E30M3 エンジン#3 インテークポート加工


 


         

1

     

2

     

3

     
    この時代の量産エンジンとしては驚異的な加工が施されたスポエボエンジン。
フォーミュラ用の純レースエンジン並みだ!!
機械加工された吸気ポートと、奥側のカット幅が特徴的。
                       
 
 
         

4

     

5

     

6

 

 

 
   

もちろんやり切れていない部分だって残っている。ここをリューターを使って手加工修正。 
熟練が必要だよ!

           
     
                       
7       8       9      

マシニングセンターを使って、ボールエンド加工すれば、どんな形状にも切削加工可能だが、
M3とはいえ・・・、流石に量産エンジン・・・、そこまでは出来ていない。

                       
     
                       
10       11       12      
                       
     
                       
13  

 

  14       15      
           
                       
     
                       
16       17       18  

 

 
   

ここが一番重要な部分。慎重に加工する部分だ。
流れの収束する部分や発散する部分は、よ〜く考えてから慎重に加工しよう。

                       
     
                       
19       20       21      
     
                       
     
                       
22       23       24      

シート面すれすれまで、ファンネル形状に近づけながら形状を作りこむ。
磨けばよいって物ではないのだ!!

                       
     
                       
25       26       27      
   

最後に研磨。ただし、ピカピカにしすぎないこと!

                       
     
                       
28       29       30      
               
                       
     
                       
31       32       33      
                       
 


   
           
34  
シートの際は慎重に慎重に!!
  35   ファンネル形状になってるでしょ!!   36      
           
     
           
37       38   最後のシートカット。 この作業も慎重にね!!   39      
           
     
           
40       41       42      
           
     
           
43  

チャレンジ精神旺盛な貴方!!
決して焦ることなく・・・・・・・、
気長、気長にに作業してくださいね!!