2010年4月1日以降に製造された国産車あるいは輸入通関された輸入車は加速騒音規制対象車両となります。
 
これらの車両にに装着できるマフラーは下記のように規定されています。
 
イ. 次のいずれかの表示が有るマフラー
 
  ① 純正品表示(型式認定を受けた自動車が備える純正マフラー)のあるマフラー
 
  ② 装置型式指定品表示のあるマフラー(自マーク)
 
  ③ 性能確認済表示の有るマフラー
    (国産車向けに売られている加速騒音対応マフラーのほとんどがこれです。)
     私共のZ34用マフラー等はこの方法で適合を証明しています。
 
  ④ ECE規則 Eマークが有るマフラー(輸入品の一部)
 
  ⑤ EU指令  eマークのあるマフラー(輸入品の一部)
 
ロ.次のいずれかの自動車等が現に備えているマフラー
 
  ① 加速騒音レベルが82db以下である自動車等
   公的試験機関が実施した試験結果(加速走行騒音試験結果)が必要になります。
    MEGANE-RS等は第三者機関発行の試験成績証明書を一台毎に用意します。
 
 
  ② 加速走行騒音レベルがECE規則またはEU指令・・・・・・・・・・。 
 
 
詳細は下記をご参照ください。
 
 
 
 

 

SACLAMパーツをご購入検討されているオーナー様と

SACLAMパーツの入手&装着を、お客様から依頼された専門店様にご案内いたします。

 

 

SACLAMパーツは、

SACLAM社から、専門店様ダイレクトに販売する事を基本としています。

 

フェラーリ、ロータス、M3、その他高度かつ繊細なスポーツカー向けチューニングパーツの

製造販売することでスターしたSACLAMです。

部品類との組合せ方や組み立て方、年式型式などの違いによっては

保安基準の枠組みを超えてしまったり

その部品や装着する車両の許容範囲を超えてしまう事も起こりえます。

そのような好ましくない可能性を極小化するため

SACLAMパーツの取扱と車種毎の基本知識を蓄えた専門店様へ、ダイレクトな部品流通を行っております。

ダイレクト販売イコール正確かつ確実な情報伝達につながりますし、

トラブル発生時の敏速な問題解決にも不可欠なのです。

  

上記の様なポリシーで営業しておりますため

アフターパーツ問屋様には大変申し訳ありませんが、問屋様への業販は創業当初からいたしておりません。

 

 

お客様よりSACLAMパーツ入手を依頼されました専門店様、ショップ様あるいは車両販売店様は

直接SACLAM社まで

部品販売についてお問合わせください。

 

 

直販を希望されるオーナー様へ

 

自己責任で作業を完結される強い意志をお持ちのオーナー様には

SACLAM社より直接販売もいたします。

 

また

お近くに専門店やSACLAMデーラーの無い地域にお住まいの皆さんで、

個人購入して自動車工場に持ち込まれる場合等にも対応いたします。

 

どういうルートで購入されるか・・・お迷いの場合には

解決案等ご相談させていただきますので、SACLAMまでお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交換用マフラー事前認証制度

 

 

 

 

2010年4月1日以後に国内で生産、あるいは4が値1日以降に輸入通関された車両について、

公的機関で(新基準へ適合が証明された)認定を受けたマフラーでないと装着できません!

 

 

規制対象車両の見分け方

 

車検証備考欄に

P1090318.JPG 

 

 

 

 

 

 

「マフラー加速騒音規制適用車」 という表記がある場合がこれにあたります。

P1090316.JPG

 

 

 

 

 

*それ以前に国内で生産された車両や、輸入通関された車両については、

今後も、従来通りのマフラーが装着可能です。

 

SACLAM管の認定申請は今後随時実施してゆきます。

新規性対象車両のオーナーさんでSACLAM管装着希望の方は、SACLAMまで直接お問合わせください。 

 

 

 

 

 

 

 

春と秋

オープンエアー・ドライビングには最適の季節ですね。

 

SACLAMでは・・何台かのテスト&デモ車両を・・・保有しています。

サイレンサー選択で・・お悩み中の皆さんには

特に・・サウンド体験されていない方には

助手席での試聴ドライブを・・・お勧めしています。

 

*高価な商品です。

購入後に・・・・こんなはずじゃ・・・なかったのに!!

という風になっちゃたら・・・・・悲劇です。

それは・・オーナーさんにっとっては勿論のこと・・・提供する側にとっても・・喜ばしき事では・・無いのです。

そんな訳で・・内容確認(音確認)されてから・・・ご決断いただく事を・・・お薦めしています。

 

外出予定が入っていたり、車両が手元にないことなどがござます。

助手席試聴をご希望される場合には、事前に・・ご予約お願いいたします・・ねっ! 

 TEL:048-584-7117

 

SACLAM_05.jpg 

 

 

 

 

 

 

COPEN

先週・・・SACLAMデモ車群に・・・・再び黄色のコペンが加わりました♪

土曜日にはSACLAM管の装着も完了しましたので

助手席試聴をご希望の方は・・・ぜひとも・・・ご来社&助手席体験してみてください!!

 

音圧の上がらない660ccエンジンですから

反響物の無い平地を走らせている限り

ただただ・・心地の良い音にしか・・・聞こえないと思います。

(これも・・・大変重要な・・・要素の一つなんですけれどね)

しかし・・・トンネルや・・・高架橋下などの・・・反響が効く環境下では

少しばかし・・・不思議な現象を・・・体験できるかもしれません。

 

 

平坦路で・・チョコット試乗する位では・・・・なかなか判らない音ですから

ご購入をご検討中の皆さんには・・・ぜひともSACLAMデモ車で・・・助手席体験してほしいのです。  

 

 

P1060407.JPG 

 

 

 

 

 

 

NA8 

吸気~エンジン本体~排気テールまで

久々に・・・全ての個所に・・・・・手を入れたSACLAM流・・ライトチューンの一台です。

(ECUは・・石井自動車さんが手を入れてくれました。ありがとう!!)

日本を代表する・・ネオクラシック・ライトウエイト・スポーツとして

本来の方向性をそのままに

メーカーが・・手を入れられなかった・・・未完成部分を・・・・現代の技術で完成させるべく

SACLAM流のライトチューニングを施してみました。

 

年月を感じさせない完成されたエクステリアデザインですから

サーキットボーイ向けではなくって

ツーリングオヤジ向けに・・・・・・・仕上中です。

 

これからNA8の・・・・・・ライトレストアをお考え中の方には

一度実物を見ていただく事を・・・お薦めいたします。

 

 

 

 

P1000376.jpg

 

今後半年~1年ほどは・・・デモ車として活躍予定です。

(その後は・・・・ご希望の方に・・・お譲りしちゃうと思いますが・・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Z34 (76号) 

大活躍の・・・Z34・・・76号です。

Z34フェアレデイ以外にも、V36スカイラインクーペや、Z33フェアレデイなども同系統の音色です。

排気管選びでお迷い中のオーナーさんには、ぜひとも聴いて欲しいのです。

76号の室内で聴く・・・・エキゾーストサウンド!

 

助手席試聴後の皆さんのご感想は

「You-Tubeで聴く音とは・・・・全く別物!」

「空ぶかしじゃあ・・・解らなかった!!」 

なのです。

 

P1010909.jpg

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NC1

NC1も・・・・ほぼ完成しています。

こちらもまた・・・ちょいと判りにくい音かもしれません。

最終テストや、MAXIMさんに貸し出ししちゃうこともありますので・・・・必ず事前に確認してくださいね。

 

 

P1060992.jpg

 

 

 

 

 

 

 

SWIFT

SWIFT君は代車役で大人気!!

出払ってしまう事も・・・・・・・・ままありますが

SACLAMに有るときには・・・助手席試聴お受けしますよ!

P1010359.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネット上の口コミ情報や・・・・・・

     YOU/TUBE等の・・・動画サイトを見られて・・・・・・・、

          SACLAM製品のご購入を検討中のオーナー様にお知らせです!

 

   車室内で聴く生のSACLAMサウンドと・・・動画サイトのそれとは・・・

        大きな隔たりがございます・・・・・・・。

             微妙なチューニングを繰り返して作られるサウンドですから・・・、

                 出来る限り・・・実際にご試聴されてから、

                      ご購入される事をお勧めいたします・・・・・・・・・・。

 

   高価な商品ですし・・・・・・・・、

       購入してから・・・・「こんな筈じゃなかったぞ!!」・・・・となってしまったら・・・、

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・悲劇です・・・。

                 提供する側の私共も・・・・そんな悲劇は極力回避したいと思います。

 

SACLAM社は・・・・・関越道練馬より・・35分ほどの・・・・花園インター近くです。

     *花園インターより・・・・(道に迷わなければ)・・・・5分です。

        http://www.saclam.com/contact/contact.html

            全ての機種ではありませんが、SACLAM社にも開発&デモ用の車両がございます。

               事前にご連絡いただければ、日時など調整させていただき・・・・

                   30分ほどの助手席試聴にご案内たしますので、

                      排気管ご購入を検討中のオーナーさんは、・・・・・・・・決断前に是非ともご試聴してください。

    

2010年1月16日現在の、SACLAM社保有車両は以下の通りです。

          フェアレディー Z34  

                ロードスター NC1

                     ロードスター NA8

                         R56 COOPER-S (2月よりデモ車用意できます。)

         *ご来社の場合には、事前にご連絡くださいね!    

 

 

COPEN用SACLAM管の試聴をされたい方は・・・・・・・・・・・、

      横浜のASMさんが試聴用のSACLAM管を用意していますので・・・・、

           ご購入をご検討中の方に限りますが・・・・・・・・・・・・、

                ご自身のお車に・・・・・・・・試着&走行も可能です・。

                      詳しくは、ASMさんにお問合わせくださいね。

                            http://www.autobacs-asm.com/

 

NA8用のSACLAM管は・・・・・・

     石井自動車さん(下仁田)のデモ車両に・・・本日現在装着されています。

         ロードスターの整備にお邪魔した際は、聴いてみてくださいね!!!!

              http://www.do-da.co.jp/

 

九州、四国、中国方面でフェアレデイ用のSACLAM管を試聴されたい方は・・・・・・、

       福岡のデイトナさんを訪れてみてはいかがでしょう??(事前連絡してくださいね!)

            ハードコア~軽整備まで何でもこなせるフェアレデイ専門店さんですから・・・

                 SACLAM管の試聴以外にも・・・貴重なアドバイスがいただける筈です!

                        http://www.z32.jp/

           

 

 

 

 

 

1