147TSオーナー様

147TS用サイレンサー製品の仕様変更することになりました。

中間パイプに共鳴式サイレンサーを追加します。
申し訳ありませんが、構成要素が増えまするため販売価格の値上げを伴います。
*商品詳細は、近々にSACLAMホームページにてご案内させていただきます。


目的は、常用域でのこもり音緩和です。

*****懺悔です******

このサイレンサー、バリバリのスポーツカーである111Rや46M3と同時期に開発作業を行いました。 またその頃の通勤車はチューニングされたオープンスポーツカー。
*当時の開発担当者(私です)は完全にスポーツカーモードでありました。
必然的に、バリバリチューンの147TSオーナーとなり調音。 嫌な音を殺すより、高回転時の快音を追求がテーマでした。
その後、数人のオーナー様よりこもり音低減の要望をいただきましたため、今回の仕様変更を決定いたしました。
今回の変更は、高回転時の元気音を阻害せぬ事が条件でしたので、まだ多少のこもり音が残りますが(随分と軽減されております)、もし現行製品のこもり音にお悩みのでしたら、有料になりますがご使用中サイレンサーキットの改造仕様変更をお受けしますので、購入店かSACLAMまでお問い合わせください。

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ