工作室

 

昨日から各地で地震が相次いでいますね

 

昨日の午後群馬で直下形一発

 

SACLAMも・・・・一瞬・・・ガタガタッ・・・・と揺れました

 

今朝の地震・・・・大都市大阪で震度6・・・・だったのですね

・・・・・・

 

映像を見ますと・・・・壁が崩れたり・・・・・新幹線の橋脚がズレてしまったり

・・・

楽観視できない被害が出ている様子

 

被災された皆様にお見舞い申し上げます

 

 落下防止対策や数日分の水や食料の確保など・・・・・・・改めて見直しておいた方が良さそうであります

 

 

DSC_6250nnn (4).JPG

 

 

 

ND ROADSTER

 

6月分の10台を組立て中です。 

 

 

DSC_6311FF.JPG

 

 

数台分ですが、ご予約枠ございます。

 

 DSC_6261AA (3).JPG

 

 

NA ROADSTER

 

6月分の3キットを組立て中です。

2キット分が在庫となります。

DSC_6339hh (2).JPG

 

 

 

G7R

組み立てたモックアップを分解し

パイプ治具を準備しています

 

DSC_6339hh (1).JPG

 

  

 

 

M3C X-PIPE

 

最後の一本は

台湾AAI社からの依頼品となりました。

 

この作業後に組立て治具を解体いたします。

 

DSC_6261AA (2).JPG

 

 

 

 

 

 

犬の気持ち・・・・猫の気持ち♪ 

 

ペット達は・・・一目で・・・・その人がお友達になれる人か・・・・なれない人かを・・・・見分けるのだそうです。

((ファーストインプレッションは大事なのですね))

猫ちゃん達・・・・人の話す単語を400語位は・・・・聞き分けているという・・・研究結果もあるそうです。

 

確かに・・・YOUTUBE等で・・・飼い主さんとおしゃべりしている風な猫ちゃんも・・いらっしゃいますからね。

 

 

先ずはサイレンサー交換

F君のお仕事です。 

DSC_6292.JPG

 

並行して U~が

エアーボックスを交換

 

DSC_6291.JPG 

その後

ECUとエアフロセンサー間に・・・・・・バイアス度を調整する部品を装備し

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/11/post-1934.html

DSC_6264.JPG 

 

 オーナーさんのドライブで

長期トリム値を見ながら・・・・・助手席ドライブ

 

3回ほどの調整で・・・ほぼ適正値に入れる事が出来ました

 

 

DSC_6295.JPG ワンコの場合・・・・飼い主さんと仲良しになる事で・・・・良い関係を構築できますが

 

 にゃんこの場合は・・・・・彼女自身とお友達になる必要が・・・・有るんだそうです

 

な~~~るほど・・・・勉強になりました♪

 

 

 

 

 

 

 MUGEN バンパー

 

先月 MTB MEETINGで SACLAMサイレンサーに興味を持たれた

MUGENバンパーさんのBEATに

サイレンサーを装着させていただきました

 

脱着作業はDIYです!

 

DSC_6250nnn (5).JPG

 

 

 

 このバンパーに合わせ・・・・・テールピース位置を・・・・・・再設定するために

・・・

ワカゾウ君が作業を引き継ぎます

 

DSC_6250nnn (6).JPG

 

 

 

今回

オーナーさんのMUGENバンパーに合わせたテールピース位置を

組立て治具にも反映させることが

出来ましたので

・・・

今後は装着時の個別設定が不要となります。

 

オーナー様

ご協力いただきましてありがとうございました!

 

DSC_6250nnn (8).JPG

 

 

 

 夕暮れの雁坂トンネル如何でしたか?

 

DSC_6250nnn (7).JPG

 

 BEAT用サイレンサー・・・・3キット在庫中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

人気グループの新曲が・・・・・・ネット上で問題になり・・・・謝罪させられた。

・・・・

と言う話題が気になって

・・・・・

一体どのような曲なのかと思い・・・・・YOU TUBEで探してみました

 

HINOMARU

https://www.youtube.com/watch?v=mVYYWTGjU3k

 

 

 

 

 

 

 

とっても良い曲でありました

 

 

 

 

 

 

 

 

東京大学(それも教育学部)出で・・・・・左翼教師の多い付属中学&高校出身の

U~です

 

担任の社会科教師より

「国家は歌わなくても良いですよ」

とも教わっていたくらいです

 

(( あまのじゃく&おバカなので・・・洗脳されなかった?? ))

 

 

でも

「こんな事に・・・・ケチ付けるんじゃね~よ・・・!」

怒り始めている・・・自分が居ます

 

私のレベルを・・・・ネトウヨに分類するのなら・・・・多くの日本人は

ネトウヨなのだと思いますよ

 

 

 

 

 

 

ジムカーナ選手権にチャレンジ中のNSX-R オーナーさんが

2018年仕様のSPEC.C(Ti仕様)サイレンサー

引き取りに来られました 

 。

 

 

 

すでに2018年どの競技会の内数戦を消化済で・・・・2018年中盤からの排気系一新ですが

・・・・・・・

まあ小予算同士なので・・・カンベンしてください♪ 

 

https://minkara.carview.co.jp/userid/507896/blog/ 

 

装着前に・・・・・・・勝利の念を・・・・・入れているところ? 

DSC_6180.JPG

 

 

リヤオーバーハング部分の軽量化について

その効用を質問してみたのですが

・・・・

「シケイン等・・・素早い左右切り替えし時や・・・・・テールスライド時に等に・・・・お尻の収まりが速いです!」

 

「2Kgの違いなら・・・・・運転していて判ります。」

 

「ついでに・・・・以前のサイレンサーより・・・パワー感あります。」

 

との事でした

DSC_6188.JPG 

 2位入賞おめでとうございます!

 

 

 

 

 

987

 

今月下旬の生産開始に向けての準備作業を行っています

 

 

 

このサイズでは・・・・・運送会社さんが・・・・・・受け付けてくれないため

・・・・

3分割構成といたします

 

DSC_6011ttt.JPG

 

 

分割部分の結合フランジを全てをマシニング加工品にしてしまいますと

見栄えは非常に良いのですが

・・・・

チョイと重くなるのです

 

 

 

 

元々の純正品が軽量ですため

・・・

フランジの一部を軽量プレス品にしてみようと考え

・・・

工作室に常備してあるバー材を削り

・・・

こんな簡易型を製作いたしました

 

 

 

 

 

DSC_6206yut (1).JPG

 

この簡易型で

2㎜厚のステンレス板をプレス成型するのです

 

 

 

 

出来ました!

 

DSC_6206yut (2).JPG

 

チタン製のプレスフランジなども・・・・問題なく製作できそう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

GOLF 7 R

 

中間パイプの配管工事が・・・一先ず出来上がったので

 

DSC_6212jj (2).JPG

 

助手君にトスして

・・・・

治具上に反転しています。

 

中間パイプ用の治具は・・・・10年前に作ったVR32用の古い治具を改造して・・・製作いたします。

 

DSC_6212jj (4).JPG

 

 

 

リヤ側は・・・・GOLF7 TSI用の治具を・・・・改造して

共用治具にいたします

 

このリヤ部分・・・・・・・GOLF 7 GTI 用の・・・治具としても

共用できそうですね

DSC_6212jj (1).JPG

 

 

 

 

 

 取りあえず点溶接で組立て・・・・・・・・・・・車体に乗せてみました

 

 

 DSC_6256.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始めた頃は・・・・・・・・何も判らなかった・・・・・・・のです。

 

 

 

 

 

でも・・・・・見栄っ張り・・・・だから

・・・・

判ったふりをするのです

 

 

 

 

 

 

 

見栄を張ってしまうと・・・・結果を出さにゃ・・・・なりませんので

・・・・・

下手な鉄砲を・・・・・バンバン発射・・・いたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると

・・・

極まれに

・・・

まぐれあたりするのです

 

 (( 性格上・・・・・まぐれ当たりするまで・・・・・・・発射し続けます! ))

 (( ギャンブルやアルコールを嗜まないのは・・・自分の性格を知っているから・・・・でもあります。))

 

 

 

 

 

 

 

この・・・貴重な・・・・まぐれ当たりが・・・そこそこ重なり始めた頃から・・・・・本当の思考が・・・・始まる訳なのです

 

 

 

 

 

 

ちなみに

弊社の代表となったZ33向けサイレンサーキットは

 

 

 

その

まぐれ当たりの・・・・・・代表格でありまして

・・

 

 

 

 

排気管全体の分割バランス等

・・

かつてより随分と腕前を上げた・・・現時点の音響チューニングノウハウをもって・・・再チェックしてみても

・・・・・

改善の必要性を感じない・・・・出来なのであります

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/12/z33-10.html

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/01/z338-2.html

 

DSC_7320.JPG

 

 

 

しかし

・・・・・

まぐれは・・・・・まぐれで・・・・・ありまして

・・・・・

・・・

 

当時

別の機種で・・・・・・この音を再現できたのか・・・・と言いますと

・・・・

 

 

 

 

そうではありません

 

 

 

 

狙って作れるようになり始めたのは・・・・・・・・つい最近になってからでなのです

 

 

現在の目標は

・・・

 

 

 

一発必中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MEGANE R.S.273

 

 

本日午前中

SACLAMサイレンサー装着済のMEGANE R.S.273を 

第三者機関に持込み

加速騒音値確認審査に無事合格してきました

 

これで273馬力仕様のR.S.にもSACLAMサイレンサー装着可能となりました。

 

オーナー様

テスト車両のご提供ありがとうございます!

DSC_6195hgfd.JPG

 

 

18000-RE2-K100 MEGANE-RS用サイレンサーキットSPEC.2

250PS, 265PS, 273PS 車共用

製品代:¥210,000-(消費税別)

書類一式:¥15,000-(消費税別)

装着作業工賃:¥9,000-(消費税別)

 

http://www.saclam.com/todays/stock_part/2013/06/megane-rs-1.html

IMG_5889.JPG

 

 

 

IMG_5892.JPG

 

 

 

 

 

 

 

工作室

 

在庫情報を更新しました。

http://www.saclam.com/todays/zaiko/

**************

 

 

 

 

ZC31S / ZC32S

 

TM・SQUARE様収めのサイレンサーが出来上がりました。

 

DSC_6170aaa (1).JPG

 

ボーナス商戦用かな?

(( SACLAMでも1本ずつ在庫中です! ))

DSC_6170aaa (7).JPG

 

 

BEAT

 

6月予定分の4キットを組立て中です。

 

DSC_6170aaa (4).JPG

 

今なら短納期で納品可能です!

 

DSC_6170aaa (8).JPG

 

さてこれから・・・フロントパイプの組立て作業に・・・・・・取り掛かります。

 

 

 

 

ND ROADSTER

 

ND5RC向けを8キット製作中です。

*3キットご予約枠ございます。

 

MAXIMエキマニ対応サイレンサーも2キット製作中です。

*1キットご予約枠ございます。

 

DSC_6170aaa (3).JPG

 

出荷開始は来週半ばの予定です。

DSC_6170aaa (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

MEGANE RS 273

 

 

273馬力仕様のMEGANE RSをお預かりしました。

 

250馬力でスタートし・・・・・265馬力に性能アップ・・・・・ギヤ比違いなども発売され

既に4回ほど・・・第三者機関に持ち込んでの・・・騒音値性能確認を・・・・受験してきたMEGANEなのですが

この最終モデルでも・・・・・・エンジンの性能が変更されたため・・・・・再試験が必要なので

ありました

 

昨年度よりこれまで・・・・・・・・幾人かの273オーナーさんより・・・・・・・・問合せいただきましたが

なかなか双方の都合が合わずに・・・・先に進めなかったのですが

この程オーナーさんのご厚意で・・・この赤いMEGANE RS 273を・・・・認定試験に使わせていただく事と

なりました

 

認定試験は数日後ですが・・・・・大丈夫かな~・・・・・空模様

 

DSC_6076ggg (3).JPG

 

騒音性能自体には予備試験も不要なほど実績のあるサイレンサーですから

問題なしですが

第三者機関までの・・・・・移送費 と 試験費用・・・5回分を合計すると・・・・・かなりの金額

 

我々の様なごく小規模会社には重い負担でもあります

 

DSC_6076ggg (4).JPG

 

 

GOLF7R

 

GOLF7 TSI 用のリヤ・サイレンサーを仮付けしてみたところ

吊金具の位置はドンピシャでありましたので

・・・・

DSC_6076ggg (1).JPG

 

最初の2キット以降・・・・これまで全く・・・・・問合せさえ来ない

GOLF7 TSI向けサイレンサーを廃版にして

・・・・

R用に改造してしまおうか

算段していたら

・・・

・・・・・

TSI用のサイレンサーに関する問い合わせ一件

 

G7R とTSI向けの件用治具といたしましょう

 

DSC_6076ggg (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご質問にお答えして

 

 

ソテツの新芽に勢いが出てきました♪

 

DSC_6151sss (1).JPG 

 

 

 

 987

 

現在商品化作業中の987向けサイレンサーにつきまして

「前期型には使用できないの?」 と言う ご質問をいただきました。

 

残念ながら前期型には装着することが出来ないのです。

 前期型987のリヤ・サイレンサー内部には・・・・触媒が内蔵されておりまして

( サイレンサー交換 = 触媒撤去 )  となってしまうため

保安基準の規定外となってしまうのです。

前期型:ABA-98720 / ABA-98721

後期型:ABA987MA120 (ABA987MA121)

 

DSC_6036uu.JPG

 

 

ファイナル・ロット

 

F500 1.4 L向けMT/DRACOサイレンサーファイナルロット3本が組み上がり

ご予約いただいておりましたオーナーさんの

チンクに装着させていただきました

( あと2キットで完売となります。)

DSC_6151sss (8).JPG

 

 

(( 奥のG7Rは・・・純正触媒の組み付け作業しているところ。 ))

DSC_6151sss (7).JPG

 

ファイナル・ロットをご購入いただきましてありがとうございました!

DSC_6151sss (9).JPG

 

 

 

 

986

 

組み上がったばかりのサイレンサーを

ご予約いただいておりましたオーナーさんの986に組み付けさせていただきました。

 

(( 右側のG7Rは・・・・触媒組込みが終わり・・・・中間パイプのレイアウトをスタート。))

DSC_6151sss (3).JPG

 

実は・・・数日前にもご来社いただいたの・・・・ですが

某社製アフターマフラーが装着されていて・・・・・・SACLAMサイレンサーを組み込むための吊金具が

無く

・・・・・・・・・・

保管中の純正サイレンサーから取り外してもらい

再度のご来社となったのです

 

(7年前の失敗を・・・・繰り返してしまいました!)

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2012/12/post-1424.html 

申し訳ありません!

DSC_6151sss (5).JPG

 

無事装着完了♪

 

DSC_6151sss (4).JPG

a

DSC_6151sss (2).JPG

 

 

 

 

 

上記とは全く関係ありませんが

 

どこかの個人事業主さんが言っていた・・・「人生そのものが運任せ。」

と言う言葉

・・・・

・・・

SACLAM始めて16年目になりますが

・・・

・・

・・

全く同感なのであります

 

 

ですから

その日・その日に・・・・・出来ることを黙々と行うしか・・・・・ないのです

 

 

そんなことは判ってるはずなのに

・・・

何日も注文が来なかったりしますと

不安度はどんどん上昇

・・・

(神頼みは・・・あまりしないの・・・ですが)

・・・

こんなシールを・・・・・・貼ってみたくも・・・・・・なりますの

( 洒落だから・・・これくらいは・・・・良いだろ・・・。 )

 

 

DSC_6151sss (6).JPG

 

にゃんこちゃん・・・たのんだよ!

 

 

 

 

 

GOLF 7 R

 

 

午前中

試作品の残り物で作ったテールピースが

・・・・

視覚的に・・・・そこそこ好バランス・・・・だったので

・・・・

綺麗な素材で作り直してみた

 

 

二股の深さは・・・・・あと20㎜位浅く作れそう・・・・だが

・・・・・・・・

一度作ってみないと・・・・・そんな事さえ・・・・・判らないのだ

(( ここが深くなってくると・・・余計な共鳴波が発生して・・・手に負えなくなるのです。))

 

悩んでいると鬱になるので・・・・手を動かしながら考える

 

((3D・CADで作ったデジタルモックアップは・・・触れない所が・・・・欠点。))

(( 特にデザイン物は・・・・大きさと言う要因が・・・・思いのほか重要。 ))

((現物を作れるのなら・・・その方が間違いない。))

P6071700tre (3).JPG

 

 

さあ・・・どうだ・・・・・・・・・・・。

 

P6071700tre (2).JPG

 

質感が伴うと・・・・商品としての出来上がりも・・・・想像出来るものだ。

 

P6071700tre (4).JPG

 

 

P6071700tre (5).JPG

 

レンコンの穴に斜めに流れる気流が当たると

流れ音が発生する

時が有る

 

外側のテール内の排気流速は・・・内側に比べは高いので

レンコン上の飾り穴を空けず

・・・

エクスポーネンシャル形状

(( 斜めに排気流が流れても・・・・流れ音は発生しない。))

 

 

内側のレンコン穴で・・・・・・・笛吹き音が・・・・・・出てしまった場合の

対処法も用意しておく

 

P6071700tre (1).JPG

 

 

さて

・・・・・

大苦戦中の・・・・・触媒交換作業を・・・再開

 

 

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ