2017年8月アーカイブ

あれこれ

 

 

地産地消

 

7月の中旬・・・ご友人と二人で来社され・・・ 1本ご予約されていった

ご近所さんのロードスターに

・・・・

8月生産分のサイレンサーを装着させていただきました

 

DSC_0202yyy  (4).JPG

 

NDの場合

リフトアップせずとも・・・サイレンサーの交換が・・・・可能ですから

・・・・

リフトが空いて居なくとも

30分ほどで作業を完結することが可能です。

 

DSC_0202yyy  (5).JPG

 

サイレンサーを外す際

スプリングスタッドがサイレンサー側に残ってしまう事が有りまして

・・・・

このスタッドを外す時に

必ず13㎜の六角ディープソケットを使うのが

DIYフリークさんへの唯一のアドバイスでございます。

 

DSC_0202yyy  (6).JPG

 

昨日ND1.5L用サイレンサー8月生産分が全数売約済となりましたので

新期にご予約いただきます場合は・・・10月下旬生産予定分からのお引き当てとなります。

 

ND-RF用は3キット在庫中です。

この3キットが売り切れますと

以降は10月の下旬生産予定分からのお引き当てとなります。

 

 

 

 

R31

 

2年前に製作したこの車向けの排気管につきまして

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/08/golf-7-tsi-highline-4.html 

 

「同じ物が欲しいのだけれど・・・作ってもらえるのかしら?」

と言う声が上がっているそうで

 

R31フリークのお二人が・・・・SACLAM駐車場に・・・・・集合されました

 

現状手一杯でありますが

・・・

3台から5台分の 「2年先でも良いですよ♪」 と言う・・・おおらかな希望者さん達が集まれば

 

簡易治具を起こして・・・同じサイレンサーを・・・・複製可能です

 

ご検討ください!

 

DSC_0202yyy  (9).JPG

 

なんだか・・・珍しげな・・・・エキマニですが

Gr.Aレースが盛んだったころの市販車に

標準装着されていた

ホモロゲーション対策用の部品と思われます。

 

純正部品なのにTig溶接してあるし・・・・・ヘッドフランジには凝った肉抜き加工

・・・

こんなのが付いてたんですね

DSC_0202yyy  (10).JPG

 

 

S660助手席試聴

 

テストコースに空きが有る日には

あれこれと試作品を使って・・・・追加テストしておりますため

試聴のご要望に対応できない場合がございます

 

そのような訳で

試聴ドライブは9月10日以降でお願い出来れば幸いです

 

とは言っても

滅多にない関東出張帰りのお立ち寄りとか

 

「この機会を逃すと・・・・後がないのですよ!」

と言うような場合は

なるべくご意向に沿うように対応しますので

ご相談くださいませ。

 

ご予約一本ありがとうございます♪

DSC_0202yyy  (11).JPG

 

 

HONDAフリーク

 

NSX

S2000

BEAT

その他CIIVIC等2台

ホンダ車

所有する

若きオーナーさんがご来社されました

 

NSX用の排気管をご要望でしたが

・・・・・

AP2の助手席でいつもの山間路にご案内してみたら

・・・・・

心に迷いを生じてしまったみたいです

 

まあ・・・全部揃えれば・・・・解決すると思いますよ・・・あなたの悩み!

 

 

NSXフルセットご予約ありがとうございます。

 

11月に全品揃えてから納品させていただきます

 

DSC_0202yyy  (3).JPG

 

 

 

 

 

 

お願いです。

 

氏名を名乗らずに要件のみ書かれたE-MAIlを受信することが有ります。

 

SACLAM事業を始めたころは・・・そんなE-MAILは・・・・滅多に着信しませんでしたが

ここ数年

増えて来たように感じます

 

E-MAILでお問い合わせいただく皆様へのお願いです!

ご質問等の際は

最低限お名前をご明記ください。

 (( 常連さんても・・・アドレスだけでは誰であるのか判別できない事が有りますので・・・・同様にお願いいたします。))

さらに

ご住所とお電話番号も・・・・・明記頂ければ・・・・私も安心してE-MAILを開けます。

 

日本語表記のSPAMメールも着信する時代です

・・・・ 

ご協力お願い致します♪

10605134.jpg

 

**************************

 

 

在庫情報を更新しました。

https://www.saclam.com/todays/zaiko/

************************

 

 

工作室

 

NSX SPEC.A SILENCER

 

8月分4台を組立て中です

DSC_0285.JPG

 

全数売約済ですため、10月~11月に追加ロットを生産します。

10~11月分ご予約募集中です。

DSC_0300.JPG

 

 

 

NC1/2

 

8月分の5台が完成しまして・・・・昨日より出荷開始しています。

 

DSC_0297.JPG

 

 

加速走行騒音対応品1キット在庫できました!

 

DSC_0299.JPG

 

ELISE Mk.2 1ZZ / 2ZZ

 

サイレンサー4キット製作中です。

この商品は9月1日受注分より新価格になります。

https://www.saclam.com/products/products.html

DSC_0305.JPG

 

 

 

 

 

 

 

NSX 02R

 

 

お預かり中のNSX-02R向けエンジンに使われていたインジェクターを
下記に送り
洗浄&テストしてもらいました
 
 

これまでもNSXのエンジンをリビルトした時には 

こちらでインジェクター洗浄及び噴射量計測をお願いしていたのですが

・・・・・・

NSX  及び NSX-R の場合は1台分6本のインジェクター噴射量が

どの車も平均値に対して

±1.0%以内

でありました。 

 

S2KやBEAT用インジェクターでの・・・・1台毎の噴射量ばらつきが

3~4% でしたから

NSXの場合、同じエンジンに組むインジェクター流量にばらつきが出ないよう

選別しているのではないかと思われます。

 

DSC_0005mm (4).JPG

 

 

DSC_0005mm (3).JPG

 

 

NA2ピストン(左)  vs  NA1ピストン(右)

  

DSC_0005.JPG

 

 

左側NA2用の白いピストンは・・・・FRMシリンダー(アルミむき出しのシリンダー壁です)に対する

カジリツキ防止策として

アルミ鋳造性ピストンの胴回りに鉄系のメッキ処理が施されています。

 

同種の金属同士をこすりあわせると・・・摩擦が大きく・・・カジリ付き易いので

あえてアルミピストン表面に鉄メッキして異種金属同士の摩擦メントしています。

 

右側NA1用の黒いピストンは

アルミブロックに鋳鉄ライナーが鋳込んでありますから

アルミピストンをそのまま使っても大丈夫

 

黒いモリブテン系のコーティングは

摩擦低減と・・・・カジリツキ防止・・・・の為の

プラスアルファ-

思われます。

((1980年代のピストンには・・・・使われていなかった。))

DSC_0005mm (2).JPG

 

下の写真はAP1 S2000用の鍛造ピストンです。

NA2と同じくFRMシリンダーですため・・・・・・ピストン側面には・・・・・・鉄系のメッキ処理を施されています。 

 

100初期型のピストンはメッキ処理のまま使われていましたが

・・・・・・・

何回かの改善改良処置が施された130型では・・・・・鉄メッキの上にモリブテン系のコーティングが

施されています。

 

オイル消費量削減のため

オイルリング溝周りのオイル戻し穴や・・・・ピストン胴回りの楕円形上等にも・・・改良が加えられておりまして

・・・

随分と苦労されたのでしょうね

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/07/post-1089.html

左100型(初期型)           右130型(最終仕様)        

画像 086nnn.jpg 

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/10/h20.html

 

 

 

 
下記は・・・・BENZ 500E用のピストンです。
こちらのシリンダーもアルミ系ですため・・・・・ピストンには鉄系のメッキが施されていました。
(磁石が吸い付きます。)

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2006/05/v8.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2006/05/e500.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2006/05/e500-1.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2006/05/e500-2.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2006/07/e500-1.html

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2006/03/post-34.html

 

 

 TOYOTA 2ZZの場合もアルミ製のシリンダー壁ですため

ピストンに

鉄メッキが施されています。

 

https://www.saclam.com/short_topics/111r_eng/111r_eng.html

111r_eng_l11.jpg

 

 

ちなみに

964空冷ポルシェの場合もアルミシリンダーとアルミピストンの組合せですが

・・・・

このエンジンの場合は

・・・・

シリンダー壁に・・・・高価なニカジルメッキが・・・施されておりまして

アルミ材同士のこすれ合いを防いでいる訳です。

((純レース用エンジンでは・・・ニカジルメッキシリンダーが使われるケースが・・・多いですね。))

P1070074.JPG

 

P1120779.JPG 

 

 

月末の工作室

 

ND / NDRF

 

当初予定していた生産数が製作前に売り切れてしまいましたため

・・・・

在庫用として

追加で6キット製作いたしました

 

DSC_0212gg  (1).JPG

 

他商品の生産との兼ね合いから・・・・次の生産は10月となります

 

購入後希望の方はお早めにご連絡ください

 

DSC_0212gg  (2).JPG

 

 

 

NC1/2

 

大変お待たせいたしました!

NC1/2用サイレンサーを製作中です。

 

5キット分を製作中ですが、ここ数日でバタバタと行き先が決まり

残り(NC2加速騒音対応品)一本となりました。

 

在庫の無い時は問合せさえ稀な商品ですが

・・・

製作が開始されると・・・・直ぐに売切れてしまう・・・・商品でもあります

 

 

DSC_0212gg  (4).JPG

 

 

 

 

NSX EX-MANI

 

工場長が腰の具合と相談しながら進めていた

NA1用のエキマニ

3キット

 

DSC_0120bb (6).JPG

 

 

擦りあわせ後・・・・バフがけし・・・・・・バックシールドガスを流しながら・・・・Tig溶接

(( エキマニパイプ溶接時にはバックシールドガスを流すことが不可欠です。)

 

これを3本ずつ6組用意して

・・・

DSC_0175bb.JPG

 

組立てを開始します

DSC_0212gg  (5).JPG

 

だいぶエキマニらしくなってきましたね♪

 

3キットの内2キットは引当済で

新規受注可能なものは残り1キット

 

 

 

年内に・・・あと1ロット用意したいのですが・・・・・工場長の体調次第

・・・・・

納期未定の受注生産品とさせてください

 

DSC_0212gg  (6).JPG

 

 

 

 

 

3気筒ミッドシップ

 

3台の3気筒ミッドシップに

集中しています。

 

(( 987は・・・・上記がかたずいてから・・・本格始動させます。 ))

DSC_0139asd (4).JPG

 

借用中のS660AT車のリヤバンパーを

・・・・

テストコース上での排気管の仕様変更が

ワンタッチで脱着出来る様

改造し

DSC_0189hh (3).JPG

 

 

昨日テストコースで丸一日かけ

テスト・仕様変更・テスト・仕様変更

を繰り返し

・・・

騒音計測と音質確認を行ってきました

DSC_0189hh g (7).JPG

 

MT車両向けに第三者機関での性能確認済品を装備したところ

・・・・・

CVTですため・・・・助走の仕方により・・・コンデションが

変わってしまうのでしょうか

・・・

騒音値が安定致しませんで・・・・時々基準値を・・・・はみ出てしまいます

 

おまけに

排気音の存在感が大きすぎるのです

(( 6MTとは・・・全く違った・・・聞こえ方です。 ))

 

エンジンの常用域が6MT仕様とは全く異なりまして

2000~3000rpmでの

こもり音まではゆかなくても・・・元気すぎる排気音が・・・・・要改良レベルでありました。

 

DSC_0189hh g (8).JPG

目論見では

MT向けとAT向けを同じサイレンサーで兼用するつもりで

おりましたが

・・・

完全に当てが外れてしまいました

  

6MT車の方は

段取り確認品を装着して・・・・騒音値の安定度確認

DSC_0189hh g (5).JPG

 

 

S660用サイレンサーにつきまして

先ずは6MT専用品SPEC.1としてを先行発売いたします。

 

7月末に第三者機関での性能確認を終え30台限定の方法で成績証明書発行権いただきましたので

一台毎に下記証明書の申請し・・・・常に車検証と一緒に保管し

提示できるようにしなければなりません。

 

((しばらくの間はこの方法で販売させていただきます。))

 

IMG_2271.JPG

 

AT向けは

サウンドチューニングの方向を変え・・専用用品として開発いたします。

 

将来・・・両者に兼用できる仕様が見つかれば

スペックアップし共用化するかも

知れません

DSC_0189hh g (6).JPG

 

 

もう一台の3気筒ミッドシップ

につきまして

 

その開発作業が順調に推移していますので

・・・

 

 

DSC_0189hh (4).JPG

 

 

この秋~冬にかけ

商品立上げしたいと思います

 

DSC_0189hh (1).JPG

 

とびっきりディープなオーナー様より 

ちらほらと・・・・お問い合わせを・・・頂いておりますが

 

このサイレンサーを商品として完成させるうえで

一番の難点が

・・・

その価格設定なのであります。

 

25年前に立ち上げた商品を当時の価格で売り続けている大手メーカーさんなども存在しますが

((3~4万円ほど手の込んだ作りの品が売られております。))

我々にとって・・・・そのゾーンは・・・不可能な領域

 

現時点ではすべてが未定でありますが

他の弊社製品を見ていただければ・・・・商品代がどの辺に落ち着くのか

各自ご想定ください

 

上記のような状況下ではありますが・・・・・それでもよろしければ・・・・仮予約お受けいたします。

(( キャンセル可能です。))

ご希望の方は

フルネーム、ご住所、お電話番号

をE-MAILにてお知らせください

 

 

 

 

DSC_0189hh g (2).JPG

 

9月初め位から

試聴対応を始められるかもしれません。

(( 要予約です。))

 

 

 

別タン式

 

 

 

36M3からLOTUSに乗り換えられたオーナーさんのEXCIGE-2 カップカーに

・・・・・・・

エキマニを装着させていただきました

DSC_0152asd  (2).JPG

 

 

 2ZZ・NAエンジン装備のオーナーさんにはお勧めの商品です。 

ご興味有の方は下記のページをご参照ください。

https://www.saclam.com/todays/stock_part/2014/12/eliseexige2zzna-fr-2zzna.html 

 https://www.saclam.com/short_topics/el3_exmani/el3_exmani.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/post-971.html 

 

 

DSC_0152asd  (4).JPG

 

DSC_0152asd  (5).JPG

 

この車のエンジンフードを開けてみたら・・・・オーリンズ製ダンパーの

別体タンクが・・・目に入りました

 。

DSC_0152asd  (3).JPG

 

DSC_0152asd  (1).JPG

 

 

 

ここで・・・・ちょっぴり昔話・・・・・♪

 

Doug Petersonさんの・・・・・・ホームコースである筈の ラグナセカで

 https://www.saclam.com/cgi-bin/mt5/mt-search.cgi?search=%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%81%AE%E9%9D%92%E7%A9%BA&IncludeBlogs=6&limit=20

IMG_3864bb (1).JPG

・・・・

珍しく

コークスクリュー下で・・・操作を誤りコースから飛ぶだし・・・・・前周りを壊してしまった

SCCA・GT4仕様のCRXレースカー

(( 製作とメンテはA.H.M Special Projects)) 

 

(( https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/06/a-a-a-a-a-46.html ))

 

 

・・・・

 

不鮮明な写真ですが・・・・・良く見ていただくと・・・右側黄色の丸の中に・・・・・オーリンズの別体タンクが見えますでしょ!

((1985年の写真です。)) 

 

今でこそ・・・別体タンク式ダンパーなど・・・当たり前ですが

・・・・

その当時4輪レースの世界には・・・こんな物ありませんでした

 

DSC_0152asd  (6).JPG

 

SHOWA製のレース用ダンパーを持って行ったんですが

(( ツインチューブ式のガス室非分離式ダンパーです。 ))

・・・・・・

車体製作とレース運営を担当していた

A.H.M. Special Project のスタッフたちに

 

「ソンナモノ・・・ツカエナイヨ・・・。」

 

拒絶され

 

何もわからぬ私は

「じゃ~・・・ど~~すんのよ・・・?」

 

彼ら・・何処からか

モトクロス用のオーリンズ製リヤ・ショックを4セット持ってきて

(( たぶん隣の建屋の2輪チームから・・・持ってきたんだと思います。))

部品を転用加工しながら

・・・

倒立式のアウターケースを自作して

・・・・

4輪レーサー用の別タンク式レースダンパーに作り変えてしまったんです

 

下記のようなものを作っていた人達でありますので

彼らにとっては・・・・・ごく普通の改造作業・・・・だったのでしょうね。

 

仕事や発想の・・・・・守備範囲が・・広いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴッドファーザー

 

 

S660AT車オーナーさんから

「開発中のS660用サイレンサーを・・AT車両にも付けられるようにして・・・・・・ほしいのですか。」

という依頼があり

・・・

それでは・・・という事で

・・・

このオーナーさん所有の白S660を借用し

適合化作業を

スタートいたしました

 

標準状態で近所を一回りした結果

50㎞/hからアクセルを開いた時のエンジン回転速度はMT車より心持低め

・・・・ 

これならMT用サイレンサーそのままでも

適合しそうです

 

来週テストコースにて騒音値を事前確認し

月末の第三者機関による審査に

持ち込むつもりです

 

DSC_0139asd (4).JPG

 

 

白の車体に・・・・・・・バイク関連のステッカーが・・・・・数枚

 

ご存知・・・・・・74 Daijiro・・・・!

(( 私も持ってます♪ ))

 

DSC_0139asd (3).JPG

 

 

ちょっと与太話

 

懐かしいロゴを見つけました♪

 

シシリーのゴッドファーザー・・・・・・ガリーナさんのステッカーです。

 

26~27年ほど前・・・・・レースチームスタッフを引連れ秘密基地に何回か来られたことが・・・・・ありまして

・・・・・・

((バイクエンジンの供給について・・・・打診に来られたと・・・・記憶しています))

・・・・

親分に・・・・・・工場見学等・・・・・対応係を・・・・命じられ

2~3時間ほどですが

お付き合いさせていただいた事が有ります

 

2回目は 

チームのスタッフさん達もご一緒

・・・

皆シシリー出身だそうで

デカイし・・・イカツイし・・・・顔つきなど・・・・ギャングそのもの

・・・・

((コンクリートの扱いも・・・お上手そう))

・・・・・

シシリー生まれは・・・・見た目も怖いわ

 

DSC_0139asd (2).JPG

 

 

 

 

 

 

金曜日

 

 

相変わらずはっきりしない空模様です。

 

鉢植えの草木に・・・毎日の水やりが不要なのが・・・・らくちんではありますが

 ・・・・・・・

ほっぽらかしのためクモの巣だらけとなりました

 

DSC_0152asd (3).JPG

 

これじゃあ蜘蛛も・・・商売あがったりだわ

・・・・

 

DSC_0152asd (1).JPG

 

 

S660

 

量産立ち上げ前の段取り確認品を

製作中です。

 

現車装着確認や・・・・騒音計測を行いながら・・・・・治工具を作り込みますので

1本作るのに5~10本分の工数がかかります

 

AT車両への適合もテストしないとなりませんし

・・・

 

その様な状況ですため 

皆様に発売開始を・・・・・・・・ご案内するのは・・・・9月になりそうです

DSC_0152asd (6).JPG

 

 

 

 

LOTUS向け商品の価格改定

https://www.saclam.com/products/products.html 

9月1日以降受注分より・・・・・・LOTUS向け部品類の価格が・・・・・改定となります。

運送費、材料費、人件費など上昇の為・・・対象は古めの商品類ですが、

ELISE Mk.3 2ZR 向けのサイレンサーも同時期に

価格改定させていただきます

(( 5ロット以上作りましたが・・・製作工数が想定内に・・・収まらないのです。 ))

 

 

 

 

 

 

工作室

 

ELISE Mk.2 1ZZ / 2ZZ

 

S660向けサイレンサーの立ち上げ作業に工数を取られ

予定より少々遅れ気味です

DSC_0152asd (7).JPG

 

3キット在庫分を確保予定です

 

DSC_0152asd (8).JPG

 

 

AP1/AP2

夏休み前に作り切れなかった在庫用が完成しました

AP1及びAP2向けサイレンサー

各1キット在庫中です。

 

DSC_0152asd (9).JPG

 

 

 

 

 

 

木曜日

 

 

短い夏休み終わりまして・・・・本日よリ業務を再開しています。

 

助手席試聴

 

半年前に

野良猫状態で使いっ放しされていたAP2を落札してしまい

大汗!

(( 写真3枚ほどで判断する訳ですから・・・・・何台かに一台・・・・外れくじを引く事になります。 ))

・・・・・

その後あれこれと手を入れ

・・・

ようやく・・・・作業が完了・・・・しましたので

(( ほぼ満足♪ ))

・・・・・

AP2・・・助手席試聴・・・・開始します♪

 

ご希望の方は・・・事前にご予約・・・・くださいませ♪

 

DSC_0120bbb.JPG

 

 

 

 

工作室

 

 

休み明け初日ですため

・・・・

午前中は

休み前の作業を再確認しながら

体と心を

徐々に

通常業務ペースに戻してゆきます

 

NA1 EX-MANI

 

何種類かの曲げパイプを

DSC_0120bb (7).JPG

 

パイプ検査治具に当てがいながら

 

DSC_0120bb (6).JPG

 

 

 

突合せ部分が隙間なくピッタリ合うように

レジェンダーで研磨し調整します

 

 

DSC_0120bb (9).JPG

 

 

この後

各パイプをバフ研磨し・・・・・Tig溶接してゆきます

 

 

パイプ曲げ型を専用品にすれば溶接なしの一本曲げも可能ですが

・・・・・・

経験上どうしても誤差が出てしまいますため

NSX向けエキマニの様に・・・・各部のクリアランスに高い均一性が・・・・・必要な製品は

手間はかかりますが

・・・・・・・・・・・

上記のように一本ずつ手作りしています

 

DSC_0120bb (8).JPG

 

 

 

この他月末にかけ

以下の商品を製作いたします。

ELISE Mk.2 1ZZ/2ZZ: 在庫分3キット確保予定

NC1/2:在庫分2キット確保予定

ND/NDRF:在庫分3キットずつ確保予定

NSX SPEC.A:在庫分1キット確保予定

NSX NA1 EX-MANI:在庫分1キット確保予定

S660 ファーストロット

 

 

 

 

 

 

夏休み #3

 

夏休みの真っ最中なのに

ぐずつき気味で・・・梅雨のような・・・空模様

 

涼しくって過ごし易くはあるけれど

・・・

(( ボクゾールにも乗れないし・・・・・・・涙。))

・・・・

こう長く続いてしまうのも・・・歓迎できませんね

 

DSC_01030011 (6).JPG

 

 

 

宿題その1が・・・トントン拍子で・・・進みましたので

・・・・・・・

・・

 

DSC_01030011 (1).JPG

 

 

宿題 その2 に取りかかりました

 

以前軽い気持ちで引き受けてしまった・・・・卓上オブジェ向けのロゴデーター作りです

 

 

テスト車両のBEATちゃんに

クラシックで・・・・丁度良さげなロゴを・・・・見つけまして

・・・・

 

DSC_01030011 (2).JPG

 

 

 

これを

方眼紙に石刷り開始

 

DSC_01030011 (3).JPG

 

 

DSC_01030011 (4).JPG

 

寸法を読み取りながらCAD製図すれば

・・・

第一ステップが完了です

 

(( TSU~さん・・・・・これで・・・良い??? ))

 

さて・・・彫刻される側である本体を・・・用意しなくっちゃ

!!

 

DSC_01030011 (5).JPG

 

 

 

 

 

 

 

夏休み #2

 

夏休み2日目の

土曜日

・・・ 

作業を進める前に

・・・・

要修正の段階ですが・・・・・車両に仮付けし・・・・・実車確認

してみました

 

サスペンションアーム類は・・・・クリア出来てますし

ドライブシャフト部分の通過位置も

想定通りです

DSC_0068.JPG

 

3番パイプ・・要修正。    4番パイプ再制作。

ではありますが

なんとか・・・・・峠は・・・・・越したようで

 

DSC_0072.JPG

 

先ず

 ・・

テールパイプ集合部までのパイプ長に50㎜ほど誤差が有りまして

・・・・

3番パイプの修正作業より

始めます

DSC_0064.JPG

 

 

既に曲げ終わっているパイプの根元部分の曲げ修正ですため

(砂は抜いておりません)

木片を組み合わせテコを構成し・・・・曲げるべき方向に力を加えます

 

赤熱中の部分を押してしまうとパイプが潰れてしまいますので

注意が必要です

 

DSC_0079.JPG

 

数か所の曲げ部分に・・・・を微調整を加えまして 

パイプ端末長さ±10㎜に揃えます

 

その際に

エンド部分の並行度や各部のクリアランスにも注意を払います

 

 

DSC_0080.JPG

 

 

 

4番パイプは1からの作り直し

 

多少慣れてきたとはいえ

・・・・・

1本のパイプを曲げるのに・・・・二人がかりで2時間以上を

費やします

(( 失敗したくないので・・・・何度も確認しながら・・・・進めました。 ))

 

 

涼しい日で・・・・助かりました

 

 

DSC_0083.JPG

 

 

 

 

パイプのレイアウトなど・・・・修正したいところは・・・・山ほどありますが

・・・・

遅れ気味なので

・・

次のステップに進みます

 

 

DSC_0096mmm.JPG

 

 

 

 

 

 

 

夏休み

 

夏休です!

 

じゃあ・・・・何時もは出来ない事を・・・しよう!!

と決め

・・・・

常連のASさんと二人で

・・・

ゴールデンウイークにスタートした・・・・・昔のフォーミュラ向け排気管製作を

再開しました

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2017/05/6-2.html 

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2017/05/post-1994.html

 

出社はしていますが

集中し手作業しないと・・・・・・・・・・・・失敗しますので

SACLAM業務は完全停止しています

 

申しわけありませんが・・・・夏休み中のご来社は・・・・お控えください。

 

 

5月の作業で上手く行かなかった・・・・パイプの火曲げ作業

 

瘠せちゃったり・・・・しわが寄ったり・・・・潰れてしまったり

・・・

 

もうこれ以上失敗を・・・・重ねたくないので

・・・

加熱具合・・・・・・曲げ力の加減・・・・・何処まで曲がるのか

等を

テストピースで確認してみました

 

秘密基地でお役御免となった・・・昔のエンジン整備スタンドに・・・・・万力を装着し

パイプを咥えます

 

DSC_00240 (1).JPG

 

 

先端に重りを吊るして一定の曲げ力を加え・・・・曲げるべき部分を加熱してゆきます。

 

パイプの赤熱具合を見ながら

外側・・・・内側・・・・側面・・・・など加熱し

・・・・・・

うまく行きそうな加熱度と加熱部分・・・曲げ力を確認します。

 

 この確認作業で

だいぶコツがつかめました

 

DSC_00240 (2).JPG

 

この位の曲げRまでが普通に曲げられる範囲でありまして

・・・・

これ以上に小さいRできつく曲げる場合には

かなりの慎重さを

求められます

 

DSC_00240 (3).JPG

 

 

 

確認作業が終わってから

・・・

5月に製作した部分の修正作業をスタート

DSC_00240 (4).JPG

 

 

 

曲げたい部分の近くに・・・つっかえ棒を入れてみたり

・・・

(( 物作りにルールはありませんので))

・・・・

修正作業には・・・試行錯誤しながら・・・思いついたテクニック

・・・

駆使します

 

 

DSC_00240 (5).JPG

 

何だかんだで

不本意な出来の部位も残りますが

・・・

先ずは4本作り上げることを考え作業を進めます。

 

DSC_00240 (6).JPG

 

DSC_00240 (7).JPG

 

出来上がりました

 

もう失敗したくありませんので・・・・・・1本曲げるのに2時間近くかけています。

(( 涼しくって・・良かったよ♪ ))

 

とは言っても・・・4番パイプの変形が・・・・大きいので 

 作り直しの要有

それと3番パイプのレイアウトを修正し要と思います

DSC_00240 (8).JPG

 

土曜日中にプライマリーパイプの政策を終えたいところですが

・・・

出来るかな

 

 

 

 

理科室

 

 

昨日は暑かったですね~・・・・・大汗!

 

今朝は一転して・・霧雨混じりで・・・・高原の爽やかさ♪

一日中続いてくれれば

良いのですがね。

 

uuttrr (3).JPG

 

 

 

周波数チューニング

 

排気管分断長による・・・周波数チューニングについて

・・・

ベーシックな部分を

説明

させていただきます

 

uuttrr (1).JPG

 

この

何時まで経っても未完成な・・・スピーカーテスト機材

なのですが

・・・

それでも・・・全く使えない訳では・・・・ありません

 

排気管の音響チューニング作業

教科書の練習問題を解く場合と異なり・・・・・正解集が用意されておりません

 

 

したがいまして

考えついた理論の検証などは自身で行わなくてはなりませんので

((一歩間違えているとその先はすべて間違えになる訳であります。))

・・・

これらの実験機材

無くてはならない物となるのです

 

uuttrr (8).JPG

 

 

今回はシンプルなパイプ内での共鳴と

そのパイプを分断した時の

特性について

確認作業してみました

 

小型の密閉式スピーカーボックスに200W級の非効率な小型スピーカーを入れ

(( 非効率なユニットの方がこの実験に向いてます。))

オシレーターで発生させたSIN波をパワーアンプで増幅させ

このスピーカーの限界近くで鳴らします

 

そして

スピーカーの発生した音を・・・リデューサーを使って

Φ50のステンレスパイプに導き

出口側後方斜め30㎝部分に・・・周波数特性に優れたスタジオピンマイクを置き

・・・

周波数分析いたします

 

 

uuttrr (4).JPG

 

 

 

パイプ長900㎜で

SIN波を20~2000hz間でスイープさせた時に収録したピークレベルが

下記のグラフです。

 

1次:200hz

2次:380hz

3次:570hz

4次:760hz

ピークが出ています。

 

1次の実測値200hzが・・・本来の190hzからずれて・・・・・いるのは

実験装置リヂューサー部分が悪さしているようです。

uuttrr (1).png

 

 

 

 

パイプ長を延長し1800㎜とした時

 

ピーク数が倍になり

・・・

1次周波数も低くなりました

 

uuttrr (5).png

 

 

さてさて

ここからが本題です!

 

 

上記の1800mm長さのストレートパイプですが

中間で分断して

下図のように

小型のサイレンサーを装備するとどうなるか

??

 

想像出来ますか??

 

rtyuiop.JPG

 

 

 上記の場合 L=900㎜で さらに2本連結させますので

(( 私が勝手にそう呼んでいるのですが ))

2L

構成の排気管と言えます

 

(( 3Lと言うのも・・・どんな構成だか・・・もう想像できますよね♪ )) 

 

 

こちらが答えです。

 

900㎜長さのパイプ単体と

ピークが一致します

 

200hz付近でのピークが崩れてしまっているのは

リィデューサーの悪癖が

邪魔しているから

おもいます。

 

 

uuttrr (3).png

 

  

 L長さは

エンジン特性や聴かせたいエンジン速度域

排気ガス温度

などで

変わってきますので

ご注意を

 

 

 

 

 

 

 

 

900mm + 900㎜ の組合せを

後側だけ

ほんの少し長くした時の特性がこちらです。

 

ピープが崩れ始めて来ましたね

。 

 

ほんの少しの長さ変更でも

排気管全体の周波数特性は大きく変化します。

(( 特に・・・パイプ共鳴長を積極活用した・・・鳴き系排気管の場合は・・・・・ね!))

 

uuttrr (4).png

 

先ず

排気管の分断長を欲しい周波数に合わせて設定し

・・・・

次に

前後の有効パイプ長さを・・・・・・少しずつオフセットさせ

・・・

鳴きと騒音値をバランスさせるのです。

 

 

騒音値がオーバーするからと言って安直にユニットの追加などしてしまいますと

・・・

良い音も消えてしまいまので

・・・

ご注意ください

 

理科実験好きで・・・お暇なOSSAN方は・・・・寄り道してってくださいね

https://www.saclam.com/cgi-bin/mt5/mt-search.cgi?search=%E7%90%86%E7%A7%91%E5%AE%A4&IncludeBlogs=6&limit=20 

 

 https://www.saclam.com/cgi-bin/mt5/mt-search.cgi?search=%E7%90%86%E7%A7%91%E5%AE%9F%E9%A8%93&IncludeBlogs=6&limit=20

 

 

 

ビートちゃん♪

 

 

音質は申し分無かったけれど・・・・・音圧や鳴きがキツすぎて

・・・

改善の必要を感じていた

・・・

2Lタイプの試作品

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2017/08/post-2023.html

DSC_9900.JPG

 

 

 

 

これを再調整し・・・・・・ストライクゾーンに持ってくることも・・・・・出来るのかもしれませんが

(( 多分・・・出来ると・・・・思います。 ))

 

・・・

・・・・・・・・・

あえて((比較テストしてみたくなりまして))・・・3Lタイプを新作してみました

 

(( 興味本位と言うのも・・・趣向品を作る上では・・・大切だと思うのです。 ))

 

(( 2Lとか3Lやらは後日説明いたします・・・ね。 ))

 

 

残っていたS660用試作ユニットを分解し・・・・・部品転用しながら2日間で製作。

 

(( 2Lより・・・3Lの方が・・・おもしろそう♪ ))

DSC_9993.JPG

 

音と性能最優先ですから・・・・ツインテールにする必要もなかろう思い・・・・エクスポーネンシャルのシングルテール。

 

DSC_9994.JPG

 

 

早速装着し

・・・

本日夕刻・・・・・・・・・何時もの山間路に・・・・試聴ドライブ

 

 

 

アイドリングはほぼノーマル

・・・・

パーシャル3500rpm近辺で・・・薄っすら2~4倍音を伴い

山間路をゆっくり走らせる場合などでも・・・・・心地良い排気音を楽しめます

・・・

・・

一番のポイントである7000rpm~8000rpm近辺では

・・・

程よい400hzが響きます

 

 

狙っていたとおりの音質&音量に

収まりました

♪ 

 

 

音響構造と周波数チューニングはこれで決まりで

・・

次は

・・

この構造体を

・・

合理的かつ美しくレイアウトする作業に入ります

 

 

その昔・・親分に

「 U~さん・・・・・デザインも性能の内・・・なんですからね♪ 」

って

仕込まれましたので

・・・

峠は越したとはいえ・・・・まだまだ・・・・・気は抜けません

 

DSC_9996.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お客様

 

在庫情報を更新しました。

https://www.saclam.com/todays/zaiko/

 

************************

 

 

CKV36

 

 CKV36オーナーさんを助手席に乗せ・・・・・いつもの山間路まで・・・・・40分ほどの試聴ドライブに行ってきました。

 

 

DSC_9920.JPG

 

 

 

純正排気管メーカーにご勤務で・・・なんと・・・・エキマニの図面を書いてらっしゃるそうな!!

 

ある意味同業者さんであります。

 

EUでは内燃機関廃止の方向に・・・・・法規制を入れてしまったようで

・・・

排気管屋としては・・・お互い・・・・近未来がチョイ不安

 

(( 白人さん達・・・法規ばかりをヒステリック決めてますが・・・・EVを充電するための電気は ))

(( どの様に確保するんでしょう? ))

 

(( クリーンジーゼルの様に ))

(( 法規を厳しくしておいて・・・抜け穴探すのが落ちじゃないかと・・・・思われますが))

(( 如何なんでしょうか? ))

 

(( エネルギーサイクル全体で考えると・・・・ガソリンエンジン+モーターの組み合わせが・・・現実的に思われます。 ))

 

我々は・・・目の前の仕事に・・・集中するしかありません。

 

DSC_9924.JPG

 

半年後位に

MAXIM EX-MANIもご検討ください♪

 

DSC_9919.JPG

 

 

 

Z34

続いての入庫は・・・・・ご近所在住の・・・・Z34さん

 

 加速騒音規制前の車体ですためv

SPEC.1 + Y-PIPE

装着させていただきました。

DSC_9939.JPG

 

 

2本のレゾネーターパイプが・・・・SPEC.1サイレンサーの・・・・特徴です。

 

DSC_9941.JPG

 

 MAXIM EX-MANI も お忘れなく!

 

 

J50

 

 3番目は

千葉からのガーデン・プランナーさん

 

我々と同様・・・形を生み出すことが使命の・・・仕事人

 

2月前に試聴&ご予約いただき・・・この日の装着作業となりました。

DSC_9951.JPG

 

3週間ほどで加速騒音に適合していることを証明するための書類が出来上がりますので

車検証と一緒に大切に保管されてください。

 

DSC_9972.JPG

 MAXIM EX-MANI もご検討ください!

 

 

 

K18 VVC

 

ジムニー乗りのオーナーさんが

増車されたELISER 18K・VVC用のサイレンサーをご予約に

来社されました。

 

ジムニー と ELISE

変態度マニアックさでは・・・どちらも負けては・・・おりませんね。

 

受注生産対応品ですため・・・2.5月ほどお時間下さいませ

 ♪

 

VVCエンジンニは・・・このエキマニが・・・効果的です♪

https://www.saclam.com/todays/stock_part/2014/11/-saclam-1-1800-.html

 

DSC_9948.JPG

 

 

 EXCIGE Mk.2

 

エスケレート と 2ZZ向けエキマニ のご予約

ありがとうございます!

 

お盆明けの装着作業・・・・ご来社お待ちしております。

 

DSC_9860.JPG

 

 

 

 

 

8月の生産予定

 

 

S660

 

7月中に・・・・・ファーストロット5台立上を・・・・計画していた

S660用サイレンサーでしたが

出来上がったのは認定テスト用の一本のみ

 

これを第三者機関の待つテストコースに持ち込み騒音性能確認審査を受けてきたわけなのであります。

 

審査には合格いたしましたが

この仕様がベストなのかどうか確信が持てず

その後様々な運転状況下で

モニターしたり

・・・

テストコースを借りて最終案に近いところの試作品との比較再テストしてみたり

していました。

DSC_9915.JPG 

日曜日の本日もテストコースに空きが有りまして

別案との(悪あがきに近い)最後の再比較

を行いまして

 ・・・

これまでに作り込んできた試作品の中でベストである事を再確認

した次第です。

 

 

そんな訳で・・・ファーストロット5本の製作作業を8月下旬より・・・開始することになります

 

 

仮予約いただきました順にご案内申し上げますので

今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

 

 

ND / NDRF

当初S660を2ロット分製作する予定でしたが、上記の状況で1ロットのみになりましたため

その工数をND / NDRFの生産に割り当て増産となりました。

 

8月下旬完成予定品に

ND / NDRF それぞれに 3台分の新規受注枠を 確保できました!

 

 

 

AP1 /AP2

ここ2月以上バックオーダー状態が続いていたS2000用サイレンサーですが

現在制作中の8月予定分が出来上がりますと

若干の在庫が持てる見込みです

 

入手をご希望のオーナーさんは

ASM あるいは SACLAM までご連絡ください

 

 

Z34  CKV36 Z33

8月は体調管理優先の為製作本数を抑えております。

それに加え

新商品開発と立上げに工数を取られてしまい

充分な商品在庫が取れません。

 

上記の商品は・・・・本日現在の在庫数が・・・・・・残り僅かで

Z33に至っては・・・在庫が底をつきました。

Z34 SPEC.3: 在庫数1キット

CKV36 SPEC.2: 在庫数1キット

(上記以外では・・・・SA浜松さんとASMさんに少量在庫が有るかも・・・・しれません。)

次の生産は9月下旬となります事

ご了承ください。

 

 

 

NSX SPEC.A

8月中に4キット製作いたします。

4本の内3本はすでにお引き当て済ですため

新期に受注可能なものは1キットとなりました

 

 

ELISE Mk/2 1ZZ/2ZZ

2キットご予約いただきましたので、8月下旬に5キット製作いたします。

 

LOTUS向けの商品は9月1日ご予約分から

新価格となりますので

ご注意ください。

https://www.saclam.com/products/products.html

 

 

NC1/2

NDロードスターの陰に隠れてしまいましたが

未だに受注の途切れないNCロードスター向けのSACLAMサイレンサーでありまして

・・・・

NDにつられて・・・逆に受注が増えてきたような・・・気もします

 

8月は

2キットご予約いただきましたので5キット製作いたします

・・

おそらく残りの3キットも

・・・

短期間に行き先が決まってしまうと思いますので

ご希望の方は

お早目にご予約されます事をお勧めいたします。

 

 

 

ご質問にお答えして

 

S660試作品類を転用しながら・・・合間仕事でリメイク&テストしている

BEATの排気系につきまして

オーナー様よりご質問をいただきました。

 

 

Q.

「ビートのマフラー・・・・販売予定は・・・有るんでしょうか?」

 

 

A.

出来上がったら・・・ご希望の皆様に・・・販売させていただきます。

(( 出来上らないかも・・・しれません。))

 

現時点では

仕様:未定   完成時期:未定    価格:未定

と言う状況です。

 

DSC_9732.JPG

 

本日現在の試作品はこんな形ですが

・・・

商品化までには何回かの完全変態を繰り返しますので

どの様な形になるかさえ判りません

DSC_9900.JPG

 

 

現時点での近接排気騒音は100dbで・・・・・・・保安基基準を満たしておりますので

走行確認なども実施しておりますが

・・・・・

・・

音圧そのものや・・鳴きが強すぎ

長時間の試聴に耐えられない状況です

 

過ぎたるは・・・及ばざるがごとし

 

F355に・・・・・・炸裂&鳴系まふりゃ~を装着されてしまった・・・オーナーさん達が・

 ・・・

長距離走行で・・・・その音を負担に感じてしまうのと・・・・いっしょかもしれません

 

DSC_9903.JPG

 

 

 

 

 

水曜日

 

 

凄かったですね・・・昨日の雨

 

雨のおかげで気温が下がり昨晩は寒いくらいでありました

 

薄着で寝ていたため熟睡できず・・・・今日はチョッピリ不調です

 

DSC_9859.JPG

 

 

 

Z34 CKV36 J50

 

7月末に完成予定だった合計5台が組み上がりました。

 

売約済の物を除き・・・本日現在の在庫は・・・下記の2キットです。

Z34 SPEC.3(加速騒音対応品): 1キット

CKV36 SPEC.2(加速騒音対応キット): 1キット

 

次回の生産は9月下旬の予定ですため

(9月中旬になるかもしれませんが)

上記の2キットが売れてしまいますとしばらくの間在庫切れ状態となりますので

・・・・

お急ぎの方はお早めにお電話くださいませ

 

ちなみにZ33も・・・・・在庫ラスト1です

Z33も・・・全数売約済と・・・・なりました。

DSC_9853.JPG

 

 

 

NA2 02R ENGINE

 

分解洗浄が終わって研磨加工中の・・・・・・エンジン部品を見に行ってきました。

 

DSC_9864.JPG

 

ハプニングはありましたが・・・・個々部品類の状態は大変良好で

走行12万キロオーバーの部品類とは到底思えません

( まるで1~2万キロ走行のエンジン部品に見えました。)

 

2000~3000㎞のスパンで実行してきた

オイル交換作業が

有効であったものと思われます

 

 

BEAT乗りの方々も5000㎞スパンでのオイル交換を心掛けた方が

よろしいのかと思いますよ。

 

 

DSC_9873.JPG

 

 

 

 

 

大掃除

 

暑いですね~。

この暑さで・・・・・・・商売道具のTig溶接機が・・・不調となりました。

 

5台ある内の

1台で

 

直流交流両用の古めのサイリスター機

 

電源トランスが壊れたようです。

 

(( そろそろ最新型に・・・入替時かもしれません・・・・??))

 

DSC_9671.JPG

 

 

 

 

そろそろやんなくちゃ・・・いかんな・・・と気にかけていた

倉庫の大掃除を

実施しました

。 

 

((( ほかにも実家の整理とか・・・草むしりなど沢山あるのが・・・ネックです。)))

 

ジャンクエンジンや車体など・・・・・・・・・・・大物の類は先月中に処分済

 

 

先週末にアースレッドを大量に焚き!

 

田舎の倉庫ですため夏場になると虫が沸くのです

・・・・

ハエ、蚊、クモ等は言うに及ばず・・・・ダンゴムシとかゲジゲジ

 

DSC_9843.JPG

 

2日あけて昨日の

月曜日

丸一日かけての・・・・・・大掃除!

(( 暑いし疲れるし・・・重労働でありました。 ))

 

車両や大物機材を移動させながら床に散乱して居る虫の死骸を掃き清め

・・・

車達もカバーを外して軽くお掃除

 

DSC_9844.JPG

 

某オークションでポチッてしまった・・・・2000年式のメキシコ産ビートル

です

 

まさか・・・・その価格で落ちるとは思わなくって・・・大汗!

・・

仕方なくプチ・レストアを始め

・・

完成間近でほっぽらかしにしてしまったのですが

・・・

 

改めて眺めてみたら

結構魅力的

 

 

完成させて・・・近所を乗り回してみたく・・・なりました

♪♪

 

DSC_9845.JPG

 

 

 

 

 

2023年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

アーカイブ