2016年2月アーカイブ

2リッター・4気筒・TURBO

 

NA6が戻ってきました。

・・・・・・

幌も・・・・シートも・・・・ピッカピカ!

おまけに・・・ナルディ製のシフトノブが・・・新しくなってるし♪

 

タメ五郎さん

プチ・レストア・・どうも・ありがとう♪♪♪

DSC_0767nnn (4).JPG

 

 

2リッター・4気筒・TURBO

 

新車を受取ったその足で

・・・

(奥方様に見聞いただく前にですよ・・・。)

・・・・

急ぎSACLAMに・・・・ご来社された

・・・・

ある意味・・・とっても・・・お▽★な・・・オーナーさんの 

新しい愛車です!

 

4本出しのテールピースが・・・ちょいやり過ぎなのではと思いますが、

ライバルとなる

WRX STI, GORF-R、等が4本テールにしてますから

 ・・・

デザイナーさん達として・・・・・負けるわけには・・・・行かなかったのでしょうね

DSC_0767nnn (9).JPG

 

 

でっかいホイルとブレーキが・・・・MEGANE-RSを彷彿させますね。

 

DSC_0767nnn (10).JPG

 

走行100㎞の新車ですため

 

流石に

音チェックは無理

 

慣らし運転が終わったら・・・一度味見させてくださいね♪

 

DSC_0767nnn (11).JPG

 

 

 

 

 

金曜日

 

秘密基地近くの

関東マツダ・ショールームが新装されていました。

 

 

この写真ではうまく表現できなかったけど

 

展示車両の色が・・・・イメージカラーで・・・・統一されていたり

内装や照明との・・・バランスも良くって・・・・凄~~~~く良い雰囲気♪

  

入れ物が良いと・・中身も良く見えてくるのですから・・・・・不思議ですよね♪

 

BMW等・・・欧州車のショールームを超えてる様に・・・感います♪ 

DSC_0291yy (2).JPG

 

 

常連さんから長期借用中のND・ロードスター

((どうも・・・すいません・・。))

・・・・

懸案でありました

近接排気騒音の安定性 と 冷間始動時の爆音

についても

何とかバランス点に至りましたので

DSC_0291yy (4).JPG

 

これから

現在の仕様に

若干の仕様変更を加えながら・・・・商品立上のための部品手配と

と第三者機関への申請準備に

入ります。

 

(( なるべく前倒しするよう頑張りますが・・・・第三者機関の認定取得は・・・・・4月位になってしまいそうです))

 

DSC_0291yyy (7).JPG

 

 

 SPIDER

 

3月最初の土曜日納車

目指して

 サイレンサーを・・・・新たに作り直し中です。

 

DSC_0759.JPG

 

ユニットはすでに用意してあるし

パイプは音出しに使った試作品の形をそのまま踏襲すれば完成。 

 

後はエキパイに近すぎた左側吊金具形状に改良を加え

作り込み

・・・・

チタンテールを装備すれば

完成となる筈です

 

 

DSC_0740bb (1).JPG

 

 懸案だった

ステンレスパイプ と チタン・テール との結合

ですが

・・・

小型のレーザーカット・フランジを製作してみました。

 

DSC_0740bb (2).JPG

 

これをクラフトマン君に渡し

キレイに 溶接してもらえば・・・完成するはずです。

 

DSC_0740bb (3).JPG

オーナーさん

3月5日(土)

ご都合如何でしょう?

 

 

 

 

 

86 EX-MANI

 

MAXIM WORKS さんの FT86用・EX-MANIに つきまして

報告させていただきます。

http://maxim-works.com/blog/?p=6097 

昨年度秋

第三者機関による排気ガス検査に合格いたしまして

その後

MAXIMさんの社内で

長期間の走行モニター と 量産立ち上げ準備が 行われているところですが

 

MAXIMさんに・・・特別にお願いして

 長距離モニターを兼ねた・・・・音開発用を・・・・量産に先行して

1キット

量産前性能確認品

として

特別に組み立てていただきました。

(( 市販用の生産はまだ先です。))

 

バフ研磨せずに組み立ててあるところが

特別な一品である事の証です。

DSC_0291yyy (2).JPG

 

この品

日常使用時の細かな不具合の有無を事前に確認するために

ASMさんのテスト&デモ車両に装着いただき

長期間のモニターテストに入っていますので

http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3056 

 ・・・

販売開始はまだ先になる見込みですが

気になる方はASMさんに・・・・問い合わせてみてはいかがでしょう

http://www.autobacs-asm.com/ 

DSC_0291yyy (1).JPG

 

このエキマニとの組み合わせなら・・・良い音が出るかもしれません♪

 

 

 

 工作室

 

GVB WRX STI

 

ご予約いただきました皆様大変お待たせいたしました!

GVBセカンドロットが完成しましたので

本日出荷させていただきます。

DSC_0291yy (5).JPG

 

 

ELISE 1ZZ / 2ZZ

 

ご予約済の1台

先行して製作いたしました。

残り4台の完成は3月上旬となります。

 

DSC_0291yy (6).JPG

 

 

Z4M

 

今月中の出荷を目指し製作しています。

在庫用も1キット製作中です!

DSC_0291yy (7).JPG

 

小さい方のΦ70SACLAMリングも

倉庫中を探し回り

最後のロストワックス製素材を14個見つけてきました♪

 

Mk.1 ELISE と Z4M にしか使わなくなった素材ですため

この数量を使い来た時点で

テールピースデザインが変更となってしまいます。

 

現行のSACLAMリング付をご希望の方はお早めにご発注くださいね。

DSC_0291yy (8).JPG

 

 

 

 

 

工作室

 

 在庫情報を更新しました。

https://www.saclam.com/todays/zaiko/

*******************************

  

GVB WRX STI 

 

最北端に在住のオーナー様大変お待たせいたしました!

#2ロット・・・完成間近です!

 

 

(( 1キット在庫分を確保予定です。 ))

 

DSC_0291yyy (6).JPG

  

DSC_0291yyy (3).JPG

 

 

 

 

ELISE S (2ZR)

 

 4キット製作しましたが

完成前に全数売約済となりました。

 

どうもありがとうござます♪

DSC_0291yyy (5).JPG

 

商品立ち上げ後より

組立て方法や治具類に改善を加えながら

4ロットを生産した訳ですが

・・・・・

3室一体設計の2ZRユニットの生産性が思うように上がらず

苦戦しています。

 

申しわけありませんが

(2ZR用サイレンサーキットに限り)

次回の生産分より・・・少し値上げさせていただくかも・・・・しれません。

 

DSC_0694.JPG

 

 

テールピース

 

音質と音量の事を考えると

テールピースなんて・・・無い方が良いのです。

 

これまでに

無い方が良い音だし騒音値も上がらない・・・・と言う場面を何回も経験してきたのです。

 

でも しかし

たかが・テールピース    されど・テールピース

 

見た目だって・・・・無視しちゃあだめ・・・スタイリングも性能の内なのです。

 

 

 

 

これまでは、10年以上前に設計したSACLAMリングが有りましたので

このリングを組み合わせればそれで出来上がり

・・・

それ以外によけいな事を考える必要がなかったのです

 

しかし・ここ最近

車のサイズが大きくなり・・・・・・・より・デザイン性を・・・・追いかけた姿になりまして

・・・・・

何時ものSACLAMリングでは

対応出来かねることがしばしば発生しておりました

・・・・・

 

 

そんな訳で・・・・2年ほど前より

あれこれと

新作テールを考案中なのであります。

 

 

DSC_0291yyy (13).JPG

 

 

SPIDER

用に試作中のチタン三角テール

 

とりあえずステンレス製と同じ要領でここまで出来ました。

 

次は

ステンレスパイプとの結合方法を考案しなくっちゃ!

 

DSC_0291yyy (12).JPG

 

 

こちらは

F56 COOPER-S

用に試作検討中の・・・・ハイブリットテール

 

総削りのエクスポーネンシャル・テール に カーボン・アウター を

組み合わせたものです。

 

こちらも・・・結合方法を・・・・考案中です。

DSC_0291yyy (11).JPG

たかがマフラー・テールピースの事なのですが

商品化するまでには

あれこれと解決しなくてはならない課題が山積みなのです。

 

 

 

 

 

エスケレートさんから2種類の新作専用シートをお預かりしました。

 

NDロードスター用 と S660用 です。

 

しばらくの間

ELISE用専用シートに加え・・・・・上記の2種類を・・・・・お預かりしていますので

試座希望のオーナーさんは・・・・一声かけてくださいませ。

ご来社前にご連絡くださいね♪

 

 

DSC_0510.JPG

 

着座位置を下げ

2座席スポーツカーの狭い空間をゆったりと使うためのシートです。

 

DSC_0514.JPG

 

 

ヘッドクリアランスが不足気味でご不満の方のは

お勧めかもしれません。

 

DSC_0516.JPG

http://www.fatrastyling.jp/

http://www.esqueleto.jp/esqueletostyle/esq_brisa.html

http://www.esqueleto.jp/

  

 

 

昔話 

 

いきなりバケットシートの話になってしまうけれど
 

その昔

所属していた秘密組織で
   フル・バケットシートの開発テストに携わったた事がある。


単純にバケットシートを商品ラインに加えたかったのだが
どんなものを作ったら良いんだろうか?
というのが

はじまりであった

 

(( 商売優先の商品とは言え ))

 (( メーカーに作ってもらって・・・・ブランドネーム入れて売るだけじゃ・・・・つまんないじゃないか! ))

(( と言うのが・・・本心だった・・・笑♪ ))

 

 

デザインとか・・座り心地やら・・・・ホールド性は・・・・当然ながら重要項目!
しかし

安全性に関し・・・・・・・あまり語られる事のない・・・・・時代だった。

(たかが15年前です。)

((今から・・・20数年前です。))

 

それより10年ほど前
北米のクラブレース用に・・・・FFハッチバックレーサーを組んだ時

SCCA(スポーツカー・クラブ・オブ・アメリカ)ルールでは

(アメリカ人はFIAルール等使いません!)

シート背面が・・・ロールケージ部分と

強固なステーで結合されてる事が要求されていた。

 IMG_4232kkk (2).JPG

スピン中に後方追突したり・・・されたり

宙返りクラッシュなどで・・・後方着地してしまった時

 

バケットシート背面が壊れ・・・あるいは・・・シートレールごとすっ飛んで

背骨にダメージを追う様な事故を防ぐため

安全ルールなのだ。

 

コンクリート壁ぎりぎりを300km/hで突っ走るストックカーレースの国だから

ロールケージの組み方も・・・・ドライバーの保護最優先。
               

大きなクラッシュ事故等があると

ロールケージ屋さん達が
すっ飛んできて                   
「今後の安全確保技術向上のため・・・・・見学させてください!」

・・って・・

ピットまで見に来るのだよ!!
 

     
チョイ前にクラッシュし・・・あまり雰囲気の良くないチームでも

いやな顔しないでさ

「ど~~ぞ!!」

という具合の・・・・世界なのだ。

((彼ら・・・サムライ精神を・・・持ってるね!))

 

IMG_4232kkk (1).JPG 

横道にずれちゃったんで戻すけど
前方衝突には・・・・・シートベルトが有効です。


でも・・・後方衝突には・・・シートベルト効きません。
                    

そして・・・・・バケットシートが・・シートベルトの変わりに・・・・体を保持します。

 

ヘルメットの場合には、
JIS規格とか・・・・スネルとか・・・・・安全基準があったけど、


レーシングバケットには・・・何の基準もない時代。

               
そんでも・・・・安全に関わる物を作る以上

何か基準値が必要!
             

と考え・・・・JARI にお邪魔して・・・・どの位の衝撃で・・・・人が壊れてしまうのか

教えを乞うて来た

 

どうやら頭蓋骨の中身(人の脳みそ)は

40G位の加速度が一定時間加わると・・・壊れっちゃうらしい。

 

じゃ・・・・▽★Gまでは・・・・バケットシートは壊れてほしくない!

と計算し                       

シートバックの静的耐荷重を設定した。


いろんな市販商品を買い集め・・・・・・・どの位でぶっ壊れっちゃうのか?

簡単なな破壊試験機を作ってテストした結果

こちらの想定値より・・・はるかに軽い荷重で・・・・壊れてしまう物が

ほとんど。

                  
シートバックに2トン位の荷重をかけなきゃいかんのだが

当時の市販品のほとんどは0.3~0.4トンで・・・・すっ飛んでしまうのだ!

しかし                   

唯一・・・2トンに耐えきったシートがあった

ドイツのレカロだ!

流石だった!

 

予想数値と・・・・・超一流製品の・・実際の破壊強度が一致したんで、

じゃっ・・・・これに負けないやつ・・・・作ったろ・・・・・

何脚・・壊したんだろうか?

         

(FIAがバケットシートの技術基準を作る数年前の出来事だった。)

 

あたしとジョーが破壊試験機製作&破壊テストとシートレール関連を担当し

エスケレートの社長さんが・・・・デザインと積層構成を受け持った。

(( 脇道にそれるけど・・ジョーさんとのイタリア紀行は・・こちら。))

 https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2009/02/u.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2009/02/post-788.html

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2009/02/post-789.html

 

開発テスト終了後

製品化は・・それぞれ別のメーカーレイアウトに・・・・なったのだが

(( あまのじゃくだから・・・・人と違うものを・・・・・作りたいんだよ! ))

 

源流は一緒だったんだ 


 http://www.esqueleto.jp/

       

 

 

 

 

加速騒音テスト

 

 在庫情報を更新しました。

https://www.saclam.com/todays/zaiko/

*******************************

  

テストコースの空きが出たので

加速走行騒音計測 と 音質確認テストを

実施してきました。

 

 

DSC_0614kk (4).JPG

 

音質チェックしながら

・・・

ユニット内部や位置等を小変更

DSC_0614kk (1).JPG

 8000rpmリミットのGVBでは・・・6000~7000rpmトップエンドのシャープな鳴きが・・・・成り立ちますが

NDの場合は・・・音のエッジを下げてでも鳴きの回転域を下げる方が・・・・良いみたいです。

 

(( まだまだ未完成な技術ですが・・・・以前に比べるとずいぶん多くの事を・・・・コントロール出来る様になりました。))

 

微妙な差なのですが

・・・

商品仕様の決定までには細かい事の積み上げが必要なのであります。

DSC_0614kk (2).JPG

 

 

MT-DRACO

さん

からの依頼で

 アバルト の ディアロジック に MT用に調音したサイレンサーを装備し

テストしてきました。

 

騒音値は基準内でしたが

ディアロジックに装備した時の排気音は・・・MT車に装備した時に比べ・・・聞こえ方がずいぶんと異いますね。

 

このまま行くか・・・・コストアップを無視して・・・追加ディバイスを開発装備するか

悩みどころです。

 

DSC_0614kk (5).JPG

 

 

 

 

テールピースのデザイン

につきまして

皆さまからご意見をいただくケースが増えているのですが

・・・・

テールに関しては・・・・自分の独断で決めさせていただく場合が・・・ほとんどです。

 

テールピースは・・・車のリヤ・デザインを決める重要な・・・・要素であります

(( 好き嫌いの出る部分です。))

同時にサイレンサーを構成する部品であり

意外に思われるかもしれ汗んが・・・・・音響構造を構成する・・・・大切な機能部品でもあるのです。

 (( 従って・・・選択肢がほとんど無いことも・・・ございます。 ))

 

テールパイプ内部の共鳴波 と テールピースの形状が 密接に絡んでくるのでありまして

(( ノウハウ部分ですため・・これ以上の詳細解説は・・控えます。 ))

 ・・・

金管楽器のラッパ形状はなんの為?

このラッパの原理をコントロールする方法は?

・・・

等々・・・考慮すべき事項が山積み!

・・・・・

デザイン上の好き嫌いのみで・・・・決定している訳ではない事

ご理解いただければ

幸いです♪

 

 

 

 

 

 

お客様

 

NJ50

 

久々ですが

スカイライン・クロスオーバーに

サイレンサーキットを装着させていただきました。

https://www.saclam.com/todays/stock_part/2013/12/ckv36-30-httpwwwsaclamcomtodaystodays-saclam201309post-1491html-j50-18000-ns3-k100.html

2010年3月登録、加速走行騒音規制前の・・・車体でしたため

証明書もナンバープレートも不要でありました。

DSC_0390bb (2).JPG

 MAXIMエキマニもご検討くださいね♪

 

 

 

 

GVB WRX STI

 

冬の夕暮れ

生のGVB SACLAM音を・・・実際に聴いてみたくなってしまった

お二人が

宮城県からご来社!

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/02/a-a-a-a-a-51.html

20代前半の若者2人を乗せ・・・・いつもの山間路へ出動してきました。

DSC_0390bbcc (1).JPG

 

如何でしたか?

 

DSC_0390bbcc (2).JPG

 

 

 

 

NCEC

 

ステーにクラックが発生し

ガラガラと酷い音を発するようになってしまった

弊社製のサイレンサー

直接ご来社いただき数時間かけて修理させていただきました。

新品購入後3年くらいまでは・・・商品自体を無償修理いたしますので

不具合を感じたら・・先ずはお電話・・・・くださいませ。

(頻繁なサーキット走行や大改造されたエンジンに装備されている場合はこの限りではありません。)

DSC_0390bb (4).JPG

 

 

 

 

 

昨年度第三者機関での性能確認試験をパスした

GOLF-6 GTI 向けサイレンサーキット

販売開始いたしました♪ 

https://www.saclam.com/todays/stock_part/2016/02/golf-6-gti.html 

商品品番: 18000-VW4-K000

GOLF-6 GTI 向けサイレンサーキット

車両型式: ABA-1KCC  エンジン型式: CCZ

 

 

商品代金: ¥237,600- (8%消費税込)

試験成績証明書代金: ¥16,200- (8%消費税込)

弊社での装着作業工賃: ¥6,480- (8%消費税込)

  

*6速DSG車専用です。

 

 (( 自画自賛となりますが・・・この排気管の出来栄えは・・弊社製品の中でもトップクラスです♪ ))

P2130311.JPG

 

 

 

 

ファーストロット1本目を装着されたオーナーさんから

装着後のご感想をいただきましたので

以下にて

紹介させていただきます。

 

DSC_0004ttt (1).JPG

 

********以下オーナーさんからのインプレ・レポ*********

  

装着後500キロ走行時の感想

 

ノーマルサイレンサーでアイドリング時800rpmほどの音階が

オクターブ2のC。 ドレミのド

つまり130.81HZ

とすると

SACLAMサイレンサーはオクターブ2のF。

ドレミファのファ。

176.61HZ

 

U~さんは装着前に

ノーマルと変わらないとおっしゃってましたが、走り込みを加えた今では明らかに装着時と音質が異なります。

 

1000rpm~3000rpm迄多少加速は良い程度。

劇的変化はありません。

 

DSGマニュアル固定にして3速3500rpm~4500rpmは

微かですが綺麗な鳴きが聞こえます。

 

オートマチックで走行しているとシフトアップが速すぎて全く共鳴音が聞こえません。

DSGをノーマルモード(オートマチック)で走るとほとんど鳴き音は聞こえません。

 

マニュアルモードで積極的にギヤ固定で走ると楽しい、

共鳴音を出せるようになるともっと楽しい。

そんなサイレンサーです。

 

********** 以上オーナーさんのレポートより ***********

 

 

お電話での話などを総合し・・・・・・まとめてみますと

以下の様になります。

 

窓を開けトンネルなどで反射音を聴くより・・・・窓を閉めてフロア通過音を聞く方が判りやすいし・・・楽しめる。

 

音圧に関しSACLAMの方が存在感あり。 走り込み慣れてくると・・もう少し小さくても良いなと思う。

音質:4500rpm辺りの鳴きが純正品よりきれい

 

DSGノーマルモードでは・・・鳴きの出る回転域を使わないので・・・純正と変わらず。

 

DEGスポーツモードでは・・・(音圧)存在感が増し・・鳴き楽しめる。

 

マニュアルシフトで・・・回転域とアクセル開度を調整すると・・・綺麗な領域を楽しむことが出来る。

(( アクセル全開&レブリミットが快音域ではないので・・・ご注意! ))

 

GOLF-5 GTIの・・・・過激な快音を期待すると・・・裏切られる。

 

(( 6GTIは・・加速騒音規制値・・・82dbですが))

(( 規制前の5GTIサイレンサーは・・・加速騒音値90dbです。 ))

 

最後になりますが

後ろ姿は非常に気に入ってもらえたようであります♪

 

IMG_2454.JPG 

 

SACLAM製品をご愛用いただきまして

ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

工作室

 

まだまだ真冬の工作室

 

体調を崩してしまう・・・・クラフトマン君たちも・・・・ちらほら

! 

DSC_0524tt (10).JPG

 

 

難物の2ZR向けサイレンサーユニット製作中の

ワカゾウ君

 

DSC_0446.JPG

 

 

DSC_0524tt (4).JPG

 

 

空手マン君の組上げた

MT/DRACO TWIN AIR 用 サイレンサー

(( ようやく・・・在庫できました! ))

 

DSC_0524tt (9).JPG

 

 

SPIDERの試作とNSXエキマニを並行して進める

工場長

。。

 

 

DSC_0524tt (11).JPG

 

寒い日は・・・・腰と肩が・・・・つらいみたい。

 

「「春・・・こね~かな~~~。」」

 ((心の声)) DSC_0583.JPG

 

 

 

 

 

雑記帳

 

昨日上着を脱いだと思ったら・・・・今日はストーブが必需品

・・・・・

春が待ち遠しいこの頃。

 

DSC_0448.JPG

 

雨が降る前の曇り空を利用して

・・・・

写真撮影してみた。

 

P2130323kk (2).JPG

 

ステンレス製品には・・・・・周りの光景や色が写り込み

あれこれと光をコントロールしないと

良い写真が取れない

 

曇りの日は・・・雲が・・・天幕となり

スタジオ写真の様な写り込み具合。

(( レフ板も天幕も不要です。 ))

 

ほれ・・・・・綺麗でしょ♪

P2130323kk (1).JPG

 

 

ちなみに

晴天の時は

天幕で直射を遮断しても

この様に

(修正前の生写真の場合)

全体が青みがかってしまいます。

 

空の青で紫外線が強いんだな

・・・

きっと。

 

P2130323kk (3).JPG

 

 

旧SACLAMガレージ

 

先週秘密基地に行ってきた。

 

ついでに

旧SACLAMガレージも覗いてきた。

(( Hさんは・・・居なかった・・・。 ))

 

ここから深谷市に引っ越したのが10年前。

(( ちょうど・・・このBLOGを・・・立ち上げた頃。))

https://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2006/02/

時が経つのは速いね!

DSC_0390bb (1).JPG

 

あの頃と変わらぬ朝霞駐屯地。

DSC_0390bb (2)b.JPG

 

 

Eテレ

 

この局・・・・・時々面白い実験番組・・・・放映している。

 

木を燃やすと...灰になって・・・・軽くなるけれど

鉄を燃やすと・・・質量が・・・・増えるんだそうで

(( 酸素と結合するから・・・・と言う理屈は・・・・・皆知ってるけれど ))

 これを・・・わざわざ・・・・実験検証。 

 

DSC_0524tt (1).JPG

 

どの様に燃やすんだろうなと思ったら

・・・

何と鉄をスチールウール状に・・・・・加工し・・・・これにマッチで点火!

・・・・

燃えるんだなこれが!!

 

で・・・・重量増えてる・・・・し

。。

 

ステンレスウールで着火実験したこと・・・・あったけど・・・・重量増加までは考えなかったよ。

 

学校で習った知識など・・・・言葉で納得してるだけで・・・・使えないことが多いもの。

 

実際に実験検証した人には・・・その周辺と・・・・・・さらに先が見えてくるもの。

(( ほんとだよ♪ ))

 

DSC_0524tt (2).JPG

 

 

にゃんこ

 

おしゃべりな同業者さんと

久しぶりに

街道沿いのスパゲッティー屋さんに行った。

 

食事を終えて外に出ようとしたら

・・・

にゃお・にゃお~ 「もらってくれよ~」と・・・・子猫の呼び止める・・・声。

・・・

足元付近を・・・・・・・・・・探してみたんだが・・・・・・・・・・・居ない・・・。

DSC_0524tt (7).JPG

 

 

ふと・・・見上げてみた・・ら

 

屋根裏の段ボールに・・・・生後1月ぐらいの子猫一匹

アメショか??

 

可愛かったんで・・・もらってやろうかと・・・一瞬・思ったんだが

 

DSC_0524tt (6).JPG

 

目が合ったら・・・・・声出すの止めて・・・・・・そっぽ向きやがった・・・。

 

もらい主を・・・・選別してるんだな・・・こいつ。

 

 

DSC_0557.JPG

 

 

 

 

 

2021年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ