「Z33排気管開発」と一致するもの

Z33 ROADSTER

 

Z33 ROADSTERさんが・・・・サイレンサーキットを装着するために・・・・来社されました

 

 

 

DSC_1162asewqrt (4).JPG

 

15年ほど前の個体ですが床下周りに古さを感じません

 

幌車ですから・・・・・ガレージ保管されていた個体なのかも・・・・・しれませんね

。。

 

DSC_1162asewqrt (3).JPG

 

リヤサブフレーム周りに使われていたボルトナット類に

赤錆が出始めていましたので

・・・・・

ワイヤブラシでさびを落とし

例の黒錆転換剤を・・・・刷毛塗りしてみました

 

手軽だし

なかなかの優れものです

 

 

DSC_1162asewqrt (2).JPG

 

MAXIM EX-MANI のご予約

ありがとうございます

 

12月上旬のご来社お待ちしております

!!

 

*********************************

 

 

この排気管の由来は

記の開発ストーリーをご参照くださいませ♪

 

 (以前に何度も・・・ご案内した内容ですので・・常連の方はパスしてください・・。)

 

 

Z33排気管開発ストーリー #1

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z33-5.html

Z33排気管開発ストーリー #2

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z33-6.html

Z33排気管開発ストーリー #3

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/post-968.html

Z33排気管開発ストーリー #4

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z334.html

Z33排気管開発ストーリー #5

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/-z33-3-y.html

Z33排気管開発ストーリー #6

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/-a.html

Z33排気管開発ストーリー #7

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/12/z33-10.html

Z33排気管開発ストーリー #8

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/01/z338-2.html

 

 

最近Z33を入手し

排気管を変えようとされているオーナーさん達から

ポツリ・ポツリと

ご質問をいただいております。

 

スポーツキャタとSACLAM管を組み合わせようと思うのだが・・・?

と言う・・・問い合わせや

エキマニより先に・・・キャタを交換してしまった方まで・・・汗!

いらっしゃいまして

 

その度に・・・その方のご意向に沿った・・・・アドバイスも

なかなか用意できない。

 

そんな訳で

繰り返しになりますが

上記の開発ストーリーをご紹介させていただきました。

初めての方は・・・ぜひ覗いてやってください♪ 

 

 

Z33を

いじくり倒してしまった人たちの

悲しい楽しい

お話です♪

 http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2011/04/-2-nsx.html

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/post-964.html

 

 

 

昔・・・書きこんだ・・・トピックスですが

今より・・・真面目に・・・・書いてます♪

初めての方で

フェラーリサウンドとか

排気管やらに

ご興味ありの方は

一度クリック・・・してみてください♪

http://www.saclam.com/short_topics/f355_mov/f355_mov_top.html 

http://www.saclam.com/short_topics/f355haikikan/f355haikikan.html 

http://www.saclam.com/short_topics/f360_ex_2/f360_ex_2.html

http://www.saclam.com/short_topics/ex_mani_tuning/ex_mani_tuning.html

http://www.saclam.com/short_topics/short_topics.html

 

 

 

 

 

昨日(火曜日)の工作室気温は34℃

 ・・

でも

・・・

まだ

・・・・

序の口であります。

 

DSC_6576ygtr (1).JPG

 

 

先週末に出来上がった3キットですが

1キットの行き先が決まりまして

・・・

残りは2キットとなりました

 

ご希望の方は・・・お早めに・・・・ご連絡ください

 

DSC_6576ygtr (5).JPG

 

この排気管の由来は

記の開発ストーリーをご参照くださいませ♪

 (以前に何度も・・・ご案内した内容ですので・・常連の方はパスしてくださいませ・・・。)

 

 

Z33排気管開発ストーリー #1

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z33-5.html

 

Z33排気管開発ストーリー #2

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z33-6.html

 

Z33排気管開発ストーリー #3

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/post-968.html

 

Z33排気管開発ストーリー #4

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z334.html

 

Z33排気管開発ストーリー #5

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/-z33-3-y.html

 

Z33排気管開発ストーリー #6

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/-a.html

 

Z33排気管開発ストーリー #7

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/12/z33-10.html

 

Z33排気管開発ストーリー #8

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/01/z338-2.html

 

 

 

最近Z33を入手し

排気管を変えようとされているオーナーさん達から

ポツリ・ポツリと

ご質問をいただいております。

 

スポーツキャタとSACLAM管を組み合わせようと思うのだが・・・?

と言う・・・問い合わせや

エキマニより先に・・・キャタを交換してしまった方まで・・・汗!

いらっしゃいまして

 

その度に・・・その方のご意向に沿った・・・・アドバイスも

なかなか用意できない。

 

そんな訳で

繰り返しになりますが

上記の開発ストーリーをご紹介させていただきました。

初めての方は・・・ぜひ覗いてやってください♪ 

 

 

Z33を

いじくり倒してしまった人たちの

悲しい楽しい

お話です♪

 http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2011/04/-2-nsx.html

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/post-964.html

 

 

 

昔・・・書きこんだ・・・トピックスですが

今より・・・真面目に・・・・書いてます♪

初めての方で

フェラーリサウンドとか

排気管やらに

ご興味ありの方は

一度クリック・・・してみてください♪

http://www.saclam.com/short_topics/f355_mov/f355_mov_top.html 

http://www.saclam.com/short_topics/f355haikikan/f355haikikan.html 

http://www.saclam.com/short_topics/f360_ex_2/f360_ex_2.html

http://www.saclam.com/short_topics/ex_mani_tuning/ex_mani_tuning.html

http://www.saclam.com/short_topics/short_topics.html

 

 

 

工作室

 

 

986

 

お待たせしました!

10月分の3セットが完成しましたので・・・・ご入金いただきました皆様向けに・・・・梱包出荷中です。

 

DSC_1359rtyu (4).JPG

 

 

 

 

SPIDER

プライマリーパイプ2セットがほぼ完成しましたので

 

DSC_1359rtyu (3).JPG

 

 サイレンサー側の準備を始めています。

 

チタン製のテールピース

DSC_1570BB.JPG

 

構造も製作工程もELISE向けステンレステールとほぼ同一です

 

DSC_1572ddd (1).JPG

 

オーナー様 

11月10日過ぎより・・・・・1月ほど・・・・・・ご入庫できますか?

DSC_1572ddd (2).JPG

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/01/spider.html 

 http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/02/a-a-a-a-53.html

 

 

お客様

 

S660

 

マフラーを交換するべきか? それとも S660を乗り換えるべきか?

真剣に悩んでおられた元ラテン乗りさん

でしたが

・・・

 ご決断されました

 

DSC_1359kkff (1).JPG

 

 SACLAM管装着おめでとうございます

 

DSC_1359kkff (2).JPG

 

 

 

VQ37HR

 

2年ほど前まで・・・・・・・・月に10台ほどコンスタントに・・・・・・売れていた

Z34/CKV36向けの・・・排気管ですが

・・・

最近は車両販売台数も大きく落ち込んでしまったからでしょうか

・・・・

排気管の販売本数もかつての勢いはありません

 

しかしながら・・・・・少なくなったとはいえ

・・・

月に何本かでありますが・・・・・VQ37エンジン搭載車向けの排気管の出荷が・・・・途切れることはありません 

 ♪

 

 

 

 

 

左のリフト上には・・・・・・でエキマニ換装作業中

 

(ブラックに見えますが)

ダークパープルのCKV36クーペ

 

右のリフトには

サイレンサー交換作業中の

Z34 NISMO

 

DSC_1359kkff (9).JPG

 

Z34 CKV36 向けのSACLAMサイレンサーを装着された皆さんには

・・・

SACLAM管との相性抜群な

MAXIM WORKS製

エキゾーストマニフォールドキットをお勧めしています

 

個人的評価ですが・・・音色を得点で表すと

純正排気管:40点   SACLAMサイレンサー装備:70点  MAXIM+SACLAM:80点

となります

 

DSC_1359kkff (7).JPG

  

DSC_1359kkff (3).JPG

 

 

台風の中ご入庫いただき

・・・

翌週・・・次の台風のなか・・・納車となりましたが

・・・

せっかくきれいだたボデイが

雨で台無しだわ

 

サウンドの変化・・如何でしたか?

 

DSC_1359kkff (14).JPG

 

 

深紅のNISMOには

昨年商品化した・・・NISMO用専用サイレンサーキットを

装着させていただきました

 

DSC_1359kkff (10).JPG

 

Z34向けサイレンサー(加速騒音規制対応品)と Z34向けY-PIPEを

セット組して認定を受けたきっとでありまして

ステンレス製の認定ナンバーは異なりますが商品自体は同一です

 

何年間もの間試作&テストを繰り返し・・・・その結果として出来上がった排気管であります

 

先ずはこの状態でお楽しみあれ

 

(( 数か月後に・・・エキマニを入れていただければ・・・その違いが・・・はっきりわかります!))

DSC_1359kkff (12).JPG

 

 

 

 

納車後数か月・・・・・床下ピカピカの白いZ34

であります

 

 

先ずはサイレンサーの交換からスタートいたしましょう

 

 

この状態でご満足ならば

これで良し!

 

いずれにせよ

今の状態を・・・・しばらくの期間・・・・お楽しみください

 

 DSC_1514hh (1).JPG

 

 

もう少し色気を求めるのなら

MAXIM WORKS製のエキゾーストマニフォールドを

装着いたしましょう

 

 

 DSC_1514hh (2).JPG

 

 

VQ35/37エンジン向け排気管に関しては

下記の

Z33排気管開発ストーリーをご覧ください。

 

( 既に10年前の作業です。  今振り返ると・・・誤解や間違いだらけですが・・・真剣度だけは今以上 )

(( 鬱に陥る寸前まで悩みながらの日記です。 ))

(((お好きな方は・・・覗いてやってくださいませ♪ )))

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/12/z33-10.html

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/01/z338-2.html 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれこれ

 

加速騒音テスト 

 

気分が晴れないときには・・・・・体を動かし何かに集中するのが・・一番の対処法とおもっています

 (自分なりの対処法ですから・・・誰にでも当てはまるわけじゃありません。)

 

腰の具合が少し楽になったので 

何週間か中断していた加速騒音テストを再開しました

 

認定テスト時の気温が30℃・・・・・昨日が15℃でしたから

空気密度やインタークーラーの冷え方を

考慮すると

馬力も騒音値も上がる筈

なのですが

・・

測定値は・・・・・想定以上に安定・・・・・しておりました

 

このサイレンサー・・・・・何か良いツボに・・・・・はまってるのかな

 

 

 

この冬を越すまで継続試験を続けます

DSC_0700yyy (13).JPG

 

 

 

 MA1

 

昨年末に作ったMA1の在庫が

切れてしまったので

・・・

アパレルデザイン会社の社長さんご来社いただき

 新作MA1の打合せ

 

 

U~のファッションセンス

 は

限り無くゼロですから

・・・

ほぼ全てを

・・

デザイン会社社長さんのセンスに依存しています

(30+年のお付き合いであります。)

 

 

今回は・・・某メーカー向けに特注製作するMA1への・・・相乗り製作

(市販品ベースではありません。)

 

カラーは黒・・・・内張りも黒のキルティング

 

プリントロゴを止めて・・・贅沢なな刺繍ロゴ

・・・・・

洗車時や整備作業時の事を考慮し・・・・・チープかもしれませんが・・・あえてプラスチック製のファスナーを採用

・・・

本業ではない癖に・・・・少々凝りすぎてしまった・・・・ものとなりそうです

 

市販品ベースでは無いので・・・ワンロットしか作れません

・・・

一発勝負です

 

 

さて

・・・

どんなものが出来上がってくるのやら

?? 

DSC_0700yyy (7).JPG

 

 ちなみに

この

 アパレルデザイン会社の社長さん

・・・

皆さんと同様の・・・変態自動車・・・・大好き人間

 

 

現在レストア中のスバルヤング・S内装写真です

 ♪♪

 

DSC_0700yyy (8).JPG

今度運転させてね~♪ 

 

 

 

 

 突然まとめて売れてしまう事が

有るのですよ

 

昔はそこそこ売れてたのに・・・・最近・G5 GTI 全然売れないよね~。 

とか

 

せっかく作った新商品なのに・・・・F56 COOPER-S 問合せさえ来ないのよね~。

 やら

 

売れないとは思っていたけれど・・・FD2 CIVIC やっぱり売れないのね~。

 

等と言う商品群が

・・

(自慢じゃありませんが)

・・・・

弊社には山程ございます。

 

 

 

社員君たちと

 しゃっちょ~の機種選択に・・・やっぱり問題が・・・あるんかな~?

等々

雑談していたら

・・・ 

 神様が・・・・・哀れに思ってくれた・・・のでしょうか

??

 

ふだん売れない商品が

短期間にまとめて・・・・・売れてしまいました

 

GOLF 5 GTI

 

在庫中の一本・・・ご購入ありがとうございます♪

DSC_0700yyy (2).JPG

 

静か目がお好みとの事で

卍型レゾネーター追加となりました。 

 

DSC_0700yyy (1).JPG

 

 

 FD2 CIVIC-R

 

なんと完成したばかりの4本が・・・一気に売れてしまいました! 

 

半年~1年分のつもりで作ったのですが

・・・・

足りなかったか

 

皆様

どうもありがとうございます!

DSC_0700yyy (10).JPG

 

 

F56 COOPER-S

6月より問合せさえなく・・・・・せっかく作ったのに・・・・デッドストック化していた2本が

・・・

相次いで売れてしまったり

。。

 

 

RX8

 

長期在庫中だった RX8用サイレンサーキットも

あっさりと 

 オーナーさんが決まったり

 

DSC_0700yyy (5).JPG

 

 

 音の大きくなり始めた他社製品からの買い替えです

 

 ご購入いただきましてありがとうございます。

 

 

 

DSC_0700yyy (6).JPG

 

 

 

助手席試聴 

 

Z34を新車購入されたばかりのオーナーさんから

ご依頼をいただき

久々にZ33HR号でいつもの山間路まで試聴ドライブに行ってきました

。 

 

DSC_0700yyy (3).JPG

 

 

 

即決ご予約いただきましてありがとうございます

!! 

 

DSC_0700yyy (4).JPG

 

 

 

VQ35/37エンジン向け排気管に関しては

下記の

Z33排気管開発ストーリーをご覧ください。

 

( 既に10年前の作業です。  今振り返ると・・・誤解や間違いだらけですが・・・真剣度だけは今以上 )

(( 鬱に陥る寸前まで悩みながらの日記です。 ))

(((お好きな方は・・・覗いてやってくださいませ♪ )))

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/12/z33-10.html

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/01/z338-2.html 

 

 

 

 

 

 

木曜日

 

助手席試聴

 

売却を予定しておりました

青Z33HR号ですが

・・・

その後も助手席試聴の問い合わせが相次ぎましたので

今後も

Z33, Z34, CKV36

日産系6気筒車向けSACLAMサイレンサーのデモ車両として

キープいたします

 

 

マフラーの選択でお悩み中のオーナーさんで

助手席試聴をご希望の方は

SACLAMまでお問い合わせくださいませ。

(( 事前に試聴のご予約をお願いいたします。))

DSC_1525bb (1).JPG

 

VQ35/37エンジン向け排気管に関しては

下記の

Z33排気管開発ストーリーをご覧ください。

 

( 既に10年前の作業です。  今振り返ると・・・誤解や間違いだらけですが・・・真剣度だけは今以上 )

(( 鬱に陥る寸前まで悩みながらの日記です。 ))

(((お好きな方は・・・覗いてやってくださいませ♪ )))

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/12/z33-10.html

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2016/01/z338-2.html 

 

 

 

 

Z4M

大変お待たせいたしました

 

1キット目が完成しましたので

昨日出荷させていただきました。

DSC_9475.JPG

 

 

在庫用も2キット製作中

 

今なら即納可出来ます!

 

DSC_9476.JPG

 

 

FT86 / BRZ

 

6月分の3キットが出来上がりました。

 

 

DSC_9463.JPG

 

 

 

NSX NA1 EX-MANI

 

4月に続き・・・NSX用のエキマニを・・・・製作いたします。

 

DSC_9478.JPG

 

 

少量づつしか生産できない商品です

 

2キット分の相乗りご予約募集中です♪

 

DSC_9464.JPG

 

 

 

だいぶ大きくなりました♪

DSC_9473.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年間近くあれこれとメイクアンドトライを繰り返して開発した

Z33向けサイレンサーキット

2007年の5月に発売開始し

・・・

やれやれと・・・思っていたのも・・・・束の間

・・・

2010年より始まる加速騒音規制規制に向けての・・・・・技術的・・・・・・・法律的な対処準備とか

・・・・・

2008年に発売開始されるZ34向け商品の開発業務など

・・・

その後も・・・波乱万丈  & 目先の事で 目一杯の日々を・・・・重ねておりました

 

 

 

しかし

 

発売後一年も経ちますと.

・・・

「止めといてくださいね。」

お願いしたにもかかわらず

・・・・

 

止めときゃいいのに・・・・Z33にメタルキャタを組み込んでしまった皆さんからの・・・・・相談ごとが

・・・

ぼちぼちと舞い込むようになってきました。

  

 

 

実は皆さんから・・・ご要望いただく以前に

独自に先攻して

 

自社のZ33 や ASMさんのHR

を使い

 

メタルキャタに対応するためのZ33向けサイレンサーを何本か試作してきたのですが 

しかし

他の業務優先の片手間仕事

・・・ 

なかなかうまくは行かなかった

 

 

 2010年の正月明け

 

既にメタルキャタを装備し

騒音規制値内とは言え・・・・鳴きを通り越しバリバリ混じりの快音を・・・轟かせていた

Z33オーナーさんに

依頼され

 

 

(( こりゃ  何とかしてあげなきゃ あかんぞ! と思いまして ))

 

腰据えて炸裂音に対処すべく

 

販売を開始していた・・・キャパシティの大きな・・・・Z34向けサイレンサーをベースに

ワンオフ製作することに決めました。

 

Z33用よりも・・・・2010年からの加速騒音規制対応を・・・・視野に入れて製作したZ34用サイレンサーキットの方が

大容量であったのが

その理由です。

 

 

上記をベースに

 さらに中間パイプに

高周波対応用の小型ユニットを追加装備し

何回かの調整を繰り返し

(( 高周波部分は小型ユニットでないと周波数特性が合わないのです。))

ワンオフ対応は

完了したのであります。 

 

P1160837.JPG

 

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/post-964.html 

 http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2011/04/-2-nsx.html

 

 

 

 次に

上記のノウハウを市販パーツに出来ないものかと考え 

準備したのが

Z34用

メタルキャタ対応小型ユニット付きのY-パイプ!

(( Yパイプの集合部には小型ユニットを入れる余地が残されてました。 ))

 

 

結果は

思惑通りのストライク!

 

 

メタルキャタを装備してしまった Z34 CKV36 オーナーさん達に

・・・

好評だったのであります。

 

P1160883.JPG

 

 

さて

ここらで

このZ33排気管開発ストーリーは・・・・めでたく完結するのでありますが

・・・・・・

・・・

・・

 

実は

 

私の信じてきた・・・エキマニの・・・・基礎理論に

 

説明できない・・・・重大な欠陥箇所を・・・・・・発見してしまい

 

大汗!

 

(( ある意味・・・間違いだらけの・・・・・排気管開発室・・・なのであります! ))

 

恥ずかしながら

・・

基礎の基礎部分から・・・・再検証を・・・・・始めているところです。

 

 

 http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/10/post-1784.html

 http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/12/post-1805.html

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2015/12/a-a-a-a-a-50.html 

 

 

 たかが排気管  されど排気管

 なかなか・・・内部で起きている物理現象を・・・・・理解するのは

難しいのであります。

 

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2006/03/post-17.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在庫情報を更新しました。 

http://www.saclam.com/todays/zaiko/

*********************

 

 

5年前に第6話までアップして・・・第7話を予告したのにも関わらず・・・・・その後放置してしまった

 「Z33排気管開発ストリー」 

・・・・

 

 放置中でした事を思いだし

・・・・・

いまだに・・・・アクセス数の多い記事・・・・ですから

第7話を・・・・久々に書き込んで・・・・みました。

 

Z33排気管開発ストーリー #1

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z33-5.html

 Z33排気管開発ストーリー #2

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z33-6.html

Z33排気管開発ストーリー #3

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/post-968.html

Z33排気管開発ストーリー #4

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z334.html

Z33排気管開発ストーリー #5

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/-z33-3-y.html

Z33排気管開発ストーリー #6

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/-a.html

 

****************************

 

エキマニからサイレンサーまで

フル・セットで排気管を製作してしまうのが・・・・・・個人的には大好きな U~ でありますが

((特にミッドシップ用排気管フルセットは写真写りが綺麗ですため大好きです。))

・・・

Z33向けの排気管でこれを実行してしまいますと

そのお代金は

商品代に装着作業費まで含めおおよそ80~105万円

 

2007年当時Z33が現役であった時の事とはいえ・・・・・期待されるべき商品金額の上限を軽く超えておりました。

 

しかし・・・それでも・・・トライして・・・みたくって

・・・

テスト車両に

理想プライマリー長のエキマニ + メタルキャタ(スポーツ触媒)を装備して

・・・・

 P1010687.JPG

第三者機関での排ガス試験にチャレンジしたのです

 

長いプライマリーパイプの為に・・・床下まで後退させたスポーツ触媒が

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2006/11/post-155.html

・・・

案の定

期待された性能を発揮せず

・・・

ガス検・・不合格

!!

 おまけにエンジンチェックランプも点灯してしまうし

・・・・

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2006/11/33z-1.html 

 

 

上記の様な事情を総合した結果 

 

弊社の推奨するZ33用排気管の組み合わせを

(MAXIM エキマニ) + (純正触媒) + (純正Y-パイプ)+(SACLAMサイレンサーキット)

と決めまして

・・・

この組み合わせ下での音量&音質調整を行い

商品として発売したのであります。

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/post-968.html

 

 

しかし

・・・

商品として販売し・・・・我々の手を・・・・・離れてしまいますと

 

その後の組み合わせは・・・・・個々オーナーさんの事情や意向で

決まってしまいまいまして

推奨組合せ意外の組み合わせで使われるケースも

少なくありません

 

既に装着されていた他社セットからの組換えのため・・・・サイレンサーのみの予算で手一杯だったり

・・・

あるいは

あえて・・・・推奨組合せから外れた部品を選択される・・・オーナーさんまで

様々で・・・・あります。

 

(( やめろと言われれば・・・・やってみたくなるのが男の子・・・・。 ))

(( ある意味予想され事でした。 )) 

 

 

SACLAM管をキレイに鳴かすためは

先ず第一に

等長エキマニが必要なのでありますが

・・・・

当時

世の中に流通しているアフターエキマニでその要件を満たすものは

極僅か。

 

MAXIM製のみでありました。

 

 

パワーも音もダルな・・・・・初期型のZ33標準車・・・・でしたから

チューニングパーツメーカーさん達・・・お手抜きして物作りしてたんでしょうね

(( 中には・・・Z33はスポーツカーじゃ無いのです! と公言しているパーツメーカーさんまで居ましたからね ))

。 

 

 

推奨外の不等長エキマニと組合せた場合

でも

音質が壊れるだけでありまして・・・爆音となってしまう事はありません。

 

 

しかし

・・・

メタルキャタと組合せてしまった場合には・・・・この限りではないのです。

 

事前の社内テストでは

・・・・

この組み合わせですと音圧が上がり過ぎ

近接排気騒音値が・・・・・ほぼ規制値のボーダーライン上・・・あるいは・・・・ボーダーライン振切ってしまう事を

確認しておりましたし

・・・・

音質自体も・・・・パリパリ音がが強すぎ・・・・逆に期待すべき鳴きが弱く・・・・良いところ無・・・。

 

しかし

自分で確認するまでは・・・・絶対に人の言う事など聞かない人も・・・沢山居らっしゃって

((ある意味・・・・U~ も・・・その一人ですが))

・・・・

SACLAM管をもっと大音量で鳴かせることが出来ないものかと

 

((幾度も・・・「やっちゃダメだよ!」と言ってるのにもかかわらず))

 

何人かのオーナーさん達が・・・・メタルキャタ(スポーツ触媒)に・・・トライしてしまいました。

 

 

結果

・・

「ありゃ・・・こりゃ・・・ダメかな?」

後悔された方がいる一方

 

 

その炸裂音に(意地を張って)満足されている方もおりました。

 

輸入車乗りの皆さんでも・・・・バリバリ大きな音ばかりを期待される方も・・・・少なからずいらっしゃいますので

 

オーナーさんの好みと言ってしまえば

 

その通りなのかもしれません。 

 

その8に続く 

 

 

 

 

 

 

 

 6月下旬にテストコースを予約できたので

(雨天中止の可能性も高いのですが)

雑務の合間をぬいながら

テスト用の排気管を準備しています。

・・・・

完全新作だったり・・・・前回製作した物を・・・・・改修したり

 手法は様々ですが

・・・

5~6本は・・・・用意しなきゃ・・・・ならんので

大仕事なのであります。

 

 

IMG_0664.JPG

 

 

メガーヌ用に・・・最終サンプル品を・・・製作していた 

水曜日の夕刻

・・・

電話で

NCロードスター用・・・・・SACLAM管の・・・・・ご予約をいただき

・・・・・

その・・・・・・・・2時間後に・・・装着作業♪

・・・

みなさん・・・せっかちで・・・あります!

 

 

加速騒音規制対象外の

NC1でありますが

NC2用の加速騒音規制対応品を装着させていただきました。

 

以前の物より・・・・若干(2db)・・・音圧が下がりますが

SN比の高いNCロードスターには

充分な音圧なのであります。 

 

IMG_0669.JPG

 

 

さて

帰り道

・・・・・・・・・・

音色は

いかがだったでしょうか?

 

*在庫・・・残り1本となりました。 次の製産は7月末となります! 

IMG_0671.JPG

 

 

 

 

 

 

3月下旬より体調を崩し気味だったクラフトマン君達ですが

ここにきて

徐々に回復基調であります♪

 

ご心配おかけしました。

 

IMG_0643.JPG

 

 

 

しかし

未だ無理は出来ませんので

 

体調に合わせ・・・・・作業ローテーション

・・・・・

物作り作業を・・・再開中・・・なのであります。

 

IMG_0656.JPG

 

 

 

 

本日現在 

NSX用サイレンサー3キットを製作中です。

 

2台は・・・・・・通常のSPEC.A・・・・・・・ですが

残る一台は・・・・音質は2の次の・・・・ジムカーナー用

保安基準値 103db 以下を確保しながら

構成部品の簡素化(=軽量化)をトライしてみます。

 

 

 

IMG_0641.JPG

 

IMG_0644.JPG

 

 内視鏡を使ってパイプ裏側の溶接状態をチェックするワカゾウ君

一か所・・・・・・溶接裏ビートに・・・・・・気になるところがあって

やり直しておりました。

IMG_0657.JPG

 

 

数カ月ぶりに

ASMさんに納めるHRエンジン用エキマニも製作中です。 

  

 

IMG_0639.JPG

 

B/O分も含め

3キットを製作中ですから・・・在庫分も確保できるはず!

購入ご希望の方はASMさんにお問合わせください。

 

 

IMG_0653.JPG

 

 

 

この排気管の由来は

(以前に何度か・・・ご案内した内容ですが)

記の開発ストーリーをご参照くださいませ♪

 

Z33排気管開発ストーリー #1

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z33-5.html

 

Z33排気管開発ストーリー #2

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z33-6.html

 

Z33排気管開発ストーリー #3

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/post-968.html

 

Z33排気管開発ストーリー #4

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z334.html

 

Z33排気管開発ストーリー #5

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/-z33-3-y.html

 

Z33排気管開発ストーリー #6

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/-a.html

 

IMG_0659.JPG 

 

 

 

 

 

COPEN用エスケレート  

1年ぐらい前

エスケレートの社長さんに

「COPEN用にローポジションのバケとシートが欲しいな~♪」

等と無責任なお話していたら

・・・・・

先日

「ちょっと・・・お尻の形を・・・見てちょうだい♪」

という

連絡があり

・・・

後日

試座用に試作した・・・・COPEN用エスケレートの・・・・・試作品が

送られてきました♪

 

 

どうやら

ELISE 助手席用をベースにし

レールの逃げなど形状変更し

COPEN向けローポジションとして・・・・・作り込み中

との事。

 

DSCF0030.JPG 

一応

大柄なドライバーのサンプルとして

 私のお尻を

貸し出してるのであります。

 

レール逃げ部分ですが・・・スポンジの張りこみに工夫があり

違和感は全くありませんでした。

 

完成までには・・・・・数カ月はかかると・・・・・思われます。

http://esqueleto.jp/

 

DSCF0029.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

GTV 

 

大変長らく・・・お待たせいたしました!

 

GTV用のエンジンが

完成しました!

 

ので

 

 

IMG_0194.jpg

 

 

早速

エンジン運搬専用の・・・・・・ミニバンにのせ

 

三芳町の

 

ガレージEST

 http://www.garage-est.co.jp/

さんに

 

納品してまいりました♪

 

IMG_0198.jpg

 

本国仕様でしょうか?

 

ツインエアーの・・・左ハンドル・・・・マニアルミッション車

とか

在庫などある筈の無い・・・・トリビュートフェラーリなど・・・が

あるじゃないか・・汗!

 

ちょっと・・欲しいかも・・・。

(でも・・予算が・・・無い・・涙!)

IMG_0201.jpg

 

 

 

 

工作室

 

ASMさん向けのOEM品です。

Z33HR向けに開発した

パワー重視のエキマニです!

 

ご希望があれば

SACLAMでも・・・販売装着いたします♪

 

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z33-4.html

 

IMG_0191.jpg

 

 

IMG_0212.jpg

 

この排気管の由来は

(以前に何度か・・・ご案内した内容ですが)

記の開発ストーリーをご参照くださいませ♪

 

Z33排気管開発ストーリー #1

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z33-5.html

 

Z33排気管開発ストーリー #2

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z33-6.html

 

Z33排気管開発ストーリー #3

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/post-968.html

 

Z33排気管開発ストーリー #4

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/z334.html

 

Z33排気管開発ストーリー #5

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/-z33-3-y.html

 

Z33排気管開発ストーリー #6

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/-a.html

 

Z33排気管開発ストーリー #7

#7は・・・ただいま奮闘中・・・です!

 

 

最近Z33を入手し

排気管を変えようとされているオーナーさん達から

ポツリ・ポツリと

ご質問をいただいております。

 

スポーツキャタとSACLAM管を組み合わせようと思うのだが・・・?

と言う・・・問い合わせや

エキマニより先に・・・キャタを交換してしまった方まで・・・汗!

いらっしゃいまして

 

その度に・・・その方のご意向に沿った・・・・アドバイスも

なかなか用意できない。

 

そんな訳で

繰り返しになりますが

上記の開発ストーリーをご紹介させていただきました。

初めての方は・・・ぜひ覗いてやってください♪ 

 

 

Z33を

いじくり倒してしまった人たちの

悲しい楽しい

お話です♪

 http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2011/04/-2-nsx.html

http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2010/01/post-964.html

 

 

 

昔・・・書きこんだ・・・トピックスですが

今より・・・真面目に・・・・書いてます♪

初めての方で

フェラーリサウンドとか

排気管やらに

ご興味ありの方は

一度クリック・・・してみてください♪

http://www.saclam.com/short_topics/f355_mov/f355_mov_top.html 

http://www.saclam.com/short_topics/f355haikikan/f355haikikan.html 

http://www.saclam.com/short_topics/f360_ex_2/f360_ex_2.html

http://www.saclam.com/short_topics/ex_mani_tuning/ex_mani_tuning.html

http://www.saclam.com/short_topics/short_topics.html

 

 

 

在庫情報を更新しました!

 http://www.saclam.com/todays/zaiko/

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイソンという掃除機

発売されて以降

 

この国で・・・・一流の家電メーカまでが・・・・・・それを・・・まね始めた・・・汗! 

一体・何年間

国内メーカー達は

掃除機を作り続けてたんだろうか?

 

研究開発・・・・・手は抜いてないと・・・思うのだが?

・・・・

 

 

 同じく

自動車メーカーも!    バイクメーカーも!   チューニングパーツメーカーも!

評判の良い物を・・・・・・結局・・・・・真似ている!

様にしか・・・・見えない時がある。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111113-00000001-president-bus_all

 

 

マーケッティング・・・・・し過ぎてるんじゃ・・・・・ないのかい?

 

 

 

結果は・・・? 

 

 

先週末・・・納車の

クロスパイプ加工を施した・・・・M3Cさん

 

オーナーさんの感じたところを・・・お聞きしたかったのですが、

 

IMG_0105.jpg

 

 

数日後の火曜日

旅行帰りにお立ち寄りいただき

直接お話しを・・・お聞きする事が出来ました♪

 

4000rpmから・・・トップエンドまでの・・・ピックアップが

著しく改善された

との事!

 

エキマニ交換時より

体感UP度は・・・大きいかも知れない!

との事でした。

 

わざわざのご来社ありがとうございました♪

IMG_0207.jpg

 

 

 

 

 

 

ポチッ・・・・しました。

 

COPEN 2007年式 AT車です。

来月社内テストしてみます。 

IMG_0213.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        

               オーバー3リッター・エンジンにとっての・・・常用域ピックアップトルクの重要性。

                  そして、それに深くかかわる・・・・・セカンダリーパイプの集合位置。                  

                         

 

                      これを・・・・もったりエンジンの・・・・Z33に応用すれば、

                   元気なエンジンに変えることが・・・できるのじゃないか????

                           ・・・・・・・・・と考えるようになったのは、

                             当然の成り行き・・・・・・でした。

 

 

 

 

                                                           Z33HRの床下写真です。

                上側が前方になり、エキマニは見えませんが触媒下側とYパイプが写ってます。

DSC08795.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは、BMW Z4M(8000rpmリミットのMエンジン付き)の床下まわり写真です。

上側が・・・前方で、3-1タイプのショートエキマニは見えませんが、

その後に続くキャタライザーとセカンダリー集合部が写っています。

  

DSC01080.JPGa

DSC01081.JPG

 

 

 

 

 

 

                           8000rpmリミット M・エンジンの場合には

                       キャタライザー以降に位置していたセカンダリー集合部を

                    下記のように前方に移して・6000rpm近辺のトルクアップを狙いました。

                          より・高回転型のエンジンとする仕様変更です。

 

6571313.jpg 

 

 

                         しかし・・・・6500rpmリミットのZ4エンジンでは・・・、

                          3000rpm合わせのセカンダリーのほうが正解!

 

                     上は・・・・普通のZ4。 下はMエンジン用。  狙い所を変えてます。

3427487.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

                      ストレート・シックス、フラット・シックス、ブイ・シックス・・・・・・。

                                どんなエンジンでも・・・・

                            排気バルブの開く間隔が均等であれば、

                                    基本は一緒!!!

 

     

                Z33VQ-DEに搭載されている・・・・・3.5リッターのV6エンジン・・・・・。

            BMW Z4 (M・エンジン搭載じゃ・・・・・ない奴)と同様、モッタリ・眠たいレスポンス。

                  だったら・・・・Z4の時と・・・・同様の手法が使えるぞ・・・期待・・大!!

 

                  Z33用に・・・・・・何種類か用意した・・・・・何種類かの・・・Yパイプ。

                             あたしの心中・・・本命は、

                          まん中の・・・・なが~~~~い・・・一本。

            ハイギヤードのZ33には・・・・3000rpm当たりでの強力なピックアップが・・・・・・・似合いそう♪                 

 

P1010946.JPG

 

 

 

 

                          しかし・・・・走行テストの結果はというと・・・・・・、

                                 Z4の時とは異なって・・・・、

              どれを装着しても・・・・・・・「これが・・良いね!!」と言う・・・大きな変化を・・・・感じなかったのだ。

                                          

 

 

 

 

 

                         自分のおしりの感覚が・・・・・・鈍いのかね??

                                 そう思って・・・・・

                  初代 76Z オーナーさんの車にも装着して・・・数週間ほどモニターテスト。

 

7507834.jpg

 

 

 

 

 

 

                           赤いHR(K山号)でも・・・・あれこれ・・・テスト。

PA190278.JPG 

                        結局・・・・皆さんのご意見も・・・・私と意見とほぼ一緒・・・・・・。

                              何故か・・・Z33に積まれてる・・・VQエンジン、

                         セカンダリーパイプの仕様変更に・・・・・・・・鈍感であったのだ。

 

 

                シャシダイナモで・・・・・・性能の変化を詳細にチェックしながら・・・・・調べてゆけば、

                   Z33用Yパイプ・・・・試作品3本の良し悪しは・・・判定できたと思うんですが、

                            何れにせよ・・・・・感動がないのだ!!

                                     おまけに

                            ドライバビリティーや・・・・排気音に対して

                                  問題アリの部分もあって

                                   中断決定!!

                        

 

          「感動のない商品は・・・・・存在の価値なし!!」・・・・・っと・・・強がるSACLAMおじさん・・だったのです。

                     

  

 

                                    さてさて・・SACLAM社には、

              開発テスト途中で・・・・・・・放置(放棄?)してしまった物件が・・・・・・・・・・・・・・・多々あるのです。

                      U~さんは・・・・飽きっぽい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・からね~~~呆・・・。

                                     っと・・お思いでしょうが、                                         

                                          実は

                                    逆なのです!!

 

 

        あたしは・・・・・・この手の技術的疑問に・・・・・・病的なほど・・・・と~~~ても執念深いのですよ!!

             解決できなかった問題や、理解できなかった物理現象など・・・ず~っと・・・・心の中に残ってて・・、 

                                     何年後かに

                                  何かでひらめいた時に

                                   やり直してみたり

                   あるいは・・・・時間や環境の変化が・・・・解決策を用意してくれるのを待ってたり・・・、

               (E46M3用エキマニなど、それをテストしてみたいという好き者さんが・・・・結果だしてくれたり・・・。)                         

                              ほんとは・・・すてちゃ・・・・いないのです。

  (結果の出なかった、1ZZELISEのエキマニ・テストだって・・・・・どうやってシャシダイナモ入手するべ~か・・思案中ですからね。)

               http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2007/12/post-485.html

 

                

                                 排気管による吸出し効果は、

                  排気バルブと吸気バルブが・・・同時に開いているときに・・・・・活用できる効果なので、

                     BMWエンジンのように・・・・・中速域で・・・・オーバーラップの大きくなるよう

                            積極的にカム進角を活用しているエンジンには

                                  大きな影響力を持つんだが、

                       オーバーラップが少ないと・・・・いくら排気管側から吸出ししても・・・・、

                         インテークポートの新気・・を引きずり込むことはできないんです。

 

               1990年代前半に・・・・いち早く・・・・カム進角コントロールを採用した・・・・・BMW・・・・。

                     2000年代になって・・・・後追いで・・・・採用し始めた・・・他社(日産含む)・・。

                             もっと開角の大きなカムを使って・・・

                           カム進角コントロールを・・・・・大胆に行えば、

                     ・・・・・っと思うんですがね・・・・・・・・・・・・・・・・・Z33のエンジン・・。

                        そのうち・・・機会を見つけて・・・その先を見てみましょうね♪                             

 

                                

                ********************************

                        お好きな方は・・・・・このあたりを・・・読み込んでください。

                http://www.saclam.com/short_topics/ex_mani_tuning/ex_mani_tuning.html

                     http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2009/12/

                *********************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              その7に・・・・続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             さてさて、

                      「Z33排気管開発ストーリー その3」

                           を読み込んだ方は、

               SACLAMが1/3長さ・プライマリーパイプを採用した理由を・・・

                     大よそお分かりいただけたと思います。

 

 

                

                            でも・なんで??

                              「その4」は

                          あんな内容・・だったのか?

                    ・・・・・・疑問に思う人もいらっしゃるでしょう!!!

                  その点については・・・・・・後々つながってきますので・・・・・・・・・・

               予備知識として・・・・頭の片隅にでもしまっておいてください・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

                  で・・・・・・・本日は・・・・・・サイレンサーの方はパスして

                            Yパイプのお話!!

 

 

 

          大昔っから・・・・・SACLAMホームページのTOPICSをちゃんと読み込んでる方々なら・・・・・・・・・

                                何も・・・

                     今更解説する必要は無いのでしょうが・・・・・・・、

                  そうじゃない方もいらっしゃるんで・・・・・・再度・・ご説明!!!!

 

           

                    スポーツカーに載ってる・・・・6気筒エンジンのエキマニ・・・・・、

                   通常・・・・・・6-2-1配列になっていて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、

                           (そうじゃ無い車もございます!!)

                          パーツリスト上の部品名で検索すると

                        3-1部分のみにエキマニと名付けられています。

 

  

8261811.jpg        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               

                                    しかしながら 

                               NAエンジンの性能向上を狙って

                              エキマニの果たす効果を考える時は

                          6-2-1構成部分全体を考えた方がよろしいのです。

 

 

        

                       またまたBMWの排気管を例に出てしまい・・・・・恐縮ですが・・・・、

                            これは・・・・・・・直列6気筒用の排気管・・・・・。

                              前3シリンダーと後3シリンダー分が

                                   それぞれ3-1集合し

                          おおよそ・・・・・・1.5mほど後ろで・・・・・集合させています。

 

DSC06671.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

  

           「フルデュアルの方が・・・・・・排気抵抗が少なくって・・・・高性能なんじゃないのかい???」

                              プロアマ問わず

                      誰もが直感してしまう・・・シンプルな疑問・・・・。

                       しかし・・・・それが・・・・・大間違いの・・・・元!

                            フルデュアル排気管は、

                     NAエンジンをチューニングするときに活用すべき・・・・・

                  排気管内部で発生する物理現象を使い切れてない・・・・・・証拠。

                              だと・・・・おもいます。

                           ・・・・・・・・・私はね・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

                       早とちりの・・・U~さんが・・・言ってる事ですから・・・

                            当たってない事もありますからね!!

                                ご注意ください!!!!   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                            ホットハッチ1.6リッター4気筒や、

              2リッターFRスポーツ向けのチューニングパーツ作りが・・お仕事だった・・・・頃、

                        トップエンドパワー追求が・・・絶対要件・・・・!

 

 

 

                        自分が乗ってたのも・・・・・・S2K改造車・・・・。

                       6000~9000rpmてのは・・・・とっても官能的ですし、

                   下手な3リッターなど・・・・・簡単にしのいでしまう・・・・高性能・・・・。

                       こんなおもろいエンジンは・・・・他に・・無い!!!!

                            ・・・・・っと思ってました・・・・・・・・。

 

P1040676.JPG  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         その後・・・SACLAM・・・・始めてから・・・

                       パーツ開発のため・・M3や・・・・GTAに接してみて

                     「いやっ・・・違うぞ。」・・・・・「それだけじゃ・・・・無いんだっ!」て

                              気が付いて・・しまったんです。

                      http://www.saclam.com/alfa_kumi/alfakumi_index.html

              http://www.saclam.com/short_topics/156gta_powercheck/156gta_powercheck.html 

                     http://www.saclam.com/short_topics/156airbox/156airbox.html

 

147airbox_l01.jpg 

 

 

 

 

 

 

                     6000~9000rpmまでがとっても官能的なS2Kのエンジン。

              一方・・・・6000rpm以下では・・・・トルク・スッカ・スカ・・・・・加速しないエンジン・・・・・。

 

P1040767.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

                       これに対して・・・・V6 3.2L・・・・ALFA・156GTA・・・・や、

                               V6 3.0 スパイダー。

                   http://www.saclam.com/short_topics/alfa_spider2/alfa_spider2.html

 

 

                           高回転での官能性は・・・・無かった・・・が、

                      (7000rpm手前で・・・レブリミッターに当たっちゃいます・・・涙。)

 

                    しかし・・・・・常用域である・・・・・・・3000rpm辺りの強力な加速力・・・・。

                      「普通に乗ってたら・・・・絶対・・・こっちのほが・・・速い!!!!」

                             ・・・・・・・と思ってしまった・・・・・の。

 

GTV.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

                          

 

 

 

 

 

                         36M3や46M3は・・・・・・は別格として、

 

 

 

                   中速域ピックアップトルクの重要性を・・・一番思い知ったのが、

                   Z4 3.0L用の排気管を・・・・・作った時・・・・・・・・・・・・・・・・だった。

 

                       この車に積まれた・・・3.0リッター直列6気筒エンジン。

                            試作前に一回りしたんだけど・・・・・・、

                                 何の感動も

                             ・・・・・・・・無かった・・・・・・・・。

 

 

                   確か・・・6500rpmまでしか回らないエンジンだったし・・・・・・・・、

                        中速域のピックアップも・・・・・大したことない・・・。

 

 

                           GTAに近いエンジンスペックなのに、

                               あまりに・・・・違うのだ!!

                         051032_s01.jpg      

                     

 

                    でもって・・・・・・最終的に決った・・・・・排気管仕様が・・・これ。

3759326.jpg

 

                         エキマニが別機種の物ですが、

                             こんな具合です。

 

3427495.jpg

 

                セカンダリーパイプの長さに・・・・・・・注目してほしい・・・・・・・・・・・・・。

          実は・・・この長さに落ち着く前に・・・・・・・もっと前方で集合させた物も作ってみたんです。

            そう・・・・・5000rpm位で・・・・上手い具合に吸出し反射波が利用できる長さ・・・・に。

                 しかしながら・・・・・5000~6500rpmの・・せま~~~い・・領域・・・。

                       ほ~~~んの一瞬で・・・・・・・・・・終わっちゃうし・・・・、

                              高回転を追う限り

                     6500リミットのこのエンジンじゃ、S2Kにかなわんのだ!

 

               で・・・・・趣向を変えて・・・・3000rpm合わせのセカンダリパイプを作ってみたら・・・・・、

                        エンジンの性格が・・・・全く変わって・・・・しまった!

                                   良いのです!  

 

                            まるで、ALFA・GTA・・・・・の様!!

051117_l03.jpg       

  

この・・・・・M・・じゃない・・・・Z4 3.0L に使われてる排気管・・・・・

エキマニは・・・・・・・ブランチタイプの直下型触媒付き・・・・・・・・・・・。

 

230.png 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

                                  それでもって・・・・・・・中間パイプが・・・・・フルヂュアル!!

                                         クロスポイントが・・・・・・無いのです!!!

 

224.png                     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   

 

 

 

 

            

 

 

    

       

 

   

 

 

          その6 に・・・・続く!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて・・・・・・Z33開発ストーリーも・・・・その4・・・・・となりました・・・。

     今回は・・・・・・Z33のお話からは・・・・・脱線しちゃいます!!!!!

 

******************************

 

     U~さんの・・・・・与太話は・・・・・・

          BMWの話が多くってさ・・・・・・・・、

                ただの・・ドイツ製品・・・信者じゃないかい???

                      っと・・・・・・感じられてるかも・・・・知れませんね。

                              じつは・・・・半分くらい・・・・・そうなんです!!!

 

何故に・・・・・・BMW半信者になったかって言うと・・・・・・・・、

      その・・・・エンジン性能に・・・・・・・・・圧倒されちゃたから・・・・・・・!!!

             SACLAM始めてから・・・・・・・・・

                   いろんな輸入スポーツカーの・・・ライトチューンに携わり・・・・、

                         同一のシャシダイナモで・・・・・・・・・

                    しつこく・しつこく・・・・動力性能チェックした結果を・・・・・・・・・・、

               ある時・・・・・・ふと思いつき・・・・・・・・同一排気量に換算して・・・・・、

         エクセルにプロットしてみたのですが・・・・・・・・・・・・・・・、

   えっ・・・・・・・計算間違いかい????????・・・・って位・・・・

BMWのパフォーマンスが・・・・・・ず抜けていたんです!!!!!!

 

          S2K用のエンジンなど、

                カタログ表示のリッター馬力こそ・・・・・・・・

                     125馬力・・・・・・・有りますが・・・・・・・・・・・・、

                          6000rpm以下では・・・・・・・トルク・・・・・スッカ・スカッ・・・・・哀!!

                                2ZZなんかも・・・・・・一緒です・・・・・・・・・・・・・・。

 

    これに対し・・・・・・エキゾースト・チューニングした6気筒M3のエンジン群は・・・・・、

         軽くスーパーチャージされてるんじゃないかと思うほど・・・・・・

               低域から高域まで・・・・・ハイトルク!!!!!!!!!!!!!!

                   これを見ちゃた時から・・・・・・・信者さんなのです・・・・・・・・・・・。

 

    あっ・・・・でも・・・・・・・・・6気筒までのお話で・・・・・・・・・・・・

             いっくら高性能だって・・・・・・・それ以上は・・・・・・・要りません・・・・・・・。

                    ・・・・・・・・・あたしは・・・・・・・・・・・ね・・・・・・・・・。

 

TRQUE.JPG          上のグラフは・・・・・・・

              すべて何がしかのSACLAMチューンを施したエンジンのデーターです。

                   お間違い無きよう・・・・・!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

この・・・・長~~~~い・・・試作エキマニ・・・・・、

    高回転時のパワーフィーリングや・・・・・・・・・・・

        長いプライマリーパイプの作りだす・・高回転時の共鳴波など・・・、

           魅力・大盛・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イタリアンだったのだが・・・・・・・・・・

 

 

P1010687.JPG        

排ガス基準がクリアできないし・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ECUに・・・故障と・・・診断されちゃって・・・・・・・・・・・・・・

           リセットしても・・・・エンジンチェックランプが・・・直ぐにON・・・・。

              その魅力は・・・・・・捨てがたいのだが・・・・・・・・・・・・・

                  売り物にゃ・・・・・・・・・・・・・・・ならんと判断・・・・・・・・・。涙!

                     あっさり・・・・・捨てました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

じゃ・・・・どうするべ~か・・・・・・ね?????

       しばし・・・・・考え・・・・・・・・思いついたのが・・・・E46M3用の純正エキマニ・・・・・・。

            当初・・・ちんちくりんな・・・・・・コストダウンエキマニと思っていたんだが・・・・、

                あ~でもない・・・こ~でもない・・・・と、

                     テストを繰り返してみたら・・・・・・・・・・・・・

                         どうやら・・・3回目の反射波を活用してる・・・優れモノ・・・・・!!

 

      詳しく知りたい・・・・・・エンジニアさんは・・・・・・・・・・

         こちらのアドレスをクリックして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             U~さんの能書きを・・・・・・・・トレースして味噌!!!!!!

                 http://www.saclam.com/todays/todays_saclam/2009/12/e46m3-4.html

 

       

        こちらは・・・・・理想長さの・・・・・・・・E46M3用プライマリー・・・。

     e46_ex-mani_lphoto.jpg

 

      そして・・・・・・こっちが・・・・・・・・・1/3長さの・・・・プライマリ。  E46M3純正品です。 (ちなみにΦ42です。)

               訂正です!!E46M3純正エキマニのプライマリー太さは・・φ40です。(2010.01.21)

e46m3_anguished02_17.jpg               もともと頭の良い・・・・BMWの開発陣・・・・・・・・・・・

             おまけに・・・時間と予算をつぎ込んで・・・・・・

                      良い物作ろと研究開発してるんだから・・・・・・

                                  SACLAMさんがチョイとかじった位では・・・・・・

                                        なかなか・・・・追い越すところまでは・・・・・・・・いかんのです!!!!

                             でも・・・・なんとか・・・・彼らのテクニックを・・・・理解して・・・・、、

                                  ・・使いこなす事ぐらいは・・・・・・・出来ちゃうんですね・・・・・・・・・。

 

   

排気ポートから触媒入口までが・・・・・

    隣接してるZ33エンジンルームには・・・・・、

           そうだよ!!!

               この・・・・1/3セオリーのエキマニが・・・・

                     ピ~~~ッタリ!!!!

 

 

  一回目の反射波を利用する・・・理想長さの長~いエキマニ・・・

       そのプライマリー長さに・・・・・・排気ポート長さをたして・・・・、

           合計長さを3でわり・・・・・・・・さらに排気ポート内の長さをマイナスすれば・・・・・・

               1/3長さの理想長さになるはず・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

                    E46M3の純正エキマニを改めてチェックしてみたら・・・・・・・・・・・

                         やっぱり・・・そんな寸法に・・・・・・・・なっているのだよ!!!!

 

        ここで・・・・注意が必要なのは・・・・・・・・・・・・・・・

            3回目の反射波を・・・・活用するためには・・・・・ね、

                 それぞれのプライマリー長さの誤差も・・・・1/3以下じゃなきゃ・・・ダメなのよ!!

                       つまり・・・・精度が良くないとダメなの!!!!!!!!!!!!

 

        プライマリー長さが大きく違ってたら・・・・・・

              音や・・太さを・・・・・云々言う以前のレベル・・・・。

                    お話しに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんないのです。

      

                理想長さ、等長精度、ハイプ径・・・・、

                      3つの要素が・・・・その理想値に揃ってないと・・・・・

                           ただの・・・・・・・・・雨樋・・・・・・・・・・・・なのですね~~~。

 

     こちらは・・・・E46M3用純正品。  

         3本づつのプライマリーパイプ長さ・・・・・ぴったり一致しています。

             それに・・・・・・・・・短いでしょ!!!

                300mmより・・・・ずいぶん短いのです・・・・・・・・・・・・・。

e46m3_anguished04_08.jpg

 

                                      BMW E36M3純正品          

                                 MAXIM Z33 DE用

                          NISSAN 純正 Z33HR用

                      NISSAN 純正 Z33DE用 

                 BMW純正排気管の圧倒的・・・品質・・・・・判りますか・・・・・・・??

8261811.jpg    

 

 

          いくらテストを繰り返したって・・・・・・・・・・、

              この理屈ををよく理解してから・・・・・でないと・・・・、

                  複数のパラメーターを、理想値に調整する事は・・・・・・・まず無理!!

                     排気管内部でおこっている物理現象を・・・想像しながら・・・・テストしないとね。

        

           ちょとばかり横道にそれちゃったんで...・・戻すけど・・・・、

 

そこで・・・・・当時購入可能な・・・・・Z33用エキマニを調査してみたら・・・・・、

     マキシムさんのZ33VQDE用エキマニが・・・・・・・

           初期のDE用にはチョイ短すぎるんだが・・・・・・・・・・・、

                その頃・・・発売開始されたHRエンジンの回転速度にぴったりだったんだ・・・。

                            パイプ太さが...私の経験知ベストより・・・チョイ細め・・・・なのだが・・・、

                             実力330PSオーバーのE46M3用純正品より太いんで・・・・・、

                                    (カタログ馬力360PSオーバーのCSLにも採用されてます。)

                                            純正触媒対応なら・・・・これで充分と判断したわけです。

Z33.jpg

 

          

      3.5L V6エンジン用としては・・・・・、パイプ径がチョイ細めでは・・・あるんだが・・・・・・・・・、

            実力330PSオーバーのE46M3純正品より一回り太く・・・・、

                 純正触媒対応なら・・・・これで充分と判断したわけです。

          等長度の高さと・・・・・求めていたプライマリー長さについては・・・・

               まさにあたしの求めていた仕様・・・・・ピッタリでしたから・・・・・・・・

                   こりゃ良いぞ・・っと・・・・・・・・・・指定部品にに決めまして・・・・・・・、

                       本題・・・サイレンサーの仕様決めに・・・・・・・・・取り掛かったのです・・・・・・・・・・。

 

さてさて・・・・・改めて開発をスタートした・・・・・・・SACLAMサイレンサー、

  エキマニ、キャタライザー、Yパイプ、中間パイプ、リヤサイレンサー。

      これらの構成部品類を・・・・・すべて理想形に作りなおしてしまうなら...・・、

           そりゃ・・・・良いものできるに決まってる!!!!!!

  しかし・・・・・・

       その対価は・・・・・・・・・・・・・・工賃込みでの80万円オーバー!!!!!!!!

            それじゃ・・・・・・いくらなんでも・・・・・・・・・無理でしょ~!!!!!!!!!

 

   ということで・・・・・・

        エキマニは・・・・・・・・マキシム・・・・・。

             触媒は・・・・・・・・・・・純正そのまま・・・・交換しない!!!

                   Yパイプも・・・・・純正で・・OK!!!(後で作っても良いしね・・・・。)

                         中間パイプとリヤサイレンサーをSACLAM製・・・・・・。

                            ・・・・で・・まとめることにした次第!!!!

 

          これだけでも・・・・・・・工賃込みで・・・・・・45万円プラス・コース・・・・・・・。

              安易に・・・・・・手を出せる・・・・・・・・・・・・お値段ではないのです・・・・・・・大汗!!

                    触媒まで揃えてもらうには・・・・・・さらに・・・プラス20万・・・大汗!!

                      純正触媒専用にチューニングした理由・・・・・・・ここにあるのです!!!         

      

 

 

 

  まだまだ・・・・続きま~~~~~~~~す!!!!!!            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ