1984年

 

1984年の秋

訳も判らぬままにヴィザや国際免許を取得し

親分に言われたスーツやユニフォームトランクに詰めて初めて渡米した時の写真です

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/01/doug-peterson01.html

 

 LA到着の翌日

HRAとAHMスタッフさん達の用意してくれたキャンピングカーで

2時間ほどの所にある ウイロ―スプリングスまで移動し

CRXが出走しているクラブレースを観戦

asdewqryuik (11).jpg

 

AHMがクラブレース好きな友人達にCRXを貸し出していて

その車が走るレースを観戦できるようにアレンジしてくれたのです

 

当時盛んだったショールームストックと言う標準車に近いカテゴリーで

普段使いのCRXにロールケージと5点ベルトを組込み

タイヤ、ダンパー、ブレーキパットまでが交換を許された範囲

登録ナンバー付きのクラスです。

 

完全におのぼりさん状態の・・・わたし♪

asdewqryuik (12).jpg

 

 

その後

・・・・・・・・・・

近くの飛行場からチャーターした双発機に乗って

ラスベガスへ移動

 

なんて豪華なトリップなんでしょうか

♪ 

 

 

 

 

その前年まで・・・以下の様な状況下にありましたので・・・・そりゃ夢のような出来事であったのです

 

秘密基地以前の自分

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2019/04/b-2.html

  

asdewqryuik (10).jpg

 

 

全米のホンダデーラーオーナーを集めてMGMグランドホテルで開催される

コンベンションにこの車を展示して説明員をしてきたのです

 

 

あれこれと英語で質問されたけれど・・・・身振り手振りを交えて何とか返答していた自分

必死でしたが・・・・・何もかもが間違いなく・・・・憧れのUSAでした

 

asdewqryuik (15).jpg

 

 

 この白いCRX

北米仕様のキャブ車を製造ラインから引き抜き、

秘密基地に入庫して、

12バルブ・コンベンショナルヘッド・エンジンに載せ替えたもので

エンジン以外の組立作業は・・・(歳をくってはおりましたが)新人であった私の仕事でありました

 

 

燃料ラインやハーネスを大改修してインジェクション仕様に変更した訳ですが

前職がBOSCHインジェクション関連の業務でしたから

問題なく完了

 

鈴鹿に持って行ってチームヤマトが走らせていたCRXと比較テストを行った後に

北米向けの船に載せられた訳です

 

そうだ

Dougさんも良く知っている、HGWのKさんがダイナモチェックしてマップを小変更してくれたんです

 

 

 

 

こちらは1985年1月に2回目の渡米をした時の写真で

ウイロ―スプリングスで行われたGRX GT4向けエンジン案の実走テストに立ち会った時のスナップです。

自分は当時31歳、髪の毛フサフサで瘠せ形のスリム体系でありました。

 

右の人物はスペシャル・プロジェクトチームのボスで

バイキングの血を引くDIX

アメリカンホンダで2番目に採用された社員です。

http://www.saclam.com/cgi-bin/mt5/mt-search.cgi?search=%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF&IncludeBlogs=6&limit=20

 

 エンジンの腰下周りはほぼSTD・・・・オイルパンはノーマルでウェットサンプ。

高速コーナーでは油圧チェックランプが点灯していたという報告が有りました

asdewqryuik (13).jpg

 

 

こんなプロジェクトに関わっていた事も有るアルコール中毒一歩手前の楽しい人物でした。 

 

 

 

 

 

 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ