 

それぞれ3本ずつ6種類・・・・18本を用意いたします。

 

DSC_4849iii (2).JPG

 

 

これを組立て治具上で慎重に結合して行くわけで・・・・ここまで来るとエキマニらしさが出てきますね。

 

DSC_4849iii (6).JPG

 

 

 

 NA1の場合

 本体以外に用意すべき部品も少なくありません。

 

 

球面ジョイント部分が込入っているため

組立てに気を使う部分です。

 

DSC_4954rrr.JPG

 

 

 

 

懸案でありました遮熱板用のエンボスシートですが

 

マシニングセンターで・・・おろし金の様な・・・・・・専用プレス型を作り

・・・

プレスしてみたところ

・・・・

大成功

DSC_4841kjhg (6).JPG

 

これで素材補給の心配がなくなりました♪

 

 

DSC_4841kjhg (7).JPG

 

3セット中の2セットはすでに売約済ですが

1セットは在庫となります

ので

ご希望の向きはSACLAMまでお問い合わせください!

 https://www.saclam.com/todays/stock_part/2015/01/-nsx-nsxna1.html

 IMG_6811ccc (9).JPG

 

 

 

 

 

 

 

1.4L 4気筒 TURBO

 

ZC33S SWIFT SPORTS

 

加速騒音テストでテストコースを使用するときには

ZC33Sも持ち込み

騒音値と音質確認を行っております。

 

既に何組かの試作品をテスト済でして・・・・・・あれこれと疑問も増えはしましたが・・・・・答えも一つ二つ見つかり始めています。

 

 

DSC_4912.JPG

 

昨年暮れより2か月間ほど

NOPRO号を拝借し

ZC33Sと比較的エンジンスペックの近い124SPIDERを

テストしてきたわけですが

・・・・

目論みは外れ

この期間では・・・・商品化の目標レベルには・・・・達しませんでした

 

そのままテストを続行しても・・・1~2回では完結する訳がなく

・・・・・・・・・

・・・・

自社所有のZC33Sで・・・・・開発テストをやり切り・・・・そのノウハウを生かして再トライ・・・・と考え

・・・

124は一旦中断

(( まだまだベーシックな部分を追い切れていなかった! ))

 

 

124SPIDER開発時に悩まされたベレベレ・・レロレロ音

 

500ABARTHでも出てますね。

500用を作ったときには・・・・気にしなかった音なのに・・・。

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2018/01/124-spider.html 

 

 

これをZC33Sで再現できるかどうか

物は試しと思い

・・

ZC33Sの中間サイレンサーを取り外し・・・・・124と同様長いストレート中間パイプにしてみましたが

・・・・・

ベレベレ・・・レロレロ音・・出ないのです。

 

どうやら・・・やっぱり・・・・エキマニ内部でこの嫌らしい音はが・・・生成されている・・・・ようです。

(( で・・あれば・・・このレロレロ音については・・・・・・・あるレベルでの妥協が・・妥当・・。 ))

 

 

NDの様な鳴き音

124の時に上手く出せなかった・・・・NDの鳴き音(5000rpm以上での鳴き)ですが

( F59やGVBではキッチリ出せたのに・・・うまく行かないのです。 )

 

本日現在

ZC33Sにおいても・・・・その鳴きが・・・・再現できておりません

 

まだ・まだ・・・修行不足

DSC_4885tyu (2).JPG

 

 

そんな状況下ですため

・・・

日曜日も出社して

 BLOGの書き溜め作業の合間に・・・・改善案を準備しています。

 

DSC_4885tyu (3).JPG

 

 

 

 

 

 

 

987

 

 

 

「時々・・・・・987に進行状況を・・・・報告してね~♪」

との・・リクエストが・・・・・有りまして

・・・・・

 

進行状況を・・・ご報告

 

音量について・・・2010年4月以降の自動変速車は適合外と・・・・割り切り

・・・・

商品化に向けた試作品の準備を始めています

 

 

ワカゾウ君

・・・

エントリー側パイプのマスターパイプと治具を製作中。

 

DSC_9229trew (2).JPG

 

この部分です。

DSC_9229trew (1).jpg

 

 

ただ単にマスターパイプをパイプ治具を作れば良いのであれば

それほど大変な作業ではないのですが

・・・

DSC_9229trew (5).JPG

 

 

 

 

この部分には断熱材と金属製のカバーが装備されておりまして

 

DSC_9229trew (3).JPG

 

 

 

これを如何するか?・・・と言うところで・・・・・試行錯誤中なのであります。

DSC_9229trew (4).JPG

 

 

ダンパーケース等足回り部品のすぐ脇に位置する

このパイプが発する熱から・・・・・・周りの重要保安部品類を保護するために・・・・・・・装備されておりまして

・・・・

過剰な装備であれば・・・・無くてもよろしいのですが

・・・・・・・・

この車の場合

・・・

純正排気管と同じくキッチリ断熱処理する必要が

有るのか・・・・無いのか

・・・

そして・・・断熱する場合には・・・・どの様な手法が・・・合理的なのか

(タイヤハウス内です為・・・タイヤの跳ね上げた雨水が・・直射しますので・・・・断熱バンテージのみでの対処は)

( 考え物。 )

・・・

思案中なのです

 

DSC_9229trew (6).jpg

 

 

 

 

 

 

 

Z3M

 

2週間ほど前の事ですが

 ・・・

黒いZ3Mに

排気管フルセット(ファイナルロット)を装着させていただきました

 

実はこの方

なんと12年前に・・・・986BOXSTER用排気管・・・ファーストロットを

弊社にて装着されたお方でもあります

 

(( お久しぶりです♪ ))

DSC_4445vfrty (6).JPG

 

触媒パイプは・・・M3C用に似てはいますが ・・・Z3M専用品

 

 

 

DSC_4445vfrty (11).JPG

 

入り口側のパイプを切り取って

・・・・

DSC_4445vfrty (1).JPG

 

 M3C用の簡易治具に乗せ

クロスパイプ加工が始まります。

DSC_4445vfrty (3).JPG

 

 

工場長が

触媒パイプを加工している間に

・・・

整備担当のF君が

エキマニの脱着作業を行います。

 

DSC_4445vfrty (2).JPG

 

 

遮熱板を付けると・・見えなくなってしまいます。

 

DSC_4445vfrty (4).JPG

 

床下周りです。

 

DSC_4445vfrty (9).JPG

 

 

限られた空間に理想長さのエキマニをレイアウトしてあります

(( 大変だったのよ・・・この部品のレイアウト。))

DSC_4445vfrty (8).JPG

 

フロント周りの補強バーもエキマニと干渉するので

一部作り直します。

DSC_4528kjhg (2).JPG

 

オーナーさん

その後ちょうしは如何ですか

??

DSC_4445vfrty (7).JPG

 

 

 

 

 

 

あれこれ

 

在庫情報を更新しました。

https://www.saclam.com/todays/zaiko/

*********************

 

 

 

RENAULT SPIDER

 

保管用の1キットが完成しましたので

表に出して

カメラチェックしてみました

 

DSC_4720ggg (3).JPG

 

マジマジ見つめてみると

・・・

 チタンテールの素材感に

・・・

違和感あり

 

 

ヘアーライン仕上げして・・・・からTig溶接した方が

ステンレスバフ仕上げ部分とのバランスが

良さそうです

 

DSC_4720ggg (4).JPG

 

 テールピース部分のみ

修正かな

DSC_4720ggg (5).JPG

 

 

 

 

BOXSTER / CAYMAN

 

皆様から

 

「早く作れよ~~~~!」

 

プレッシャーをいただいております

987/981

 向けのサイレンサーですが

 

 

 2年半前に購入した981の慣らしが・・・ようやく終わったとの事で

・・・・

DSC_4720ggg (7).JPG

 

 助手席試聴させていただきました

(スポーツエキゾーストではなくって・・・標準エキゾーストの方です。)

DSC_4720ggg (6).JPG

 

 

頑張ってますから・・・待っててくださいね~♪

 DSC_4720ggg (13).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様

 

イタリアンレストラン近くの桜が満開となりました。

3分ほど車を止めて・・・・一瞬のお花見♪

 

( セッカチですため・・これで満喫出来てしまう・・・便利な私 ♪ )

DSC_4720ggg (1).JPG

 

 水路に浮かぶ桜の花弁。

(( たんぽぽなのか・・・大根の仲間なのか・・・不思議な植物が自生している水路です。 ))

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2008/12/post-754.html

DSC_4720ggg (2).JPG

 

 

BEAT

 FRPバンパー装備のBEATちゃんが来社されました。

・・・・・ 

4本テールです!

 

このバンパーに・・・標準型のセンターツインテールでは・・・バランスが取れないのでは?

思いまして

・・・

あえて遠方より

・・・・・

ご来社いただきました。

 DSC_4660zzz (1).JPG

 

 

 

標準仕様を仮装着

・・・

やはり・・・小さすぎる・・・・様です

 

DSC_4660zzz (2).JPG

 

 

 

という事で・・5時間ほどかけ・・・・・ワンサイズ大きいテールリングで・・・作り直し!

 

DSC_4660zzz (3).JPG

 

お待ちどうさまです♪

 

DSC_4660zzz (4).JPG

 

 

 ABARTH

 

白いABARTHさんがご友人を伴い・・・・MT/DRACOサイレンサーを装着に・・・・ご来社されました

 

DSC_4720ggg (8).JPG

 

ご友人のSWIFTにはSACLAM管装着済との事

2台で快音をお楽しみください

DSC_4720ggg (10).JPG

 

 

 

 

AP2 助手席試聴

 

最近・・・この車での・・・・助手席試聴ドライブの機会が・・・増えています。

 DSC_4550hgyt (7).JPG

 

 

 

 

E46M3

 

先日S2Kで・・・試聴していただいた・・・オーナーさんの

M3に

在庫中の一本を装着させていただきました

(水平対向2気筒から・・・・水平対向12気筒まで・・・・乗り継がれた・・・・◎▽◆なお方です♪)

 

S2Kとは全く違う音ですから・・・参考にはならなかったかも

 ??

 

2CV・・・機会が有ったら...・試乗させてくださいませ♪

 

DSC_4550hgyt (3).JPG

 

 

COPEN

こちらのオーナーさんも

・・・

 メンテナンスに気が抜けないスーパーカーからの

お乗換えです

 

S2Kの音・・・コペタンとは異なりますが・・・・・・・・如何だったでしょう?

 DSC_4550hgyt (8).JPG

 

 

ND ROADSTER

 

ご視聴希望のNDオーナーさんでしたが

弊社にはNDが無いため

S2Kでのご案内となりました。

 

ご予約一本ありがとうございます♪

DSC_4550hgyt (6).JPG

 

 

RX8

 

昨年度

RX8向けSACLAMサイレンサー販売終了のアナウスを聞き

・・・・

ご予約いただいたオーナーさんのRX8に・・・・・SACLAMサイレンサーを装着させていただきました

直前にRX8を他車にヒットされてしまい・・・・・新たに探してきたRX8への装着でありました

すきなのね~・・・RX8・・・が。

DSC_4550hgyt (5).JPG 

 

Z33 Ver.NISMO

 

排気管を変えれば

Z33は

ラテン系スポーツカーに変身いたします

 

 

詳細は(Z海苔さん必見)下記ページをご参照ください

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/12/z33-10.html

 (( このBLOG初心者の方も・・・クリックしてみてくださいませ♪ ))

DSC_4720ggg (12).JPG

 

 

 

 

 

NA2 ENGINE

 

エンジン慣し運転中の02Rさんに・・・・・・初期チェックのためご来社いただきました

 

 

DSC_4261NA2GOLD (2).JPG

 

 

未だ回転数縛りの状態ですが

「 エンジンノイズも極小で・・・・・ちょっぴりトルクフル♪ 」

との事

 

リフトアップして

各部目視点検の結果も

異状なし

 

このまま慣し運転を続行してください

 

DSC_4261NA2GOLD (1).JPG 

以下

 

このエンジンをリビルトした際に撮影した写真とその内容を紹介させて頂きます。

 

続きはこちらから

 

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ