等長エキマニ+SALAMサイレンサー

 

加速騒音規制対象年度のZ34SACLAMサイレンサーを装着され

 

 

その数か月後に

 

弊社推奨のエキマニを装着されたオーナーさん達から

 

ご感想をいただきましたので

 

 

その抜粋をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

SOさんからのインプレッションレポート

 

MAXIM EX-MANI + SACLAM加速騒音規制対応品

 

 IMG_7449ddd (2).JPG

 

 

 

************** 以下SOさんからのE-MAILより抜粋 ********************

 

U~様

 

お世話になります。

本日はありがとうございました。

早速ですがインプレッションをお伝えします。

 

「すばらしい・・・」

サイレンサーとエキマニが揃う事で本来のオーケストラが成立することを実感し

ました。

車内がコンサートホールになった錯覚さえ起こすほど・・・・

具体的に説明すると

・2000~3000rpm・・・ストレートシックスのような重厚なサウンド

・3000~4000rpm・・・低音と高音が調和し重奏感が高まる

・4000~6000rpm・・・まさに「鳴く」音色、高揚感がMAX

 

大雑把に分類して堪能できるゾーンが3種類存在。なかでも1番感銘を受けたの

が、3速4000rpm(100㌔弱)から5200rpm(120㌔ 弱)の領域

高速道路上での法定速度の範疇でSACLAM管の音色が堪能できた。(パーシャルか

らベタ踏みした瞬間は「咆哮」)

この音色に負けてしまい、帰路を遠回りしてしまったほど・・・

 

昨年試聴させて頂いた際「サイレンサーだけではこの音にはならない」旨の説明

が十分過ぎるほど理解できた。

サイレンサーの交換だけで満足していたなんて、なんともったいない事か!

例えるなら「専門店のステーキとファミレスのそれ」くらいの違い

決して安い金額ではなかったが見合う価値があると断言できる(サイレンサーの

み交換されている方には、是非エキマニも追加する事をお勧めしま す!)

量より質を求めるならSACLAM管がベターです!

 

 

************** 以上SOさんのE-MAILより抜粋 ****************

 

 

 

 

 

 

 

KBさんからのインプレッションレポート

 

ASM EX-MANI + SACLAM加速騒音規制対応品

 

 

IMG_6711aaaa (7).JPG

 

************** 以下KBさんからのE-MAILより抜粋 ************* 

 

U~様

 

いつもお世話になります。

昨年末ASMエキマニをZ34に取り付けさせて頂きましたKBです。

 

ASMエキマニ取り付け後、約1ヶ月程走行しましたで、インプレを

報告したいと思いメールさせて頂きました。

 

先ず、私の記載する内容はあくまで素人の感想と理解して頂け

ます様、お願い致します。

 

1.エンジン始動後

 

・エキマニ装着前は『グゥオーーーン』をザラツキが出た感じの音でしたが、

 交換後は音量が抑えられた『クーーーーン』と言った澄んだ音に変化

 しております。

 

 これは、エキマニが等長になった事で、排気干渉が低下した事による

 音の変化だと思ってます。

 

 また、暖気後のエンジン音は『音してるの?』は大げさかもしれませんが

 静かです。むしろエンジンの方が音がしてます。

 

2.走行音

 

・エキマニ交換後の3,500rpmから5,000rpmの音は綺麗に鳴きます。

 サイレンサー交換前もハーフアクセル時は綺麗に鳴いてましたが、エキマニ

 交換後の方が音量が増大しており、車が軽く感じます。

 しかも不快な音は0なので、耳に不快が無く、乗っていて

 疲れません。

 

 また、パワー感が増しており、3速以上で5,000rpm以上回せません。

 下道ではとんでもないスピードとなってしまいます。(免許無くなります())

 

・エキマニ交換後の回転上がりも純正と比較すると回転上がりが良く

 シフトUpタイミングが早くなってます。

 これもエキマニが純正φ38?不等長に対し、φ45等長の恩恵です。

 

 

 

*************** 以上KBさんのE-MAILより抜粋 ****************

 

 

 

 

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ