2016年10月アーカイブ

GOLF 7 R

 

 

個人的には

・・

時間 と お金と・・・・オーナー様からのご要望が・・・有れば

(( 実際のところ全てにおいて・・・・余裕はございません ))

 

GOLF-7 GTI (DSG)  にチャレンジしたいと思っていたのですが

・・・ 

(( GOLF-5 GTI、 GOLF-6 GTI 開発作業の続きとして・・・治具、部品類やノウハウが揃っていますし ))

(( F56で上手く行きかけている要素もも盛り込み・・更なる改良を加えてみたいのであります。 ))

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/10/golf-6-gti-2.html

 

しかしながら

 

問い合わせ や 依頼等が  寄せられるのは

意外にも

 

フラッグシップの

GOLF-7 R なのであります。

 

 

先週の 日曜日にも

ご兄弟揃ってSACLAM管付の車両に乗られているオーナーさんが

新たにGOLF-7 R(DSG仕様)を増車され

・・・

「この車用にSACLAM管・・・何とかならないのですかね?」

 

ご相談に来られました。

 

DSC_5365.JPG

 

そこで

早速助手席同乗させていただき

 

 

50㎞/h巡航時からアクセルを全開にしときのキックダウンの状況を確認させていただいたのですが

 

GOLF-6 GTIの時と同様

アクセルオープンと同時に4500rpm近辺に跳ね上がってしまいまして

(( これが原因で・・・・・騒音値が・・・半端でないほど・・・跳ね上がるんだな。 ))

 

なかなか一筋縄では

・・・・

・・

 

 

ただ

その音質が

GOLF-6 GTI の純正サウンドほど洗練されてはおりませんため

 

 

私共サードパーティー・サプライヤーにも

出番が残されている事を・・・・再確認できたのが・・・・・幸いでありました。

 

 

DSC_5360.JPG

 

いずれにせよ

6MT車向けに理想形を造り上げたのち

これを崩さぬようにDSG用としてリメイクするのが最善のステップ。

 

いつ製作できるのか?

お約束はできませんが・・・・気長に待っててくださいませ。

 

 

 

 

 

工作室

 

在庫情報を更新しました。 

 https://www.saclam.com/todays/zaiko/

 **************************

 

ELISE MK.2  1ZZ / 2ZZ

 

大変お待たせいたしました!

10月下旬生産予定分の5キットを組立て中です。

 

在庫用も3キット確保しておりますので・・即納可能です!

DSC_5419.JPG

 

 

 

E36 M3C

 

大変お待たせいたしました。

10月下旬生産予定分の2キットが完成いたします!

1キットは在庫分になりますので・・・ご希望の方はお早めに!!

DSC_5423.JPG

 

 

R53 COOPER-S EX-MANI

 

11月完成予定の3キットを製作開始いたしました。

ご予約希望者募集中です♪

DSC_5424.JPG

 

 

Y-PIPE

 

何時もより多目に製作いたしました。

今なら2キットを即納です!

DSC_5297.JPG

 

 

MAXIM HR用 EX-MANI

 

 ご予約分2キットと在庫分の1キットが

入庫いたしました。

 

Z34 & CKV36 向けに装着販売中です。

 

DSC_5402.JPG

 

 

 

 

 

 

あれこれ

 

 

ND

10月に作った10本

・・・・・

・・

その内 9本を オーナー様やショップ様向けに発送し

・・・・

残り1本を弊社にて装着させていただきました。

 

DSC_5328.JPG

 

徐々にではありますが・・・・ND向けサイレンサーの納期が短くなってきておりまして

今ご予約頂ければ・・・・(数台ですが)12月下旬の生産分からのお引き当てに・・・・間に合います。

((2月待ちですから・・・他のSACLAMパーツの待ち時間に・・・・並びつつあります。))

 

 

1ZZ EX-MANI

 

シャシダイナモによる馬力測定

それなりに・・・・メリットのある事が・・・・確認できた

1ZZ用エキマニ試作品ですが

・・・・

私を含めた・・・・鈍感なモニター役3人の・・・・お尻では

・・・

何故か

ダイナモの示すパワーアップ効果

・・・

感じる事が・・・・できませんでした。

 

(( 機種によっては・・・・5馬力の変化が10馬力ぐらいに・・・・・感じられる事も有るのに・・・ね。))

 

 

シャシダイナモ・テストの結果を見て

 

モニター#1(新潟の男爵様)

数値はちゃんと出てるけれど・・・・・体感の悪いところがあるから・・・・要らないかな~~~。

 

モニター#2(ご近所さん)

体感では違いが判らなかったけれど・・・・・・工賃込の25万円なら・・・・・買います!

 

モニター#3(U~さん)

乗り慣れていない1ZZだったので・・・・正直判らなかった。

 

((エキマニの治具は・・・用意するのが大変だし・・・かと言って沢山売れるわけないし・・・・如何したらよいのか??))

 

 

男爵様

新種のお米ありがとうございます!

 

DSC_5331.JPG

 

 

 

近接排気騒音

 

イタリア出戻り娘のオーナーさんより

・・・

音が大きくなった様なので・・・・騒音値測ってくれませんか?

とのご依頼。

 

1.3L エンジン搭載の輸出用COPEN向けに・・・・ワンオフ製作した排気管ですので

ちょい心配な所もありまして

・・・

ご来社いただき騒音計測させていただきましたところ

・・・・・・

基準値を軽々と下回り

92db。

 

OKでございます。

 

DSC_5323.JPG

 

同日

赤のNSXオーナーさんからも

・・・

元気なエンジンに積み替えたら・・・・・・排気音が大きくなったので

ちょい心配です。

 

と言う事で

・・・・

こちらも・・・・騒音測定

 

100~102dbで無事合格♪

 

 

DSC_5336.JPG

 

 

冬場になりますと空気の密度が上がりまして

夏場より・・・実馬力が・・・・上がります。

 

そしてその分

全開時の排気音も大きくなり

皆さんの耳にもそのように聞こえますが

・・・・

近接排気騒音についてはは・・・・エンジンを所定の回転速度で空回しする分しか・・・スロットルを開きませんので

((フリクションとポンピングロス分しかいらないので・・・冬場はアクセル開度が浅くなります。))

・・・

それほど騒音値は変わらないのです。

 

 (ただし)

(排気管内の排気ガス温度が下がる事によって共鳴周波数が下がりますので、)

(夏・冬で近接排気騒音値も変化いたします。)

 

 

 

 

テスト車交代

 

気温が下がると・・・アクセル全開時の騒音値を測る加速騒音値は・・・・上がります。

 

インタークーラー付のTURBOエンジン車などでは

この傾向が顕著に出ますので

・・・

冬場のテストでは・・・・・夏場の数値に・・・・対して

一般的に

高い騒音値が記録されます。

 

 

一旦振り出しに戻すことを決めたS660 用排気管開発作業ですため

・・・・

長期戦になることを覚悟し

・・・

オーナー様にお借りしていた車両を返却し

青のテスト車両を購入いたしました。

 

オーナー様

長期間テストで拝借させていただき

ありがとうござました!

DSC_5385.JPG

 

 

 

 

 

 

BRZ EX-MANI

 

一月ほど前

マキシムさんから・・・・・BRZ用のエキマニの・・・・発売予告

ありまして

 

 

早々に・・これを待ち焦がれて・・・いた

SACLAMサイレンサー装着を前提とするBRZオーナーさんから

ご予約を頂き・・・♪

(( まだ・・サイレンサー・・・・・・・・・・出来ていないんです・・・けど。))

 

ご近所のMAXIMさんより

ファースロットの内の1本をお取り寄せさせていただきました♪

 

DSC_4824.JPG

 

 早速ご来社いただき

 

DSC_5054.JPG

 

 

装着作業スタート!

 

DSC_5035.JPG

 

DSC_5040.JPG

 

2時間半ほどで・・・・あっさり装着完了・・・・・いたしました♪

 

BRZ用MAXIM EX-MANI

商品代:¥216,000-(消費税込)

弊社での装着作業工賃:¥16,200-(消費税込)

 

 

 

DSC_5045.JPG

 

 

ちなみに

ASMさんから依頼されている・・・・サイレンサーの方はと言いますと

・・・・・

第三者機関での認定試験に向けて開発テスト中。

 

本格的に寒くなる前に

テストに合格できるよう・・・仕様変更&テストを・・・・繰り返しているところです!

 

DSC_4933.JPG

 

DSC_4923.JPG

 

DSC_4951.JPG

 

DSC_4958.JPG

 

DSC_4953.JPG

 

 

 

 

 

空冷並列6気筒

 

MADE IN JAPAN

光り輝いていたころの

一台です♪

 

DSC_5349.JPG

 

 

芸術的な眺めです♪

DSC_5339.JPG

 

はみ出してるもん♪

DSC_5344.JPG

 

 

 

3000rpmの時の基音が

150hz

2倍音~7倍音まで・・・キッチリ出ています♪

 

負荷状態によっては・・・・NSXの様な音にも・・・聞こえます。

#0AA (1).png

 

 

このバイクのオーナーさん

・・・

キャブレター変えてから

3000rpm以下での調子が・・・・・・いまいち宜しくない

・・・

お悩み中でしたので

・・・・

・・

チョイと具合を・・チェックさせて・・・頂きました。

 

 

アイドルから軽負荷3000rpm位までが

6気筒らしく・・・ありません。

 

とは言っても・・・・・チョイばらつき気味の並列4気筒・・・・・・程度でして

・・・・・

この6気筒エンジン本来の・・・調子を知らなければ

・・・

何が不満なのかを

理解できないレベルです。

 

 

 

ニュートラルギヤで・・・・・アイドリングからゆっくり少しずつ・・・・アクセルを開いてゆきますと

6気筒の内2気筒分くらいが・・・怠けている雰囲気・・・・。

#0AA (5).png

 

 

 

こちらは

3000rpmを超えたあたりで

・・・・

6気筒本来の音になり始めた頃です。

 

#0AA (8).png

 

軽負荷域で6気筒すべてが完爆しない場合

キャブ時代のマルチエンジンであれば

以下の様な事が・・・経験上・・・・・考えられます。

 

スロットルバルブの開き具合に誤差があり・・・各気筒ごとの吸入空気量が不均一

スロー系統の調整不足で・・・各気筒ごとの空燃比が不均一

バルブクリアランス不足等で・・・バルブが完閉せず・・・・軽負荷域での圧縮圧力不均一

 

等々であります。

 

ただしこのバイクの場合・・・・オーナーさんご自身が言われている通り

3000rpm以下での燃調が濃すぎますので

これを修正すれば

軽負荷域でも・・・・6気筒全てに火が回ると・・・・思われます。

 

 

 

 

続・・最近のガソリン

 

S2K号のノッキングが酷すぎるので

試しに

以前バイオ燃料混合ガソリンを販売していた近所のエネオスで

給油してみました。

 

以前はバイオ燃料混合ガソリンだったのに

今回はその表示が無く

・・・・・

何故だろうと疑問に思い・・・・店員さんに聞いてみたところ

・・・

「 時期によって・・・・・バイオ混合ガスの時もあり・・・・普通のガスの時もある。」・・・そうなのです!

(( 2か所ある製油所のどちらの物を仕入れるかで・・・違うのだそうです。 ))

 

今回給油した

エネオスブランドの・・・未混合ハイオクガス・・・・の結果でありますが

・・・・・・

(ご近所にある他のスタンドで売られているハイオクガスに比べ)

・・・・

ノッキングのレベルが低下し・・・・・・大変良好なのであります♪

(カリカリカリ・ガリガリ・が・・・・・チリ・・・チリ・チリ・・程度に収まりまして・・・・リタード制御も効いています。)

 

エネオス・・・良いです!!

 

 

古めのハイコンプエンジン車を乗り続けているオーナーさん達は

気を付けた方がよろしいかと思います。

 

ガソリンの品質に!

 

 

 

 

 

1ZR乗りの・・・・・・・・Wさん・・・アドバイスありがとう♪ 

 

 

 

工作室

 

在庫状況を更新しました。

https://www.saclam.com/todays/zaiko/

 

 

FD2 CIVIC-R

 

ご予約済のお二人様・・・大変お待たせいたしました!

ファーストロット分の 3キット が 完成間近です。

 DSC_5373.JPG

 

 この商品はホンダカーズ野崎さん向けのOEM商品です。

DSC_5351.JPG

 

 

 

R53 COOPER-S用 EX-MANI

大変お待たせいたしました・・・・11月製作予定のエキマニキットですが

早めに製作を開始いたしました。

 DSC_5374.JPG

 

 

ELISE Mk.2 1ZZ / 2ZZ  SILENCER

 

大変お待たせいたしました!

10月末の完成に向け製作中です。

 

DSC_5378.JPG

 

 

ND ROADSTER 

 

発売当初40本以上抱え込んでしまったご予約でしたが、本日現在17本までに挽回することが出来ました。

12月生産予定分にまだ3本の余裕がございます。

 

とは言え

あと3本でありますから

 年内装着をご希望されるオーナー様には・・・お早目のご予約を・・・・お勧めさせていただきます。

 

 

 

 

 

BEAT の HEAD

 

研磨完成品です。

 

IMG_2184.JPG

 

吸気ポート研磨前。

 

IMG_2078.JPG

 

研磨後

IMG_2179.JPG

 

 

排気ポート研磨前

 

IMG_2009hh (5).JPG

 

研磨後

IMG_2009hh (9).JPG

 

燃焼室洗浄前

IMG_2009hh (1).JPG

 

排気ポートのカーボン蓄積

IMG_2009hh (3).JPG

 

 

小さいが故に・・・より難しい・・・ポート研磨

 

IMG_2009hh (6).JPG

 

長めの

インテークマニフォールド

 

IMG_2009hh (11).JPG

 

研磨後

IMG_2009hh (12).JPG

 

 

 

 

 

 

エンジン屋さんに・・・「好きな様にやってね♪」・・・っと

トスしたら

 

 

こんな風になりました。

 

IMG_6.JPG

 

 

 

博物館にでも・・・飾っときたい・・・レベルです。

 

IMG_5.JPG

 

 

IMG_1.JPG

 

IMG_4.JPG

 

IMG_3.JPG

 

IMG_2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

一年前

この車のオーナーさんから・・・・・・ワンオフ製作を依頼され

・・・・

ちょっぴり面白そうだ♪

とお受けして

・・・・・

 

作業を開始したのが

今年の5月

 

 

あれこれと・・・・手を変え品を変え・・・・トライしたものの

・・・・

まだまだ商品に出来る様なレベルにはありません

 

 

DSC_2144.JPG

 

さらに

今後まだまだ・・・・・手間と時間がかかりそうで・・・・ありますため

・・・・

 

テスト車両を購入し

・・・

これまで以上に踏み込んで・・・メイク&トライしてみることに・・・いたしました。

 

DSC_5308.JPG

 色指定で探し回って購入した

この車なんですが

・・・

・・・・・・・・

この青・・・不人気色なのだ・・・そうですよ。

 

 

 

加速騒音テスト

 

 

今日もまた・・・・・・・テストコースに5台を持ち込み・・・・・・・・騒音計測。

 

(( 本格的に寒くなる前までがテストの限界・・・・・12月~2月のデーターは・・・・・参考値にしかなりません。 ))

 

DSC_5275.JPG

 

 

FD2 CIVIC-R

 

前回テストした仕様をさらに再調整し・・・・・85~90点の出来栄えとする事が出来ました♪

 

この仕様で

今月中に・・・・ファーストロット3台を・・・・製作いたします。

 

ホンダカーズ野崎さんからの依頼にこたえて製作した限定生産のOEM商品です。

 

気になる皆さんは

ホンダカーズ野崎さんまで・・お問い合わせください♪

 

DSC_5286.JPG

 

 

 

 

Z34 NISMO 6MT

 

6月に商品化したNISMO(7AT)向けサイレンサーキットを装着し

https://www.saclam.com/todays/stock_part/2016/06/z34-ver-nismo.html 

第三者機関持込前の確認試験を行いました。

 

DSC_5290.JPG

 

結果・・・・もちろん・・・OK!

この状態で11月上旬に第三者機関のテストコースに持ち込みます。

 

DSC_5292.JPG

 

 

FT86

 

11月初めの認定試験に備え

・・・

騒音値を安定させるためのリメイク&テストを

重ねています。

 

あと2案・・・・テストしてみようと・・・・思います。

 

DSC_5284.JPG

 

 

 

 

F56 COOPER-S

 

快音なのですが

・・・・

音量制御で・・・・苦戦中。

 

あと1dbほど・・・・・なのですが・・・・・困った。

 

DSC_5299.JPG

 

 

S660

 

2方向から・・・・・・頂上を目指して・・・・・・みましたが

・・・・

辿りついた地点に・・・・感動的な快音は・・・・存在しなかった

 

これが限界なのか・・・・それとも選んだ登頂ルートが・・・・間違いだったかは

判りません

 

 

すべてを白紙に戻し

基礎の基礎から

・・・

やり直してしてみようと思います。

 

DSC_2763.JPG 

 

 

MA1

 

ご案内直後より・・・・・・多数の皆様より・・・・・E-MAILをいただき

欠品となるサイズも出始めてきました

ため

追加の#2ロット(30着)を手配いたします!

 

お付き合いでご注文いただきまして・・・・どうもありがとうございます♪

DSC_5233.JPG

 

 

 

 

 

 

火曜日

 

ND

 

大変お待たせいたしました。

10月前半生産予定分の5台が出来上がりまして

梱包出荷中です。

 

10月後半分の5台は

木~金曜日の出荷となる見込みです。

 

((新期のご予約分は、12月生産予定分からの・・・・お引き当てとなります。))

DSC_5256.JPG

 

 

Y-PIPE

 

Y-PIPEを 5キット 製作中です。

NISMO用のサイレンサーキット向けに・・何時もより多めに生産しています。

 

DSC_5255.JPG

 

 

Z34 NISMO 6MT

 

Z34 NISMO (6MT) 車 の オーナーさんからご用命いただき

NISMO (7AT) 車向けのキット

6MTでも 加速走行騒音規制に適合化させるための作業を

始めました。

 

(( 以前乗られていた Z33 NISMO にも SACLAMフルセットを装備されていたそうで ))

(( 今回もSACLAMサイレンサー装備が前提だったのだそうです。 ))

(( どうもありがとうござます!))

 

 

2011年~2013年にかけ

真夏から真冬まで・・さまざまなメイク&トライを繰り返した・・・Z34用排気管です。 

 

 NISMO(7AT)の場合と同様

現行のYパイプとサイレンサーを組み合わせれば

快音と騒音値の両立が出来るはず!

 

今週

社内での予備試験を行い

11月上旬に・・・第三者機関の審査を・・・受験する予定です。

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2013/01/post-1432.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2013/01/a-a-a-a-a-21.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2013/02/-elise-1zr.html

DSC_5271.JPG

 

 

 

 

MA1

 

BLOG上でのお知らせと同時に

 熱狂的なおじさん達からの・・・注文が・・・・相次いでおります♪

 

皆様

お付き合いいただきまして・・・・・・どうもありがとうござます! 

 

お嬢様用に

(あるいは・・昔お嬢様だった・・・皆様用に)

今回はSサイズも少量ですが用意してあります!

DSC_5259.JPG

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/10/-ma1.html

 https://www.saclam.com/todays/goods/

 

 

 

 

 

 

MA1ジャケット

 

常連さん達が遊びに来られたので

・・・

DSC_5244.JPG

 

 何時もの様に

新作MA1のモデルになってもらいました♪

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2011/02/-a-a-a-a-a-4.html

 

DSC_5235.JPG

 

 

左の常連さんはLサイズ        右の湘南ボーイさんがXLサイズ

 

DSC_5233.JPG

 

左腕に・・・SACLAMワッペン♪

 

DSC_5237.JPG

 

S~LLサイズまで・・・・合計で30着ほど・・・・納品されましたので

ご希望の皆様向けに

限定数量を販売させていただきます。

(( 再生産が出来るかどうかは・・・・製作ロットや在庫の状況次第です。))

 

 

2016年 MA1 SACLAMジャケット

 販売価格:¥16,200-(消費税込)

*送料は弊社にて負担。

 

購入希望のおじさまたちは

((今回は女性向けのSサイズも少量ですが用意いたしました。)) 

お名前、ご住所、電話番号

明記し

 

MA1ジャケット★★サイズ購入希望

と書いて

info@saclam.com

宛てE-MAILしてください。

(( 事務方が混乱するので・・・口頭発注は・・・NGとさせてくださいね。))

 

 

 

 

加速騒音テスト

 

金曜日の午前中

仕様変更した排気管と4台のテスト車を持ち込み

加速騒音計測してきました。

 

DSC_5170.JPG

 

 

S660

 

300hz狙いで作り込んだ

長さの異なる2種の排気管を持ち込み

・・・・

DSC_5163.JPG

 

ほぼ同じ騒音値になるまで調整したうえで

音色を比較・・したのですが

・・・・

・・・

・・

今一納得できません。

 

 

 

聴かせるべき周波数帯を変えれば・・・少しは良くなるのでしょうか?

 

難物です・・・・・S660。

 

DSC_5159.JPG

 

 

 

FD2 CIVIC-R

 

加速騒音規制施行後の個体もあるため

こちらの車も計測してみました。

 

この日の仕様で・・・・加速走行騒音値が・・・・・79~80db

近接排気騒音値が・・・・93db

おまけに快音だし♪

 

OKです!

 

(( この当時の車は・・・・排気音に関して言えば・・・・素直で調教しやすいですね♪ ))

DSC_5172.JPG

 

 

FT86

 

第三者機関の性能確認テストの日程

11月上旬に決まりました。

 

少し暴れ気味の・・・・加速騒音値を・・・・・安定させなければ!

 

DSC_5166.JPG

 

 

 

F56 COOPER-S

 

気温が下がるに従い・・・どんどん大きくなる・・・・インタークーラー付TURBO車の

加速騒音値。

 

騒音値低減対応が・・・後手に回ってしまいがち

・・・

 

困った子だ・・・。

 

DSC_5175.JPG

 

 

 

 

 

 

 工作室 

 

NC1/2

 

久々に・・・・5台を・・・・製作中です。

3台は売約済で

2台分が在庫用になります。

DSC_5192.JPG

 

ND

お待たせしました!

10月分を製作中です。

 

DSC_5193.JPG

 

 

 

 

1ZZエンジン EX-MANI比較

 

 とりあえずグラフを重ねてみました。

 

実線:純正エキマニ

点線:パイプ径のみを太くしたもの

 

DSC_4949.JPG

 おそらく高回転域で・・・エンジンがほんの少しだけ少しだけ軽く回るよう・・・・感じれれるのでは?

16.10.13-STD+SACLAM-S.jpg

 

 

 

実線:純正エキマニ

点線:パイプ径を太くしパイプ長も大幅に伸ばしたもの

IMG_8020aaa (2).JPG これだけ広い領域で向上しているのに・・・・メリットを感じられなかったのは

何故でしょうか??

16.10.13-STD+SACLAM-L #.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NISMO with MAXIM

 

 

この8月

Z34NISMO用サイレンサーキットを装着させていただいたこの車

ですが

・・

一月後

・・・・・・・・

MAXIM EX-MANIを装備させていただきました。 

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/09/post-1906.html

 DSC_4458.JPG

 

納車時に

純正EX-MANI と MAXIM EX-MANI 

の比較をお願いしていたのですが

・・

オーナー様より

 比較レポートが届きましたので以下にご紹介させていただきます。

 

*********** 納車翌日に頂いたE-MAILより抜粋 ************

 

おはようございます、Z34NISMOの★★です。


 九月の長雨が続いてばかりで、ここのところ、どうにもスッキリしない毎日ですね。
 エキマニ装着前後の変化についてなのですが、

お天気のせいもあり、

まだ思うような走りを試すことができていません。


 装着直後の凸凸トンネル試走と帰路の関越道での走りだけで感じていることは、まだ次の3点です。

(まだ△△トンネルや峠道などを試せていません。)

 

鳴音スタートのエンジン回転数が以前は4000回転あたりからだったのが、

3500あたりからに拡がった。

(より手軽に音を楽しめるようになったので◎)

 

音の雑味が消え、キレイな高音だけ響くようになった。

変化のイメージとしては、

トランペット初心者の音出し練習(ブォーッ)から、先輩の音合わせ(プォーンン)への

(( そうなのですか! 面白い対比ですね♪))

変化といったところ。

(以前よりさらにレーシーな音が心地よく◎)

 

低・中速でのアクセルワークへのレスポンスがよくなった。

さらに、シフトアップ時における多少のもたつき感が解消された。

(低・中速での乗りやすさが増し◎)

 

次の土日には、◎◎高原、□□林道、★★坂を走る機会がありますので、

道路事情がよければ、いろいろと試してみたいところです。

 

*********** 以上1回目のE-MAILより ************

 

 

 

 

******* 以下2回目に頂いたE-MAILより抜粋 **********

 

こんにちは。★★です。


土日をつかって、栗を買いに行くという名目で小布施まで上信越道トンネルを試してみました。
小布施からは山田温泉を登り、渋峠に出て、

万座で一泊してから万座ハイウェイで軽井沢まで走り降りました。

 

エキマニ装着後の様子についてですが、

3500回転あたりからの鳴き音が、装着前と比較して「澄んだ音」になっています。

 

同時に、

余分な雑味が消えた分だけ静かになっていますが、

(( そうなんです! 加速騒音測定時に小さくなる事を発見しました! ))

時速100kmを少し超えたあたりまでの加速時の音がレーシーでとても心地良いです。

 

それより速度があがってしまうと、

運転席からは風切り音のほうがうるさく感じてしまいうので、

実際はどんな音で走り抜けているのかを他車から聴いてみたいところですね。

()

 

トンネル内でも、余分な音が消えた分だけ静かになった様子で、

オジサンでも恥ずかしくない音量、

かつカッコイイ!

実現していますよ。


峠道の下りでは、シフトダウンでのオートブリッピング音が心地よく響きます。

 

カーブ手前ごとに鳴かせてしまうので、

前車を威嚇しないよう車間をとるために何度もスローダウンしたほどです。

 

 ******* 以上2回目に頂いたE-MAILより抜粋 **********

 

 オーナー様

どうもありがとうござました!!

 

 

 

 

 

 

シャシダイナモ・テスト

 

新潟の男爵お待ちかね!

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/04/post-1725.html 

 

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/04/-httpwwwsaclamcomtodayszaiko-a.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/03/-u-ngelise-s-httpwww21ocnnejpsyndromeicukarte14karte14html-httpwww21ocnnejpsyndromeindexhtm.html

 

1ZZエキマニの比較試験を始めました。

 

 

 

DSC_5128.JPG

 

1ZZ ELISEを・・・・・ダイノパックに据付け

冷却配管や・・・・大型の消音器を・・・・装備し

・・・・・・

 

DSC_5138.JPG

 

とりあえず暖気を終え・・・・・・・何回かのパワーチェック

・・・・

6800rpmになってもまだ上り詰める勢いの1ZRとは異なり

133PS/6280rpmがピークとなる1ZZですから

・・・・・

高速域が改善されるだけでも商品価値はあるのかもしれません。

・・・

少し期待し良いのかも?

 

DSC_5139.JPG

 

 

 

 

 

 

続報です! 

 

一回り太くしただけのエキマニで・・・・・・136馬力(駆動ロス補正無)

(( 想定通りの結果でした。))

DSC_4949.JPG 

DSC_5145.JPG

 

 

 

不評だった・・・長めのエキマニで・・・・・140馬力(駆動ロス補正無) 

(( これにはちょっとびっくりです!))

自分のお尻でも好評化ではなかった・・・・このエキマニ試作品ですが

・・・・・・・

・・・・

5%近くも馬力が改善されているのに

・・・・

体感のみでの評価は

やはり

難しいのですね。

IMG_8020aaa (2).JPG

 

DSC_5148.JPG

 

もう一度純正エキマニでの計測を行い

その後グラフを重ねてみますね♪

 

 

 

 

 

 

理科室的考察

 

良くないですね・・・・・・・・・・・最近のガソリン。

 

給油するスタンドによって異なりますが

・・・・

近所のスタンドで入れると

パーシャル2500~4000rpm領域で

ノックリタードが効いている筈なのに常時カリカリ言ってます!

 

(15年前のハイオクガソリンは・・・ノックリタードが入ればノックすることはなかったのに。

 

 

最近はバイオ混合燃料より普通のガソリン・・・それもその時々で異なる製油所の・・・・ガスを仕入れるスタンドのガソリンが

よろしくないみたいです。

(( 収益重視は・・・低品質・・・か? ))

 

最近試しに大手直系の・・・・・・・・・バイオアルコール混合ガスを給油したら・・・・ノックしなくなった時もありました。

 

古めのスポーツカーに乗ってる・・・・・あなた・・・・・・ノッキング音聴き分けられますよね?

 

DSC_5081.JPG

 

 

 

 

 

 

 

思わぬ結果に終わってしまった

先週のダイナモ試験

 

A の様になるんじゃないかと・・・・思ってたのですが

さに非ず

結果は B の様なものでした。

 

DSC_5091.JPG

 

プライマリーパイプ径を・・・・・ほんの少し太くして

・・・・

長さをそろえただけですから

・・・・

良い方向に振れても

ネガは・・・・出ないであろうと・・・思っていたのです。

 

16.10.4-EXMANI-HIKAKU.jpg

 

 

そこで

・・・

(( 最近・・・こっちの方が正しい考え方・・・・なんじゃないかな~?))

((( っと思っている )))

https://www.saclam.com/cgi-bin/mt5/mt-search.cgi?search=%E7%90%86%E7%A7%91%E5%AE%9F%E9%A8%93&IncludeBlogs=6&limit=20

ホルツヘルム ヘルツホルムレゾネーターが自由に呼吸するときの空気の出入りを基に

(( ず~~~~~~~~~~と間違えてました・・50年間も・・・・・・大汗!!))

エキマニの吸出し効果を考えてみました。

 

( シリンダー容積や・・・・排気バルブのリフトが・・・常時変化する訳ですから・・・少々強引な設定ではあります。)

 

 

プライマリーパイプが長くなると波長が伸び

短くなると・・・波長も短くなります。

DSC_5089.JPG

縦軸はシリンダー内の圧力

横軸は排気バルブが開いてから閉じるまでの経過時間です。

 (エンジンの回転速度によって閉じるタイミングが変わります。)

 

排気バルブが開き・・・排気ガスが放出され

その勢いで・・・シリンダー内の圧力が負になったときに・・・吸気バルブが開き始めれば

シリンダー内に新気が・・そうてんされます。

(( 馬力でるのです! ))

 

逆にシリンダー内圧が正の時に・・・・吸気バルブが開いてしまうと

インテークポート方向に排気ガスが逆流し

パワーダウンを招いてしまします。

 

DSC_5088.JPG

 

そこで

今回の様に・・・理想長さよりはるかに短いプライマリーパイプを・・・小変更した時の

ケースを

考えてみました。

 

少々大雑把でありますが

オレンジがチョイ太めの試作品で・・・・ピンクは純正品

と・・考えてください。

 

7000~6000rpm近辺では

パイプ径の太い試作品の方がシリンダー内圧力は低く

 

6000~3000rpm域では

パイプ径の細い純正品の方が有利です。

 

DSC_5090.JPG

 

 

かつて・・・大変苦労してしまった・・・E46M3のケースに当てはめてみますと

7000rpm近辺は圧倒的に750㎜プライマリーが優れ

(( しかしこの時・・・・VANOS制御のため吸気と排気のカムが離れ・・・・オーバーラップが無くなり ))

(( 吸出し効果が活用できず ))

 

5000rpm~3000rpm領域では・・・・逆に750㎜プライマリが負けています。

(( この時吸気&排気のカムが寄り・・・大きなオーバーラップが生じ・・・・排気ガスがインテークに逆流 ))

 

DSC_5089.JPG

 

さて

まだまだ書きたいことはありますが

・・・

1ZZ排気管のテスト準備をしなきゃなりません。

 

また後で・・ね♪

 

 

 

 

 

 

 

騒音テスト

 

日曜日の夕刻

テストコースを借用して

加速走行騒音テストを行ってきました。

 

 

DSC_5069.JPG

 

 

 

F56COOPER-S

 

気温低下に伴う騒音値の上昇を確認してきました。

寒くなると吸気温度が下がりますし・・・・加えてインタークーラーの効率も上がりますから

吸気密度がどんどん上がり

・・・・

その分・・・・アクセル全開時の・・・・・出力と排気音圧が・・・・・上がってしまいます。

 

従い

インタークーラー付TURBOの場合は

NAに対し

少し多めに騒音値の余裕を確保しておきたいのです

 

もう一手・・・考えなければ・・・・なりません。

 

DSC_5073.JPG

 

 

FT86

 

認定用のサイレンサーを作るつもりで

作り込んだ一品ですが

 

その騒音値は・・・・ボーダーラインぎりぎり

 

こちらも・・・次の一手を・・・加えねば!

 

今月中に第三者機関に持ち込むことを

目標としています。

DSC_5062.JPG

 

テールピースは・・・これで行きます!

 

DSC_5065.JPG

 

 

S660

 

パイプの全長を2種類に絞り

それぞれの長さでサイレンサーを作り込んでいる最中です。

 

現在のところ

どちらのサイレンサーも・・・・突き詰めて行くと・・・・同じような音に・・・・収束するみたいです。

 

この子が・・・一番・・・難しいや・・。

DSC_5068.JPG

 

 

 

 

1ZR AIR BOX

 

エキマニの比較試験に引続き

AIR BOX KITのパフォーマンスもテストしてみました。

 

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2013/11/zr-17200-el5-k000-air-box-kit-for1zr-157500-5.html

IMG_9056.JPG

 

 

 

テスト時の動画が

こちら

シャシダイナモテスト 動画.mp4

 

 

DSC_4943.JPG

 

 

 

 

純正エアーボックスでの計測値は129.3PS/6800rpm

(点線のグラフ)

この数値に対し・・・・駆動ロス補正分の10%をプラスすると・・・・・142.2PS

(( 20%プラスとする場合もあるようですが、過去にエンジンダイナモでの計測値と比較した結果弊社では10%としています。 ))

 

LOTUS社の公表値が 136PS/6800rpm ですから

チョイ高めに出ましたが・・・・・信頼できる計測値と・・・・・判断しています。

 

 ((計測馬力が高いのは・・・ダイナもテスト用の低抵抗サイレンサーの影響が・・・少し出ているみたいです。))

 

 

SACLAM製 AIR BOXを装備した時が132.4PS/6800rpm

(実腺のグラフ)

これに駆動ロス分を加えると145.6PS

 

純正品の計測値に対し 3.4PS  ほど向上しています。

 

2ZZの時は5馬力ほど取り分が有りましたが、最高出力の少ない1ZRである事を考慮しますと

上出来の数値です。

 

下のグラフを見てみると

おおよそ3500rpm~6800rpmの速度域で純正エアーボックスを上回っていますので

充分体感のできる商品だと思います。

 

 

5500rpm~5800rpmにみられるトルクの谷は計測時にデーターが暴れる不安定域でしたので

(シャシダイナモの計測モードを変えると大きく持ち上がったりしますので)

深くは追求せず・・・無視いたします。

 

 

 

 

16.10.4-AIRBOX-HIKAKU.jpg

 

 2ZZエンジン関連のパワーチェック関連記事

以下の通りです。

https://www.saclam.com/short_topics/el3_exmani/el3_exmani.html 

https://www.saclam.com/short_topics/elise_power/elise_power.html 

https://www.saclam.com/diary/111r_dainamo_test/111r_dainamo_test.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/post-971.html

 

 

 

 

 

 

 

BEAT ENGINE

 

昨日

久々に時間が取れたので

 

ステップワゴンに

NC1用のエンジンを積み込んで

取引先様 と 秘密基地まで

行ってきました。

 

 

2台を

リビルト中の

BEAT用エンジンですが

・・・・

ボーリング・ホーニング後のWPC処理を完了し

後はバックオーダー中のTDCセンサーを待つばかり

 

 

サビサビだったブロックの外壁もこの通り♪

大分・・手間暇かけた・・・様子です。

 

(大型のサンドブラストケースを購入しといたほうが良いかな?)

DSC_4995.JPG

 

 

シリンダーウォールに・・・MoS2ショット

 

DSC_5003.JPG

 

 

過去に

自分で磨きこんだ・・・・・・アルミ鋳物のオイルパンなど持ち込まれたことのある・・・・オーナーさんの気持ちを察し

ブロック内面も・・・ピカピカ研磨♪

 

DSC_4997.JPG

 

 

ピストンは WPC処理

 

 

DSC_4990.JPG

 

トップリングが DLCで  セカンドリングがWPC

DSC_4992.JPG

 

 

オイルポンプローターは Snショット

 

DSC_4994.JPG

 

 

スラストメタルは  MoS2ショット

 

DSC_5013.JPG

他のメタル類も MoS2ショット

DSC_5004.JPG

 

カムシャフトも・・・MoS2ショット

ロッカーシャフトは一本のみDLC

( エキゾースト側の摩耗が大きいのでこちらのみDLC処理いたしました。 )

DSC_5011.JPG

 

 

エンジンごとに若干表面処理の組合せが異なりますね。

 

多分

これまでの試行錯誤と・・・・その日の気分が・・・・影響しているのであろうと・・・・思います

 

 

 

 

 

 

1ZR EX-MANI

 

 

シャシダイナモを借りて何をしたかったかと言いますと

・・・・・・

・・・・

 

DSC_4965.JPG

 

 

1年前・・・・・凄腕インターン君に試作してもらった・・・・1ZRエンジン用の

エキゾーストマニフォールドの

性能評価

 

 

あまり過激な設定をしてしまうと・・・直ぐにご機嫌を損ねてしまう・・・最近のエンジンですし

さらに

レブリミットが7000rpm以下の・・・・決して高回転型とは言えない・・・・エンジンスペックですため

・・・

欲張らずに

プライマリーパイプサイズを一回り太くし・・・・・4気筒のパイプ長さを揃えただけの仕様です。 

 

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/09/1zrex-mani-1.html

 

DSC_4949.JPG

 

 

半日かけて測定モード調整を行い

線図が重なるようになってから計測を開始

 

 その

 結果が

・・・・

下図となります、

 

点線が・・・・・純正エキマニ装着時のパワー・トルク

実腺が・・・・・試作エキマニ装着時のパワー・トルク

です。

 

6000rpm以上で2~3馬力取れましたが

6000rpm以下では全域で純正エキマニの方が上を行ってまして

・・・・・・・・

ワイドレシオなミッションとの組合せられている1ZRエンジンですため

部品交換のメリット無と判断

1ZR用のエキマニ製品化は

断念いたします。

 

シャシダイナモの最高回転を6800rpmに設定しての測定でしたが

ワーカーブは6800rpm時でも右肩上がり

・・・

さらに回転を上げれば・・・・・その差はもう少し大きくなるとは・・・・・思います・。

 

16.10.4-EXMANI-HIKAKU.jpg

 

 ちなみに上記の結果は

 

ノーマルECU(データー変更なし)

純正エアーボックス

純正触媒

シャシダイテスト用の大型消音器(Φ60.5ストレートの高効率構造)

 

との組み合わせ下で

 

駆動ロス分の補正を行っていない生のデーターです。

(温度や気圧はDIN方式で自動計算しています)

 

 

 

 

さて・・・次は・・・・新潟の男爵お待ちかね・・・・・1ZZをテストいたしましょ♪

 

 

 

 

 一番小さいので良いから

 

1台欲しいな~

 

 ダイノパック

 

 

JOHNさんは働き者!

 

 

 

ダイノパック・ジャパンのJOHNさんが

来社された際

・・・

「僕の予算で買えそうな・・・・・中古品・・・・有ります・・・かね?」

っと

質問したら

・・・

「じゃあ一回使ってみたらどうでしょう?」

 

となり

・・

・・・

数日間・・・・有料ですが・・・・借用させていただき

ました。

 

DSC_4907.JPG

 

 

 

久々のシャシダイナモテストでなので

機材のセットアップや 操作のレクチャーに

1.5日ほどお付き合いいただき

・・・

何とかパワーカーブが重なるようになりました。

 

DSC_4911.JPG

 

 

 

この方が

ダイノパック・ジャパンの

JOHN さん

http://www.dynapack.com/japan/ 

この業界で・・・・この人を知らないあなたは・・・・もぐりです!

 

 

DSC_4899.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜日

 

 

サイレンサーの装着作業 3台

エンジン関連の打合せ 2台

お預かり車両の入庫対応

二人掛かりで分担しても・・・・・目一杯な土曜日でした。

 

DSC_4865.JPG

 

この位の慌ただしさが・・・経験上・・・・私共の上限値。

 

これ以上にドタバタ・ジタバタしましても

・・・

小さな器から

水があふれてしまうだけ

 

午後にご来社の皆様には・・・予定外にお待ちいただく事に・・・・なってしまいまして

申しわけありませんでした。

 

皆様・・・ご来社・・・・ありがとうございました!

 

DSC_4855.JPG

 

 

 

 

究極のエンジンを求めて

自動車業界に身を投じたのに

・・・・・・

・・

何故だか熱効率のよろしくない

20世紀の名車がご趣味のオーナーさん

DSC_4828.JPG

昭和の名車である・・・秘蔵の2台は・・大切に置いといて

・・・

こちらの986スパイダーをスポーツ走行用に入手され

 

当然の如く

SACLAM装着と相成りました。

 

 

DSC_4833.JPG

 

ミラーサイクルエンジンのお話で・・・・以上に盛り上がってしまった U~ と オーナーさん ですが♪

 

お聞きしてみたら

兼坂先生サイン入りの一冊をお持ちなんだそうで

・・・・・・・

あたしのは・・・サイン入ってないし

・・・・

負けたわ!

DSC_4875.JPG

 

 

 

2代続けて・・・カーキチ・・・親子!

 

無改造のAE86であります。

 

 

内装もきれいだし外装もピッカピカな

一台に

DSC_4851.JPG

 

純正触媒対応用のデフ上レイアウト品を

装着させていただきまし。

 

試走から帰ってきたときの・・・旧MINI乗りだったお父さんの笑顔が・・・・とっても素敵でありまして♪

 ( うちの家族なんて・・・なに・これ・・・・・いい歳して・・・ウルサイ車ね~~~。 ですからね・・・。)

 

排気管一本で・・・こんなに喜んで・・・・もらえて

・・・ 

作り手としては・・・これ以上何も・・・・望む事など

ありません♪

 

DSC_4853.JPG

 

 

 マツダスピード・リヤバンパーリップ

先週に引続き

マツダスピード製のリヤリップを装備された

NDさんが

入庫されました。

 

先週ご来社された白のNDさんより送られてきた写真を見て

・・・

前回より少し広めに・・・・断熱テープを・・・・・貼ってみました。

 

DSC_4839.JPG

 

 

装着作業後

バンパーリップの昇温具合を見極めるため・・・期間限定でサーモシールを貼り付けさせて

いただきました。

DSC_4862.JPG

 

1~2週間ほど・・・温度のモニター

よろしくお願いいたします。

DSC_4866.JPG

 

 

 

 

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ