加速騒音規制対応品開発状況

 

2010年4月1日以降

生産された国産車

あるいは

輸入通関された・・・外国車

マフラーを交換する場合、

国土交通省の定めた基準にクリアしている事の証明が必要となります。

 

弊社でも

1年ほど前にCOPEN(MT)車の認定を受け

昨年暮れにはZ34用マフラーも完了

・・・

そして現在は

COPEN(AT)とNC2ロードスターに関して

申請中

なのであります

 

 

IMG_1740.jpg

 

 

NC2用(6速MT専用)加速騒音規制対応SACLAM管(近々に申請予定)

(DBA-NCEC)

 

リヤサイレンサーのみでの構成となります。

本日現在価格は未決定ですが

中間パイプが無くなった分・・・・・・価格も下がります。

 

規制前の車両にも装着できますが

組合せのの許容範囲等ございますので

詳細は直接SACLAMまでお問い合わせください

IMG_1764.jpg

 

 

 

 

COPEN AT車両用 加速騒音規制対応SACLAM管

(申請中)

 

中間パイプに

小型の高周波対応ユニットを追加しました。 

 

IMG_1741.jpg

価格はこれまで通りですが

AT用とMT用で

品番が異なりますから・・・ご注意くださいませ!

IMG_1760.jpg

 

IMG_1761.jpg

 

 

COPEN-AT

NC2 6速車

・・・

それ以降の加速騒音規制適合品の開発計画はと言いますと

・・・

(現時点では)

ELISE 1ZR

MEGANE-RS

FT86

予定しております

・・・

 。

 

ELISE

リヤアンダーパネル周りの位置関係が変わってしまい

現行商品は物理的に装着できません。

コンパクトサイズのサイレンサーに設計し直してから

加速騒音規制対応品の開発テストを

実施する予定です。

 

IMG_1763.jpg

基本構造が決まれば

SC等派生機種にも展開できるようになる筈です!

 

 

 

 

 

 

 

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ