ワンオフ製作

 

ひと月に何件かのペースですが

・・・

E-MAIL や お電話 で

・・・

ワンオフ製作に関する問い合わせが寄せられます。

 

 

 

しかし・・・・加速騒音規制が始まった2010年・・・・以降

・・・・・・・

ワンオフ製作と言うお仕事が・・・とてつもなく難しい・・・・仕事になってしまい

・・・

二つ返事で

・・

「はいよっ♪」

とは

・・・・

受託出来なくなってしまったのです

 

ワンオフと言えども

加速騒音規制に合致させ・・・・第三者機関での認可も・・・・受けなくてはなりませんし

 

ゼロスタートで・・・加速騒音規制対応品を・・・ワンオフ

しますと 

((他社様の事は判りませんが))

(( 皆様が弊社の製品に期待する性能を実現するところまで作業を突き詰めてしまうと ))

・・・

我々の手法で作業を遂行する限り・・・その工数やテスト費の合計請求額が

・・・・・・

軽く3ケタに達してしまいます。

 (( SACLAM高いよ!とお叱りを受けますが・・・・開発工数を費用換算しますと・・・・・そうなってしまうのです。 ))

 

そんな訳で

ワンオフ製作をお受けする場合

その後に何台か・・・同じ仕様の商品を作り・・・販売できることが

想定可能な機種である事

・・

販売中商品の派生機種むけ

である事など

 

・・・

さらに

お車の拝借期間(半年から一年)を許容できる場合にのみ

限らせていただいております

 

 

もちろん

私が個人的に・・・・・手掛けてみたい・・・・機種

(スピダー等です。)

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/01/spider-1.html

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/08/post-1894.html

等であれば

・・・・

(( 私の我儘として ))

一台でも・・・・お受けする場合は・・・ございます。

 

 

 

 ACURA RDX

 

昨年暮れより・・・・正月明けまで

ワカゾウ君と二人で

・・・・

1年半前にご予約された取引先様のACURA平行車向けに

ワンオフ製作作業を行ってみました

 

この車は・・加速騒音規制前の個体・・でしたため

それほど手が借りませんでしたが・・・・・・それでも2週間ほどかかりっきり

だったのであります

 

 DSC_6762.JPG

 

DSC_6743.JPG

 

 

 

Ypsilon 

 

先週手掛けたのが・・・・ランチア・イプシロン

 

一年以上前から

機会がある度に・・・・悪巧み仲間のMT/DRACO・高Dさんから・・・・プッシュを受けていた

車です

 

 

ツインエアーの派生機種ですため

「一部を作り直せば・・・Ypsilonにも・・・・装着できるはず。」

「簡単でしょ~~~♪」

と言う

高Dさんの軽めの言葉のを・・・・・・全て信じちゃぁ・・・・・おりませんが

・・・

DSC_7505.JPG

 

長期間お待ちになってる・・・・オーナーさんの気持ちを察し

 作業開始!

 

 

単に一台造れば良い訳ではなくって

同じ仕様で追加製作するための治工具類も用意しなければなりませんので

それなりの工数がかかります。

 

事前に用意しておいたツインエアー用半完成品をベースに

作業する事2日半

 。

 

出来上がりは以下の通りです。

DSC_7516.JPG

DSC_7517.JPG

 

DSC_7521.JPG

 

 

 

早速テストコースに持ち込み

 

DSC_7532.JPG

 

加速騒音測定。

 

ツインエアーベースで散々いじくりまわし・・・ノウハウを詰め込んである

サイレンサーがベースです

から

・・・

ぬかりは・・・ありません!

 

DSC_7534.JPG

 

 

高Dさんの意向で

車格に合わせ・・・・少しジェントル気味に・・・・・サウンド調整

 

さて・・・これで・・・・如何でしょ?

 DSC_7538.JPG

 

 

 

 

 

 

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ